守田途中出場のスポルティングCPが初勝利!好調ジル・ヴィセンテは今季初黒星…【プリメイラ・リーガ日本人選手】

2022.08.16 07:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
2022-23シーズンのプリメイラ・リーガ第2節が今週末に行われた。

今シーズンのプリメイラ・リーガにはスポルティングCPへ完全移籍したMF守田英正やポルトへ復帰したMF中島翔哉、昨季ジル・ヴィセンテで飛躍を遂げたMF藤本寛也らに加え、ジル・ヴィセンテに加入したMF新井瑞希、ギマランエスに加入したDF小川諒也、ボアヴィスタに加入したMF渡井理己、カーザ・ピアに加入したFW邦本宜裕の4選手が新たに参戦する。

開幕節でブラガと打ち合いを演じたスポルティングCPは、ホーム開幕戦でリオ・アヴェと対戦。ゴンサウヴェスのゴールで先制したスポルティングCPは、65分から守田を投入。すると、直後の67分にマテウス・ヌネスが追加点を奪取。さらに75分にもゴンサウヴェスがこの試合2点目を決め、3-0で今季初勝利を飾った。
一方、ミッドウィークにUEFAカンファレンスリーグ予選3回戦でリガFC(ラトビア)に完勝したジル・ヴィセンテはアロウカとアウェイで対戦。藤本が先発した一戦は、開始早々の2分にジル・ヴィセンテが失点する。

1点のビハインドで迎えた後半、ジル・ヴィセンテは新井やマテウス・ブエノなどを投入し、攻撃陣を総入れ替えしたが最後まで同点弾は奪えず、そのまま0-1で敗戦した。

また、田川に所属するサンタクララと渡井の所属するボアヴィスタによる日本人所属クラブ同士の対戦が実現。試合は後半に2ゴールを挙げたボアヴィスタが2-1で逆転勝利した。田川は65分までプレー、渡井はベンチ外となった。

中島翔哉[ポルト]
▽8/14
ヴィゼラ 0-1 ポルト
◆ベンチ入りせず

守田英正[スポルティングCP]
▽8/13
スポルティングCP 3-0 リオ・アヴェ
◆65分からプレー

★小久保 玲央ブライアン[ベンフィカ]
▽8/13
カーザ・ピア 0-1 ベンフィカ
◆ベンチ入りせず

藤本寛也[ジル・ヴィセンテ]
▽8/15
アロウカ 1-0 ジル・ヴィセンテ
◆フル出場

新井瑞希[ジル・ヴィセンテ]
▽8/15
アロウカ 1-0 ジル・ヴィセンテ
◆後半からプレー

小川諒也[ギマランエス]
▽8/14
ギマランエス 1-0 シャヴェス
◆ベンチ入りも出場せず

田川亨介[サンタクララ]
▽8/14
ボアヴィスタ 2-1 サンタクララ
◆65分までプレー

渡井理己[ボアヴィスタ]
▽8/14
ボアヴィスタ 2-1 サンタクララ
◆ベンチ入りせず

川﨑修平[ポルティモネンセ]
▽8/15
パソス・デ・フェレイラ 0-3 ポルティモネンセ
◆ベンチ入りせず

中村航輔[ポルティモネンセ]
▽8/15
パソス・デ・フェレイラ 0-3 ポルティモネンセ
◆ベンチ入りも出場せず

邦本宜裕[カーザ・ピア]
▽8/13
カーザ・ピア 0-1 ベンフィカ
◆69分までプレー

関連ニュース
thumb

「先発確定演出?」「スーパー・トミ!」シティとのFAカップ告知画像は冨安健洋、先発予告とファン湧き立つ「エティハドでやってやろう」

プレミアリーグの優勝を争うアーセナルとマンチェスター・シティが今シーズン初めて対戦する。 27日、FAカップ4回戦で対戦する両者。試合は、シティのホームエティハド・スタジアムで行われる。 プレミアリーグで首位に立つアーセナルは、1試合消化が少ないながらも2位のシティと勝ち点差5。ただ、日程の関係で両者は一度も対戦しておらず、リーグ戦2試合を残している状況。シティは自力でひっくり返す可能性も残っている。 アーセナルはトッテナム、マンチェスター・ユナイテッドとビッグマッチで連勝しており、チームは勢いに乗っている状況。シティをここで下せば、19年ぶりのプレミアリーグ制覇にさらに勢いがつくことになる。 大事な一戦、そしてジョゼップ・グアルディオラ監督とミケル・アルテタ監督の師弟対決ということもあり、大きな注目を集める中、アーセナルが投稿した画像も話題となっている。 試合日を告知する画像がアップされた中、その画像に起用されたのが日本代表DF冨安健洋。吼える冨安だが、通常試合に出場する選手が起用されることが多い。 これを受けファンは「冨安が先発する?」、「先発確定演出?」、「スーパー・トミ!」、「冨安の先発伏線じゃない?」、「これは見るしかない」と湧き立っている。また「誰が出たって勝つしかない」、「相手はベストチームだ」、「エティハドでやってやろう」とチームを鼓舞するコメントも寄せられている。 リーグ戦とは別物だが、優勝を争うライバル同士の直接対決。勝った方が勢いづくことは間違いないだろう。試合は、27日の29時にキックオフを迎える。 <span class="paragraph-title">【画像】シティ戦告知画像、冨安健洋が起用され先発確定演出!?と話題</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://t.co/fI9jGjKKDh">pic.twitter.com/fI9jGjKKDh</a></p>&mdash; Arsenal (@Arsenal) <a href="https://twitter.com/Arsenal/status/1618731757968179201?ref_src=twsrc%5Etfw">January 26, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

パス成功率88.7%、シティのなでしこ長谷川唯がリーグの1月度月間最優秀選手にノミネート

マンチェスター・シティに所属するなでしこジャパンのMF長谷川唯がFA女子スーパーリーグ(FAWSL)の月間最優秀選手賞にノミネートされた。 カップ戦が並行して行われているため、1月のリーグ戦は2試合のみに。長谷川は2023年最初のゲームとなった15日の古巣ウェストハム戦で決勝点の起点となる縦パスを供給するなどの活躍を見せ、89分までプレーした。 21日の1-1に終わったアストン・ビラ戦でもフル出場を果たし、クラブ公式サイトは「粘り強さとオフザボールの動き、パス精度92%は印象的だった」と評している。長谷川はリーグを通じてもパス成功率88.7%を記録し、MFの中ではトップを誇る。 シティの1月のリーグ戦月間成績は1勝1分け、2得点1失点。得点者でも守護神でもなく、アンカーという新境地で攻守にわたって奮闘したなでしこジャパンの司令塔が評価されたようだ。 なお、ノミネート選手は計8人となっており、イングランドサッカー協会(FA)の特設サイトから一般投票が可能となっている。 ◆FA女子スーパーリーグ 1月月間最優秀選手賞ノミネート一覧 長谷川唯(マンチェスター・シティ) ヘイリー・ラッド(マンチェスター・ユナイテッド) オナ・バトレ(マンチェスター・ユナイテッド) ジェス・パーク(エバートン) ギャビー・ジョージ(エバートン) カースティ・ハンソン(アストン・ビラ) ケンザ・ダリ(アストン・ビラ) ジャスティン・ヴァンハーベルメット(レディング) <span class="paragraph-title">【写真】投票もここから!長谷川唯もノミネートされたFAWSL1月POTM候補一覧</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Who will be the <a href="https://twitter.com/BarclaysFooty?ref_src=twsrc%5Etfw">@BarclaysFooty</a> January Player of the Month?<br><br> <a href="https://twitter.com/JVanhaevermaet?ref_src=twsrc%5Etfw">@JVanhaevermaet</a><br> <a href="https://twitter.com/KirstyHanson3?ref_src=twsrc%5Etfw">@KirstyHanson3</a><br> <a href="https://twitter.com/OnaBatlle?ref_src=twsrc%5Etfw">@OnaBatlle</a><br> <a href="https://twitter.com/gabsgeorge?ref_src=twsrc%5Etfw">@gabsgeorge</a><br> <a href="https://twitter.com/HayleyLadd?ref_src=twsrc%5Etfw">@HayleyLadd</a><br> <a href="https://twitter.com/jesspark21300?ref_src=twsrc%5Etfw">@jesspark21300</a><br> <a href="https://twitter.com/KenzaDali?ref_src=twsrc%5Etfw">@KenzaDali</a><br> <a href="https://twitter.com/maybe10_?ref_src=twsrc%5Etfw">@maybe10_</a><br><br>Vote now: <a href="https://t.co/ccCxYrvVXo">https://t.co/ccCxYrvVXo</a> <a href="https://t.co/SqnAt2eacO">pic.twitter.com/SqnAt2eacO</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1618926795566235649?ref_src=twsrc%5Etfw">January 27, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【動画】古巣対決で長谷川唯が決勝点を演出</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Bunny Shaw doing what she does best <a href="https://twitter.com/hashtag/BarclaysWSL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BarclaysWSL</a> <a href="https://twitter.com/ManCityWomen?ref_src=twsrc%5Etfw">@ManCityWomen</a> <a href="https://t.co/O57O5WFFQv">pic.twitter.com/O57O5WFFQv</a></p>&mdash; Barclays Women&#39;s Super League (@BarclaysWSL) <a href="https://twitter.com/BarclaysWSL/status/1614975856509599745?ref_src=twsrc%5Etfw">January 16, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.27 22:05 Fri
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第18節プレビュー】後半戦スタート、再開後未勝利のバイエルンはフランクフルトと対戦

ミッドウィークに行われた前半戦最終戦の前節、バイエルンがケルンに何とかドローに持ち込んだものの、2位に浮上したウニオン・ベルリンとの勝ち点差は3に縮まった。そして日本代表対決となったフライブルクvsフランクフルトの上位決戦はドロー決着となった。後半戦スタートとなる第18節、再開後未勝利のバイエルンはフランクフルトとの上位対決に臨む。 首位バイエルン(勝ち点36)は前節、善戦してきたケルン相手にMFキミッヒの試合終盤の豪快ミドル弾で辛くもドロー。再開後、2分けと芳しくないリスタートとなったが、後半戦初戦をモノにできるか。 一方、フライブルク戦ではFWコロ・ムアニの一撃でドローとした4位フランクフルト(勝ち点31)。ボランチ起用のMF鎌田はシャルケ戦に続き凡庸なパフォーマンスに終わってしまった。今やブンデスを代表する選手に成長したMFムシアラとのマッチアップが想定されるが、ボランチ鎌田はどう相対するだろうか。 前節ブレーメンに2-1と競り勝って2位に再浮上したウニオン・ベルリン(勝ち点33)は、17位ヘルタ・ベルリン(勝ち点14)とのベルリン・ダービーに臨む。MF原口は再開後2戦連続スタメン起用され、ブレーメン戦でも献身的な動きを見せた。古巣対決となるダービーではベンチスタート予想となっているが、大きなインパクトを残せるか。 シャルケに6発圧勝として3位に浮上したライプツィヒ(勝ち点32)は、金曜に15位シュツットガルト(勝ち点16)と対戦する。シャルケ戦では立ち上がりから圧倒して最下位チームを粉砕としたライプツィヒ。再開後も好調を持続している中、とりわけ元気な攻撃陣がシュツットガルト戦でも躍動するかに注目だ。 一方、MF遠藤が一時勝ち越しゴールを決めたもののラストプレー被弾でホッフェンハイムに2-2のドローに終わった15位シュツットガルト(勝ち点16)。引き続き勝ちきれない試合が続く苦しい状況だが、遠藤と伊藤は踏ん張れるか。 MFレイナの後半追加タイム弾でマインツに劇的勝利とした5位ドルトムント(勝ち点31)は8位レバークーゼン(勝ち点24)とのアウェイ戦に臨む。マインツ戦も攻めあぐねる難しい展開となったが、打ち勝ったアウグスブルク戦に続き、これで2連勝リスタート。結果が付いてきている中、シャビ・アロンソ監督の戦術が浸透してきている様子の連勝リスタートとしているレバークーゼンを下すことはできるか。 MF上月に嬉しいブンデス初ゴールが生まれたものの、前述のようにライプツィヒに惨敗した最下位シャルケ(勝ち点9)は、10位ケルン(勝ち点21)とのホーム戦に臨む。再開初戦のフランクフルト戦ではまずまずの試合を見せたものの、ライプツィヒ戦で大崩れしたシャルケ。DF吉田の責任が追及されてしまうところだが、バイエルン相手に善戦したケルン相手に立て直しを図れるか。上月の引き続きの活躍にも期待だ。 フランクフルト相手に優勢ドローとした6位フライブルク(勝ち点31)は、14位アウグスブルク(勝ち点18)とのホーム戦に臨む。再開後初戦のヴォルフスブルク戦では6失点惨敗を喫してしまったフライブルクだったが、フランクフルト戦ではすかさず立て直してきた。2シャドーの一角で先発したMF堂安も好機に絡むシーンがあり、アウグスブルク戦でのゴールに期待だ。 再開後、2戦連続センターバックでスタメンの9位ボルシアMG(勝ち点22)DF板倉は13位ホッフェンハイム(勝ち点19)とのアウェイ戦に臨む。前節アウグスブルク戦では守勢の展開を強いられた中、終盤の失点で0-1の惜敗を喫したボルシアMG。安定したプレーを続けている板倉は引き続きセンターバックでスタメン予想。FWクラマリッチ擁するホッフェンハイム攻撃陣を抑え込めるかに注目だ。 前節レバークーゼン戦で右MFでスタメンとなった16位ボーフム(勝ち点16)のFW浅野は、12位マインツ(勝ち点20)とのアウェイ戦に臨む。レバークーゼン戦では劣勢の展開の中、2度ほどゴールチャンスのあった浅野。モノにはできなかったが、ゴールへの嗅覚は研ぎ澄まされている様子。マインツ戦ではベンチスタート予想だが、好機をモノのできるか。 ◆ブンデスリーガ第18節 ▽1/27(金) 《28:30》 ライプツィヒvsシュツットガルト ▽1/28(土) 《23:30》 ヘルタ・ベルリンvsウニオン・ベルリン ホッフェンハイムvsボルシアMG マインツvsボーフム フライブルクvsアウグスブルク ブレーメンvsヴォルフスブルク 《26:30》 バイエルンvsフランクフルト ▽1/29(日) 《23:30》 シャルケvsケルン 《25:30》 レバークーゼンvsドルトムント 2023.01.27 19:01 Fri
twitterfacebook
thumb

「ワイルドでかっこ良すぎ」「ビジュが良すぎ」堂安律が『GQ JAPAN』に登場、ピッチ内とは違う姿にファン歓喜「買うしかない」

フライブルクの日本代表MF堂安律が、ファッション誌に登場することとなった。 カタール・ワールドカップ(W杯)では、途中出場がメインとなりながら、初戦のドイツ代表戦、第3戦のスペイン代表戦と重要な2試合でいずれも同点ゴールを記録。世界中から注目を集める存在となった。 フライブルクでも中心選手として活躍する堂安が自身のインスタグラムを更新。『GQ JAPAN』2023年3月号に登場することを発表した。 『GQ』はアメリカで創刊され、世界19カ国で発行。男性向けのファッション・カルチャー雑誌として知られている。 先日はイギリス版の『GQ』でマンチェスター・シティのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが表紙を飾り、普段とは違う髪を下ろした姿が話題に。多くのスター選手が表示を飾ることでも知られている。 堂安は雑誌で使われる写真をアップ。これにはファンから称賛の声が多数届いている。 「かっこいいいい」 「ワイルド」 「イケメンです」 「新しい髪型新しい表情が最近多い気が...」 「かっこよすぎないか」 「ビジュが良すぎてる」 「買うしかない」 「ワイルドでかっこ良すぎます」 ピッチ内での活躍はもちろんのこと、ピッチ外の活躍も目立つ堂安。様々な面を見せてファンを楽しませてくれている。 <span class="paragraph-title">【写真】いつもとは違う姿!ファッション誌に登場する堂安律</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cn6dzkNtw2g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cn6dzkNtw2g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cn6dzkNtw2g/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">堂安律/Ritsu Doan(@doanritsu)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.27 18:55 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこ勢5人が先発の英カップ戦QF、長谷川唯のシティと清水梨紗・林穂之香のウェストハムらが準決勝へ

25日から26日にかけ、イングランドの女子コンチネンタルカップの4試合が行われた。 各チームに所属するなでしこジャパンの選手たちも出場を果たしている。マンチェスター・シティのMF長谷川唯は先発出場し67分までプレーし、6-0の勝利に貢献。トッテナムへ加入したばかりのFW岩渕真奈も先発起用され、59分までプレーした。 リバプールvsウェストハムでは日本人対決が実現し、1-0でウェストハムが勝利を収めている。 リバプールへ新加入したMF長野風花は[4-3-3]のアンカーで先発出場。リーグ戦ではデビュー戦がピッチ凍結のために開始早々に中止となる珍事を経験したが、この試合で改めてレッズの一員として登場。後半のアディショナルタイムまでプレーしたが、チーム全体がウェストハムのプレッシングに苦しみ、ボールタッチの回数は限定的となった。 対するウェストハムからはDF清水梨紗とMF林穂之香がフル出場。清水は右サイドバックで先発し、効果的な位置取りでボールの引き出し役となるだけでなく惜しいラストパスも披露。終盤にはシステム変更に伴い、ウイングバックとしてプレーした。 林は[4-3-3]の中盤の一角に入り、相手の中盤との嚙み合わせでボランチとインサイドハーフの中間のようなポジショニングに。選手交代に伴い、62分以降はアンカーを務め、最終盤にはタイトな守備でゲームのクローズに一役買った。 26日には準決勝の組み合わせが発表され、ウェストハムはチェルシーと、シティはアーセナルとそれぞれ2月8日に対戦する。 ◆女子コンチネンタルカップ準々決勝 ブリストル・シティ 0-6 マンチェスター・シティ リバプール 0-1 ウェストハム トッテナム 1-3 チェルシー アーセナル 3-0 アストン・ビラ ◆準決勝組み合わせ ウェストハム vs チェルシー アーセナル vs マンチェスター・シティ <span class="paragraph-title">【動画】清水、林、長野が出場、ウェストハムvsリバプールの決勝ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="AIpYpkolci8";var video_start = 181;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.27 15:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly