スパーズDFロメロが週末ウルブス戦を欠場…コンテ「内転筋に少し痛みがある」

2022.08.19 00:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのDFクリスティアン・ロメロがウォルバーハンプトン戦を欠場する見込みだ。

ロメロは先週末に行われたプレミアリーグ第2節のチェルシー戦(2-2)にフル出場。後半アディショナルタイムのセットプレー時のDFマルク・ククレジャの髪を引っ張る不必要なプレーで大きな批判を浴びた一方、攻守両面でハイパフォーマンスを披露していた。

ただ、前半序盤にそのククレジャに左ヒザ付近を踏まれるなど、激しいバトルの影響は大きく次節のウォルバーハンプトン戦を欠場することになるようだ。

20日にプレミアリーグ第3節のウォルバーハンプトン戦を控えるアントニオ・コンテ監督は、18日に行われた公式会見の場で最新のチームニュースに言及。ロメロが内転筋の軽い問題で週末のリーグ戦を欠場する見込みであることを明かした。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

「クリスティアンはチェルシー戦の試合中の終盤に少し問題があった。しかし、それは小さな問題だ。試合後、彼は内転筋に少し痛みを感じ始めていた」

「我々は彼の状態をチェックし、正直なところ、プレーヤー自身はプレー可能だと示したいと思っていたが、このような状況では、特に多くのゲームをプレーする必要があるため、リスクを冒すのはばかげている。したがって、彼はウルブス戦で起用不可だ」

なお、ロメロの欠場に伴い、ウルブス戦ではDFダビンソン・サンチェス、DFジャフェット・タンガンガのいずれかがスタメンで起用される見込みだ。

ロメロの負傷が発覚した一方、コンテ監督は踵の骨折で離脱が続くMFオリヴァー・スキップの復帰が近いという朗報を届けている。

「ウォルバーハンプトン戦に出場できないもう一人のプレーヤーはスキップだが、今日か明日には再び走ることができるだろうから、彼については良いニュースだ。これは本当に良いニュースだ」

「彼は1月から問題を抱え始めていただけに、少し幸運であることを願っている」

「もちろん、彼がすぐに準備ができることを願っている。我々は彼のパフォーマンスを必要としている。彼は本当に良い男であり、これまでピッチ外にいるために多く苦しんできた。そういった中、我々が多くの試合をしなければならない時期に、彼は起用可能になると思う。これは我々にとって本当に良いニュースだ」

関連ニュース
thumb

スパーズに大きな悲しみ…フィジカルコーチのヴェントローネ氏が急逝…

トッテナムは6日、トップチームのフィジカルコーチを務めるジャン・ピエロ・ヴェントローネ氏(享年62)の逝去を明かした。 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ここ最近になって急性骨髄性白血病であることが発覚した同氏は生まれ故郷のナポリの病院で治療を受けていたものの、6日早朝に死亡が確認された。 ヴェントローネ氏はマルチェロ・リッピ監督の下で1994年~1999年、2001年~2004年とおよそ10年に渡ってユベントスのフィジカルコーチを務め上げた。その後、リッピ監督と共に2006年のドイツ・ワールドカップでイタリア代表の優勝に貢献。以降はACアジャクシオやカターニャでアシスタントコーチ、中国の江蘇蘇寧(現江蘇足球)、広州恒大(現広州足球)でアスレティックコーチを歴任。 2021年11月からはユベントス時代に指導したアントニオ・コンテ監督からのラブコールを受け、トッテナムのフィジカルコーチに就任。ハードワークを信条とする指揮官の求めに応じて、選手と積極的なコミュニケーションを取りながら不振に陥っていたチームのフィジカル向上に一役買い、トップ4フィニッシュに貢献していた。 トッテナムは、「ピッチ外でも愛らしく、ジャン・ピエロはすぐにプレーヤーやスタッフの間で絶大な人気を博しました」とその人柄を評するヴェントローネ氏の訃報に際して、「クラブの全員が彼のことを心から寂しく思い、この信じられないほど悲しい時期に、私たちは彼の家族や友人たちに寄り添います」と、哀悼の意を表した。 なお、コンテ監督は6日に8日のブライトン戦に向けた公式会見に出席予定だったが、信頼する同僚の逝去を受けて会見をキャンセルしている。 <span class="paragraph-title">【画像】スパーズの立て直しに尽力したヴェントローネ氏</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Rest in peace, Gian Piero <a href="https://t.co/QgCCJs6GoA">pic.twitter.com/QgCCJs6GoA</a></p>&mdash; Tottenham Hotspur (@SpursOfficial) <a href="https://twitter.com/SpursOfficial/status/1577980356648701954?ref_src=twsrc%5Etfw">October 6, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.10.06 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ホイビュア、矢面に立つ指揮官コンテへの信頼は揺るがず「全てはボスへの信頼から」

トッテナムのデンマーク代表MFピエール=エミール・ホイビュアが、アントニオ・コンテ監督への絶大な信頼を語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 今夏にFWリシャルリソンやMFイバン・ペリシッチ、DFクレマン・ラングレなどの実力者を獲得し、今季を迎えたトッテナム。プレミアリーグでは開幕7試合で5勝2分とスタートダッシュに成功したものの、1日に行われた第9節のアーセナルとの重要なダービーマッチで初黒星を喫することになった。 攻撃的なスタイルを貫く宿敵とは対照的に守備志向のコンテ監督のスタイルには、一部のファンや識者から批判の声が挙がっており、チーム内の競争やローテーションの欠如が危惧されている。 しかし、指揮官から全幅の信頼を寄せられる中盤の要ホイビュアは批判を一蹴。0-0に終わったCLグループD第3節のフランクフルト戦後、インタビューの中でコンテ監督との信頼関係を口にしている。 「様々な意見について語るのは、本来なら僕がすることではないさ。だけど、トッテナムの選手たちは己のベストを尽くしてチームとクラブのために戦い、常に改善を心がけている。全てはボスを信頼することから始まっているんだ」 「僕らはうまくやれている。もっとうまくやれるかもしれない。今回も良い準備をしてゲームに臨んだけど、ゴールチャンスを作るためのプランを活用しきれなかったね。勝利に値するゲームだったと思う」 「0-0に満足しているわけじゃない。確かに勝ちきれなかったけど、負けたわけでもない。少なくとも成熟したパフォーマンスを発揮できたことは確かだよ」 2022.10.06 18:59 Thu
twitterfacebook
thumb

トッテナムDFラングレ、CLラウンド16進出へ意気込み「次の2試合は落とせない」

トッテナムのフランス代表DFクレマン・ラングレが、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16進出へ向けて意気込みを語った。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 ラングレはバルセロナで出場機会が減少し、今夏に1年レンタルでトッテナムへと加入。今季の開幕直後はやや出遅れたものの、9月以降に3バックの一角で定位置を確保し、プレミアリーグ4試合とCL2試合に出場している。 そんななか、加入から約3か月が経ち、新天地にも慣れ、充実した日々を送っていると語ったラングレ。4日にアウェイで行われたCLのグループD第3節フランクフルト戦も振り返り、ラウンド16進出へ向けて意気込みを口にしている。 「いまはとても調子が良い。シーズンの初めは少し疲れていた。準備と適応が本当に大変でね。プレミアとこのクラブの激しさはとてつもないよ。日に日に良くなっている実感がある」 「フランクフルトはとても良いチームだね。バルサにいた昨季はカンプ・ノウでやられたよ。本当に、本当に大変だった。この経験から、今回もとにかくインテンシティで彼らを凌駕しようと心がけた。僕自身はうまくいったと思う」 「CLでラウンド16に進むためには、次からの2試合を落とすことは考えられない。勝利が目標。とても明確だよ。(フランクフルト戦は)本当にタフなゲームだったから、次もそうなるだろうね」 アウェイでのフランクフルト戦はスコアレスドローに終わったトッテナム。12日にはホームでのリターンマッチを控えている。 2022.10.06 16:53 Thu
twitterfacebook
thumb

「マコトは僕たちの模範」ドイツ代表GKがケインを封じた38歳の長谷部誠を称賛「2度も引退しそうになっていた」

フランクフルトのドイツ代表GKケビン・トラップが、MF長谷部誠を称えた。ドイツ『DW』が伝えた。 フランクフルトは4日、チャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節でトッテナムと対戦。ホームに迎えた中、ゴールレスドローで引き分けた。 この試合で注目を浴びたのは、長谷部。3バックの一角として先発出場すると、イングランド代表FWハリー・ケインを完封。トッテナムに枠内シュートを打たせないなど、高いレベルでの守備を披露した。 38歳になり、現役引退も近づいていく中での高パフォーマンスにはオリバー・グラスナー監督が試合後に「マコトは、ワールドクラスのストライカーに対して素晴らしいプレーをした」と称賛していたが、チームメイトも驚きを隠さなかった。 トラップは長谷部について「マコトは僕たち全員にとっての模範だ」とコメント。ワールドクラスのトップストライカーを封じた点を称えた。 「今日、ハリー・ケインに対して、彼はフィジカル的にはおそらくそれほど強くはないが、彼はしっかりとコントロールしていた」 「彼にボールを預けることで、チームに必要な自信を与えてくれることを知っている」 「彼は2度も引退しそうになっていたが、幸いにも引退せずに済んだ。僕たちにとってとても重要な選手だ」 「38歳で、彼は自分の体に必要なことをやっている」 <span class="paragraph-title">【動画】長谷部誠がケインを封じる!相手の枠内シュートはゼロ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="R7gdSk0Jr5s";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.10.05 22:22 Wed
twitterfacebook
thumb

「コンテはチームの強みを生かしているか?」2戦未勝利のトッテナムに疑問の声

元スコットランド代表FWのアリー・マッコイスト氏が、トッテナムで守備を重視するアントニオ・コンテ監督の戦術に疑問を呈した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1日に行われたプレミアリーグ第9節でアーセナルとの“ノースロンドン・ダービー”に完敗したトッテナム。続く4日のチャンピオンズリーグ(CL)グループD第3節のフランクフルト戦でもゴールレスドローに終わり、今季開幕から無敗が続き膨らんでいたファンの期待とは裏腹に、チームはやや失速傾向にある。 イギリス『BT Sport』に出演したマッコイスト氏は、フランクフルト相手に最後までゴールを奪えなかった試合を振り返り、コンテ監督の采配を疑問視。チームの強みである前線を活かしきれていないと指摘している。 「私はトッテナムの強さが前線にあると考えている。そして、誰もこの意見に異論はないだろう。一方で、彼らの守備陣については疑問符がつく。開幕直後のチェルシー戦では、もう少しソリッドな守備だと思ったがね。ここ数試合がこれからのターニングポイントになるか? 私はそう思わない」 「トッテナムファンができる議論は、コンテがチームの強みを生かしているかだろう。私ははっきりとした答えがわからない。彼は明らかにディフェンシブな考え方を持ち、チームを構成している。そして、それが非常に巧みであるのは間違いないだろう。トッテナムは今年のプレミアリーグで、ノースロンドン・ダービーの1試合しか負けていないのだから」 「しかしながら、もし私がデヤン・クルゼフスキやハリー・ケイン、ソン・フンミンだとしたら、チームのプレーに疑問を抱いているかもしれないね」 2022.10.05 15:42 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly