ボルシアMGがフィテッセ退団のDFバズール獲得か? 板倉滉とCBコンビ形成の可能性も

2022.06.20 13:52 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボルシアMGがフィテッセを退団するオランダ代表DFリシェドリー・バズール(25)の獲得レースをリードしているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。

PSVとアヤックスの下部組織で育ったバズールは、2014年にアヤックスのトップチームに昇格。その後、ヴォルフスブルクに完全移籍した後は思うように出場機会を得られず、ポルト、ユトレヒトへのレンタル移籍を経験。そして、2019年にはフィテッセに完全移籍していた。

キャリア初期は卓越したフィジカルに加え、ドリブルやパスセンスにも優れる万能型MFとして、元フランス代表MFパトリック・ヴィエラ、元オランダ代表MFフランク・ライカールトと比較されていたが、フィテッセ加入後はトーマス・レッチュ監督の助言によってセンターバックにコンバート。

すると、このコンバートが完璧に嵌ってエールディビジ屈指のセンターバックとしての評価を確立している。

『ビルト』が報じるところによれば、今シーズン限りでフィテッセとの契約が満了するバズールにはこれまでレバークーゼン、シュツットガルト、ボルシアMGの3クラブが関心を示してきたが、レバークーゼンはすでに撤退。ボルシアMGは交渉を完了させていないものの、獲得レースをリードしているという。

なお、ボルシアMGでは日本代表DF板倉滉の獲得が決定的となっており、ダニエル・ファルケ新監督の起用法次第だが、バズールが板倉と共にセンターバックでコンビを組む可能性もある。

関連ニュース
thumb

吉田、板倉がフル出場した日本人対決はシャルケの土壇場弾でドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第2節のシャルケvsボルシアMGが13日に行われ、2-2の引き分けに終わった。シャルケのDF吉田麻也、ボルシアMGのDF板倉滉はフル出場している。 今夏に移籍した板倉の古巣対決に注目が集まった昇格組のシャルケと、ボルシアMGの一戦。シャルケの吉田と、ボルシアMGの板倉は共にセンターバックで2戦連続の先発出場となった。 試合はホームチームが積極的な入りを見せる中、先にチャンスを作ったのはボルシアMG。22分、ベンセバイニのロングパスから相手DF裏に抜け出したテュラムがボックス左深くまで切り込みシュートを放ったが、これはゴール右に外れた。 膠着状態が続く中、シャルケが29分に先制する。自陣でのボール奪取からカウンターを仕掛けると、左サイドに張っていたモールとパス交換したサラサールがドリブルで中央を切り裂くと、ペナルティアーク手前から放ったミドルシュートがゴール左隅に吸い込まれた。 ハーフタイムにかけては、先制したシャルケが押し込む展開となったが、追加点は生まれず。1-0で前半を終えた。 迎えた後半は一進一退の展開が続く中、ボルシアMGは72分に試合を振り出しに戻す。ロングフィードをプレアが頭でつなぐと、バイタルエリア中央でボールを受けたテュラムがヒールパス。このボールに反応したホフマンがゴール前まで抜け出すと、冷静にゴールネットを揺らした。 さらにボルシアMGは78分、左CKをボックス内のベンセバイニが合わせると、相手DFに当たった浮き球に飛び出したGKが味方と重なりファンブル。このこぼれ球をテュラムが反転シュートをゴールに突き刺した。 このまま試合終了かと思われたが、シャルケは90分に右サイドでFKを獲得すると、クロスをニアでクリアしようとしたヘアマンの左手にボールが当たる。主審は一度プレーは流したが、VAR検証の結果、ヘアマンのハンドを認めてシャルケがPKを獲得。このPKをバルターが決め、土壇場で追いついた。 結局、試合はそのまま2-2でタイムアップ。日本代表センターバック対決は互いに譲らず痛み分けの結果となった。 2022.08.14 03:42 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第2節プレビュー】日本代表センターバック対決、吉田vs板倉

先週開幕したブンデスリーガ。11連覇を狙う王者バイエルンがヨーロッパリーグ王者フランクフルトを6発粉砕する最高のスタートを切った。そのバイエルンを追うライバル候補筆頭のドルトムントはレバークーゼンとの強豪対決をシャットアウトで制し、白星発進としている。日本選手勢ではMF堂安が開幕ゴールを挙げる活躍を見せた。迎える第2節、日本代表の主力センターバックであるシャルケのDF吉田とボルシアMGのDF板倉が激突する。 今季サンプドリアからシャルケに加入した吉田は開幕節ケルン戦で先発。ブンデスデビューを飾った。しかし幻となった先制ゴール取り消しの要因になり、2失点目では味方GKと被って失点に関与とほろ苦いデビューとなった。チームは10人となった中、ケルンに敗戦したが、シャルケで復活を期す吉田は代表の後輩である板倉の前で本来のパフォーマンスを見せられるか。 一方、ボルシアMGで1部デビューを飾った板倉。センターバックとしてプレーし、10人となったホッフェンハイム相手に安定したビルドアップを見せた。同点弾もアシストして勝利に貢献した中、代表でポジションを争う吉田キャプテンの前でアピールとなるか。また自身が昨季所属し、1部昇格に貢献したシャルケとの対戦という面でも注目だ。 フランクフルトを粉砕する貫禄を見せ付けたバイエルンはヴォルフスブルクとのホーム戦に臨む。FWレヴァンドフスキの抜けた穴がやや不安視された中での開幕だったが、新戦力のFWマネが既にフィットしており、破壊的な攻撃力は維持されている様子。ヴォルフスブルク戦でも攻撃陣が火を噴きそうだ。 そのバイエルンに大敗したフランクフルトは水曜に行われたレアル・マドリーとのスーパーカップでは0-2と敗戦。この試合で2シャドーの一角として先発した鎌田は前半序盤に大きなチャンスを迎えたが、GKクルトワの前にゴールを決めることはできなかった。ヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨む中、鎌田と長谷部は先発予想となっている。 金曜には堂安フライブルクとドルトムントが対戦する。フライブルクは開幕節、アウグスブルク相手に優勢に試合を進めた中、堂安にもゴールが生まれ4-0と快勝。好スタートを切った中、公式戦連発とした堂安が強豪ドルトムント相手に攻撃面で仕事ができるかに注目だ。 一方、DFジューレを負傷で欠いた中、レバークーゼンを無失点に抑えて白星スタートとしたドルトムント。新戦力FWアラーの長期離脱があった中、ケルンからFWモデストを緊急補強。34歳のベテランストライカーは早速先発予想だ。また、レバークーゼン戦で負傷交代したFWアデイェミが先発予想と一安心となっている。 MF原口のウニオン・ベルリンはベルリンとのダービーとなった開幕戦を3-1と快勝。原口も持ち前のハードワークで勝利に貢献した。そのウニオンはマインツとのアウェイ戦。原口も引き続きスタメン予想となっているが、献身的な動きを継続できるか。 開幕節のマインツ戦ではトップ下でスタメンとなったFW浅野。思うようなプレーができずチームも敗れてしまったが、ホッフェンハイムとのアウェイ戦でチャンスはあるか。ドイツ『キッカー』では先発予想となっている。 強豪ライプツィヒとの開幕節となったシュツットガルトはMF遠藤とDF伊藤が先発した中、1-1の引き分けに持ち込んだ。劣勢が続く試合となったが、そんな中で勝ち点1をもぎ取れたのはプラス。初勝利を懸けたブレーメンとのアウェイ戦で遠藤と伊藤は引き続き先発予想だ。 ◆ブンデスリーガ第2節 ▽8/12(金) 《27:30》 フライブルクvsドルトムント ▽8/13(土) 《22:30》 ヘルタ・ベルリンvsフランクフルト ホッフェンハイムvsボーフム ライプツィヒvsケルン レバークーゼンvsアウグスブルク ブレーメンvsシュツットガルト 《25:30》 シャルケvsボルシアMG ▽8/14(日) 《22:30》 マインツvsウニオン・ベルリン 《24:30》 バイエルンvsヴォルフスブルク 2022.08.12 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、ドイツ代表MFホフマンと契約延長

ボルシアMGは8日、ドイツ代表MFヨナス・ホフマン(30)と2025年まで契約を延長したことを発表した。新契約には1年の延長オプションも追加されている。 ホフマンは2016年1月にドルトムントから加入し、通算で公式戦182試合に出場。加入当時から主力としてプレーしていたが、ここ数シーズン特に存在感を放っており、2020-21シーズンはブンデスリーガで24試合6ゴール11アシスト、昨季は同じくブンデスリーガで26試合12ゴール5アシストを記録している。 今季も初戦となったDFBポカール1回戦のオーバーアーハーン戦で2ゴール1アシストと早速活躍。ブンデスリーガ開幕戦のホッフェンハイム戦でも、古巣相手にセットプレーキッカーとしてゴールに絡んだ。 また、ドイツ代表としても14キャップを数え、ユーロ2020のメンバーにも選ばれた。6月のネーションズリーグの4試合でも2ゴール1アシストを記録しており、クラブと代表で活躍している。 2022.08.08 22:02 Mon
twitterfacebook
thumb

ボルシアMGが10人のホッフェンハイムに逆転勝利!開幕先発の板倉は1Aを記録《ブンデスリーガ》

板倉滉に所属するボルシアMGは6日、ブンデスリーガ第1節でホッフェンハイムと対戦し3-1で勝利した。板倉はフル出場している。 昨季10位のボルシアMGがホームに昨季9位のホッフェンハイムを迎えた一戦。7月31日に行われたDFBポカール1回戦のオーバーアハーン(ドイツ4部)戦を9-1で圧勝したボルシアMGは、今夏にマンチェスター・シティから加入した日本代表DF板倉滉がセンターバックで先発出場している。 立ち上がりから丁寧にボールを繋ぎながら攻撃を組み立てるボルシアMG対し、ホッフェンハイムは積極的なプレッシャーからカウンターを狙う展開で推移する。 膠着状態が続く中、ホッフェンハイムは19分にベンセバイニに対してアフターチャージを見舞ったポッシュが2枚目の警告を受け、退場処分となった。 数的優位を得たボルシアMGだったが、25分に先制点を許す。右サイド高い位置でパスを受けたラターが縦への突破からボックス内へ侵入。折り返しは相手DFに弾かれるも、これを拾ったクラマリッチのラストパスから最後はスコフがゴールネットを揺らした。 先制を許したボルシアMGは32分、バイタルエリア中央右でボールを受けたプレアが反転から中に切り込み、コントロールショットを狙ったがシュートはわずかにゴール右に逸れた。 ハーフタイムにかけて攻勢を強めるボルシアMGは、42分にセットプレーから試合を振り出しに戻す。ホフマンの右CKをファーサイドの板倉が頭で折り返すと、ベンセバイニがオーバーヘッドシュートをゴール右に突き刺した。 迎えた後半、ボルシアMGは開始早々の49分にカウンターから決定機。持ち上がったホフマンのラストパスを受けたスカリーがボックス右からシュートを放ったが、これはクロスバーを直撃。 後半の主導権を握るボルシアMGは71分、ボックス左手前でボールを受けたプレアのラストパスでゴール前に抜け出したテュラムが冷静にゴールネットを揺らした。 勝ち越したボルシアMGは、78分にもショートコーナからバイタルエリア中央のプレアへボールを繋ぐと、プレアのループパスをゴールエリア右横で受けたエルベディが難なくシュートをゴールに沈めた。 攻撃の手を緩めないボルシアMGは89分、プレアのパスからDFの裏に抜け出したたテュラムが飛び出したGKをかわすも、守備に戻ったオザン・カバクにボールを突っつかれシュートは打てず。 結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。10人のホッフェンハイムに逆転勝利したボルシアMGが開幕白星スタートを飾った。 2022.08.07 00:31 Sun
twitterfacebook
thumb

ボルシアMG、主砲プレアが契約延長! 1年の延長OP含む2025年までの契約にサイン

ボルシアMGは5日、元フランス代表FWアラサン・プレア(29)との契約を2025年6月30日まで延長したことを発表した。また、この契約には1年の延長オプションが付随している。 リヨンの下部組織出身のプレアは、オセール、ニースを経て2018年にボルシアMGへ完全移籍で加入。加入以降は4シーズン中、3シーズンでリーグ戦2桁ゴールを達成するなど、公式戦143試合47ゴール30アシストという見事な数字を残してきた。 センターフォワードを主戦場に、左右のウイングでもプレー可能な万能型アタッカーは、個での打開力やストライカーらしい動き出しの良さ、シュート精度を武器にここ数シーズンのボルシアMGの攻撃をけん引している。 ここ数年、国内外のクラブから獲得オファーが舞い込み、今夏も古巣ニースやエバートン行きの可能性も伝えられたが、2023年に満了する現行契約を2年延長し、今後もドイツ屈指の名門でのキャリア継続を選択した。 2022.08.05 21:35 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly