デレ・アリのベジクタシュ移籍決定的に! 25日にメディカルチェック受診へ

2022.08.25 06:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのイングランド代表MFデレ・アリ(26)のベジクタシュ移籍が決定的となった。トルコ『Fanatik』など複数メディアが報じている。

報道によると、ベジクタシュは買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍でエバートンと合意。すでにデレ・アリとも個人間合意に至っており、同選手は25日に現地でメディカルチェックを受診する見込みだ。

なお、デレ・アリがトッテナムからエバートンに移籍した際の契約は総額4000万ポンド(約64億6000万円)の非常に特殊な契約。同選手がマージーサイドのクラブで通算20試合に出場した段階で、1000万ポンド(約16億1500万円)の支払いが生じることになるが、ここまで通算13試合の出場にとどまっている。
そのため、今回の移籍でベジクタシュが675万ポンド(約10億9000万円)と言われる買い取りオプションを行使した際には、その金額の25%がトッテナムに支払われる形となるようだ。

10代の頃は“神童”として高い評価を受け、2015年夏に加入したトッテナムでは卓越したセンスとテクニックを武器に主力として活躍したデレ・アリ。しかし、近年は度重なる負傷や素行不良でパフォーマンスは低下する一方で、昨年就任したアントニオ・コンテ監督から構想外の扱いを受けると、今年1月にエバートンへ移籍した。

同胞であるフランク・ランパード監督の下でのキャリア再生が期待されたデレ・アリだが、ここでも信頼は掴めず。昨シーズン後半戦はプレミアリーグでの先発がわずか2試合にとどまると、今シーズンも開幕から2試合続けてベンチスタートになるなど、加入当初に期待されていた存在感は発揮できていなかった。

関連ニュース
thumb

デレ・アリがトルコで苦戦…ベシクタシュ新指揮官も辛辣評価「期待を下回っている」

ベシクタシュでプレーする元イングランド代表MFデレ・アリだが、なかなかうだつが上がらないシーズンを過ごしているようだ。 トッテナムでブレイクしたデレ・アリは、アントニオ・コンテ監督の下で構想外の扱いを受け、今年1月にフリーでエバートンへ移籍。しかし、エバートンでも同胞のフランク・ランパード監督の信頼を掴むことができず、今夏に再起を図ってベシクタシュにレンタルすることになった。 トルコではここまでリーグ戦7試合に出場しており、ケガによる欠場を除けば全試合で先発出場中。しかし、先日にヴァレリアン・イスマエル監督が解任され、新たにシェノル・ギュネシュ監督が就任すると、その初陣となった直近のウムラニエスポル戦はハーフタイムでの交代を命じられていた。 試合後にギュネシュ監督は「就任すれば選手に私の方針や戦術を伝えることはできるが、デレ・アリにはまだ伝わっていないようだ」と戦術理解度、あるいは態度を批判。また、「選手としてデレ・アリのことは論じないようにしたい。だが、彼は効率性という点で期待を下回っていた」と、初陣のパフォーマンスでは必要なレベルに達していないとの評価を下した。 新天地でも苦戦が続くデレ・アリ。ベシクタシュは買取オプションを持っているが、現状で行使される可能性は低そうだ。 2022.11.01 20:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュがイスマエル監督を解任…首位と4pt差も格下相手の敗戦後に更迭

ベシクタシュは26日、ヴァレリアン・イスマエル監督(47)の解任を発表した。 一昨シーズンはスュペル・リグとテュルキエ・クパスの国内2冠を達成したベシクタシュ。しかし、昨シーズンは開幕から深刻な低迷に陥り、昨年12月にセルゲン・ヤルチン前監督が辞任。これを受け、クラブは今年3月にイスマエル監督を招へい。同シーズンの残り8試合は3勝4分け1敗の数字を残した。 迎えた今シーズンはMFデレ・アリやFWウート・ヴェグホルスト、DFロマン・サイス、MFネイサン・レドモンドといったプレミアリーグでプレーした実力者を補強したが、ここまでのリーグ戦で5勝3分け2敗と思うような結果を残せず。 現在は首位のフェネルバフチェと勝ち点差4の5位と巻き返しは十分に可能な位置にいるものの、直近では18位のハタイスポルに1-2で敗戦しており、試合後のスタンドから辞任を求める声が挙がっていた。 現役時代にセンターバックとしてストラスブール、ブレーメン、バイエルンで活躍したイスマエル氏は、ニュルンベルクやヴォルフスブルク、LASKリンツの指揮官を歴任。直近ではチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンズリー、WBAの指揮官を務めていた。 2022.10.27 22:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ退団のリャイッチ、新天地はピルロ監督率いるファティ・カラギュムリュクに決定!

トルコ1部のファティ・カラギュムリュクは28日、今夏にベシクタシュを退団した元セルビア代表MFアデム・リャイッチ(30)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 ベシクタシュでは、在籍4年間で公式戦85試合に出場し26アシストを記録。昨シーズンは、昨夏にクラブ間合意していたスパルタク・モスクワへの移籍を拒否したため、クラブから登録外の制裁を受け、1年間プレー機会がない状況だった。 リャイッチの加入したファティ・カラギュムリュクは、アンドレア・ピルロ氏が監督を務めており、元イタリア代表FWファビオ・ボリーニや元イタリア代表GKエミリアーノ・ヴィヴィアーノ、ロシア代表MFマゴメド・オズドエフ(29)らが在籍している。 なお、リャイッチの加入は冬の移籍市場が開幕する来年1月以降となる。 2022.09.29 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

セインツ在籍6年のレドモンドがベシクタシュ移籍! デレ・アリらと同僚に

ベシクタシュは8日、サウサンプトンから元イングランド代表MFネイサン・レドモンド(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間などに関する詳細は明かされていない。 2016年にノリッジ・シティからセインツに加入したレドモンドは、前線の複数ポジションをカバーするユーティリティ性を武器に、在籍6年間で公式戦232試合に出場し、30ゴール27アシストを記録。 2018-19シーズンはチームが残留争いを強いられた中、獅子奮迅の活躍を見せてプレミアリーグ残留に貢献。選手とファン・サポーターが選ぶクラブ年間最優秀選手賞をダブル受賞していた。 なお、新天地となるベシクタシュは、MFデレ・アリを始め、DFロマン・サイス、DFアルチュール・マズアク、FWヴォウト・ヴェグホルストら直近までプレミアリーグでプレーした選手を多く獲得している。 2022.09.08 22:52 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFAがFFP違反のPSGら8クラブに罰金処分…バルサら19クラブも注視リストに

欧州サッカー連盟(UEFA)は2日、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)規約に反した8クラブに罰金処分を科すと発表した。 処分対象のクラブはインテル、ミラン、ローマ、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)、モナコ、マルセイユ、ベシクタシュ。UEFAのクラブ財務管理組織(CFCB)が2018~2022年の会計を調査した結果、各クラブに収支均衡義務の怠りがわかったという。 罰金額の最高はPSGの1000万ユーロ(約13億9000万円)。8クラブの罰金合計額は2600万ユーロ(約36億2000万円)で、各クラブともに直接支払うか、UEFAの大会から得た収入が差し引かれる。 ただ、この先もルールを順守しなかった場合は罰金が増額され、全クラブが違反したら合計1億7200万ユーロ(約240億円)に。PSGであれば、罰金額は6500万ユーロ(約90億7000万円)になる。 また、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急措置の適用、および過去の損益分岐点実績からFFP違反とはならなかったが、今後も注視が必要なクラブも公表され、実に19クラブがリスト入りした。 そのクラブにはイングランドとスペイン、イタリアからマンチェスター・シティ、チェルシー、ウェストハム、レスター・シティ、バルセロナ、セビージャ、レアル・ベティス、ナポリ、ラツィオが入った。 ほかにも、ドルトムント、ヴォルフスブルク、ウニオン・ベルリン、リヨン、フェイエノールト、フェネルバフチェ、トラブゾンスポル、バーゼル、レンジャーズ、アントワープが含まれている。 2022.09.03 12:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly