ガラタサライが移籍市場最終日にイカルディ&マタら一挙5選手補強!

2022.09.09 07:27 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ガラタサライがトルコの移籍市場最終日となった8日に一挙5選手の加入を発表した。今回獲得が発表されたのは、パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)、元スペイン代表MFフアン・マタ(34)、ノリッジ・シティのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(26)、ラピド・ウィーンのオーストリア代表FWユスフ・デミル(19)、オールボーBKのU-21デンマーク代表DFマティアス・ロス・イェンセン(21)。

インテル時代にセリエAで2度の得点王に輝いた経験も、PSGでは構想外となっていたイカルディは1年間のレンタル移籍での加入に。給与の60%近くをPSGが負担する形になる模様だ。
一方、バレンシアやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドで一時代を築いた技巧派プレーメーカーのマタは、昨季限りでユナイテッドとの契約が満了。ガラタサライにはフリートランスファーでの加入となり、契約は1年の延長オプション付きの1年契約となる見込みだ。
ブレーメン時代にブンデスリーガ屈指のアタッカーに成長したラシツァは、昨夏にノリッジへ加入したものの、クラブの2部降格に伴い、今夏の移籍を模索。トルコの名門にはレンタルでの加入となる。

昨シーズンに半年間ながらもバルセロナに在籍していたオーストリア代表の次代を担うデミルは、一時MLS行きの可能性も取り沙汰されたが、ガラタサライに完全移籍で加入。2026年までの4年契約にサインしている。

前述の4選手に比べると、ほぼ無名に近い存在であるマティアス・ロス・イェンセンは、母国のオールボーBKでプレーしていた190cmのセンターバック。デンマークの世代別チームで常にプレーしてきた総合力の高いDFは、リーダーシップにも優れる伸びしろ十分なタレントだ。デミル同様に2026年までの4年契約にサインしている。

なお、昨季のスュペル・リグで屈辱の13位フィニッシュとなった名門は、今夏の移籍市場でFWドリエス・メルテンス、MFルーカス・トレイラ、DFレオ・デュボワ、MFセルヒオ・オリヴェイラ、FWハリス・セフェロビッチを獲得しており、タイトル奪還へ本気を示している。

1 2

関連ニュース
thumb

ザニオーロ移籍でローマとガラタサライが合意…移籍金28.3億円の4年契約か

ガラタサライへの移籍が噂されるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)だが、クラブ間合意に達したようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えた。 2018年7月にインテルからローマに加入したザニオーロ。複数回にわたるヒザの負傷など、多くのケガに見舞われており、4年半の在籍で公式戦128試合で24ゴール18アシストを記録していた。 その才能には大きな期待が寄せられていた中で、なかなか応えられない時期も続くと、今冬にはチームからの退団を希望することとなった。 当初はトッテナムとミランが関心を寄せていたが、トッテナムは早期に撤退。ミランは、ローマの要求額を満たせずに撤退。その後、ボーンマスが獲得に動きクラブ間の合意は果たしたものの、本人が移籍を望まず。ボーンマスの首脳陣がイタリアに来たものの会食を拒否するなどの態度をとると、ボーンマス側が怒りを露わに。ザニオーロが移籍市場閉幕直前に移籍すると決断も、不要だと言われる事態となった。 ワガママな振る舞いを見せたザニオーロに対してはローマも怒り。クラブの活動に参加させないことを決断。2024年夏まで飼い殺し状態になる可能性が浮上した上、クラブへの忠誠心がないザニオーロにファンが怒りを露わにし、自宅まで詰めかける事態となっていた。 移籍先を失ったザニオーロだったが、まだ市場が開いているトルコに活路を見出すことに。ガラタサライが関心を寄せると、本人も移籍に合意。残すはクラブ間の合意だけとなっていた。 『スカイ・スポーツ』によれば、ローマとガラタサライも合意に達したとのこと。移籍金は2000万ユーロ(約28億3000万円)、サラリーは1シーズンあたり350万ユーロ(約5億円)+ボーナスの4年契約。リリース条項は3500万ユーロ(約50億円)になるという。 トルコ南東部では6日に大地震が発生。多くの死者が出ている状況ではあるが、8日にトルコ入りし正式契約を結ぶことになるという。 ガラタサライには、ウルグアイ代表MFルーカス・トレイラやベルギー代表FWドリエス・メルテンス、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ、元スペイン代表MFフアン・マタなどが在籍している。 2023.02.07 20:40 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG構想外はもはや過去…イカルディがトルコで輝き取り戻す! ガラタサライは驚愕の14連勝中

元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)がトルコの地で輝きを取り戻している。アルゼンチン版『マルカ』が伝えた。 昨季終了後にパリ・サンジェルマン(PSG)から構想外を言い渡され、ガラタサライへとレンタル移籍したイカルディ。トルコとなると欧州5大リーグよりもレベルは劣るが、公式戦12試合で9得点6アシストと、ストライカーとしての責務をきっちり全うしている印象だ。 また、ガラタサライはイカルディの得点ペースが上がるに連れて調子を上げ、現在公式戦14連勝中。中断期間前の昨年10月に黒星を喫して以降はひたすら勝ち続けており、リーグ戦は2位と9ポイント差で首位を独走する。 インテル時代の輝きをすっかり取り戻したとあって、PSGへの復帰や新天地行きも浮上する格好に。ガラタサライとのレンタル契約は今季限りで、PSGとの契約は2024年6月まで。スペイン『Relevo』は、欧州の主要クラブにとって今月で30歳を迎えるイカルディが貴重なオプションになり得ると紹介している。 2023.02.06 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

ザニオーロのガラタサライ移籍、クラブ間次第か…個人面では合意済み

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)がトルコ行きを承諾済みのようだ。 ローマとの契約を2024年夏まで残すものの、今冬に移籍を求めたザニオーロ。欧州主要リーグの移籍マーケット内で話がまとまらず、このままだと少なくとも今季が終わるまでローマで氷漬けとなりうる状況だが、新たにトルコ行きの噂が立っている。 そのトルコから獲得に名乗りを上げているといわれるのがガラタサライだ。移籍市場に精通するイタリア人記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ザニオーロ本人はガラタサライ移籍にゴーサインを出して、個人条件にも合意しているという。 したがって、あとはクラブ間の交渉次第に。完全移籍額は2200万ユーロ(約31億3000万円)で、アドオンなどを交渉しているところのようだ。 2023.02.06 11:30 Mon
twitterfacebook
thumb

退団希望でローマに居場所失ったザニオーロ、今冬残留から一転トルコ行きも?

ローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)にトルコ行きの可能性が浮上しているようだ。 ザニオーロは今冬のローマ退団を望み、ミランとボーンマスへの移籍交渉の行方が注目された。しかし、個人間で合意していたミランはローマの要求額を満たせず撤退。対してボーンマスへは自身が移籍を望まず、ローマ残留という形で決着したと思われた。 ローマはザニオーロの姿勢に激怒し、後半戦で一切起用しない方針を固めたとも言われるなか、現在も移籍市場が開いているトルコへなら移籍が可能。移籍市場に精通するジャーナリスト、ジャンルカ・ディマルツィオ氏によると、ガラタサライとフェネルバフチェがローマに接触している段階だという。 ザニオーロ本人がトルコ行きに同意するかは不透明のようだが、ローマはいずれかのクラブが要求額を満たせば躊躇なく売却する考え。レンタル放出は排除しており、完全移籍に絞って話し合いが続いているとされる。 トルコ・スュペル・リグの移籍市場は2月8日まで。6日中に決定的な動きがあるかもしれないと考えられている。 2023.02.05 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

PSVがアカデミー出身のファン・アーンホルトを獲得! ガラタサライからレンタル

PSVは1月31日、ガラタサライから元オランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(32)の獲得を発表した。今季終了までのレンタルとなる。 左サイドバックがメインポジションのファン・アン・ホールトはPSVのアカデミーからチェルシーの下部組織に移り、2009年にプロデビュー。だが、チェルシーでは地位を築けず、レンタルを繰り返した。 そのチェルシーと2014年夏のサンダーランド加入時に袂を分かつと、クリスタル・パレス行きを挟み、2021年夏からガラタサライに移籍。今季も公式戦14試合に出場中だったが、母国の古巣復帰を決めた。 PSVでは今冬に元ドイツ代表DFフィリップ・マックスがフランクフルトに買取オプション付きのレンタルで移籍。その穴埋めの意味合いが強いファン・アーンホルト獲得となった。 2023.02.01 12:25 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly