ローマがリヨンの人気株に接近か、30億円以下で獲得も?

2022.06.27 13:26 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマがリヨンからフランス代表MFフセム・アワール(23)の獲得に近づいているようだ。

ジョゼ・モウリーニョ体制1年目となった昨季は新設されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で初代王者に輝くも、セリエAでは6位に終わったローマ。浮き沈みの激しいシーズンとなり、安定性に課題を残した。

新シーズンは5年ぶりとなるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を目指すなかで、今夏の移籍市場での戦力アップは必須に。だが、ここまで獲得したのはマンチェスター・ユナイテッドを退団してフリーとなっていた元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)のみとなっている。
さらに主力だったアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)とジョルダン・ヴェレトゥ(29)の退団も濃厚。中盤の新戦力の到着が待たれる中で、クラブはアワールの獲得に動いているとイタリア『Il Romanista』が伝えている。

また、『Il Romanista』によれば、リヨンは来季限りで契約満了となるこのフランス代表MFの移籍金を2500万ユーロ(約36億円)に設定。しかし、ローマ側はこれを下回るの1680万ユーロ(約23億円)の支払いでこの取引を完了できると考えている模様だ。

本職のボランチに加え、トップ下の位置でもプレー可能なアワールはフランスの各年代別代表に名を連ねていた実力者。2019-20シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でチームをベスト4に導く活躍を見せ、アーセナルやレアル・マドリーといったクラブへの移籍も取り沙汰されたが、ここまで実現には至っていない。

関連ニュース
thumb

再び恩師モウリーニョのもとへ、マティッチがローマ加入の理由明かす「新しい挑戦が必要だった」

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチが、ローマ加入の理由を明かした。『フットボール・イタリア』が伝えている。 チェルシーでジョゼ・モウリーニョ監督の下、プレミアリーグ屈指の守備的MFに成長を遂げたマティッチ。2017年からはそのモウリーニョ率いるマンチェスター・ユナイテッドへと移籍し、主力として5年間プレーした。そして、今夏にはフリートランスファーでローマへと加入。今度はイタリアの地で恩師と3度目のタッグを組むことになった。 イギリス『タイムズ』のインタビューを受けたマティッチは、ローマ加入の理由は出場機会を得ることとしつつも、恩師であるモウリーニョ監督の存在も大きかったと本音を語った。 「正直なところ、僕はお金のためにサッカーを始めたわけではなく、ピッチに立ち続けるため、新しいチャレンジが必要だった。もっとプレーしたかったし、ジョゼから連絡があったときには自分の決断が正しかったと確信したよ」 「セリエAではもっと楽な仕事だと思っていたけど、まだまだたくさん走らないといけないね。ほぼ全試合に出てるけど、上手くやれていると自信を感じているよ。街も美しく、子供たちはすっかり馴染んだ。もう完璧だね」 「彼が史上最高の監督の一人であることは誰もが認めるところだ。個人的な付き合いは良好だけど、なぜかと聞かれてもわからない。僕は彼に特別なことを要求したことはないし、彼は常に勝利を望んでいる。良い結果を得られないと一緒に仕事をするのはとても難しいからね」 2022.09.26 16:44 Mon
twitterfacebook
thumb

今夏ローマに加入のマティッチ、W杯前にも自動契約更新か

元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)がローマとの自動契約更新に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 マティッチは今夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団し、チェルシーやユナイテッド時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督が率いるローマに加入。3度目の共闘となるモウリーニョ監督との信頼関係は変化なく、今季もここまでセリエA全試合に出場している。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、2023年6月でローマとの契約が切れるマティッチだが、今シーズンのリーグ戦19試合に出場した時点で1年間の自動契約更新が行われる条項が含まれており、早ければカタール・ワールドカップ前にも契約更新が行われる見込みであることと主張している。 なお、年俸についてはチームがチャンピオンズリーグやその他の欧州大会の出場権を獲得するかどうかにかかっているため、シーズン終了まで確定しないとのことだ。 2022.09.26 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

インテル&ローマが来夏フリーのクアドラードに関心

来夏にユベントスとの契約満了を迎えるコロンビア代表MFフアン・クアドラード(34)にインテルとローマが関心を示しているようだ。イタリア『Repubblica Sport』が報じている。 今季終了後にユベントスとの契約が切れるクアドラードだが、クラブは500万ユーロ(約7億円)という現状の年俸を継続させることを渋っており、延長に動かない可能性もあるという。 そのクアドラードには、ユベントスのライバルであるインテルとローマが興味を示しており、今季終了後にフリーでの獲得を目論んでいるとイタリア『Repubblica Sport』は伝えている。 2015年2月にチェルシーから加入し、現在まで公式戦275試合24ゴール61アシストを記録しているクアドラードだが、今夏にフリーでローマへ移籍したFWパウロ・ディバラに続き、ライバルクラブへフリーで移籍することになるのだろうか。 2022.09.24 23:50 Sat
twitterfacebook
thumb

「まさかモウリーニョが出演するとは!」スペシャル・ワンがラッパーの新曲MVにサプライズ出演「素晴らしい時間を過ごせた」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が意外なところに顔を出した。 先日は母国ポルトガルの最優秀選手を決めるキナス・デ・オロ賞の式典にゲスト参加にしたモウリーニョ。活動の幅はフットボールのみにとどまらず、人気アーティストのミュージックビデオ(MV)にも参加していたことが明らかになった。 22日、『GRM DAILY』はロンドン出身のラッパー、ストームジーの新曲『Mel Made Me Do It』のMVを紹介。「まさかモウリーニョが出演するとは!」と驚愕を持ってピックアップしている。 大豪邸の入り口からカメラがズームインすると、指揮官が他の出演者らとともに、唇に人差し指を当ててポーズを取っているシーンが映し出される。背後には「私は話したくない、話したら大変なことになる」というフレーズも流れている。 ストームジーは2017年にイギリス『BBC』のアーティスト・オブ・ザ・イヤーを受賞するなど、さまざまな功績を収めている著名アーティストで、今回のMVにはモウリーニョ監督のほか、陸上競技界から100mなどの世界記録を持つウサイン・ボルト氏や、英国女子最速のスプリンターであるディナ=アッシャー・スミス氏らも出演している。 来年1月には60歳を迎えるモウリーニョ監督は自身のインスタグラムでもアーティストとのツーショットやMVのカットを更新。「出演できてとても楽しかった。素晴らしい時間を過ごすことができた」と、満足そうに綴っている。 <span class="paragraph-title">【動画】絵になる決め顔!MVにモウリーニョ監督が登場するシーン</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Nooooo way. Big Jose Mourinho in the cut!<br><br> Stormzy is back in full effect after a long hiatus in &quot;Mel Made Me Do It&quot; video<br><br> <a href="https://t.co/WbWn4FPmD0">https://t.co/WbWn4FPmD0</a> <a href="https://t.co/V6y61M0jts">pic.twitter.com/V6y61M0jts</a></p>&mdash; GRM Daily (@GRMDAILY) <a href="https://twitter.com/GRMDAILY/status/1573058915063009280?ref_src=twsrc%5Etfw">September 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】モウリーニョとストームジーのツーショット</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Ci0wniUoOtO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Ci0wniUoOtO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Ci0wniUoOtO/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Jose Mourinho(@josemourinho)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【動画】モウリーニョ監督ほかボルトも出演、ストームジーの新曲のMV</span> <span data-other-div="movie3"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/2litzsFCwkA" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.09.23 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマで幸せなモウリーニョ監督「家族の一員だと感じている」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が現在の充実感を語った。 昨季、ローマの指揮官に就任したモウリーニョ監督、セリエAでこそ6位に終わり、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したが、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)では同大会初優勝。クラブに14シーズンぶりとなるトロフィーをもたらした。 今夏にはFWパウロ・ディバラやMFネマニャ・マティッチらの獲得に成功。ポジティブな空気に包まれ、昨季以上の成功が期待されるが、モウリーニョ監督も幸せな日々を過ごせているようだ。 自身が2014年からアンバサダーを務めるスイスの高級腕時計ブランド『HUBLOT』のイベント先にて、イタリア『Esquire』のインタビューでECL優勝時の思い出にふけながら、ローマでの1年を振り返った。 「いつも言っているが、トレーニング場は世界中のどこに行っても同じで、自分の生活も変わらない。朝7時半に出社して、夕方6時半に退社する生活だ。だから、ローマのような素晴らしい都市に住もうが、寒くて暗くて人目につかない場所に住もうが、ほとんど変わらない。ただ、私の人生で変わったことがあるとすれば、このクラブで私は気分が良く、皆と良い関係を築けていることだろう。イタリアで、私は幸せだ」 「(ECL優勝後の祝賀会は)本当に忘れられない思い出だ。インテルでCL王者になったとき、私はレアル・マドリーに行きたくてミラノに戻らなかった。もし戻っていたら、絶対に離れられなくなるという思いがあったからね」 「今回はあのときと違い、ローマに残ってこのクラブで続けていきたいという思いがあった。その瞬間、これは自分のために勝ったのではない、決して個人的な喜びではないと理解できたよ。ここにいる人たちがすべてだった。自分の成果を示したことで、今はとても特別な家族の一員になれたと感じている」 また、モウリーニョ監督はイタリアサッカーの現状にも言及。セリエAは復活の兆しを見せているとしつつ、イタリア代表が今年11月のカタール・ワールドカップ(W杯)出場を逃したことを嘆いた。 「10年前、私が退団した辺りからセリエAは困難な時期を迎えた。質が低下して、欧州でほとんどアピールできないリーグになってしまったね。ただ、今ではエキサイティングで競争力あるリーグに出会えたとも思う。2009-10シーズンと比較すれば、欧州トップチームとの差はまだある。それでもローマのように、クラブとして広い意味で成長して、より多くのファンをスタジアムに集め、より良い進化を遂げる可能性を秘めたチームもあるのだ」 「イタリアのサッカーを愛しているなら、W杯不出場を受け入れるのは難しい。ここで働いていると、何が起こったのか理解しがたいね。イタリアから海外に行く選手はまだ少ないが、良い選手はたくさんいるのだから『才能が少ない』という意見は受け入れない。イタリアには才能ある選手がおり、W杯に出るべきチームだ」 2022.09.23 12:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly