理想のパスが出てこず苛立ったムバッペがプレーを放棄…監督は「コンディション面で問題があった」と擁護

2022.08.16 12:02 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリサンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督がフランス代表FWキリアン・ムバッペを擁護している。PSGは13日、リーグ・アン第2節でモンペリエと対戦し5-2で勝利。ムバッペも先発すると、PK失敗もあったものの1ゴールをマークし、86分までプレーしていた。

しかし、前半アディショナルタイムには物議を醸す場面があった。カウンターからPSGの攻撃に転じ、一気にチャンスになろうかというシーンで。ムバッペは前線に疾走。ボールを持っていたMFヴィティーニャにパスを要求した。
だが、相手のプレッシャーを受けていなかったヴィティーニャは自らボールを持って持ち上がることを選択。すると、ムバッペは明らかに不服そうに手を挙げ、そのまま走ることを止めてしまったのだ。

その後、ヴィティーニャはリオネル・メッシアクラフ・ハキミとのコンビネーションでシュートまで持ち込んだものの、歩いていたムバッペがゴール前まで行くことはなかった。

批判されてもおかしくない行為だが、この件についてガルティエ監督は、ムバッペはケガ明けの試合で疲れていたと擁護している。

「キリアンは3週間前に最後の試合を行ったので、彼にとってフィジカル面でタフになることは分かっていた」

「彼は負けず嫌いだ。本人は早く元気になりたいと思っているが、トッププレイヤーにとってそれは簡単ではない。100パーセントを取り戻すには少し時間がかかるものだ」

「100パーセントの力を取り戻したとき、彼はさらに大きな力を発揮するだろう。得点が好きな選手、得点を取りたい選手がいる。チームメイトと比較して、彼が失望したのは普通のことだ」

モンペリエ戦では、2本目のPKキッカーを巡ってネイマールとの関係に亀裂が生じたとも報じられているムバッペ。レアル・マドリー移籍を蹴っての残留となった今シーズンだが、早くも問題が生じている。


関連ニュース
thumb

PSG構想外はもはや過去…イカルディがトルコで輝き取り戻す! ガラタサライは驚愕の14連勝中

元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)がトルコの地で輝きを取り戻している。アルゼンチン版『マルカ』が伝えた。 昨季終了後にパリ・サンジェルマン(PSG)から構想外を言い渡され、ガラタサライへとレンタル移籍したイカルディ。トルコとなると欧州5大リーグよりもレベルは劣るが、公式戦12試合で9得点6アシストと、ストライカーとしての責務をきっちり全うしている印象だ。 また、ガラタサライはイカルディの得点ペースが上がるに連れて調子を上げ、現在公式戦14連勝中。中断期間前の昨年10月に黒星を喫して以降はひたすら勝ち続けており、リーグ戦は2位と9ポイント差で首位を独走する。 インテル時代の輝きをすっかり取り戻したとあって、PSGへの復帰や新天地行きも浮上する格好に。ガラタサライとのレンタル契約は今季限りで、PSGとの契約は2024年6月まで。スペイン『Relevo』は、欧州の主要クラブにとって今月で30歳を迎えるイカルディが貴重なオプションになり得ると紹介している。 2023.02.06 17:18 Mon
twitterfacebook
thumb

メッシとの契約についてPSGのカンポスSDが言及「現在交渉中」、ツィエクの移籍破談は「あらゆる手を尽くしたが…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・ディレクター(SD)を務めるルイス・カンポス氏が選手についてコメントした。 今冬の移籍市場では、選手の獲得は行わず、スペイン代表FWパブロ・サラビア、コスタリカ代表GKケイロル・ナバスなどがチームを去ることとなった。 そのPSGはチェルシーからモロッコ代表MFハキム・ツィエクの獲得を画策。レンタル移籍での加入が確実視されていた中、書類の不備がありリーグ・アンの登録に間に合わず。チェルシーからの嫌がらせとも取れる3度のミスが重なり、選手獲得が実現しなかった。 ルイス・カンポス氏はフランス『テレフット』でツィエクの移籍について言及。チェルシーだけが違う考えだったと明かした。 「私はツィエクと契約するために、あらゆる手を尽くした。3つの異なる部分全てがそれぞれ機能する必要があった。我々側も、選手側もその要素があったが、最終局面でチェルシーにはなかった」 一方で、クラブが目指しているのはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとの契約延長だ。メッシとPSGの契約は今シーズン終了まで。予てから契約延長に近づいているとされたが、現在もまだ交渉中だという。 「現在、我々はメッシとの契約更新について交渉中だ。プロジェクトに参加させたいと思っているが、隠すことはできない」 「我々は目標を達成するため、そして彼が我々と一緒にプレーし続けるために交渉をしている」 また、何かと騒がせるブラジル代表FWネイマールについても言及。自身がSDに就任してからは、何も問題は起こしていないとした。 「真実は、私がPSGに来て以来、ネイマールは何も批判を受けるようなことはないということだ。いつも時間を厳守し、気立ても良い。今のネイマールは、素晴らしいネイマールだ」 2023.02.05 21:20 Sun
twitterfacebook
thumb

論争絶えぬ“2人”と共に戦ったS・ラモス「メッシが最高」

パリ・サンジェルマン(PSG)の元スペイン代表DFセルヒオ・ラモスが史上最高の選手について語った。スペイン『アス』が伝えている。 現代サッカーを牽引してきたPSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと、アル・ナスルのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。2008年にC・ロナウドがバロンドールを受賞して以降10年間にわたっては、2人で世界最高選手の座を独占するなど、長年トップを走り続けている。 メッシは昨年のカタール・ワールドカップ(W杯)で念願の初優勝。C・ロナウドは今年からヨーロッパの第一線を離れて中東でのプレーを始めており、現在では対照的なキャリアを歩んでいると言えるものの、どちらがフットボール史上最高の選手かという論争は決着が着かないままだ。 そうした中、レアル・マドリーでC・ロナウドと共に多くの栄光を掴み、現在はメッシとチームメイトであるS・ラモスがクラブメディア『PSGTV』のインタビューに応対。メッシこそが史上最高の選手だと断言した。 「僕は何年もメッシに苦しまされてきた。今は共にプレーすることを楽しんでいるよ。彼はこれまでのフットボールにおいて最高の選手だ」 バルセロナに所属していたメッシとはマドリー時代に幾度なくマッチアップしてきたS・ラモス。敵として感じる怖さという面で、長年共にプレーしてきたC・ロナウドをも上回ると考えているようだ。 2023.02.05 18:13 Sun
twitterfacebook
thumb

PSG在籍10年目! 主将のマルキーニョス、契約延長が目前に

ブラジル代表DFマルキーニョス(28)はパリ・サンジェルマン(PSG)との契約延長が目前のようだ。ブラジル『uol』が伝えている。 PSG加入10シーズン目を迎え、現在では主将も務めるマルキーニョス。今季出場した公式戦28試合のうちスタメンは26試合と、クリストフ・ガルティエ監督率いるチームに欠かすことのできない主軸として君臨している。 現行契約は2024年6月までだが、2027年または2028年までの契約延長が目前となった模様。昨季中に大筋合意まで達していたものの、信頼を寄せていた同胞のスポーツ・ディレクター(SD)レオナルド氏がシーズン後に解任されたため、一時は交渉を拒んでいたという。 とはいえ、PSGでのキャリア継続願望は揺るがず。あとは1年間の延長オプションの有無について結論を出すのみとなっているようだ。 2023.02.05 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

メッシ逆転弾のガルティエ「チームにレオのためにプレーし、働くよう頼んだ」

パリ・サンジェルマン(PSG)のクリストフ・ガルティエ監督が振り返っている。フランス『Le Parisien』が報じた。 4日のリーグ・アン第22節でトゥールーズをホームに迎え撃ったPSG。FWネイマールとFWキリアン・ムバッペをはじめ、MFマルコ・ヴェッラッティ、DFセルヒオ・ラモスも不在の一戦だったが、FWリオネル・メッシの一発で2-1と逆転勝ちした。 「レナト・サンチェスの負傷離脱に伴う守備の変更と、非常に若い守備者の出場で難しい序盤だったが、完全なる試合をした。モンペリエ戦のシナリオを追体験しているようだったね」と語るガルティエ監督はメッシ中心の戦いを口にした。 「レオのパフォーマンスはワールドカップでのものと似ている。私はチームにレオのためにプレーし、働くよう頼んだ。少しでも快適にプレーできるようにあるタスクも免除した。彼にはドリブルのセンス、プレーのセンス、そして明らかに決定力があるからね。周りは頼りすぎてはいけないが、彼が仕事できるようもっと働かないといけない」 また、同点弾のDFアクラフ・ハキミについては「彼はとても自信に満ちていて、このレベルにあるのがとても幸せだ」と述べている。 2023.02.05 10:50 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly