初セリエAのモンツァ、ナポリから元伊代表FWペターニャも獲得!

2022.08.12 19:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンツァは12日、ナポリから元イタリア代表FWアンドレア・ペターニャ(27)の獲得を発表した。契約は1年間のレンタルだが、一定条件を満たすと買取義務が発生するという。

ミラン出身のペターニャはイタリアの複数クラブを渡り歩き、2020-21シーズンからナポリでプレー。アタランタ時代の2017年3月にイタリア代表デビューにも漕ぎ着けた実力者は途中出場も多かったが、通算68試合出場で9得点8アシストだった。

そうした迎えた今夏、クラブ初のセリエA参戦に向けて積極補強を敢行しているモンツァにペターニャ獲りの噂。MFステファノ・センシら実力者を次々と集め、つい先日にもDFパブロ・マリの加入を発表したなか、ペターニャ獲得にも成功した。
なお、イタリア『スカイ』によると、レンタル料は250万ユーロ(約3億4000万円)。買い取り金額は1000万ユーロ(約13億7000万円)で、150万ユーロ(約2億円)のボーナスも盛り込まれた契約の模様だ。

関連ニュース
thumb

ユベントスに痛手…今季8Gのミリクが左太もも負傷で離脱へ

ユベントスのポーランド代表FWアルカディウシュ・ミリクが、左太もものケガで戦線離脱を強いられた。 今夏にマルセイユからレンタルで加入したミリクは、ここまで公式戦23試合で8ゴールをマーク。昨年10月からリーグ戦7連勝を飾っていたチームで3ゴール1アシストを記録するなど攻撃陣を牽引する働きを見せていた。 しかし、先日に行われたセリエA第20節のモンツァ戦の終盤に左太ももを負傷。痛そうな表情を浮かべながらピッチを後にしていた。 ユベントスによれば、ミリクは左太もものハムストリングスに中程度のケガを負っていることが確認されたとのこと。また、クラブはミリクが2週間後に再検査を受診することを明かしている。 なお、再検査後に離脱期間などが発表されるとのことだが、『フットボール・イタリア』はミリクの離脱期間について6~8週間程度になると報じている。 2023.01.31 00:06 Tue
twitterfacebook
thumb

モンツァに敗れたユーベが13位に転落…落胆の指揮官「これまでになく悪かった」

ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督が敗戦に落胆した。クラブ公式サイトが伝えている。 ユベントスは29日に行われたセリエA第20節でモンツァをホームに迎えた。序盤から相手に押し込まれる展開が続き、18分には相手FWパトリック・チュリッアに先制点を奪われると、39分にも相手FWダニー・モタにゴールを許して失点。試合を折り返してもペースを握れないまま0-2で敗れ、セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果に終わった。 不正会計のペナルティにより、先日15ポイントをはく奪されたユベントスは、この敗戦で順位を13位まで落とす結果に。アッレグリ監督は試合後、チームのパフォーマンスに苦言を呈しつつ、前を向くように促した。 「今日の前半はこれまでになく悪かった。後半はうまくいったが、責任を持って前半を振り返り、全員のパフォーマンスについて考えなければならない」 「前節のアタランタ戦では取り返すことができたが、失点が多いということは考えなければならない。今日はモンツァにあっけなくやられてしまった。本来38ポイントあることは分かっているが、今は23ポイントしかない。ナポリを追いかけていたあの状況に戻らなければならないのだ。我々はピッチで仕事をしなければならないし、それができない者は外に出ていく必要がある」 「少なくとも現時点では、我々は自分たちの順位と向き合い、勝ち点を重ねる必要が絶対にある。今は穏やかであるが、怒りや虚しさも感じている」 「木曜日はカップ戦があり、今は目の前のコンペティションが最優先だ。不調から抜け出さなければならない」 2023.01.30 12:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバがベンチ入りのユベントス、モンツァに屈辱のシーズンダブルを喫する《セリエA》

ユベントスは29日、セリエA第20節でモンツァをホームに迎え、0-2で敗れた。 前節アタランタに3-3の打ち合いドローとした10位ユベントス(勝ち点23)は、4日後にコッパ・イタリア準々決勝ラツィオ戦を控える中、ミリクとロカテッリをベンチスタートとした。そして長期離脱していたポグバ、負傷明けのヴラホビッチがベンチ入りした。 今季の1stマッチでクラブ史上初のセリエA勝利をプレゼントした13位モンツァ(勝ち点22)に対し、ケアンを最前線に、ディ・マリアをセカンドトップとする[3-5-1-1]で臨んだユベントスは10分に失点しかける。 カプラーリにボックス左からカットインシュートを決められたが、VARの末にオフサイドがありノーゴールとなった。しかし18分に失点する。 マチンのスルーパスでボックス右に侵入したチュリッアにシュートを決められた。失点後もモンツァにボールを持たれる苦しいユベントスは、39分にリードを広げられた。 カルロス・アウグストにドリブルで打開された流れから最後はスルーパスを受けたモタにシュートを決められた。 屈辱的な内容の前半を受け、ロカテッリら3選手を投入して迎えた後半、ユベントスが圧力をかけていく。しかし好機を作るには至らず、ミリク、ヴラホビッチを投入していく。 すると75分にはディ・マリアのミドルシュートが枠を捉えたが、GKディ・グレゴリオのファインセーブに阻まれた。さらに78分、FKの流れからラビオのシュートが枠を捉えるも、ここもGKディ・グレゴリオの好守に阻止されてしまう。 すると1点が遠いユベントスに追い打ち。ミリクが負傷し、交代枠を全て使い切っていたため10人での戦いを強いられてしまう。 結局、0-2のまま敗戦。セリエA初昇格のモンツァに屈辱のシーズンダブルを食らう結果となった。 2023.01.30 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

キエーザがビューティフルな復帰後初弾、ユベントスがモンツァを下してラツィオとのベスト8へ《コッパ・イタリア》

ユベントスは19日、コッパ・イタリア・ラウンド16でモンツァをホームに迎え、2-1で競り勝った。 5日前のナポリ戦を惨敗したユベントスは、そのナポリ戦のスタメンからダニーロとマッケニー以外の9選手を変更。主力を温存して臨んだ。 昨年9月に行われたセリエAでクラブ史上初の白星を献上したモンツァに対し、ケアンをトップに、セカンドトップにスーレを配置したユベントスが8分に先制する。マッケニーの右クロスからケアンのヘディングシュートが決まった。 しかし24分に同点とされる。CKからヴァロティにヘディングシュートを決められた。 追いつかれたユベントスは34分にイリングがカットインシュートで、36分にスーレがミドルシュートでGKを強襲したが、1-1で前半を終えた。 迎えた後半、開始4分にユベントスに勝ち越しのビッグチャンス。ダニーロのスルーパスでボックス右に侵入したケアンがGKと一対一に。しかしシュートはクラーニョにセーブされた。 60分にキエーザとロカテッリを投入したユベントスだったが流れを引き寄せられずにいると、75分にはディ・マリアを投入。直後にはケアンがネットを揺らすもオフサイドを取られてしまう。 それでも78分、キエーザがビューティフル弾を決める。左サイドからカットインしたキエーザがDFのファウルをモノともせずボックス左へ。コントロールシュートをゴール右へ蹴り込んだ。 昨年1月にヒザに大ケガを負ったキエーザの復帰後初弾が決勝点となってユベントスがベスト8進出。ラツィオとベスト4を懸けて戦うことになった。 2023.01.20 06:59 Fri
twitterfacebook
thumb

指揮官と不和… ローマDFカルスドルプがモンツァへ? 代役候補にはユラノビッチら

ローマのオランダ代表DFリック・カルスドルプ(27)が、モンツァへの移籍に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 昨秋にジョゼ・モウリーニョ監督との不和が伝えられ、構想外と化しているカルスドルプ。今冬の新天地行きが確実視され、ユベントスやマルセイユ、サウサンプトン、フルアム、モンツァから関心が寄せられているという。 いずれのクラブもレンタルでの獲得を視野に入れているとされ、ローマは1000万ユーロ(約14億1000万円)の買い取りオプションを付帯させたい考え。現段階ではモンツァ行きが最も濃厚とのことだ。 また、ローマは放出に備え、レアル・マドリーの元スペイン代表DFアルバロ・オドリオソラ(27)、セルティックのクロアチア代表DFヨシプ・ユラノビッチ(27)らをリストアップしているとされる。 一方、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)については、トリノへの買い取りオプション付きのレンタル移籍を巡ってクラブ間交渉が続いており、今冬の移籍市場終盤に決着する可能性があるとみられている。 2023.01.12 17:36 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly