邦本が加入後初ゴール! 守田途中出場のスポルティングは昇格組に屈辱敗戦…【プリメイラ・リーガ日本人選手】

2022.08.30 07:23 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第4節が週末に行われた。今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正やポルトへ復帰したMF中島翔哉、昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦している。

今節では邦本が加入4戦目にして待望の初ゴールを挙げた。
前節のボアヴィスタ戦で加入後初アシストを記録した邦本は、ヴィトーリア・ギマランイス戦で先発出場。右ウイングに入った邦本は、試合序盤にいきなり魅せる。

7分、味方の高い位置でのボール奪取から仕掛けたショートカウンターで、後方からタイミング良くペナルティアーク付近に走り込む。ラファエウ・マルティンスからのラストパスを受けた際、相手DFをうまく半身でブロックしながら鋭い左足のシュートをゴール左下隅に突き刺した。

邦本の見事なゴールで先制に成功したアウェイチームだが、以降は地力で勝るヴィトーリアの攻勢に晒される。ただ、前半はカウンターの局面で邦本が個での打開やコンビネーションプレーで相手の脅威にもなった。

後半は完全にヴィトーリアの時間が続き、邦本も守備に追われ、なかなか見せ場を作れず。それでも、攻守にやり切った邦本は80分に1点リードの状況でピッチを後に。

一方、ヴィトーリアでベンチスタートとなっていた小川は邦本が去った1分後に投入され、左サイドバックでプレー。高い位置を取りながら積極的に攻撃に絡んだが、最後まで集中した対応を見せるカーザ・ピアの堅守をこじ開けられず。

この結果、邦本の初ゴールを守り切ったカーザ・ピアが連勝を飾っている。

前節のポルト戦で完敗を喫したスポルティングCPは、昇格組のシャヴェスとホームで対戦。上位追走へ負けられないスポルティングCPだったが、ゴールレスで迎えた後半に先制を許す。

60分にウガルテを下げて守田を投入したスポルティングは、直後のFKからジョアン・バチのクロスをヴィトーリアに頭で合わせられ失点。さらに63分にも、ロングスルーパスに抜け出したジュニーニョにネットを揺らされ、わずか3分間で2失点を喫した。

昇格組相手にホームで負けられないスポルティングCPだったが、最後まで反撃は実らず、0-2で敗戦。まさかの黒星を喫したスポルティングCPが痛恨の連敗となった。

その他ではジル・ヴィセンテの藤本寛也と新井、サンタクララの田川亨介がいずれも先発フル出場。藤本は2-2のドローに終わったヴィゼラ戦で2点目をアシストし、新井と共に攻撃を牽引する働きを見せたが、チームは2点差を追いつかれる悔しい結果に終わった。

中島翔哉[ポルト]
▽8/28
リオ・アヴェ 3-1 ポルト
◆ベンチ入りせず

守田英正[スポルティングCP]
▽8/27
スポルティングCP 0-2 シャヴェス
◆60分からプレー

小久保玲央ブライアン[ベンフィカ]
▽8/27
ボアヴィスタ 0-3 ベンフィカ
◆ベンチ入りせず

藤本寛也[ジル・ヴィセンテ]
▽8/29
ヴィゼラ 2-2 ジル・ヴィセンテ
◆フル出場

新井瑞希[ジル・ヴィセンテ]
▽8/29
ヴィゼラ 2-2 ジル・ヴィセンテ
◆フル出場

小川諒也[ヴィトーリア]
▽8/29
ヴィトーリア 0-1 カーザ・ピア
◆81分から途中出場

田川亨介[サンタクララ]
▽8/28
ファマリカン 1-0 サンタクララ
◆フル出場

渡井理己[ボアヴィスタ]
▽8/27
ボアヴィスタ 0-3 ベンフィカ
◆86分からプレー

川﨑修平[ポルティモネンセ]
▽8/27
マリティモ 0-1 ポルティモネンセ
◆ベンチ入りせず

中村航輔[ポルティモネンセ]
▽8/27
マリティモ 0-1 ポルティモネンセ
◆ベンチ入りも出場せず

邦本宜裕[カーザ・ピア]
▽8/29
ヴィトーリア 0-1 カーザ・ピア
◆先発出場し80分までプレー。今季初ゴールを記録

1 2

関連ニュース
thumb

札幌退団のMF檀崎竜孔がマザーウェル加入で初の欧州挑戦、クラブ初の日本人選手に

スコティッシュ・プレミアシップに属するマザーウェルは28日、MF檀崎竜孔(22)の完全移籍加入を発表した。 契約期間は2年半。マザーウェルにとって初めての日本人選手となり、背番号は「14」となっている。 ベガルタ仙台の育成組織出身の檀崎は、青森山田高校へ進学し、2019年に北海道コンサドーレ札幌に加入。2020年11月にはオーストラリアのブリスベン・ロアーに期限付き移籍し、2021年8月からはジェフユナイテッド千葉に期限付き移籍した。 2022年7月には再びブリスベン・ロアーへ期限付き移籍し、今シーズンはAリーグで10試合に出場していたが、7日に札幌からは退団の旨が発表されていた。 ブリスベン・ロアーへの移籍期間は1月31日となっていたが、満了前の契約打ち切りで双方合意。マザーウェルによれば、国際許可が下りて早ければ、28日の第23節セント・ミレン戦に出場可能とのことだ。 期限付き移籍期間もとなっている。 すでに労働許可を得るためのプロセスを進めていると報じられていた中、檀崎との条件面で合意に至ったとのこと。また、ブリスベン・ロアーへのレンタル契約も破棄することで同意したとされている。 マザーウェルは今シーズンのスコティッシュ・プレミアシップで21試合を終えて12チーム中9位に位置している。 檀崎は札幌の公式サイト通じ、新天地への決意を口にしている。 「この度、スコットランド1部のマザーウェルに加入する事になりました。欧州でプレーするのは1つの目標です。結果を出し、皆さんの耳にビックニュースを届けられるように頑張ってきます。応援よろしくお願いします!」 <span class="paragraph-title">【写真】マザーウェルのユニフォームを着用した檀崎</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn8414DIzPe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn8414DIzPe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn8414DIzPe/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Motherwell FC(@motherwellfc)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.28 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

「ゴールを決めかけた」「惜しくも決まらなかった」鋭いシュートでゴールに迫った冨安健洋、チームは敗戦も守備も評価される「うまく対応した」

アーセナルの日本代表DF冨安健洋にはまずまずの評価を得ている。 27日、FAカップ4回戦でアーセナルはアウェイでシティと対戦。プレミアリーグで優勝を争う2チームの今季初対戦となった。 冨安はこの試合に右サイドバックとして先発フル出場。開始5分には右足一閃。鋭いシュートが枠に飛ぶが、GKステファン・オルテガにセーブされる。 9分にはノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのオーバーヘッドキックを冷静なカバーでブロック。守備ではイングランド代表FWジャック・グリーリッシュと対峙。危なげないプレーで抑えていく。 ゴールレスで進んだ中、64分にはフリアン・アルバレスがシュート。これがポストを叩くと、ボックス内でグリーリッシュが拾う。冨安もしっかりと対応し突破を止めたが、グリーリッシュはパスを選択。これをナタン・アケが流し込んで先制。1-0でシティが勝利した。 冨安はマンチェスター・ユナイテッド戦に続いて攻撃にも積極参加。失点後も際どいクロスを上げるなどしたが、チームは敗れていた。 イギリス『フットボール・ロンドン』は冨安に対して6点(10点満点)の評価。「ファーストプレーで珍しくゴールを決めかけたが、それ以外は概ね堅実だった」と攻撃面にも言及し守備を評価。「ゴールは彼のサイドから決められたが、それを止めるためにできることはほとんどできなかった」と、失点シーンは冨安のサイドからだったが、できることはなかったとした。 またイギリス『エクスプレス』は7点(10点満点)の評価。「アーセナルで初ゴールとなるはずのシュートは、惜しくも決まらなかった」とこちらもファーストシュートを評価。「ジャック・グリーリッシュの前に立ちはだかったが、全体的にはうまく対応した」と、守備面でも問題なくプレーしていたと評価した。 前節のユナイテッド戦ではイングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードと対峙し高いパフォーマンス。今季は守備力を買われて左サイドバックでもプレーしたが、攻守にわたり力を発揮し始めている。 <span class="paragraph-title">【動画】冨安健洋の惜しいミドル! ハーランドのオーバーヘッドもブロック</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="luZKdx7ErCQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.28 13:18 Sat
twitterfacebook
thumb

フランス挑戦の鈴木唯人がさっそく練習姿! ストラスブール公開の動画にファンのエール多数

ストラスブール入りのU-21日本代表MF鈴木唯人がさっそくトレーニングに合流した。 2020年に市立船橋高校から清水エスパルスに入団して、3季にわたって主力を張った鈴木。2022年1月のA代表合宿に呼ばれ、2024年のパリ・オリンピックを目指す世代別代表でも中心として活躍が期待されるなか、27日にリーグ・アンのストラスブールに買取オプション付きのレンタル移籍が決まった。 日本代表GK川島永嗣も所属するストラスブールで欧州挑戦が決まったばかりの21歳だが、その新天地で第一歩を踏み出しているようだ。リーグ・アンで16位と苦しむストラスブールはクラブ公式ツイッターを通じて、鈴木の練習姿を紹介している。 その動画ではダッシュやステップを織り交ぜ、ボールを扱う姿だけでなく、新たなチームメイトとコミュニケーションを図るシーンも。ファンからは「早いな」という声とともに、「思いっきりやってきてほしい」や、「なにより唯人がプレーしてるの見れて嬉しいよ頑張れ」などのエールが多数集まっている。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ五輪世代の有望株が新天地でさっそくトレーニング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> I Premières foulées pour Yuito <a href="https://twitter.com/hashtag/Suzuki?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Suzuki</a> sur la pelouse du Racing Soprema Parc <a href="https://twitter.com/hashtag/MercatoRCSA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MercatoRCSA</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1UberEats?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1UberEats</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Japan?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Japan</a> <a href="https://t.co/55Y2ThWQia">pic.twitter.com/55Y2ThWQia</a></p>&mdash; Racing Club de Strasbourg Alsace (@RCSA) <a href="https://twitter.com/RCSA/status/1619114974747697154?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.28 12:45 Sat
twitterfacebook
thumb

「ガチで王子様すぎ」「カッコ良すぎるわ」ボルシアMGが板倉滉の誕生日を斬新な方法でお祝い! ヒーロー過ぎる一面にファンが沸く

27日に26歳の誕生日を迎えた日本代表DF板倉滉だが、ボルシアMGが意外な方法で誕生日を祝福した。 ヒザの重傷を負いながらも驚異的な回復を見せ、カタール・ワールドカップ(W杯)では日本代表の一員としてプレー。グループステージ3試合にフル出場し、日本のベスト16入りに貢献。初戦のドイツ代表戦では、逆転ゴールとなったFW浅野拓磨のゴールを絶妙なフィードでアシストしていた。 その板倉は1月27日に26歳を迎えたなか、ボルシアMGも誕生日を祝福。しかし、その方法が実に斬新だった。 ボルシアMGは1本の動画をインスタグラムにアップ。「ハッピーバースデー」として板倉に宛てて投稿された動画は、いつぞやのトレーニング中のものだった。 しかし、動画に映っているのは板倉ではなく、DFマーヴィン・フリードリヒとMFハンエス・ヴォルフの2人。すると、2人が肩をすくめて何かをよけようとした。すると次の瞬間、横から飛び出てきたのは板倉。2人目がけて飛んできたボールを寸前でキャッチ。2人を見事に救ったのだ。 板倉が登場しなければ直撃していたと思われ、まさにヒーロー。ヴォルフは思わず握手して感謝した。 板倉のピッチ外でのヒーローっぷりを投稿して誕生日を祝うというボルシアMGの演出にはファンも「ガチで王子様すぎ」、「かっこいい」、「ヒーロー」、「カッコ良すぎるわ」とコメントを寄せていた。 <span class="paragraph-title">【動画】ボルシアMGが斬新な方法で板倉滉のバースデーを祝福</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cn68Te6D_WD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cn68Te6D_WD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cn68Te6D_WD/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Borussia Mönchengladbach(@borussia)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.28 11:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ウニオン原口元気にシュツットガルト移籍の可能性…すでに交渉か

ウニオン・ベルリンの日本代表MF原口元気(31)に対して、今冬の移籍話が浮上している。 2014年夏のヘルタ・ベルリン入りからドイツが活躍先の原口。2021年夏からはウニオンに新天地を求め、昨季は公式戦42試合で2得点6アシストを記録して奮闘した。 今季もここまで公式戦18試合に出場中だが、先発チャンスが減少傾向。その裏で、昨季のブンデスリーガで5位フィニッシュのチームは今季も3位の好位置につける。 そんななか、ドイツ『スカイ』がMF遠藤航やDF伊藤洋輝の日本代表勢も所属するシュツットガルト行きの可能性を報道。すでに交渉中で、原口本人も前向きだという。 その裏で、シュツットガルトはボデ/グリムトのノルウェー代表MFヒューゴ・ヴェトレセンを獲得しようと3度のオファーも撃沈。新たに原口の名が浮上した模様だ。 原口であれば、ベトレセンよりも安価に獲得できるともされるシュツットガルト。ブンデスリーガ15位と残留を争うチーム状況だが、原口の去就やいかに。 2023.01.28 11:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly