タッキナルディ氏が古巣ユベントスなどに言及「イタリア人の確保は重要」

2022.06.30 15:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元イタリア代表のアレッシオ・タッキナルディ氏が、ミランやユベントスの移籍市場について言及した。イタリア『TuttoMercatoWeb』が伝えている。

現役時代にユベントスで多くのタイトルを獲得したタッキナルディ氏。『TMW Radio』に出演し、セリエA王者のミランが、テクニカル・ディレクター(TD)を務めるパオロ・マルディーニ氏や、スポーツ・ディレクター(SD)のフレデリック・マッサーラ氏らの契約延長に関する公式アナウンスが未だないことに驚きを隠さなかった。

「本当に不思議だ。彼ら2人はリスクを冒して若い選手たちに賭け、最も重要なトロフィーを掲げた。素晴らしい仕事ぶりだ。2人がまだサインしていないとすれば奇妙と言える」
首脳陣2人の一件がミランの補強戦略に打撃を与えているかとの問いかけに対しては、「その通りだ。もしディールを進められない状況だとしたら選手はミランから離れて行く。スヴェン・ボトマンがニューカッスルへ行き、レナト・サンチェスはパリを選択したという記事を見たよ」と回答し、今夏のトップターゲットだったリールの2選手を例に挙げ、影響は間違いなくあるとの見方を示した。

一方、古巣ユベントスが獲得を目指すとされるローマのイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(22)に対しては、「前線にドゥシャン・ヴラホビッチがいて、12月にはフェデリコ・キエーザが戻ってくる。もしアンヘル・ディ・マリアがスカッドに加わるとすれば、ザニオーロに今すぐスターターの役割を与えることは難しいだろう。だが、現在のユベントスが質の高いイタリア人を確保することはとても重要だ」と持論を述べ、現在のレギュラー格に自国の選手が少ない現状を憂いた。

ユベントスからチェルシーへの売却が報じられるオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(22)に関する質問には、自身が在籍した時代の出来事を振り返り、ポジティブにとらえるべきとの姿勢を垣間見せた。

「ジダンがクラブを去る日が近いとわかったとき、首脳陣らはすぐに動いた。ブッフォンやネドベド、リリアン・テュラムを獲得したね。チームを整理し、手に入れた資金を興味深いアイディアに活用すれば、競争力のあるチームを作ることは可能だ」

当時レアル・マドリー行きが決まったジネディーヌ・ジダン氏と入れ替わるようにユベントスの一員となった現パルマ所属の元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンや、クラブの副会長を務めるパベル・ネドベド氏らの名を挙げ、デ・リフト売却も選択肢としては間違っていないと述べた格好だ。


関連ニュース
thumb

激震のユベントス、早くも新会長が決定! 「ユベントスに対する純粋な情熱を持っている」

ユベントスの新会長にジャンルカ・フェレーロ氏が就任する見込みとなった。同クラブの株式の過半数を所有する『Exor』が発表した。 ここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に挙がっていたユベントス。そんな中、アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職がアナウンスされ、暗に不正を認める格好となった。 だが、間髪入れず後任が決まることに。フェレーロ氏は1963年にトリノで生まれ、1988年に経済学部を卒業。公認会計士や監査役など多くの肩書を持ち、様々な企業の取締役を務める敏腕ビジネスマンだ。 『Exor』は同氏について「確かな経験と必要な技術力、そしてユベントスというクラブに対する純粋な情熱を持ち、このポジションに最もふさわしい人物である」と太鼓判。来年1月18日に開かれる株主総会に先立って新会長を発表した。 なお、イタリア『メディアセット』によれば、そのほかの取締役会の新メンバー候補者は株主総会の25日前にリストが明かされるとのことだ。 2022.11.29 19:15 Tue
twitterfacebook
thumb

役員総辞職のユーベ、新体制発足は1月半ば…冬の補強は困難に

アンドレア・アニェッリ会長をはじめとする役員の総辞職を発表したユベントス。1月の補強は不可能と見られている。 突如アナウンスされたユベントス重役らの総辞職。ここ最近のユベントスは、チームの成績不振に加え、契約や移籍などに関連する虚偽会計が問題視され、検察の調査対象に挙がっていた。 上層部に疑惑の目が向けられていた中、クラブはアニェッリ会長を筆頭にパベル・ネドベド副会長ら役員が辞任。「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」との声明を発表しており、激震が走ることになった。 今後はマウリツィオ・アリバベーネCEOが引き継ぎのためしばらくクラブに留まり、マウリツィオ・スカナビノ氏を新CEOとして上層部が再構成されていく。ただ、会長を含めた新たな取締役会は来年1月18日に発足される予定となっており、資金調達は不可能。そのため、冬の移籍市場での補強は現状では見込めないようだ。 また、問題視された虚偽会計が示すように、ユベントスはここ数カ月で記録的な損失を被っており、財政状態は火の車。以前の報道ではバルセロナのオランダ代表FWメンフィス・デパイやビジャレアルのスペイン代表DFパウ・トーレスの獲得を検討していると言われたが、そんな余裕はなさそうだ。 2022.11.29 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

激震のユベントス役員総辞職、OBマルキジオも驚愕「驚きを隠せない」

ユベントスのアンドレア・アニェッリ会長をはじめとする役員の総辞職に、クラウディオ・マルキジオ氏が見解を示している。 突如アナウンスされたユベントス重役らの総辞職。ここ最近のユベントスは、チームの成績不振に加え、契約や移籍などに関連する虚偽会計が問題視され、検察の調査対象に挙がっていた。 上層部に疑惑の目が向けられていた中、クラブはアニェッリ会長を筆頭にパベル・ネドベド副会長ら役員が辞任。「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」との声明を発表しており、激震が走ることになった。 これを受け、アニェッリ政権の黄金期のメンバーだったマルキジオ氏も驚きを隠せなかった模様。イタリア『Il Principino』の取材で「明らかに驚くべきことだ。ただ、コメントする前に何が起こったのかを理解する必要がある」と、クラブOBとしては初めて言及した人物となった。 なお、同氏はユベントスで通算389試合に出場し、37ゴール42アシストを記録。7度のスクデットや3度のコッパ・イタリア優勝などに貢献した。 2022.11.29 16:55 Tue
twitterfacebook
thumb

虚偽会計などの疑惑がつきまとうユーベ、会長ら役員が総退陣…「新たな取締役会の擁立が最善」

ユベントスの重役が一斉辞任した。 ユベントスではここ数年のチーム成績が落ち込むなか、選手との契約や移籍などで虚偽会計や、不正なキャピタルゲインが疑われ、トリノ検察の調査対象に。アンドレア・アニェッリ会長をはじめ、役員に疑惑の目が向いている。 そのなか、ユベントスは28日に声明を公式サイトで発表。2021年6月30日時点の財務諸表が「会計処理の適用原則における範囲内」とした一方で、「慎重さを期すため、会計処理の変更」を決めたという。 また、同日の臨時総会には全役員が出席して会合が行われたとのことで、アニェッリ会長をはじめ、パベル・ネドベド副会長ら役員の総辞職という、チーム内に激震が走る決断を明らかにしている。 「取締役会のメンバーは懸案の法的および技術的、会計的な問題の重要性と関連性を考慮し、ユベントスが問題に対処するために新たな取締役会の擁立が最善だと判断した」 「このため、アンドレア・アニェッリ会長の提案に基づいて、取締役会の刷新に関する決定をできるだけ早く株主総会に提議できるよう出席した役員全員が辞すると表明した」 ユベントスは長らくアニェッリ家の所有下にあり、パヴェル・ネドベド副会長らとともに総退陣を決めたアニェッリ氏は2010年5月から会長に。前人未踏のセリエA9連覇を含む19個のタイトルを手にしたほか、自前のスタジアム建設にも尽力した。 なお、最高経営責任者(CEO)のマウリツィオ・アリバベーネ氏も現職を放棄する一派に含まれているが、取締役会は維持を要請。ゼネラルマネージャー(GM)にはマウリツィオ・スカナヴィーノ氏が就くという。 2022.11.29 13:50 Tue
twitterfacebook
thumb

オランダ代表経験のある20歳イハッターレン、女性脅迫で逮捕…

ユベントスに所属する元オランダ代表MFモハメド・イハッターレン(20)が、母国で逮捕されていたようだ。オランダ『テレグラフ』が伝えている。 同メディアによれば、逮捕の原因は女性への脅迫容疑。ある知り合いとの共犯だったようだ。逮捕されたものの、すでに釈放されており、イハッターレンの代理人はできるだけ早くユベントスの練習に復帰するとコメントしているという。 イハッターレンは2021年夏にPSVからユベントスにステップアップを果たしたが、そこからキャリアは下り坂。レンタル先のサンプドリアではすぐにケガの影響でチームから外れると、家族の問題を理由に帰郷したユトレヒトでしばらく行方不明に。加えて、その数年前に最愛の父の他界をきっかけにうつ病に苦しんでいたという。 結局、一時引退も囁かれた期待の逸材はサンプドリアで試合に出ることなく、今年1月の市場でユベントスに復帰。そして、その足でアヤックスへ再びレンタル移籍することになった。 ところが、アヤックスでもフィットネスの問題でしばらく実践から遠ざかり、4月のKNVBベーカー決勝の古巣PSV戦で最後の4分間だけ出場。昨季のヨング・アヤックスでは5試合の出場記録はあるものの、今季はここまでベンチ入りすら出来ない状態で、10月31日付でユベントスへの復帰が発表されていた。 2022.11.24 18:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly