「少年時代の夢が叶った」アーセナル加入のジンチェンコ、愛したクラブへの移籍決断はアルテタ監督の存在

2022.07.23 10:10 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティからアーセナルへ完全移籍したウクライナ代表DFオレクサンドル・ジンチェンコが、ファーストインタビューに応じた。クラブ公式サイトが伝えた。今夏急浮上したジンチェンコの移籍。とんとん拍子で話が進むと、22日に正式発表。長期契約をクラブと結んだ。

シャフタール・ドネツクの下部組織出身で、2015年2月にロシアのウファに加入。2016年7月にシティへと完全移籍すると、PSVへとレンタル移籍を経験も、ここまで公式戦127試合で2ゴール12アシストを記録。シティでは4度のプレミアリーグ制覇を経験していた。
ウクライナの中心選手である一方で、シティではレギュラー定着には至らず。かつて指導も受けたミケル・アルテタ監督の下でプレーすることを決断した。

アメリカツアー中のチームに合流したジンチェンコ。クラブのインタビューに応じ、元々アーセナルファンだったことを明かし、興奮を隠さなかった。

「子供の頃に大ファンだった。少年時代の夢が叶ったね。ティエリ・アンリ、そして若い頃のセスク・ファブレガスがここでプレーしていたし、僕たちは試合や当時のアーセナルを見て楽しんでいた」

「そして僕はこのクラブを愛し始めていた。とても興奮しているし、チームに参加できることが待ちきれない」

憧れのクラブへ加入できたジンチェンコ。その雰囲気も素晴らしかったという。

「素晴らしい雰囲気だ。みんなとても親切だし、全てのスタッフが素晴らしい。マンチェスター・シティの人たちからも、メディカルスタッフ、キッチンスタッフ、選手やガブリエウ・ジェズスについてなど、良いことをたくさん聞いていた。凄い雰囲気だと聞いていたよ」

今回の移籍決断には2人が関与していると語るジンチェンコ。まずは、指揮官のアルテタ監督の存在だという。

「監督とは以前から知り合いだったし、マンチェスター・シティでも一緒に仕事をしていた。僕の決断に最も重要な役割を果たしたと言える」

「シティでの初日から、彼が素晴らしい監督になることはわかっていた。サッカー感、特に僕は昨シーズンのアーセナルの試合を見ていて、楽しんでいた。試合のスタイル、ビジョンがわかるので、プレーしてみたいと思う」

そして、今夏同じくシティから加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの存在も大きかったという。

「僕たちは互いに近くにいて、僕は彼を愛している。親友だし、彼はこのクラブと雰囲気、みんなについてたくさん良いことを教えてくれた。本当に感動しているし、とても興奮している」

シティでプレシーズンを行っていたジンチェンコはコンディションに問題なし。アメリカでプレシーズンデビューする可能性もありそうだ。

1 2

関連ニュース
thumb

イングランド代表、ホワイト離脱は指揮官の右腕との衝突が原因か

アーセナルのイングランド代表DFベン・ホワイトがカタール・ワールドカップ(W杯)メンバーから離脱した理由が明らかになった。 ホワイトはカタールW杯を戦うイングランド代表メンバー26人に名を連ねていたが、グループステージ後にチームを離脱。結局、試合に出場することなく、帰国の途についている。 イングランドサッカー協会(FA)は個人的な事情による離脱と説明しているものの、イギリス『デイリー・スター』によると、ガレス・サウスゲイト監督を支えるアシスタントコーチ、スティーブ・ホランド氏との衝突が原因だという。 ホランド氏はグループ第2節のアメリカ代表戦前に行われたミーティングで、ホワイトの対戦相手に対する見識の欠如を憂い、本人と議論に。結果、両者はチームメイトの前で口論になり、ホワイトの離脱でその場が収まったようだ。 2022.12.09 20:01 Fri
twitterfacebook
thumb

「正しい決定を行いたい」ヒザ手術のブラジル代表FWジェズスの復帰時期未定、アルテタ監督は1月の補強に言及

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスについて言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 カタール・ワールドカップ(W杯)が開催されている中、リーグ戦が中断しているアーセナルはドバイで活動。リーグ戦再開に向けた調整を行っている。 そのアーセナルは8日にリヨンとの親善試合を行い、3-0で勝利。W杯に出場していない選手たちがプレーした。 プレミアリーグで首位を走るチームとしては、年末年始の過密日程もしっかりと乗り切りたいところ。W杯参加者も多いだけにコンディションなどが気になるところだが、大きな問題が生じてしまった。 ブラジル代表であり、チームのエースであるジェズスが負傷。グループステージのカメルーン代表戦でヒザを痛め、W杯に臨むチームから離脱。アーセナルに戻り手術を受けたことが発表された。 マンチェスター・シティから今シーズン加入し、プレミアリーグで5ゴール5アシストとチームを牽引していたジェズスだが、アーセナルは明確にしていないものの、3カ月程度の離脱と見られている。 アルテタ監督はジェズスの復帰時期を問われ、見守る必要があると答えた。 「ヒザの治療が必要だったことは明らかだ。1日1日、1週間ずつ大切に過ごしていかなければいけないし、どうなっていくのかを見ていかなければいけない」 ジェズスの長期離脱は首位を走るチームにも大きな影響になることは明白。FWエディ・エンケティアが唯一のバックアッパーで、ブラジル代表FWガブリエウ・マルティネッリをウイングではなくセンターフォワードとして起用するしか選択肢がない。 1月の補強も今の時期であれば考えられるが、復帰時期が明らかになってから決めたいとした。 「彼が与えてくれるものは大きいので、我々に与える影響というのは、チームとしての在り方だ」 「その後、タイムスケジュールが少しわかり、いつ彼が復帰できるのかがわかったら、我々は選択肢を検討し、正しい決定を行いたいと思う」 また、ジェズスなしでもプレミアリーグを制することができるかという問いには、「我々には選手がおり、多くの追随する選手たちもいる」と答え、「我々が必要としているパフォーマンスと一貫性を維持し、今の状態から改善できる選手がいるだろうか?」と、現状いる選手たちは最高のパフォーマンスを見せてくれているとした。 2022.12.09 09:38 Fri
twitterfacebook
thumb

ガブリエウ・ジェズスが右ヒザを手術…所属アーセナルが発表

アーセナルは6日、ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの右ヒザの手術が成功したことを発表した。 2日に行われたカタール・ワールドカップのカメルーン代表戦で右ヒザを負傷し、無念の戦線離脱を余儀なくされたジェズス。 当初は1カ月程度の離脱と見られていたが、その後の検査によって手術が必要なことが判明。そして、カタールからロンドンに戻った同選手はすぐさま手術を受けた。 現時点で正確な離脱期間は不明だが、数カ月単位の離脱は確実となっており、イギリス『テレグラフ』は3カ月と予想している。 これにより、今夏5200万ユーロで獲得したエースストライカーを長期間失うことになったプレミアリーグ首位のアーセナルは、今冬の移籍市場でセンターフォワードの緊急補強を余儀なくされる見込みだ。 2022.12.07 02:32 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯離脱のジェズス、アーセナルに戻りヒザの手術へ…復帰は3カ月後か

カタール・ワールドカップでヒザを負傷したアーセナルのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスだが、3カ月離脱の危機に直面しているようだ。 2日に行われたカメルーン戦で右ヒザを負傷し、決勝トーナメントを控えるチームからの離脱を余儀なくされてしまったジェズス。当初、同選手の母国メディアは1カ月程度の離脱を見込んでいた。 しかし、ブラジル『sportv』は4日、手術が必要となる可能性が高いとし、さらなる長期離脱を予想。復帰まで最大3カ月要する見込みが高いと伝えている。 こうなると痛手を被るのはアーセナル。今季から5200万ユーロの移籍金で加入した25歳は、中断前までプレミアリーグ全14試合に先発出場し、5ゴール6アシストと攻撃をけん引してきた。 ここまではわずか1敗で首位を快走し、優勝最有力候補に名乗り出たアーセナルだったが、試練にぶつかることになってしまった。 2022.12.04 21:25 Sun
twitterfacebook
thumb

ベナセル、ミランとの契約延長交渉不調の場合はプレミア行きか

ミランのアルジェリア代表MFイスマエル・ベナセル(25)にプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 ミランとの契約が2024年6月に切れるベナセル。ミランとの契約延長を最優先としているものの、チームメートのDFテオ・エルナンデスが受け取っている500万ユーロの年俸を希望しているとのこと。 仮にミランとの交渉が不調に終わった場合はチェルシーとアーセナルがベナセルの獲得に関心を持っているようでプレミアリーグ行きの可能性があるようだ。 現状では両クラブとも関心を持っているレベルにとどまっているが、ミランとの交渉が進展しなければベナセル獲得へ本腰を入れる可能性があり、去就に注目が集まる。 2022.12.02 23:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly