PSVがアストン・ビラからエル・ガジを獲得!

2022.09.01 01:40 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
PSVは8月31日、アストン・ビラから元オランダ代表FWアンワル・エル・ガジ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「21」に決定。契約期間は2025年6月30日までの3年となる。

エル・ガジはアヤックス下部組織出身のサイドアタッカー。2014-15シーズンにファーストチームでプロデビューし、1年目からいきなりエールディビジ31試合9得点8アシストという活躍で注目の的に。リール移籍を経て、2018年夏からはアストン・ビラに在籍している。

ビラ加入後は主力選手の1人として活躍。だが、昨シーズンは控えに回ることが多くなり、後半戦はエバートンへレンタル。しかし、ここでも戦力になれず、プレミアリーグでは2試合の出場にとどまった。
ビラに復帰した今シーズンもここまで出番はなく、スティーブン・ジェラード監督の構想外となっていた。

一方、PSVは主力のU-21イングランド代表FWノニ・マドゥエケがケガで離脱中のほか、オランダ代表FWコーディ・ガクポにもプレミアリーグ移籍の可能性が消えておらず、前線の新たなオプションとして元オランダ代表FWに白羽の矢が立った形だ。

関連ニュース
thumb

ファン・ヒンケルがチェルシー移籍以来9年半ぶりにフィテッセに復帰…PSVから完全移籍加入

フィテッセは1日、PSVの元オランダ代表MFマルコ・ファン・ヒンケル(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2024年夏までの1年半となる。 ファン・ヒンケルは2010年7月にフィテッセのファーストチームに昇格。そこで名を挙げると、2013年夏にチェルシーへと完全移籍する。 しかし、選手層の厚さに出番がなく、長きにわたるレンタル生活を強いられ、ミラン、ストーク・シティへのレンタル移籍を経験。PSVには3度もレンタル移籍をした。 さらに、ケガの影響もありチェルシーでは戦力として稼働できず、たった4試合の出場に終わることに。2021年7月にはPSVに完全移籍を果たしていた。 2021-22シーズンはエールディビジで23試合に出場し1ゴール1アシストを記録するなど、公式戦38試合で2ゴール3アシストを記録。しかし、今シーズンはここまで4試合の出場に終わっていた。 9年半ぶりに古巣へと戻ったファン・ヒンケルはクラブを通じてコメントしている。 「このクラブは、サッカー選手として、そして人として、僕を育ててくれた。今戻ってくるのは素晴らしいことだ」 「フィテッセの現在のテクニカルスタッフも含めて、昔がよみがえっているような気がする。サポーターとアーネムの人々がクラブを誇りに思うようにしたいと考えている。もちろん、それに貢献したい」 2023.02.01 20:30 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVがアカデミー出身のファン・アーンホルトを獲得! ガラタサライからレンタル

PSVは1月31日、ガラタサライから元オランダ代表DFパトリック・ファン・アーンホルト(32)の獲得を発表した。今季終了までのレンタルとなる。 左サイドバックがメインポジションのファン・アン・ホールトはPSVのアカデミーからチェルシーの下部組織に移り、2009年にプロデビュー。だが、チェルシーでは地位を築けず、レンタルを繰り返した。 そのチェルシーと2014年夏のサンダーランド加入時に袂を分かつと、クリスタル・パレス行きを挟み、2021年夏からガラタサライに移籍。今季も公式戦14試合に出場中だったが、母国の古巣復帰を決めた。 PSVでは今冬に元ドイツ代表DFフィリップ・マックスがフランクフルトに買取オプション付きのレンタルで移籍。その穴埋めの意味合いが強いファン・アーンホルト獲得となった。 2023.02.01 12:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PSVがトルガン・アザールをレンタル! ガクポ&マドゥエケの穴埋め補強

PSVは31日、ドルトムントからベルギー代表MFトルガン・アザール(29)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定している。 エデン・アザールの弟として知られ、かつてはチェルシーにも在籍していたトルガン・アザール。ただ、チェルシーでは兄のようには活躍できず、2014年夏にボルシアMGへ移籍した。 その新天地では在籍5年間で公式戦182試合46ゴール44アシストと見事な数字を残し、2019年夏にドルトムントへステップアップ。加入初年度にはリーグ戦33試合7ゴール13アシストと一層の活躍を披露した。 しかし、ドルトムントでの2年目以降はケガやコンディションの問題もあり、徐々にチーム内での序列が下がると、今季は若手逸材たちとのポジション争いで苦戦。公式戦21試合に出場し1ゴールの数字を残したが、先発出場はわずか6試合に限られていた。 それでも、今冬にFWコーディ・ガクポ、FWノニ・マドゥエケがリバプールとチェルシーに引き抜かれた中、その穴を埋める存在として大きな期待を浴びての加入となった多才な29歳のアタッカーは、「「PSVはエールディビジのタイトル候補であり、KNVBカップでもラウンド16に残っている。それにまだヨーロッパの大会でプレーしているし、これらのビッグゲームでプレーすることをとても楽しみにしている」と、前向きな姿勢を示している。 2023.02.01 05:42 Wed
twitterfacebook
thumb

フランクフルトがPSVから元ドイツ代表DFマックスを買取OP付きのレンタル移籍で獲得、左SBが主戦場

フランクフルトは31日、PSVの元ドイツ代表DFフィリップ・マックス(29)がレンタル移籍で加入することを発表した。 契約期間は今シーズン終了まで。買い取りオプションもついているという。 マックスは、バイエルンやシャルケの下部組織で育つと、カイザースラウテルン、アウグスブルクでプレー。2020年9月にPSVへと完全移籍した。 PSVでは公式戦117試合で8ゴール20アシストを記録。今シーズンはエールディビジで14試合2アシスト、ヨーロッパリーグで5試合に出場していた。 なお、これまでブンデスリーガでは147試合で15ゴール26アシストを記録し経験は十分。左サイドバックとしてプレーするマックスは背番号「32」を着用する。 スポーツ・ディレクター(SD)のマルクス・クレシェ氏はマックスについてコメントしている。 「フィリップ・マックスという経験豊富なディフェンダーを手にしたことで、シーズン後半戦の数々の厳しいゲームに対し、さらに可変性と柔軟性を持たせることができる」 「彼のスキルや人間性は我々のチームに完璧にフィットしており、彼を長期的に留まらせることができるオプションにも満足している」 2023.01.31 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

“青田買い”を拒絶... PSVが19歳バカヨコへのPSGオファーを却下

PSVがU-21ベルギー代表FWヨハン・バカヨコ(19)のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍を拒絶したようだ。オランダ『VP』が伝える。 ヨハン・バカヨコはコートジボワールにルーツを持つ左利きウィンガーで、2019年夏にアンデルレヒトの下部組織からPSVの下部組織へと移籍。昨年2月にプロデビューし、今季は公式戦19試合で5得点1アシストを記録する。 一方、現在でもファーストチームと並行してセカンドチームの公式戦にも出場しており、定位置を掴み切ったわけではない。だが、ベルギー『Nieuwsblad』によると、PSGから今冬獲得のオファーが届いていたという。 PSVはこれを却下。バカヨコとの契約を2025年夏まで残しており、チームで確固たる地位を築いたのちに高値で売却するならまだしも、獲得後の即レンタルを模索するなど少なからず”青田買い”の意識があったPSGには毅然とした態度を示したという。 PSGが再チャレンジするかは不透明。その一方、PSVは残りわずかな今冬の移籍市場で、ドルトムントからベルギー代表MFトルカン・アザール(29)の獲得を目指しているとのことだ。 2023.01.31 18:17 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly