多くのCBに関心のチェルシー、今度はバイエルンのウパメカノ獲得を検討か

2022.07.11 16:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーがバイエルンのフランス代表DFダヨ・ウパメカノ(23)の獲得に関心を抱いているようだ。

ウパメカノは昨夏にRBライプツィヒからバイエルンへ加入すると、ユリアン・ナーゲルスマン監督の下で主力に定着して公式戦38試合に出場し、チームのブンデスリーガ優勝に貢献した。一方で、不安定なパフォーマンスを披露する試合も少なくなく、全幅の信頼を得るまでには至っていない。

バイエルンは今夏にユベントスからオランダ代表マタイス・デ・リフト(23)を獲得する可能性があり、すでにチームのセンターバックにはDFリュカ・エルナンデス、DFバンジャマン・パヴァールもいることから、来季にウパメカノが地位を保てるかは不透明な状況となっている。

イギリス『イブニング・スタンダード』によると、そんなウパメカノに対してチェルシーが目を光らせているようだ。チェルシーは今夏にDFアントニオ・リュディガーとDFアンドレアス・クリステンセンが揃って退団しており、新たなセンターバック補強を模索している。

しかし、マンチェスター・シティのオランダ代表DFナタン・アケ(27)こそ獲得に近づいているものの、同じく獲得候補だったセビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(23)にはバルセロナ、デ・リフトにはバイエルンから強い関心が寄せられており、センターバック確保が難航している状況だ。

そこで、もしバイエルンがデ・リフトを獲得するようなら、チェルシーはウパメカノ獲得に向けて動く用意があるという。ただし、バイエルンはウパメカノ獲得に4250万ユーロ(約59億円)を費やしていることから、獲得には多額の移籍金が必要となりそうだ。

関連ニュース
thumb

【CLグループ第3節プレビュー②】トモリ凱旋、新生チェルシーがイタリア王者と激突

チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第3節が5日に開催される。ここでは第3節2日目となるグループE~Hの戦いを展望していく。 ◆グループ本命のチェルシーとミラン連戦初戦~グループE~ グループEでは前節、ポッター監督の初陣となったチェルシーがザルツブルクを圧倒するも1-1のドローに持ち込まれた。一方でミランはディナモ・ザグレブに快勝とし初勝利を手にした。迎える第3節、グループ突破候補の本命であるチェルシーとミランが2連戦の初戦を迎える。 ザルツブルクに引き分け1分け1敗スタートとなったチェルシー。苦しい入りとなった中、直近のクリスタル・パレス戦では苦しみながらも2-1と競り勝ってポッター体制2戦目にして初勝利を飾った。前線が流動的に動くポッタースタイルで元チェルシーDFトモリが守備を統率するミランからゴールをこじ開けられるか。 一方、ミランは前節、格下ディナモ・ザグレブに順当勝利。直近のエンポリ戦ではこちらも苦戦を強いられたが、後半終盤の3発で白星とした。守護神メニャン、DFテオ・エルナンデスを引き続き欠き、エンポリ戦で新たにDFカラブリアとDFケアーが離脱となる苦しい台所事情の中、スタンフォード・ブリッジ凱旋となるトモリは大きく成長した姿を披露できるか。 グループEもう一試合のザルツブルクvsディナモ・ザグレブではミランとチェルシーからゴールを奪ったスイス代表FWオカフォーの活躍に注目だ。 ▽10/5(水) 《25:45》 ザルツブルク vs ディナモ・ザグレブ 《28:00》 チェルシー vs ミラン ◆初勝利目指すセルティック、連敗スタートのライプツィヒと対戦~グループF~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221004_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループFでは本命のレアル・マドリーが順当に2連勝スタート。日本人4選手所属のセルティックがシャフタールに引き分け、1分け1敗スタートとなった。迎える第3節、初勝利を目指すセルティックが連敗スタートのライプツィヒと敵地で対戦する。 前節シャフタール戦ではFW古橋がCL初先発となった中、立ち上がりからシャフタールを圧倒する展開としたセルティック。そしてFW旗手が絡んで先制点を手にしたものの、1-1の引き分け止まりとなってしまった。レアル・マドリー戦に続き、ポステコグルー監督の攻撃的なサッカーを体現できているセルティックだが、ライプツィヒ相手に初勝利となるか。 FWベンゼマを欠いた中、後半終盤の2発でライプツィヒを退けたレアル・マドリー。苦戦を強いられたが、王者らしくしっかりと勝ち切って見せた。直近のオサスナ戦では復帰したベンゼマのPK失敗もあって開幕からの連勝が6で止まったが、切り替えてCL3連勝スタートとなるか。 ▽10/5(水) 《25:45》 ライプツィヒ vs セルティック 《28:00》 レアル・マドリー vs シャフタール ◆2位通過争うドルトムントとセビージャが激突~グループG~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221004_2_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループGでは前節、マンチェスター・シティがFWハーランドの恩返し弾でドルトムントに逆転勝利。2連勝スタートとした。一方で不振のセビージャがコペンハーゲンに敗れて連敗スタートとなった。迎える第3節、2位通過を争うドルトムントとセビージャが激突する。 シティに善戦したものの悔しい逆転負けとなったドルトムント。1勝1敗スタートとなった中、直近のケルン戦では痛い逆転負けを喫した。例年通り、やや守備陣に脆さが見え出しているが、新戦力のDFジューレ、DFシュロッターベックは踏ん張ることができるか。 一方のセビージャはさらに深刻な状況。直近のアトレティコ・マドリー戦では何もできず完敗となり、ロペテギ監督の首が飛ぶのも時間の問題とされている。何とか起死回生の勝利を手にして負の流れを止めたいところだ。 流石の連勝スタートとしたシティはコペンハーゲンとのホーム戦を戦う。直近のマンチェスター・ダービーでは圧巻の強さを見せ付けたシティ。とりわけハットトリックを達成したFWハーランド、MFフォーデンの両ヤングスターは止められない状況にある。コペンハーゲン戦でも彼らの暴れ回る姿を期待したい。 ▽10/5(水) 《28:00》 マンチェスター・シティ vs コペンハーゲン ドルトムント vs セビージャ ◆背水のユベントス、グループ最弱マッカビ・ハイファと対戦~グループH~ <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20221004_2_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> グループHでは前節、パリ・サンジェルマンがマッカビ・ハイファを下して順当に2連勝スタートとした一方、ユベントスがベンフィカに逆転負けを喫し、連敗スタートとなった。迎える第3節、背水のユベントスがグループ最弱のマッカビ・ハイファとホームで対戦する。 ベンフィカ戦では開始早々FWミリクにゴールが生まれたものの、その後はじり貧となって逆転負けとなったユベントス。グループステージ突破のためには連勝が必要となる中、直近のボローニャ戦ではMFロカテッリを始め、負傷明けの面々の活躍により久々の快勝とした。一先ずアッレグリ監督の進退問題が先延ばしとなった中、公式戦連勝として悪い流れを断ち切れるか。 マッカビ・ハイファに先制される展開となったものの、終わってみればFWメッシ、FWムバッペ、FWネイマールの揃い踏みでしっかりと連勝スタートとしたPSG。そのPSGはユベントスに貫禄勝ちしたベンフィカとのアウェイ戦に臨む。3連勝とすれば次節にも突破が決まる気配だが、畳みかけられるか。 ▽10/5(水) 《28:00》 ユベントス vs マッカビ・ハイファ ベンフィカ vs パリ・サンジェルマン 2022.10.05 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

CLミラン戦控えるチェルシー、ジョルジーニョとハヴァーツの起用は?「様子を見て判断する」

チャンピオンズリーグ(CL)のミラン戦が控えるチェルシーのグレアム・ポッター監督が、負傷者について現状を報告した。クラブ公式サイトが伝えている。 CLではここまで1分1敗でグループ最下位に沈むチェルシー。5日に行われるグループE第3節のミラン戦は初白星もかかる重要な一戦となるが、先日のプレミアリーグのクリスタル・パレス戦では逆転勝利で弾みをつけた。 ただ、その試合で負傷交代したMFジョルジーニョとMFカイ・ハヴァーツの状態は気がかりなところ。ポッター監督はミラン戦の試合前会見で2人の状態を明かした。 「ジョルジーニョはパレス戦で腹部に違和感を覚えたが、今日もトレーニングに参加している。今後の様子を見て、早めに判断したい。ハヴァーツも全くの同様だ」 両選手の起用については含みを持たせた格好に。一方、GKエドゥアール・メンディの戦列復帰とともに、ミラン戦では引き続きGKケパ・アリサバラガを起用すると明言した。 「メンディはここ数日、チームと一緒にトレーニングしているよ。良い経過を辿っているし、今回のチームにも加わるだろう。素晴らしいニュースだ」 「今後6週間はとてつもない過密スケジュール。今はどちらかを1番、2番と決めつけるべきではない。まずはケパがプレーを楽しみ、明日もパレス戦のようなパフォーマンスを期待したい」 2022.10.05 15:53 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン指揮官が敵地チェルシー戦へ意気込み「我々には明確な意志がある」

ミランのステファノ・ピオリ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)のチェルシー戦に向けて意気込みを語った。イタリア『スポーツメディアセット』が伝えている。 ミランは直近のセリエAでエンポリに勝利し、5日にアウェイで迎えるCLのグループE第3節チェルシー戦に向け、弾みをつけることに成功。CLではここまで1勝1分で首位に立っており、この一戦でも3ポイントを積み重ね、グループステージ突破に前進したいところだ。 ピオリ監督も前日会見で力強く意気込み。この一戦がすべてではないとしつつも、チェルシー戦が大きなチャレンジであると語っている。 「重要なのは、我々のスタイルとメンタリティをフィールドで最大限に表現すること。CLという大きな舞台において、このチームで歴史を塗り替えたいと考えている」 「チェルシー戦が重要なのは当然だが、まだ決定的な何かを掴むゲームとはならない。グループでは最後の2試合がカギを握るだろう。もちろん我々は95分間ベストを尽くし、全力でチェルシーと向き合うよ」 「我々がゲームを支配するか、チェルシーが支配するか。試合中は常にどちらかだ。相手は優れたクオリティを有するチームだが、我々にも明確な意志がある」 「ミランが成熟したグループであることは証明済み。今回のような大きなチャレンジは、我々がどこまで到達したかを知るチャンスになる」 2022.10.05 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

元チェルシー・ディレクターのグラノフスカイア氏に脅迫メール…差出人は英国の著名代理人

長らくチェルシーでディレクターを務めたマリナ・グラノフスカイア氏に脅迫メールが届いていたようだ。イギリス『タイムズ』が報じている。 今夏のロマン・アブラモビッチ氏のオーナー退任に伴い、同氏と親交の深かったグラノフスカイア氏はブルース・バック会長とともに退陣した。巧みな交渉術で数々の取引を成立させ、クラブに大きな収益をもたらした実績を誇り、2021年にはベスト・ディレクター賞を受賞した。 『タイムズ』によると、脅迫メールが届いたのはグラノフスカイア氏がクラブ売却に動いていた今夏のタイミング。イギリスの著名な代理人から34万4000ユーロの支払いを要求されたという。 「お前が私にしたことの代償を払わせる。これは脅しではない。誓約なのだ。チェルシーにその気がないのなら、次はお前の番だ」 「仮に謝罪の気持ちがあるのなら、私は物事を正すチャンスを与える。そうでないなら、お前が私に対して働いた行為の代償を払ってもらう。これは脅しではない。好きなように受け取ってもらって構わない。これは私が私の人生を脅かす者に与える制裁だ」 「要約すると、お前は私と私のパートナーに金を借りている。チェルシーが借金を払わない場合、お前が支払うことになる。私はもう、お前に親切にすることはやめた。またお会いしよう」 なお、この脅迫メールの差出人はすでに特定され、逮捕及び保釈まで事が進んでいる模様。容疑者の弁護人は「容疑を激しく否定している。現時点では犯罪で起訴されていない」と、声明を出している。 2022.10.05 14:05 Wed
twitterfacebook
thumb

好調トロサールがブライトンからのステップアップ示唆

ベルギー代表FWレアンドロ・トロサール(27)は、ブライトンからのステップアップの可能性を示唆している。 2019年夏からブライトンでプレーするトロサール。プレミアリーグ初年度から毎シーズン10ゴールに絡む活躍を続けており、今季はすでに7試合で5ゴール2アシストという結果を出している。 とりわけ、直近のリバプール戦でのハットトリックの活躍は鮮烈で、自身をブライトンに誘ってくれたグレアム・ポッター監督率いるチェルシーや以前から関心を示すアーセナルなどプレミアリーグのクラブを中心に、国内外のビッグクラブへの移籍が取り沙汰されている。 その注目のベルギー人アタッカーは、イギリス『BBC』のインタビューで今後の去就に言及。ブライトンでの充実を強調しながらも、ステップアップの可能性を示唆している。 「今、それ(将来の移籍について)について何かを言うのは難しいよ。それは完全にどのクラブが来るかにかかっているからね」 「もしも自分自身良いフィーリングを得て、プライベートレベルでも物事がうまくいけばね…。だけど、同じようにブライトンで自分がどれだけ良い状況にいるかも理解しているし、新しい監督のロベルト・デ・ゼルビも有望に見えているよ」 また、ここ最近のゴール量産に関しては、昨季主戦場としたウイングバックから1列前の2シャドーの一角でプレーする機会が増えたことを理由に挙げている。 「今はピッチ上で少し高い位置でプレーしているから、ゴールを決めるチャンスが増えているんだ。チャンスが増えれば増えるほど、得点できるようになるものだからね。それがここ数年との最大の違いだと思うよ」 2022.10.05 07:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly