ヘタフェがレアルFWマジョラルの完全移籍獲得で合意、5年契約

2022.08.01 21:12 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヘタフェは1日、レアル・マドリーのスペイン人FWボルハ・マジョラル(25)の完全移籍加入で合意に達したことを発表した。

契約期間は2027年6月30日までの5年間となるとのことだ。4日に正式発表されるという。

マジョラルはマドリーの下部組織出身。2016年7月にファーストチームに昇格すると、そのままヴォルフスブルクへとレンタル移籍。その後もレバンテ、ローマへのレンタル移籍を経験。2022年1月からはヘタフェにレンタル移籍していた。

ヘタフェでは2021-22シーズンのラ・リーガで18試合に出場し6ゴール1アシストを記録していた。

マドリーでは公式戦通算33試合で7ゴール4アシストを記録していた。

関連ニュース
thumb

「負けるべくして負けた」パッとしないまま敗れたソシエダ、指揮官はELからの過密日程に「言い訳にはならない」

レアル・ソシエダのイマノル・アルグアシル監督が、ヘタフェ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 11日、ラ・リーガ第5節でヘタフェとアウェイで対戦したソシエダ。日本代表MF久保建英も先発出場を果たした。 8日にマンチェスター・ユナイテッドとのヨーロッパリーグ(EL)をアウェイで戦い、移動を含めて中2日しかなかったソシエダ。前半は上手く機能せず、FWウマル・サディクが負傷交代するなど、悪い流れが続いた。 すると前半アディショナルタイムに失点。1点ビハインドで前半を折り返すと、後半早々の48分にも失点し2点ビハインドに。50分にブライス・メンデスがネットを揺らすも、追加点を奪えず2-1で敗戦。ヘタフェに今季初勝利をプレゼントしてしまった。 試合後、アルグアシル監督は前半の出来を非難。良くなかったとと認め、後半もチャンスを生かせなかったとした。 「我々は負けるべくして負けた。なぜなら、同点に追いつき、勝利するチャンスがあったのに、正確さを欠いてしまった」 「ゴールを決められる時に、決めるということでは、ヘタフェの方が優れていた」 「前半はボールを持っているときも、そうでない時も、あまり好きではなかった。ボールを上手く回すことができず、いつもより厚く、彼らが良いプレッシャーをかけてきたのは事実だ」 「そして、2つの失点は避けられたものだったと思う」 「後半になるとまた違った展開になったが、明確な得点チャンスを得ることはできなかった」 また、ELからの時間が短いことについて触れられると、言い訳にはできないとし、パフォーマンスの問題だと語った。 「そうではない。チームが後半にどのようにフィニッシュしたかを見ただろう。彼らは我々よりも悪かった」 「そんなことは言い訳にはならない。チームのためにもだ。なぜなら、彼らの方が、ゴール前での精度が高かったからだ」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英は古巣対戦も前半で交代、ヘタフェvsソシエダ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZEjoUQPi1kE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.12 13:45 Mon
twitterfacebook
thumb

レアルMF中井卓大が“先輩”久保建英の試合を観戦! 姉の保乃可さんと2ショット

レアル・マドリー・カスティージャに所属するMF中井卓大が、先輩の試合を観戦していたようだ。 今季はカスティージャの一員としてプリメーラ・ディビシオンRFEF(スペイン3部)に参加。10日にウニオニスタス戦で初めてベンチ入りしたが、まだ出番は訪れていない。 着実にステップを踏んでいる中井だが、ヴィニシウス・ジュニオールがスペインのパスポートを取得したこともあり、ファーストチームのEU圏外枠が1つ空いたため、登録される可能性もゼロではなくなっている。 その中井だが、姉の中井保乃可さんとともにスタジアムを訪れたとのこと。それは11日に行われたラ・リーガ第5節のヘタフェvsレアル・ソシエダの試合だった。 保乃可さんがインスタグラムを更新。中井との姉弟2ショットとともに報告した。 「夏休み最後の日曜日はサッカー。久しぶりのスタジアムの雰囲気。やっぱり楽しかった」 新学期が始まる前の最後の観戦は、レアル・マドリーに昨季まで所属した日本代表MF久保建英が出場した試合。試合は2-1でヘタフェが勝利していたが、中井もラ・リーガでプレーする久保の姿を見て刺激を受けたのではないだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】中井卓大が姉・保乃可さんと久保建英出場試合を観戦</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CiYe8JeMq7E/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CiYe8JeMq7E/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CiYe8JeMq7E/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Honoka Nakai / 中井保乃可(@honoka_226)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.09.12 12:05 Mon
twitterfacebook
thumb

「ラ・レアルでの最初の汚点」古巣対決も前半で交代となった久保建英に厳しい評価、チームも敗戦

レアル・ソシエダの日本代表MF久保建英が辛辣な評価を受けた。 11日、ラ・リーガ第5節でヘタフェと対戦したソシエダ。ヨーロッパリーグ(EL)の第1節でマンチェスター・ユナイテッドをアウェイで下したこともあり、期待された一戦だった。 しかし、移動も含めて中2日での試合はコンディションの問題もあったのか、立ち上がりから押し込まれることに。試合は前半にウマル・サディクが負傷交代すると、前半のうちに先制を許す。さらに後半開始早々にも失点。50分にブライス・メンデスが1点を返すが、2-1で敗れ、ヘタフェに今季初白星を与えてしまった。 久保は古巣との対戦で先発出場を果たすも、チーム全体としてパフォーマンスが低く、前半で交代することに。また交代で入ったブライス・メンデスがゴールを決めるなど、悔しい試合となった。 スペイン『アス』はこの試合での両チームの選手を評価。その中で、久保には厳しい言葉が並んだ。 「日本人選手、ラ・レアルでの最初の汚点。彼は全てが上手くいくとは限らなかった」 「今回はライン間でのプレーが難しく、攻撃面で貢献することができなかった。ハーフタイムで交代」 開幕戦でいきなりゴールを決め、その後も目に見えた数字こそ残せていないが、チームの攻撃に貢献してきた久保。順調なスタートを切った中で、今季6試合目で初の厳しい結果となってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英は古巣対戦も前半で交代、ヘタフェvsソシエダ</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ZEjoUQPi1kE";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.09.12 11:48 Mon
twitterfacebook
thumb

ソシエダがヘタフェに今季初白星献上…先発の久保建英は古巣相手に見せ場作れずHTに交代《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第5節、ヘタフェvsレアル・ソシエダが11日にコリセウム・アルフォンソ・ペレスで行われ、ホームのヘタフェが2-1で勝利した。なお、ソシエダのMF久保建英は、前半のみの出場に終わった。 ソシエダは、前節アトレティコ・マドリー相手に堂々たる戦いぶりで1-1のドローに持ち込むと、ヨーロッパリーグ(EL)初戦ではマンチェスター・ユナイテッドとのアウェイゲームを会心のウノセロ勝利。良い流れでヘタフェのホームに乗り込んだこの試合では、ユナイテッド戦でも存在感を示した久保が古巣相手にトップ下で先発した。 試合は守備的なスタイルのヘタフェが最初にリズムを掴む。続けて得たセットプレーでソシエダゴールを脅かすと、11分にはPKを獲得。GKレミロのファンブルからゴール前でこぼれ球に反応したマジョラルがDFパチェコに足をかけられると、オンフィールドレビューの結果、ホームチームに有利な判定が下った。 しかし、キッカーのマジョラルが左下隅を狙ったシュートはGKレミロが見事な反応でキャッチ。自身のミスをキッカケに与えたピンチをきっちりリカバーした。 失点のピンチを凌いだソシエダは、ピッチの幅、大型2トップの強さを生かした攻めでチャンスを窺う。20分には右サイドで大きな展開を受けたソラが鋭いカットインから左足のミドルシュートを狙うが、これは惜しくも枠の左に外れる。 その後はボールを握るソシエダが押し気味に試合を進めていくが、久保を筆頭にヘタフェの球際の強度に苦戦。なかなか決定機まで持ち込めない。そういった中、30分過ぎにはサディクが右ヒザを負傷。プレー続行不可能となった同選手はスタッフに脇を抱えられてピッチを後に。代わってチョがスクランブル投入された。 前半終盤にかけても膠着状態が続いたが、ハーフタイム直前にホームチームがゴラッソで均衡を破った。前半アディショナルタイム4分、ボックス手前左で得たFKの場面でキッカーのエネス・ウナルが右足を振り抜くと、壁の上をギリギリで越えたブレ球に近いシュートがGKレミロの手を弾いてゴール左上隅に決まった。 迎えた後半、ビハインドを追うソシエダは久保とトゥリエンテスを下げて、ブライス・メンデスと切り札のダビド・シルバを同時投入。古巣対戦の久保は珍しくボールロストが目立ち、消化不良のパフォーマンスでピッチを後にした。 早い時間帯に追いつきたいアウェイチームだったが、後半も先にゴールをこじ開けたのはヘタフェ。48分、左サイドでのスローインの流れから深い位置に抜け出したウナルがグラウンダーのマイナスクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだアレーニャが左足ダイレクトでゴール右下隅に突き刺した。 これで厳しくなったものの、ソシエダはすぐさま反発力を示す。50分、左サイドから内側にドリブルで運んだチョがボックス手前左から正確なクロスを供給。これにファーで反応したブライス・メンデスが頭で流し込んだ。 1点差に追いついたことで勢いづくソシエダは、主力が揃った中盤がうまくボールを循環させながら押し込む形を作り出す。そして、チョの仕掛けをアクセントにメリーノが鋭いミドルシュートを放つなど、良い形でフィニッシュまで繋げていく。だが、最後のところで粘るホームチームの守備を崩し切るまでに至らない。 後半半ばから終盤にかけて試合は消耗戦の色濃い展開に。自陣で耐える時間が続くヘタフェだが、前がかる相手に対して2トップの個人技でロングカウンターを仕掛ける。だが、ウナルのシュートは右ポストを叩き、ムニルのゴールはオフサイドで取り消しに。 一方、何とか勝ち点1でも持ち帰りたいラ・レアルは、80分過ぎにセルロートを諦めて若手FWカリカブルを最後の交代カードとして切る。87分にはシルバの左CKをゴール前のメリーノがドンピシャのヘッドで合わすが、これは惜しくもクロスバー。さらに、カリカブルに早速見せ場が訪れるが、フリーで放ったヘディングシュートはGKソリアにキャッチされる。 その後、7分が加えられた後半アディショナルタイムは互いの意地と意地がぶつかり合う白熱の展開となったが、今季初白星に向けてスタジアム全体で戦い続けたホームチームがリードを守り切った。この結果、ヘタフェに今季初勝利を与えたソシエダは第2節のバルセロナ戦に続く今季2敗目となった。 2022.09.12 03:38 Mon
twitterfacebook
thumb

バレンシア移籍のカバーニ、実はヘタフェ行き寸前だった

先日にバレンシア加入が発表され、スペイン上陸を果たしたウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニ。以前にヘタフェと合意していたようだ。スペイン『アス』が伝えている。 昨季限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団し、今夏に新天地を求めたカバーニ。ヨーロッパや南米を中心に世界中のクラブからの関心が伝えられていたが、最終的にバレンシア行きが決定。2年契約で「来るべき場所はここだったと思った」と、移籍に満足感を示していた。 ただ、そんなカバーニだが実際はヘタフェ移籍に迫っていたようだ。同クラブのアンヘル・トーレス会長と親交のあるジャーナリストのアルフレッド・ドゥーロ氏によれば、カバーニの弟で代理人のワルテル・グリエルモネ氏はヘタフェ加入で合意していたとのこと。 しかし、契約寸前でバレンシアがオファーを出すと、カバーニ側は一転して気持ちが傾き、最終的にバレンシア入りで決着。カバーニは入団会見の際に「バレンシアのことは以前から頭に入っていた。ビッグクラブだとわかっていたからね」とコメントしている。 なお、バレンシアは4日、ラ・リーガ第4節でヘタフェと対戦する。 2022.09.04 19:40 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly