スパーズ退団の伊代表GKゴッリーニ、フィオレンティーナ移籍有力に!

2022.07.03 16:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)は来季からフィオレンティーナでプレーするようだ。

近年のセリエAで躍進著しいアタランタで守護神を務めたりと着実に力をつけ、昨夏に買取オプション付きのシーズンローンでトッテナム入りしたゴッリーニ。先月の代表ウィークでもイタリア代表から声がかかるほどの実力者だが、フランス代表GKウーゴ・ロリスの牙城を打ち破れず、公式戦10試合の出場に終わった。

結局、6月上旬にトッテナムの買取オプション不行使が決まり、保有元のアタランタ復帰がひとまず既定路線に。だが、アタランタに戻るとなっても、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソがおり、さらなる移籍が有力視されている。
そうしたなか、移籍先と目されるのがプロ入り前のいち時期を過ごしたフィオレンティーナだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、800万ユーロ(約11億2000万円)の買取オプションが付帯したローン移籍になるようで、クラブ間でも合意済み。近くサインするという。

関連ニュース
thumb

ラツィオがホームでヴィオラに薄氷ドロー…カサレのセリエA初弾にエース復帰も3連勝ならず《セリエA》

セリエA第20節、ラツィオvsフィオレンティーナが29日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-1のドローに終わった。 ライバルの取りこぼしを利用しつつ、直近のリーグ連勝で3位に浮上したラツィオ。3連勝でのトップ4圏内キープを目指す後半戦初戦では、11位のフィオレンティーナをホームで迎え撃った。 互いに集中した入りを見せた中、ホームのラツィオがファーストチャンスをきっちりゴールに結びつける。8分、右CKの場面でキッカーのルイス・アルベルトが右足アウトスウィングのボールを入れると、ボックス中央で相手と地上戦を競ったカサレが強引に右足アウトを使ってシュートに持ち込むと、これがゴール左隅に決まった。 カサレの技ありのセリエA初ゴールで先手を奪ったラツィオが、以降は前がかって攻撃に出るフィオレンティーナの反撃を受ける形に。17分にはニコラス・ゴンサレスに得意の左足ミドルシュートを打たれるが、これは枠の左に外れる。さらに、28分にはボックス内のヨビッチが強烈なシュートを枠に飛ばすが、今度はGKプロベデルのファインセーブに遭った。 前半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、追加点がほしいラツィオは幾度かロングカウンターからゴールに迫ったものの、ルイス・アルベルトが決定機でシュートを大きくふかすなど、最後の精度を欠いた。 すると迎えた後半、勢いを持って試合に入ったフィオレンティーナが早い時間帯に同点に追いつく。49分、ペナルティアーク付近でボナヴェントゥーラとの連携から前を向いたニコラス・ゴンサレスが強烈な左足のミドルシュートをゴール左隅へ突き刺した。 追いついた勢いに乗るフィオレンティーナが以降も優勢に試合を進めていくと、66分には鮮やかなカウンターからドゥドゥの右クロスをゴール前のヨビッチがうまく頭で合わせるが、これはGKプロベデルが好守で阻む。 一方、後半に入って苦戦が続くラツィオは積極的に交代カードを切り、負傷明けの切り札インモービレやベシーノをピッチへ送り込んでいく。すると、74分にはボックス中央でうまく右からのクロスを足元に収めたインモービレに早速の見せ場も、腰の捻りを利かせた右足のシュートはわずかに枠の左へ外れる。 後半終盤にかけてパワーを絞り出して攻勢を仕掛けたラツィオだが、フィオレンティーナの集中した守備に手を焼き、なかなか決定機まで持ち込めない。逆に、試合終了間際の後半アディショナルタイムにはサポナーラの鋭い仕掛け、左CKから絶体絶命のピンチを招くが、GKプロベデルのビッグセーブ、ミレンコビッチのゴール至近距離からのシュートはクロスバーに救われ、辛くも土壇場での逆転ゴールを免れた。 この結果、ホームで勝ち点3を取り損ねたサッリのチームだが、ミランの大敗によって暫定ながら3位の座をキープしている。 2023.01.30 04:06 Mon
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがクロアチア代表FWブレカロを獲得! 昨季トリノではセリエA7ゴール

フィオレンティーナは28日、ヴォルフスブルクからクロアチア代表FWヨシプ・ブレカロ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「77」に決定している。 移籍市場に精通するジャーナリストのニコロ・スキラ氏によると、今回の移籍に移籍金は支払われていないものの、将来のリセール時の10%がヴォルフスブルクに支払われるようだ。また、ブレカロは2026年夏までの3年半契約を結んだとのことだ。 ブレカロはディナモ・ザグレブの下部組織出身で、2016年夏にヴォルフスブルクに完全移籍で加入。その後、シュツットガルトへのレンタルを経て2017年12月に復帰を果たすと、2018–19シーズンから主力に定着した。 左右のウイングを主戦場に突破力と動き出しに特長を持つ24歳は、2020-21シーズンのリーグ戦で29試合7ゴール3アシストの数字を残してクラブのチャンピオンズリーグ出場権獲得に貢献していた。 昨シーズンは買い取りオプション付きのレンタルでトリノに加入すると、セリエA32試合の出場で7ゴール2アシストの数字を残したが、トリノはオプションを行使せず。 すると、レンタルバックした今季のヴォルフスブルクでは同胞のニコ・コバチ監督から信頼を得られず、リーグ戦6試合の出場にとどまっていた。 2023.01.29 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

インテルがミレンコビッチへの関心を再燃、PSG行き確実シュクリニアルの後継者候補

インテルが、フィオレンティーナのセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(25)への関心を再燃させているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝える。 ミレンコビッチは身長195cmのセンターバック。加えて右サイドバックもこなせる逸材は、2017年夏に母国のパルチザンからフィオレンティーナへ加入し、クラブ通算192試合に出場しており、セルビア代表でも通算41キャップを誇る。 ジョゼ・モウリーニョ監督がマンチェスター・ユナイテッド時代に獲得を切望していたとされ、昨夏もアーセナルやチェルシー、トッテナム、インテル、ナポリなど国内外からの関心が報じられた。 昨年8月にフィオレンティーナとの契約を2027年6月まで延長したため、一度は収束に向かったが、ここに来てインテル行きが再燃。今季終了後ないしは1月中のパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が確実となったスロバキア代表DFミラン・シュクリニアル(27)の後継者候補の1人ということだ。 ミレンコビッチの市場価値は推定2000万ユーロ(約28億2000万円)。フィオレンティーナはミレンコビッチとFWルカ・ヨビッチのセルビア人2人の今夏以降の去就を明確にするべく、両選手を受け持つ代理人との話し合いを始めたとされている。 2023.01.26 15:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリ、GKシリグの後釜としてアタランタから伊代表GKゴッリーニを買取OP付きのレンタルで獲得

ナポリは25日、アタランタからイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 エラス・ヴェローナでプロキャリアをスタートしたゴッリーニは、以降アストン・ビラ、アタランタでプレー。2021年7月からはフランス代表GKウーゴ・ロリスの将来的な後釜候補として、トッテナムに買い取りオプション付きの1年ローンで加入。公式戦10試合に出場したものの、アントニオ・コンテ新監督の信頼を得られず、トッテナムがオプション行使を見送ったことで、一時的にアタランタへ復帰。 しかし、アルゼンチン代表GKフアン・ムッソが守護神を務める古巣に居場所はなく、昨夏に10代の頃に2年間在籍した古巣のフィオレンティーナにレンタル移籍。今季はカップ戦を中心にここまで公式戦9試合に出場していた。 イタリア代表歴もあるゴッリーニだが、ナポリには今季ハイパフォーマンスを披露している守護神のイタリア代表GKアレックス・メレトがいることから、同日にフィオレンティーナへ移籍したイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)の後釜としてセカンドGKの役目を担う模様だ。 2023.01.26 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがナポリからGKシリグを完全移籍で獲得

フィオレンティーナは25日、ナポリからイタリア代表GKサルバトーレ・シリグ(36)を完全移籍で獲得した。 これまでパレルモやセビージャ、パリ・サンジェルマン、トリノなど様々なクラブを渡り歩いてきたシリグは、2021年の夏にジェノアへ加入。昨シーズンは守護神としてセリエA36試合に出場していたが、クラブのセリエB降格に伴い、チームを退団。 その後、コロンビア代表GKダビド・オスピナが退団したナポリにフリーで加入。しかし、今季は開幕からハイパフォーマンスを見せるイタリア代表GKアレックス・メレトの後塵を拝しており、ここまで出場機会はなかった。 なお、フィオレンティーナは同日にアタランタからレンタル移籍していたイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニ(27)のレンタル解除を発表した。 2023.01.26 06:05 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly