フィオレンティーナ、イタリアーノ監督と2024年まで契約延長

2022.06.22 23:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナは22日、ヴィンチェンツォ・イタリアーノ監督(44)との契約延長を発表した。新たな契約期間は1年間の延長オプションが付随した2024年6月30日までとなる。

イタリアーノ監督は昨夏、電撃退任したジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の後任としてヴィオラの新指揮官に就任。今季は開幕から順調に勝ち点を重ねて中位をキープ。終盤までヨーロッパリーグ出場権争いを繰り広げると、7位でシーズンを終え、来季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の出場権を獲得。

また、コッパ・イタリアではクラブを3季ぶりのベスト4進出に導いていた。

なお、イタリア『スカイ』によれば、今回の契約延長で年俸は170万ユーロ(約2億4000万円)に昇給したとのことだ。

関連ニュース
thumb

メニャン負傷のミラン、今冬にも新たな控えGKを獲得か

ミランがフィオレンティーナのイタリア人GKピエトロ・テラッチアーノ(32)の獲得に動いているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 セリエA第7節終了時点で4勝2分け1敗の5位に位置するミランだが、正守護神を務めるフランス代表GKマイク・メニャンが代表戦でふくらはぎを負傷。約1カ月の離脱と伝えられた。 現状ミランには控えGKとして元ルーマニア代表GKチプリアン・タタルサヌ(36)と、元イタリア代表GKアントニオ・ミランテ(39)が在籍しているが、共に高齢で引退を考慮する時期に差し掛かっている。 そうした状況を受け、ミランは今冬にも新たなGK補強を決行する模様。そこで白羽の矢が立ったのがGKテラッチアーノだ。 ノチェリーナでプロキャリアをスタートした193cmの長身GKのテラッチアーノは、これまでカターニャやサレルニターナなどを渡り歩き、2019年1月にレンタル移籍でフィオレンティーナに加入。同年夏に完全移籍するも、ポーランド人GKバルトロミエ・ドラゴウスキの控えに甘んじていた。 しかし、昨夏にドラゴウスキがスペツィアへ完全移籍したことで守護神の座を獲得すると、昨季はセリエA36試合に出場。今季は新加入のイタリア代表GKピエルルイジ・ゴッリーニと正守護神の座を争っており、ここまでセリエA4試合に出場している。 なお、テラッチアーノとフィオレンティーナの契約は今季終了までとなっており、ミランは今冬に安価での獲得出来なかった場合は、来夏にフリーで獲得するつもりだという。 2022.09.27 06:30 Tue
twitterfacebook
thumb

菅原が今季初ゴール! AZは終盤のゴールラッシュで4発快勝《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第2節が15日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、ホームでファドゥーツ(リヒテンシュタイン)と対戦し4-1で勝利した。菅原はフル出場、92分にゴールを記録している。 EL連勝を狙うAZは、19分にバラシのゴールで先制。しかし、直後の22分にゲルツァーにネットを揺らされ、1-1で前半を終える。 後半に入っても膠着状態が続く中、61分に中盤からのロングパスに反応したオドゴールがボックス外で飛び出したGKビュヘルに倒されると、このプレーでGKビュヘルが一発退場に。 数的有利となったAZは、81分にブッケマのゴールで勝ち越すと、後半アディショナルタイム2分にはデ・ウィトのパスで右サイドを抜け出した菅原がボックス右深くまで切り込みゴール左隅にシュートを突き刺した。 このゴールで試合を決定づけたAZは、試合終了間際にもデ・ウィトがゴールネットを揺らるなど、終盤のゴールラッシュで4-1と快勝した。 また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、アウェイでハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)と対戦。28分にホセ・モラレスのPKで先制したビジャレアルだったが、63分にハトゥエルにネットを揺らされ追いつかれる。 それでも67分、右サイド深くまで抜け出したジェレミ・ピノのクロスをバエナが右足ボレーで流し込み、勝ち越しに成功。結局、これが決勝点となりビジャレアルが2-1で勝利した。 その他、イングランドの名門ウェストハムはアウェイでシルケボー(デンマーク)と対戦し3-2で勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはアウェイでバシャクシェヒル(トルコ)と対戦し0-3で完敗している。 ◆グループA FK RFS(ラトビア) 0-2 ハート(スコットランド) バシャクシェヒル(トルコ) 3-0 フィオレンティーナ(イタリア) ◆グループB FCSB(ルーマニア) 0-0 アンデルレヒト(ベルギー) シルケボー(デンマーク) 2-3 ウェストハム(イングランド) ◆グループC ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) 1-2 ビジャレアル(スペイン) レフ・ポズナン(ポーランド) 4-1 オーストリア・ウィーン(オーストリア) ◆グループD パルチザン(セルビア) 1-1 ニース(フランス) ケルン(ドイツ) 4-2 スロヴァコ(チェコ) ◆グループE AZ(オランダ) 4-1 ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) アポロン(キプロス) 1-3 ドニプロ-1(ウクライナ) ◆グループF ユールゴーデン(スウェーデン) 3-2 モルデ(ノルウェー) ヘント(ベルギー) 3-0 シャムロック・ローバーズ(アイルランド) ◆グループG クルージュ(ルーマニア) 0-1 スィヴァススポル(トルコ) スラビア・プラハ(チェコ) 3-2 バルカニ(コソボ) ◆グループH ジャルギリス(リトアニア) 0-1 バーゼル(スイス) ピュニク(アルメニア) 2-0 スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 2022.09.16 06:10 Fri
twitterfacebook
thumb

元マドリーFWヨビッチ、8試合ノーゴールも力説 「フォームを戻すには時間が必要」

フィオレンティーナのセルビア代表FWルカ・ヨビッチがなかなかネットを揺らせない自身の現状について口を開いた。 今夏にレアル・マドリーとの契約を解消し、フリーでフィオレンティーナに加入したヨビッチ。マドリー時代は通算51試合の出場で3得点にとどまるなど期待を大きく裏切る結果となり、再起をかけてイタリアの地にやってきた。 だが、セリエA開幕戦で1得点を記録して以降は現在まで公式戦8試合連続で無得点。ヨビッチはセルビア『Informer』のインタビューの中で、フォームを取り戻すにはもう少し時間が必要と語っている。 「今季が波乱に満ちたものになるのは予想していた。最初の数試合を終えて、そのようなものになることは明らかだ。ここに来る前は長い期間プレーしていなかったし、自分のフォームを取り戻して安定させるには時間がかかるからだ。なるべく早くチームメイトとの連携を深めるよう努めているが、ゲームを重ねるごとに全てが良くなっていくと確信しているよ」 「マドリーの選手がフィオレンティーナに来ると、それだけで期待値は高くなる。ファンが最初の瞬間から僕に違いをもたらすことを期待するのは普通だ。でも、僕は3年間ほとんどプレーしていなかったし、復帰するのに時間がかかるのは驚くべきことではないんだ」 2022.09.15 17:31 Thu
twitterfacebook
thumb

途中出場の菅原が決勝点をアシスト! AZやビジャレアル、ウェストハムらが順当に白星スタート《ECL》

ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)グループステージ第1節が8日に欧州各地で行われた。 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージで唯一の日本人選手となる菅原由勢の所属するAZは、アウェイでドニプロ-1(ウクライナ)と対戦し0-1で勝利した。菅原は62分からプレーしている。 試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。AZは62分にハツィディアコスを下げて菅原を投入。すると直後の63分、右サイドでサイドチェンジを受けた菅原のクロスをデ・ウィトが流し込んだ。結局、これが決勝点となりAZが白星スタートを切った。 また、昨季チャンピオンズリーグ(CL)ベスト4で一昨季のヨーロッパリーグ(EL)王者であるビジャレアルは、ホームでレフ・ポズナン(ポーランド)と対戦。開始早々に失点したビジャレアルだったが、33分にチュクウェゼのゴールで追いつくと、36分と40分にバエナがゴールネットを揺らし逆転に成功した。 2点差とし後半もビジャレアルペースで試合が進むかと思われたが、後半開始早々にPKで1点を返されると、61分にもイシャクにネットを揺らされ、試合は振り出しに。 このまま試合終了かと思われたが、89分にコクランが強烈なミドルシュートを突き刺し、ビジャレアルが土壇場で勝ち越しに成功。結局、試合はそのまま4-3で終了した。 その他、イングランドの名門ウェストハムはホームでFCSB(ルーマニア)と対戦し3-1で逆転勝利。イタリアの名門はフィオレンティーナはホームでFK RFS(ラトビア)と対戦し1-1の引き分けに終わった。 ◆グループA フィオレンティーナ(イタリア) 1-1 FK RFS(ラトビア) ハート(スコットランド) 0-4 バシャクシェヒル(トルコ) ◆グループB ウェストハム(イングランド) 3-1 FCSB(ルーマニア) アンデルレヒト(ベルギー) 1-0 シルケボー(デンマーク) ◆グループC ビジャレアル(スペイン) 4-3 レフ・ポズナン(ポーランド) オーストリア・ウィーン(オーストリア) 0-0 ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) ◆グループD スロヴァコ(チェコ) 3-3 パルチザン(セルビア) ニース(フランス) 1-1 ケルン(ドイツ) ◆グループE ドニプロ-1(ウクライナ) 0-1 AZ(オランダ) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) 0-0 アポロン(キプロス) ◆グループF モルデ(ノルウェー) 0-0 ヘント(ベルギー) シャムロック・ローバーズ(アイルランド) 0-0 ユールゴーデン(スウェーデン) ◆グループG スィヴァススポル(トルコ) 1-1 スラビア・プラハ(チェコ) バルカニ(コソボ) 1-1 クルージュ(ルーマニア) ◆グループH バーゼル(スイス) 3-1 ピュニク(アルメニア) スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) 0-0 ジャルギリス(リトアニア) 2022.09.09 06:40 Fri
twitterfacebook
thumb

【ECLグループステージ展望】菅原由勢が唯一の参戦! ビジャレアルやハマーズも参戦

2022-23シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージが8日に開幕する。昨シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションにはDF菅原由勢が在籍するAZ、ビジャレアルやウェストハムなど5大リーグの強豪クラブが参戦する。 ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。 ◆ビジャレアルやハマーズ、ヴィオラ参戦! <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220906_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージでは、昨季CLベスト4で一昨季のEL王者であるビジャレアル、ウェストハム、フィオレンティーナ、ニースといった5大リーグの実力派クラブが優勝候補となる。 セビージャとビジャレアルで通算4度ELを制し、昨季CLでもユベントス、バイエルンを連破してベスト4に導いた名将エメリ率いるイエローサブマリンは、昨季の戦力をほぼ維持。就任3年目の指揮官の戦術の浸透も進み、ラ・リーガでは開幕3勝1分けの無敗と最高の滑り出しを見せている。ハポエル・ベエルシェバ、オーストリア・ウィーン、レフ・ポズナンと同居するグループCでは実力差も大きく、リーグ戦により重きを置いたとしても首位通過の可能性は高いはずだ。 その本命に次ぐ2番手はイングランドの名門ウェストハム。昨季ELでベスト4のウェストハムは、今夏にFWスカマッカ、MFパケタ、DFケーラー、FWコルネ、DFエメルソン・パルミエリと積極補強を敢行。ここまでのリーグ戦では1勝1分け4敗と思わぬ苦戦を強いられたが、スカッドの質は今ラウンド出場チームで筆頭と言える。グループBではDFヴェルトンゲン、MFアマドゥ・ディアワラ、FWファビオ・シウバらを補強したベルギーの名門アンデルレヒトとの一騎打ちが予想される。 イタリアの名門フィオレンティーナは、イタリアーノ監督の下で魅力的なスタイルを志向する好チーム。今季のセリエA序盤戦では勝ち星にこそ恵まれていないものの、ナポリとユベントス相手に堂々たる戦いぶりでドローに持ち込むなど、開幕から好調を維持。DFミレンコビッチ、MFマンドラゴラ、MFバラク、FWヨビッチと各ポジションに能力の高いタレントを揃える。グループAではプレーオフ進出の可能性は高いが、豊富な資金力を武器に多くのタレントを揃えるイスタンブール・バシャクシェヒルとの首位通過を懸けた争いには注目が集まるところだ。 その他ではニース、ケルンにパルチザン・ベオグラードが同居したグループDの戦いに注目。とりわけ、ニースは今夏の移籍市場でMFラムジー、GKシュマイケル、FWペペ、MFバークリーらプレミアリーグで活躍したビッグネームを補強。新指揮官に就任したファブレ監督の采配を含め、前述の優勝候補に比肩しうる注目のチームだ。ヨーロッパの常連であるパルチザン、ブンデスリーガの古豪ケルンを相手に首位通過できれば、一躍優勝候補に躍り出ることになるはずだ。 ◆菅原が唯一の参戦 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220906_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 今シーズンのECLグループステージでは、昨季に続いて参戦となった菅原が唯一の日本人選手となる。 今年6月に左ヒザを手術した影響で開幕に出遅れた菅原だが、チームが慎重に起用法を模索する中、MF藤本寛也、MF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとのECL予選プレーオフで待望の実戦復帰。その復帰戦となった1stレグではチーム4点目を演出するアシストを記録。2ndレグは引き続き途中出場となったが、ここでも堅実なパフォーマンスを見せてグループステージ進出に貢献した。 今回のグループステージではアポロン・リマソル、ファドゥーツ、ドニプロ-1と同居するグループEに。今季のエールディビジで4勝1分けの無敗と好調を維持するAZの実力を考えれば、昨季に続いて首位通過の可能性は高いはずだ。 戦列復帰後はすべて途中出場で短いプレータイムにとどまる菅原は、引き続きクローザー役での起用が続くことが想定されるが、今グループステージを通じて徐々にプレータイムを増やしてチームの突破に貢献したいところだ。 ◆グループA イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ) フィオレンティーナ(イタリア) ハート・オブ・ミドロシアン(スコットランド) FK RFS(ラトビア) ◆グループB ウェストハム(イングランド) FCSB(ルーマニア) アンデルレヒト(ベルギー) シルケボー(デンマーク) ◆グループC ビジャレアル(スペイン) ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル) オーストリア・ウィーン(オーストリア) レフ・ポズナン(ポーランド) ◆グループD パルチザン・ベオグラード(セルビア) ケルン(ドイツ) ニース(フランス) スロヴァコ(チェコ) ◆グループE AZ(オランダ)/菅原由勢 アポロン・リマソル(キプロス) ファドゥーツ(リヒテンシュタイン) ドニプロ-1(ウクライナ) ◆グループF ヘント(ベルギー) モルデ(ノルウェー) シャムロック・ローバーズ(アイルランド) ユールゴーデン(スウェーデン) ◆グループG スラビア・プラハ(チェコ) クルージュ(ルーマニア) スィヴァススポル(トルコ) バルカニ(コソボ) ◆グループH バーゼル(スイス) スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア) ジャルギリス(リトアニア) ピュニク(アルメニア) 2022.09.08 18:00 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly