バルサで戦力外のピャニッチに古巣リヨンからオファー…ラカゼット&トリソに続くか

2022.07.06 18:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(32)にリヨン復帰の可能性が浮上している。

2020年夏にユベントスからバルセロナ入りしたが、本領を発揮といかず、不遇のときを過ごすピャニッチ。昨夏からベシクタシュにローン移籍したが、契約に付帯した買取オプションを行使されるに至らず、ひとまずのバルセロナ復帰が決まった。

バルセロナとまだ2024年まで契約が残るものの、構想外で変わらず、今夏も移籍が有力視。そうしたなか、マルセイユのほかにも、ローマ時代に師事したルディ・ガルシア監督のアル・ナスルが移籍先に浮上している。

しかしながら、ピャニッチが2008年夏から2011年夏までを過ごしたリヨンもバルセロナの内情に精通するスペイン人ジャーナリストのジェラール・ロメロ氏いわく、復帰のオファーを出しているという。

リヨンは今夏、FWアレクサンドル・ラカゼット、MFコランタン・トリソといったかつての主力を続々と連れ戻し。ピャニッチもその流れに乗り、かつて公式戦120試合でプレーした古巣に戻るのだろうか。

関連ニュース
thumb

Tシャツ短パン姿で高級車を受け取る姿が話題! ラカゼットが愛車をゲット「とても嬉しい」

今夏アーセナルから古巣のリヨンへと復帰した元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットの新たな相棒が決まったようだ。 2017年7月にリヨンからアーセナルへと加入したラカゼット。アーセナルでは5シーズンを過ごし、公式戦206試合に出場し71ゴール36アシストを記録していた。 古巣に復帰したラカゼットはキャプテンに就任。すると新シーズン開幕戦のアジャクシオ戦で1ゴール1アシストの活躍を見せて勝利に貢献していた。 フランスに戻り上々のスタートを切ったラカゼットだが、嬉しいニュースが、自身のインスタグラムで愛車を手にしたことを報告した。 ラカゼットが手にしたのはマセラティの「レヴァンテ トロフィオ」。「パートナーになれてとても嬉しい」と投稿し、愛車との写真を投稿した。 「レヴァンテ トロフィオ」は最高級・最高品質のSUVで、最高速度は時速304kmも出せる高級車だ。 この投稿には「素晴らしい」、「カッコいいね」というコメントの他、アーセナルでコンビを組み、車好きとして知られるFWピエール=エメリク・オーバメヤン(バルセロナ)を引き合いに出し、「オーバに対抗しようとしているね」と高級車の写真をイジる人も現れている。 <span class="paragraph-title">【写真】Tシャツ短パンで高級車を受け取りに行き笑顔のラカゼット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ChAeaEtof7z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ChAeaEtof7z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ChAeaEtof7z/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Alex Lacazette(@lacazettealex)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.08.10 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン復帰後初戦で初ゴール、主将ラカゼットが手応え「今季は良い予感がする」

リヨンの元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが上々の復帰戦に満足感を示している。 今夏の移籍市場でアーセナルから移籍したラカゼット。かつて在籍期間に274試合129ゴール43アシストという圧巻の数字を残した元エースは、キャプテンにも任命され、気持ち新たに新シーズンに臨むことになった。 そして、2022-23シーズンのリーグ・アンのハナを務めることになったリヨンは、5日に昇格組のアジャクシオと対戦。するとラカゼットは、1点リードで迎えた22分に先制点のFWテテが得たPKを決めて早くも復帰後初得点。再デビュー戦を飾った。 その後、試合は前半のうちに両チームが退場者を出す荒れ模様となるが、リヨンは最小失点にとどめて逃げ切り勝利。ラカゼットも今後のシーズンに向けて手応えを感じているようだ。 「もっと上手くやれるところはあったけど、シーズン初戦としては上出来だと思う。昨シーズンのような、試合終了間際の失点という不安はまだ残っているし、チームも自信があるとは言い切れない。もっと良くならないとね」 「自分が無欲になったとは思わないけど、チームメイトとより一体感を持つようになり、彼らを助けたいという思いが強くなったんだ。今季は良い予感がするよ。一生懸命頑張らなくちゃいけないけどね」 2022.08.06 16:23 Sat
twitterfacebook
thumb

今夏復帰のラカゼットがリヨンの新キャプテンに就任!

リヨンの新キャプテンに元フランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが就任することになった。フランス『レキップ』が伝えている。 ラカゼットは今夏、アーセナルとの契約満了に伴い、2017年7月以来のリヨン復帰を果たした。クラブ生え抜きで、在籍期間に274試合129ゴール43アシストという圧巻の数字を残した元エースは、当初の予想通り、フランス代表DFレオ・デュボワのガラタサライ移籍で不在となったキャプテンに就任することになった。 ピーター・ボス監督は、5日に2022-23シーズンのリーグ・アン開幕節、アジャクシオ戦を控える中、公式会見の場でチーム人事に言及。ラカゼットをキャプテンに任命したことを明かした。 「我々はこの5週間の準備期間を通して選んだ。そして私の目には、アレクサンドルは経験を積んだ人物であり、自分の考えを話すことを恐れず、物事をよく見て、そして叫ぶ必要のない自然なリーダーだと感じた」 なお、ラカゼットを支える副キャプテンには、同じくバイエルンから今夏復帰したMFコランタン・トリソ、守護神を務めるGKアントニー・ロペス、FWカール・トコ=エカンビといった主力が選出されている。 2022.08.03 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

バルサ構想外ユムティティはリーグ・アン復帰を希望、古巣リヨンなどが接近か

バルセロナの元フランス代表DFサミュエル・ユムティティ(28)に、古巣リヨンへの復帰などが浮上しているようだ。スペイン『Sport』などが伝えている。 ユムティティは2016年夏にリヨンからバルセロナへ加入。フランス代表の主力としてロシア・ワールドカップ(W杯)を制するなど、実力は確か。しかし、近年は相次ぐケガによってほとんど稼働せず。昨季に至っては公式戦1試合の出場にとどまった。 バルセロナのチャビ・エルナンデス監督は、ユムティティを含む構想外の選手らに対して移籍先を探すよう促しており、今夏の退団は避けられない状況にある。 ユムティティは欧州各国から関心が寄せられるなか、リーグ・アンへの復帰を最優先。ここ数日は古巣リヨンと接触しているとみられ、大幅な給与ダウンを受け入れてでも、喜んで古巣復帰を選ぶだろうと考えられている。 一方、スペイン『ESPN』は、オリンピアコスがユムティティの1年レンタルを画策し、1日にも首脳陣がバルセロナ入りすると報じている。 その他のクラブでは、スタッド・レンヌがユムティティのフィジカル面に疑問を抱いて交渉から撤退。トルコの複数クラブが関心を寄せていたものの、こちらは選手本人が選択肢から除外したとみられている。 2022.08.01 16:10 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルドー退団のベテランDFマルセロがオーストラリアのウェスタン・シドニーへ加入

Aリーグのウェスタン・シドニー・ワンダラーズは31日、ボルドーを退団したブラジル人DFマルセロ(35)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は1年間となる。 母国サントスでプロキャリアをスタートしたマルセロは、ヴィスワ・クラクフ、PSV、ハノーファー、ベシクタシュを経て2017年にリヨンへ加入。頼れるディフェンスリーダーとして活躍していたが、昨季のリーグ・アン第2節アンジェ戦でGKへのパスミスでオウンゴールを記録すると、試合後のドレッシングルームではチームメイトに対して不適切な態度があったとして、リザーブ送りにされていた。 結局、トップチームに戻ることなく、今年1月26日に双方合意のもとで契約を解除。その後、降格圏位沈んでいたボルドーへ半年契約で加入すると、リーグ・アン11試合に出場したが、チームは最下位でリーグ・ドゥ(フランス2部)に降格が決定。マルセロはシーズン終了後に契約満了を迎え、無所属となっていた。 新天地の決まったマルセロは、公式サイトで以下のようにコメントしてる。 「僕がオーストラリアに来たのは、今シーズンのワンダラーズのプロジェクトに参加したいと思ったからだ。クラブで可能な限り高い目標を達成したい。個人的な目標は、常にチームのためにベストを尽くすこと、チームメイトと一緒に学び、大きな目標に向かって戦うことだ」 2022.07.31 23:10 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly