ニコが買取OPなしの1年ローンでバレンシアへ! バルサと26年まで契約延長の上で

2022.08.13 18:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バレンシアは13日、バルセロナからU-21スペイン代表MFニコ・ゴンサレス(20)の獲得を発表した。契約は2023年6月30日までのレンタルとなる。

また、バルセロナはニコを貸し出すにあたり、2024年6月30日までの契約を新たに2026年6月30日まで延長。契約解除金も10億ユーロ(約1369億2000万円)に設定し直され、買取オプションなしのレンタルだという。

ニコは11歳の頃にバルセロナの門を叩いて以降、アカデミーで順調な成長曲線を描き、昨季のラ・リーガ開幕戦でトップチームデビュー。プロ1年目からリーグ戦27試合に出場と上々のデビューシーズンを過ごした。

ところが、今季に向けてはコートジボワール代表MFフランク・ケシエが加わり、中盤のポジション争いが激化。選手本人は出場機会を優先しての移籍を望むとされ、バレンシア行きの報道が加熱している状況だった。

バレンシアは今季からジェンナーロ・ガットゥーゾ体制に。その新監督の願いが叶ってのバレンシア入りとされるニコはFWサム・カスティジェホ、FWウーゴ・ドゥロ、FWサムエウ・リーノに続く今夏の新戦力となる。

関連ニュース
thumb

ジャウメ離脱のバレンシアが元ビルバオのGKイアゴ・エレリンを緊急補強!

バレンシアは28日、スペイン人GKイアゴ・エレリン(34)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。 ビルバオのカンテラ出身であるイアゴ・エレリンは、2010年夏にアトレティコ・マドリーのセカンドチームへ移籍するも、2012年夏にビルバオに復帰。その後、レンタル移籍で加入したヌマンシアやレガネスでは守護神を務めたが、ビルバオでは第2GKの座に甘んじ、在籍8シーズンで公式戦119試合の出場に留まった。 2021年夏にビルバオを退団したイアゴ・エレリンはサウジアラビアのアル・ライードへ完全移籍。しかし、リーグ戦13試合の出場に留まり、シーズン終了後に退団していた。 ここまでラ・リーガ6試合消化で3勝3敗の9位に位置するバレンシアでは、控えGKを務めていたスペイン人GKジャウメ・ドメネクが右ヒザの前十字靭帯を断裂の重傷を負ったため、代わりとなる選手の獲得を模索していた。 なお、イアゴ・エレリンは2週間のチームトレーニングを経てから、正式にチームに加入するとのことだ。 2022.09.29 07:01 Thu
twitterfacebook
thumb

今夏PSG加入のソレール、8歳から育った古巣バレンシア愛を語る「必ず帰りたい」

パリ・サンジェルマン(PSG)のスペイン代表MFカルロス・ソレールが、古巣に対する不変の愛を口にした。 ソレールは今夏、8歳のアカデミー入団からおよそ17年間在籍したバレンシアを離れ、PSGへと移籍。新天地デビューが遅れ、今季は代表ウィーク直前の試合で11分間ピッチに立ったのみだが、現在はスペイン代表の活動中で、今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)メンバー入りもほぼ確実とみられている。 そんなソレールがスペイン『Super Deporte』のインタビューに応じ、心の底から愛する古巣バレンシアについて言及。今夏も残留を望んでいたと語り、将来の復帰にも含みを持たせている。 「僕はバレンシアに長く在籍したいと思っていたから、長期契約をお願いしていたよ。25歳から34歳、35歳と、ずっと繋がっているはずだった。スペインでそれは可能なことだが、クラブが僕にそれを提供してくれることはなかった」 「これはクラブの責任ある決定であり、フットボールにおいてはごく一般的なことだ。もちろん去るのは辛かった。個人的な恨み? そんなものあるはずないよ。僕に対して恨んでいないことも願っているよ(笑)」 「1人のサポーターとしていつでも戻って来られるし、プレーヤーとしても必ず帰りたい場所だ。バレンシアは僕のホームであり、頼まれればノーと言うことなどできないよ」 2022.09.26 20:56 Mon
twitterfacebook
thumb

カバーニがバレンシア加入の背景を語る「母国復帰は全く頭になかった」

今夏にバレンシアに加入したウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、移籍の裏側を語った。『ESPN』がコメントを伝えている。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団していたカバーニは、数ある選択肢の中からバレンシアをジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督率いるバレンシアを選んだ。加入したのがすでにシーズン開幕後で、コンディションも整っていない状態だったため、デビューは若干遅れたが、17日に行われたセルタ戦で先発出場し、晴れてデビューを果たした。 移籍先としては母国からもオファーがあったようだが、凱旋に全く興味はなかったとのこと。35歳となった今でも、ヨーロッパの第一線で活躍したいという思いが強かったようだ。 「ウルグアイのクラブには失礼かもしれないけど、決して選択肢には入っていなかった。自分も周りも常に何を求めているのかが明確だった。そして僕にチャンスを与えようと声をかけてくれた人たちも、その明確な意思を示してきた。嘘をついたことはない」 「ヨーロッパには多くのチャンスがあり、さまざまな場所に行くことができる。決断をが遅れたのは、自分の目的をはっきりさせ、どこに行くべきかをよく分析したかったからだ」 「キャリアの晩年だからこそ、自分が充実できるチャレンジにしたかった。移籍先を決めるのに時間がかかったのは、決してオファーがなかったからではない。考えられるだけ考えて、最終的な決断は自分が望んだものだけに限られる」 2022.09.22 18:10 Thu
twitterfacebook
thumb

ドジなカバーニ、バレンシアデビュー直前でトランクに指を詰める

先日にバレンシアで新天地デビューを果たしたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだが、右手の薬指に巻かれていた包帯が注目されていた。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団したカバーニは、数ある選択肢の中からジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督率いるバレンシアを選んだ。加入したのがすでにシーズン開幕後で、コンディションも整っていない状態だったため、デビューは若干遅れたが、17日に行われたセルタ戦で先発出場し、晴れてデビューを果たした。 ただ、その手には包帯が。右手の薬指と小指を固定するように巻き付けられており、心配する声もあがっている。そのケガについてカバーニは、今回のインターナショナルブレイク中に出演した母国の『2 de punta』という番組で言及。車のトランクで挟んでしまったのだと、笑いながら説明した。 「誤ってトランクを閉めてしまって、気づいた時には指はもう挟まれてしまっていた。爪は砕けてしまったけど、骨は大丈夫だったよ。次の日にデビューを控えた時のことだった」 「音を聞いた感じ、折れたかと思ったし、腹も立った。病院に行って手術をして、少し手当てをしてもらって、今は覆い隠している。今はどういう状況なのかわからないね」 <span class="paragraph-title">【写真】よく見るとカバーニの右手の小指と薬指が…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">DEBUT TIME FOR <a href="https://twitter.com/valenciacf_en?ref_src=twsrc%5Etfw">@valenciacf_en</a>&#39;s NEW MAN...<br><br><a href="https://twitter.com/hashtag/ValenciaCelta?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ValenciaCelta</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/LaLigaSantander?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#LaLigaSantander</a> <a href="https://t.co/nkbOXX1kGA">pic.twitter.com/nkbOXX1kGA</a></p>&mdash; LaLiga English (@LaLigaEN) <a href="https://twitter.com/LaLigaEN/status/1571170834684821506?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.22 17:25 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアが若き守護神ママルダシュヴィリと新契約締結

バレンシアは19日、ジョージア代表GKギオルギ・ママルダシュヴィリ(21)との契約を2027年6月30日まで延長したことを発表した。 母国の名門ディナモ・トビリシでキャリアをスタートしたママルダシュヴィリは、レンタル先のメタルルギ・ルスタヴィでプロデビュー。その後、ロコモティヴィ・トビリシへのレンタルを経て、2021年夏にバレンシアへ買い取りオプション付きのレンタルで加入した。 すると、新天地では前指揮官であるホセ・ボルダラス監督にその才能を評価されると、昨シーズンのラ・リーガ開幕戦でいきなりデビュー。シーズン半ばには一時ポジションを失ったものの、最終的にラ・リーガ18試合に出場。その活躍が認められ、シーズン途中にクラブは買い取りオプションを行使していた。 迎えた今シーズンはジェンナーロ・ガットゥーゾ新監督の下で正GKに指名され、開幕から全試合に出場している。 また、昨年9月にデビューを果たしたジョージア代表ではここまで3試合に出場。新天地ナポリで躍動するFWクヴィチャ・クワラツヘリア、メスのFWジョルジュ・ミカウタゼらと共に今後の同国を背負って立つ主力として大きな期待を集める。 2022.09.19 22:21 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly