パコ・アルカセルがブンデス復帰を希望、古巣ドルトムントら3クラブへ売り込みか

2022.07.31 16:06 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ビジャレアルの元スペイン代表FWパコ・アルカセル(28)が、ブンデスリーガへの復帰を望んでいるようだ。

パコ・アルカセルはかつてドルトムントで活躍。2018年夏にバルセロナから加入し、公式戦47試合で26得点を記録するなど、高い決定力を見せつけていた。だが、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの加入と入れ替わるようにビジャレアルへ移籍した。

しかし、2021-22シーズンは苦難の1年に。チームがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出という快挙を成し遂げた一方、パコ・アルカセルはケガにも悩まされ、公式戦22試合の出場で5得点5アシストという結果に終わった。
そんな中、ドイツ『スカイ・スポーツ』によると、パコ・アルカセルの代理人が、選手の古巣ドルトムントや、ヘルタ・ベルリン、ウニオン・ベルリンに対して売り込みをかけたとのこと。すでにドルトムントからは拒否されたようだが、首都の2クラブは回答を保留している模様だ。

ヘルタにとって、元ドルトムントのFW獲得に必要な1000万ユーロ(約13億6000万円)はかなりの大金とのこと。500万ユーロ(約6億8000万円)程度が妥当とみているようだ。

一方でドイツ『ビルト』によると、元U-21ドイツ代表FWダビー・ゼルケと、ポーランド代表FWクシシュトフ・ピョンテクの2人に退団の可能性が残されており、今後の動向次第では選択肢の1つになると考えられている。

一方、ウニオンが獲得に乗り出す可能性は低いのではとみられている。今夏は前線に2選手を補強しており、現時点で5人のアタッカーを抱えていることから、これ以上は人員過多となるようだ。

関連ニュース
thumb

今季で引退のK・P・ボアテング「監督になりたい」

今季限りでの引退を表明している元ガーナ代表MFケヴィン=プリンス・ボアテング(35)が、指導者への転身を考えていることを明かした。 キャリアを通じてトッテナムやジェノア、ミラン、シャルケ、フランクフルト、バルセロナ、フィオレンティーナなどでプレーしてきたボアテング。昨夏にヘルタ・ベルリンに14年ぶりに復帰し、今夏には2023年夏まで契約を延長した。 だが、その延長から数日後に今季終了後の引退を発表。そんな35歳がこのたび、ドイツ『Sport1』の取材で、指導者になる願望が湧いてきていることを明かした。 「夏以降どうするかは、まだ100%決まっていない。だが、ここ最近は監督になりたいと思えてきた」 「僕はサッカーしか知らない。やっぱりサッカーかな。サッカーは人生なんだ。だからずっと関わっていくと思う」 2022.11.28 14:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「重度の脳震とうの疑い」日本代表に続く不運、後頭部を強打し意識失った遠藤航の状態を監督が説明、SDは「母国のためにプレーできることを願っている」

シュツットガルトのミヒャエル・ヴィマー暫定監督が、日本代表MF遠藤航の状況を説明した。ドイツ『シュツットガルター・ナハリヒテン』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)の開幕に向け、中断期間に入ろうとしているヨーロッパのサッカー。しかし、日本代表にまたしても負傷者が出てしまった。 8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンと対戦したシュツットガルト。W杯メンバー入りしているMF遠藤航、DF伊藤洋輝は共に先発出場した。 低迷するシュツットガルトは巻き返しを図りたいところ。直近ではシーズン初勝利を含む2勝を挙げて、中断前にエンジンをかけたいところだった。 この試合も3分でセール・ギラシーが先制するが、19分に追いつかれる展開に。その後はスコアを動かせず、1-1のまま推移した中、77分にアクシデントが起きた。 遠藤がハイボールを競り合うと、ヘルタ・ベルリンのイバン・シュニッチと頭部同士が激突。遠藤は後頭部をヘディングされるような形となってしまった。 すると、そのまま遠藤は地面に落下。意識を完全に失い、ピッチ上で治療が行われると、意識を取り戻したものの、そのまま担架で運び出されていた。 試合後、ヴィマー監督は遠藤の状態について言及。「彼はしばらく意識を失っていたが、今は意識はある。病院で検査を受けたが、重度の脳震とうの疑いがある」とコメントした。 またスポーツ・ディレクター(SD)のスヴェン・ミスリンタート氏は「何も壊れていないという希望がある。側頭部を打たれただけだ」とコメント。脳震とう以外は問題ないとし「彼がカタールで母国のためにプレーできることを願っている」と、W杯出場を願った。 ブンデスリーガでデュエルキングとして君臨する遠藤。日本代表にとっても中盤の守備の要として奮闘が期待されていただけに、これでW杯欠場となれば、ベスト8の夢は大きく遠ざかる可能性が高い。 日本はDF板倉滉(ボルシアMG)、FW浅野拓磨(ボーフム)が9月に重傷を負い、復帰に向けてリハビリ中。DF中山雄太(ハダースフィールド・タウン)はアキレス腱断裂で欠場が決定。DF冨安健洋(アーセナル)はハムストリングを負傷して離脱中、DF谷口彰悟(川崎フロンターレ)は鼻骨を骨折、MF田中碧(デュッセルドルフ)も負傷している。一方、MF守田英正(スポルティングCP)、MF久保建英(レアル・ソシエダ)は負傷離脱していたが、復帰し目処が立っているが、W杯直前にして多すぎる負傷者が心配だ。 <span class="paragraph-title">【写真】試合後のロッカーで遠藤のユニフォームを掲げる選手たち</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ckt1fmfMGHw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ckt1fmfMGHw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ckt1fmfMGHw/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">VfB Stuttgart(@vfb)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.09 10:17 Wed
twitterfacebook
thumb

遠藤が脳震とうで交代のシュツットガルト、マヴロパノスのラストプレー弾で劇的勝利《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは8日、ブンデスリーガ第14節でヘルタ・ベルリンをホームに迎え、2-1で劇的勝利した。シュツットガルトのMF遠藤航は83分までプレー、DF伊藤洋輝はフル出場している。 前節ボルシアMG戦に敗れた16位シュツットガルト(勝ち点11)は、遠藤がフラットな[4-4-2]の中盤センターで引き続き先発、体調不良で前節欠場の伊藤が左センターバックでスタメンに戻った。 15位ヘルタ(勝ち点11)に対し、シュツットガルトが開始3分に先制する。トマスのスルーパスに抜け出したギラシーがシュートを決めきった。 しかし19分に追いつかれる。ショートカウンターを受けた流れから、ケニーのアーリークロスをルケバキオにボレーで決められた。 1-1となって以降もシュツットガルトが押し込む流れが続くと、前半終盤の44分に好機。ショートコーナーの流れから伊藤のヘディングシュートが枠を捉えたが、GKクリステンセンのセーブに阻まれた。 1-1で迎えた後半、シュツットガルトは56分に勝ち越しのチャンス。トマスとのワンツーでボックス左に侵入したソサがGK強襲のシュートを浴びせた。 シュツットガルトが主導権を握る時間が続いた中、67分のピンチではGKミュラーが好守で阻止。さらに直後の大ピンチではマヴロパノスがゴールライン上での好クリアで失点を逃れた。 77分に遠藤が頭部のバッティングで負傷交代となった中、終盤にかけては膠着状態に陥った。 そんな中で追加タイム6分、ソサの左クロスからミロが頭で合わせたシュートが枠を捉えたが、GKクリステンセンのファインセーブに阻まれ、このまま1-1でタイムアップかに思われた。 しかしラストプレーとなった追加タイム8分に劇的弾。ソサの左CKからマヴロパノスのヘディングシュートが決まった。これが決勝点となってシュツットガルトが勝利。今季3勝目を挙げている。 2022.11.09 06:43 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神ノイアー復帰バイエルン、絶好調チュポ=モティングのドッペルパックで逃げ切り勝利《ブンデスリーガ》

バイエルンは5日、ブンデスリーガ第13節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、3-2で逃げ切った。 前節マインツ戦を6発圧勝とし、首位ウニオン・ベルリンを1ポイント差で追う2位バイエルン(勝ち点25)は、守護神ノイアーが約1カ月ぶりに復帰。前線は最前線にチュポ=モティング、2列目は右からニャブリ、ミュージアラ、マネと並べた。 14位ヘルタ・ベルリン(勝ち点11)に対し、バイエルンは12分に先制する。マネのパスをボックス右で受けたミュージアラが冷静にシュートを決めきった。 さらに24分、マネがGK強襲のシュートを浴びせると37分にリードを広げた。ゴレツカのシュートのルーズボールをチュポ=モティングが押し込んだ。 さらに1分後、マネが持ち上がって右サイドへ展開。ボックス右のニャブリの折り返しをチュポ=モティングが押し込んで3-0とした。 絶好調チュポ=モティングのドッペルパックで余裕の展開に持ち込んだかに思われたバイエルンだったが、40分に失点。リヒターの右クロスからルケバキオにボレーでネットを揺らされるとさらに42分にはPKを献上。 スローインを受けにかかったボックス内のゼルケの足をパヴァールが踏んでしまった。これをゼルケに決められ、3-2で前半を終えた。 迎えた後半、57分にチュポ=モティングがネットを揺らすもVARの末にオフサイドで4点目を奪えなかったバイエルン。 終盤にかけてはヘルタの攻勢を受ける展開となったが、凌ぎ切って逃げ切り。リーグ戦4連勝としている。 2022.11.06 01:40 Sun
twitterfacebook
thumb

エンクンク、右手首手術でDFBポカール2回戦を欠場

ライプツィヒのフランス代表MFクリストファー・エンクンクが手首の手術で、18日に行われるDFBポカール2回戦を欠場するようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 同紙によれば、エンクンクは16日に右手首の手術を受けたとのこと。ケガの程度は軽度なもので、今回のハンブルガーSV戦は欠場となるが、22日に行われるブンデスリーガ第11節のアウグスブルク戦には間に合う可能性があるとのことだ。 なお、前回王者としてDFBポカールに臨んでいるライプツィヒでは、エンクンクのほかにも、直近のヘルタ・ベルリン戦を体調不良で欠場したティモ・ヴェルナーや長期離脱中のGKグレゴール・コベル、DFルーカス・クロステルマン、MFコンラート・ライマーらも欠場。 また、ヘルタ戦で先制点を挙げたMFエミル・フォルスベリも、試合後に内転筋に痛みを訴えており、出場が疑問視されているとのことだ。 2022.10.17 23:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly