コンパニ監督就任のバーンリー、アシスタントにベラミー氏就任!“チーム・コンパニ”再結成

2022.07.09 14:05 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バーンリーは9日、元ウェールズ代表のクレイグ・ベラミー氏(42)がアシスタントマネージャーに就任したことを発表した。

現役時代はリバプールやマンチェスター・シティ、ニューカッスルなどでプレーしたストライカーのベラミー氏。優れた得点感覚を有し、プレミアリーグ通算294試合81得点40アシストを記録した。

ピッチ内外で気性の荒さが災いし、トラブルを起こすこともしばしばだったが、その一方で貧困に苦しむシエラレオネの子どもたちの支援に私財を投じるなど、現役時代から慈善活動に取り組んできた。良くも悪くもファンの記憶に色濃く残り続ける名選手の1人だ。

バーンリーは2021-22シーズンのプレミアリーグで18位に沈み、チャンピオンシップ(英国2部)に降格。2022-23シーズンに向けては、新監督として前アンデルレヒト指揮官であり、ベラミー氏とはシティで共にプレーしたヴァンサン・コンパニ氏が就任している。ベラミー氏はアンデルレヒトでもコンパニ氏のアシスタントを務めており、2人の強い信頼関係が窺える。

また、バーンリーはベラミー氏のほかにも、GKコーチ、アシスタントコーチ2名、分析アナリスト兼セットプレーコーチら4名の入閣も発表しており、彼らはいずれもアンデルレヒトでコンパニ氏を支えた経験を持つ。バーンリーは、“チーム・コンパニ”に1年でのプレミア復帰を託す。


関連ニュース
thumb

コンパニ率いるバーンリー、PSGのU-20イタリア代表GKフランキを完全移籍で獲得

バーンリーは26日、パリ・サンジェルマン(PSG)のU-20イタリア代表GKデニス・フランキ(19)が完全移籍で加入することを発表した。 契約期間は2025年6月までの3年契約で、4年目の延長オプションがついているという。 ウディネーゼの下部組織で育ったフランキは、2019年7月にPSGのU-19チームに加入。2021年7月にファーストチームに昇格した。 リーグ・アンやチャンピオンズリーグ(CL)などでベンチ入りの経験はあるものの、出場はなし。ファーストチームでの出番がないままの退団となった。 イタリア代表では、U-17からU-20までの世代別代表を経験している。 フランキはクラブを通じてコメントしている。 「これは僕にとって新しい章であり、開始するのが待ちきれない」 「ファン、新しいチームメイト、スタッフ、そしてバーンリーでの新たな旅路に出会えることを楽しみにしている」 また、ヴァンサン・コンパニ監督もフランキを高く評価して歓迎した。 「デニスをチームに迎えることができてとても嬉しい。彼は若い年齢で強力な経験を持つエキサイティングな若いGKだ」 「デニスはイタリアのユース代表であり、ここのクラブでの長期プロジェクトの一部となるだろう」 2022.08.27 23:55 Sat
twitterfacebook
thumb

セインツWGテラ、2部から出直しのバーンリーにシーズンローン

バーンリーは11日、サウサンプトンからイングランド人MFネイサン・テラ(23)のレンタルを発表した。加入期間は1年。背番号「23」をつける。 1999年生まれのテラはウィンガーで、かつてアーセナルのアカデミーに在籍。サウサンプトンの下部組織に移ってからトップチームデビューに至った。 2020年6月のプロデビューシーズンから出番を掴み、昨季もプレミアリーグ14試合でプレーしたが、さらなる出場機会を目指して移籍を決断した。 チャンピオンシップから出直しを図るチームに活躍の場を移すテラはクラブを通じて喜びを語っている。 「ずっとコンスタントにフットボールがしたいと思っているところにこういう機会が巡ってきたのだから嬉しいよ」 一方、ヴァンサン・コンパニ監督は「ネイサンを獲得できて嬉しく思う。勤勉で、攻撃面のスピードは大きな脅威になれる」と期待を寄せた。 2022.08.12 09:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェストハムが降格バーンリーのドリブラー、マクスウェル・コルネを獲得!

ウェストハムは5日、バーンリーからコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネ(25)の獲得を発表した。背番号「14」をつける。 契約は5年+1年延長オプション。移籍金に関しては明らかにされていないものの、降格時に有効な1750万ポンド(約28億5000万円)の契約解除条項が発動されてのウェストハム入りとみられる。 主力をキープしつつ、補強を続けるウェストハム。囁かれる2列目の補強として、当初こそフランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチも浮上したが、バーンリーのドリブラー獲得に至った。 リヨン時代にチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティを相手に結果を出し続け、“シティキラー”として脚光を浴びたコルネは昨夏にバーンリー入り。公式戦29試合で9得点2アシストを記録した。 新シーズンもプレミアリーグでプレーするコルネは「このクラブに加わるのは僕にとって新たなステップだし、プロジェクトの一部になれるのも本当に嬉しい。始まるのが楽しみで仕方ないよ」と喜んだ。 デイビッド・モイーズ監督は「彼をウェストハムに迎えられて嬉しく思う。彼はプレミアリーグとヨーロッパの両方で良い経験を持つ多才な選手だし、我々に強さと質をもたらしてくれるはず」と期待した。 2022.08.06 09:25 Sat
twitterfacebook
thumb

ウェストハムがマクスウェル・コルネ獲得へ! クラブ間と個人間双方で合意

ウェストハムが、バーンリーのコートジボワール代表FWマクスウェル・コルネ(25)獲得を決定的なモノとしたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』など複数メディアが報じている。 今夏の移籍市場で2列目の補強を目指すハマーズは、当初フランクフルトのセルビア代表MFフィリップ・コスティッチの獲得を目指していたが、競合ユベントスの存在もあり交渉が難航。 そういった中、数週間前にはエバートン行きが濃厚と見られていたコルネの獲得に迫っているようだ。 コルネとバーンリーの契約には、降格時に有効となる1750万ポンド(約28億3000万円)の契約解除条項があり、ウェストハムはその金額を支払うことで合意。さらに、選手サイドとの交渉も合意に至り、一両日中にもメディカルチェックを受診する予定だという。 コルネは昨夏にリヨンからバーンリーに加入したレフティのドリブラー。リヨン時代には左サイドのスペシャリストとして評価を高め、チャンピオンズリーグでは“マンチェスター・シティキラー”との異名も持っていた。 バーンリーでは2トップの一角や左のウイング、ウイングバックや左サイドハーフでも起用されながら、リーグ戦26試合で9ゴール1アシストを記録。チームは無念の降格となったものの、個人としては上々のプレミアリーグ1年目となった。 2022.08.05 17:54 Fri
twitterfacebook
thumb

エバートン、バーンリーからFWマクニールを完全移籍で獲得!

エバートンは28日、バーンリーのイングランド人FWドワイト・マクニール(22)を完全移籍で獲得した。契約期間は2027年6月30日までとなっている。 エバートンへの移籍が決定したマクニールは、公式サイトで以下のようにコメントしている。 「サイン出来て最高の気分だ。エバートンからの誘いを聞いたときは、すぐにでもサインしたかった。その一員になりたいと思った。彼らが今後何を望んでいるのか、監督と話したとき、本当にワクワクしたし、魅力的だったんだ」 14歳でバーンリーの下部組織に入団したマクニールは、2018年5月に19歳でファーストチームデビュー。以降はバーンリー一筋のキャリアを歩み、チームの主軸として公式戦通算147試合に出場して7ゴール17アシストを記録。 昨季もプレミアリーグ全38試合に出場し得意のドリブルから多くのチャンスを創出したが、得点は挙げられず、チームをチャンピオンシップ(イングランド2部)降格から救うことはできなかった。 なお、移籍金に関しては明かされていないがイギリス『The Athletic』は、2000万ポンド(約32億9000万円)で合意に達したと報じている。 2022.07.29 01:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly