バルサと契約解消のブラースヴァイトがエスパニョールに3年契約で加入!

2022.09.02 05:41 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エスパニョールは1日、バルセロナを退団したデンマーク代表FWマルティン・ブラースヴァイト(31)の加入を発表した。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。

移籍市場最終日に1年契約が残っていたバルセロナとの契約を双方合意の下で解消したデンマーク代表は、同じバルセロナに本拠を構えるエスパニョールへ電撃加入となった。

ブラースヴァイトは、2020年2月にレガネスからバルセロナへと完全移籍。当時在籍していたウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現ナシオナル)とフランス代表MFウスマーヌ・デンベレが揃って長期離脱。前線の選手がいなくなったことを受け、特例措置での補強が認められ、バルセロナに加入した。
在籍2年半で公式戦58試合に出場し10ゴール5アシスト。2021-22シーズンはヒザのケガの影響で長期離脱し、5試合の出場に終わっていた。最大の活躍は、2020-21シーズンのコパ・デル・レイ準決勝2ndレグのセビージャ戦で、延長戦での決勝ゴールだった。

関連ニュース
thumb

モンペリエが元守護神ルコントを獲得! ボルシアMGに引き抜かれたオムリン後釜に

モンペリエは26日、モナコから元フランス代表GKバンジャマン・ルコント(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「40」に決定している。 3年半ぶりに古巣帰還を果たしたルコントは、クラブ公式サイトを通じて喜びを露わにしている。 「とても幸せな気持ちだし、仲間との再会が待ち切れないよ。僕はここで男としても、プレーヤーとしても成長することができた。そして、ここに戻ってきたことを本当に誇りに思っているよ」 フランス代表招集歴を持つルコントは、ロリアンやモンペリエで守護神として活躍後、2019年夏にモナコへ加入。モナコでは公式戦80試合に出場した。 その後はアトレティコ・マドリー、エスパニョールとスペインのクラブに2シーズン連続でレンタルに出ており、今季はエスパニョールでラ・リーガ10試合に出場していた。 なお、モンペリエでは2020-21シーズンから守護神を務めていたスイス代表GKヨナス・オムリンが、同国代表GKヤン・ゾマーをバイエルンに引き抜かれたボルシアMGに移籍。そして、その後釜として元守護神を呼び戻す形となった。 2023.01.27 07:50 Fri
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキの一転出場にエスパニョールが異議申し立て 「競技の本質を危険に晒す」

エスパニョールがバルセロナのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに対する処分保留を巡り、正式に抗議した。 昨年12月31日に敵地で行われたラ・リーガ第15節でバルセロナと対戦したエスパニョール。1-1と勝敗つかず、マテウ・ラオス主審のカード乱発が話題をさらったが、前節の退場で3試合の出場停止処分が言い渡されながら、一転保留で出場可のレヴァンドフスキを巡っても試合前から注目を集めた。 勝ち点1を獲得したエスパニョールだが、年明けの2日にレヴァンドフスキの件に関する声明でスペインサッカー連盟(RFEF)に異議申し立てをした旨を明らかに。「この明白な不正は競技の本質を危険に晒すもの。明らかに法的根拠にも欠け、自らとファンの利益を守るためにあらゆる手段を講じる所存だ」などと綴った。 ちなみに、エスパニョールは試合前の段階で本来なら出場停止になるはずのレヴァンドフスキが先発メンバーに入っている件をラオス氏とRFEFの双方と話し合ったとの背景も明らかにしており、キックオフ前から指摘していた様子。それでも、押し通されたため、このたびの抗議に乗り出したようだ。 2023.01.03 14:45 Tue
twitterfacebook
thumb

主審に振り回されたバルセロナ・ダービー、チャビ監督は「ドローの責任は我々にある」と戒め

バルセロナを率いるチャビ・エルナンデス監督が12月31日に行われたラ・リーガ第15節エスパニョールとのバルセロナ・ダービーについて言及した。 試合は終盤、イエローカードが乱発された挙句、両チームに退場者が出る大荒れの展開に。結局、バルセロナが主導権を握る展開ながらPKによる失点で追いつかれ、痛い引き分けに終わった。 試合後、チャビ監督はマテウ・ラオス主審の判定を批判しつつも、ドローの責任は自分たちにあると戒めた。 「多くのチャンスがあった。僅差のゲームでは追加点を奪わなければならない。ただ、後半は前半ほどの強度を保てなかった。1年を最高の形で終えることができなかったが、マドリーとは勝ち点で並んでいる」 「マテウは普段、冷静に試合をコントロールできる主審だ。だが、今日は冷静じゃなかった。会話をせず、カードで試合をコントロールしようとしていた。とはいえ、引き分けを彼のせいにはしない。我々の責任だ」 2023.01.01 07:00 Sun
twitterfacebook
thumb

マテウ・ラオス乱心のバルセロナ・ダービーはドロー決着、PKの一撃を食らったバルサは連勝ストップ《ラ・リーガ》

バルセロナは12月31日、ラ・リーガ第15節でエスパニョールとのバルセロナ・ダービーをカンプ・ノウで戦い、1-1で引き分けた。 5連勝で中断に入った首位バルセロナ(勝ち点37)はW杯前の試合で退場したレヴァンドフスキが処分保留により先発。ファティ、ハフィーニャと共に3トップを形成した。 16位エスパニョール(勝ち点12)に対し、開始6分にガビがGK強襲のシュートを放って得たCKからバルセロナが先制する。レヴァンドフスキ、クリステンセンとヘッドで繋ぎ、最後はマルコス・アロンソが頭で押し込んだ。 さらに19分、CKの流れからマルコス・アロンソが決定的なボレーで追加点に迫ったバルセロナがハーフコートゲームを続けると、37分にはハフィーニャがカットインからGK強襲のシュートを浴びせた。 バルセロナが終始主導権を握った前半を1点のリードで終えて迎えた後半も同様にボールを握った中、52分に腰を痛めたガビに代えてブスケッツを投入。 55分にはレヴァンドフスキがヘディングシュートで追加点に迫った中、62分には両ウイングを代えてデンベレとフェラン・トーレスを投入した。 しかし71分、バルセロナに落とし穴。ボックス内でマルコス・アロンソがホセルの足を踏んでしまい、PKを献上。これをホセルに決められて試合を振り出しに戻されてしまった。 ここからマテウ・ラオス主審が乱心し、試合が壊れていく。まずは78分、ジョルディ・アルバが抗議により2枚目のイエローカードを受けて退場に。 対するエスパニョールも81分、ヴィニシウス・ソウザが退場に追い込まれ、10人同士の戦いでダービーは終盤へ。 87分にはバルセロナに勝ち越しのビッグチャンスが訪れるも、クリステンセンのヘディングシュートはGKアルバロ・フェルナンデスのファインセーブに阻まれてしまう。 9分が提示された追加タイムでもバルセロナが攻勢をかけたが、勝ち越しゴールは生まれずドロー決着。バルセロナは再開初戦となった2022年最終戦を飾れず連勝ストップとなった。 2023.01.01 00:04 Sun
twitterfacebook
thumb

3試合の出場停止処分を受けたレヴァンドフスキ、処分保留でエスパニョールとのダービー出場へ

バルセロナは30日、明日行われるラ・リーガ第15節エスパニョールとのバルセロナ・ダービーにポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが出場できることを発表した。 レヴァンドフスキはカタール・ワールドカップ(W杯)中断前のラストゲームとなった第14節のオサスナ戦で退場処分を受けた際、判定に納得がいかず、鼻を触ってヘスス・ヒル・マンサーノ主審を指さすジェスチャーを行っていた。 このジェスチャーが侮辱行為と判断され、スペイン・スポーツ裁判所(TAD)により3試合の出場停止処分を受けていた。 しかしバルセロナ側が侮辱行為による2試合の追加処分取り消しをスポーツ仲裁裁判所に訴え、この度処分は保留に。同組織はこの決定について「罰金であればお金を返金すれば済むが、選手の出場停止は取り返しがつかない問題のため」と声明を発表。 処分軽減の可能性を考慮し、エスパニョール戦での出場停止を保留とする判断に至ったと説明した。 2022.12.31 00:00 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly