ローマがトルコ代表DFチェリクの獲得に迫る、リールとの取引はまもなく成立へ

2022.06.20 13:22 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマがリールに所属するトルコ代表DFメーメト・ゼキ・チェリク(25)の獲得まであと一歩となっているようだ。イタリア『TuttomercatoWeb』が報じている。

チェリクは2018年7月に母国のイスタンブールスポルからリールへと加入した右サイドバック。これまで4年間在籍しているリールでは昨シーズンのリーグ・アン制覇に貢献するなど、不動の主力選手として公式戦通算143試合8得点14アシストを記録。また、トルコ代表としても通算32試合2得点を誇り、クラブと代表の両方で替えの効かない存在として活躍している。

リーグ・アン屈指の右サイドバックへと成長したチェリクに対しては、かねてよりローマの獲得が噂されてきたが、リール側との交渉はついに大詰めを迎えたようだ。『TuttomercatoWeb』によると、ローマはチェリクの移籍金として700万ユーロ(約9億9000万円)を支払う見込みとのこと。すでに選手本人とは年棒200万ユーロ(約2億8000万円)で合意しており、まもなく取引が成立するところまで漕ぎ着けたとみられている。

ローマはすでに元セルビア代表MFネマニャ・マティッチ(33)をマンチェスター・ユナイテッドからフリー移籍で獲得。ジョゼ・モウリーニョ監督のもと、クラブ史上初となる欧州でのタイトル獲得を果たした今シーズンの勢いそのままに、今夏の移籍市場でも好調なスタートを切れた様子だ。

関連ニュース
thumb

ザニオーロがローマ残留に前進? クラブと契約交渉再開で合意か

ローマがイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)との契約交渉を再開させるようだ。 2018年夏にローマ入りしてから、数度の大ケガに見舞われてきたザニオーロだが、昨シーズンは公式戦42試合の出場で8得点9アシストの成績で復活。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝では、チームを大会優勝に導くゴールを記録した。 一方で、2024年6月までの契約を巡る延長交渉は選手側の高額な年俸要求もあって難航。ザニオーロにはユベントスやトッテナムが獲得に動いており、一部報道ではユベントスと個人合意に至ったとも伝えられていた。 しかし、ローマが移籍金6000万ユーロ(約85億円)を要求したこともあり、クラブ間交渉は進まず。イタリア『カルチョメルカート』によると、その間にザニオーロの心境にも変化があり、今年9月の契約延長交渉再開でクラブと合意した模様だ。 ザニオーロの代理人は依然として年俸400万~450万ユーロ(約5億5000万~6億2000万円)を求めており、まだ条件面で交渉する必要はあるとのこと。加えて、トッテナムからの関心はいまだ続いているが、現時点でザニオーロ残留の可能性は高まっているようだ。 2022.08.19 10:33 Fri
twitterfacebook
thumb

ガラタサライが好条件オファーも、ベロッティの望みはあくまでローマ加入か

イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)は、ローマ加入を望み続けているようだ。 今夏、契約満了によってトリノを退団したベロッティ。国内外のさまざまなクラブから関心が示されていたが、ここに来てローマと年俸280万~300万ユーロ(約3億7500万〜4億円)の3年契約で基本合意に至ったと報じられていた。 一方で、ローマは昨夏獲得したウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)の売却交渉を優先。特に強く関心を示してきたボローニャと交渉を重ねてきたが、ここまで決定的な進展はなし。これにより、ベロッティも待ちぼうけの状態が続いている。 移籍市場に精通するアルフレド・ペドゥーラ氏によると、かねてより同選手に関心を寄せていたガラタサライが、こうした状況を見て再度接触を図ったようだ。ベロッティは一度ガラタサライからのオファーを断ったものの、トルコのクラブは条件を改善した年俸450万ユーロ(約6億1000万円)のオファーを提示したという。 それでも、ベロッティの希望はあくまでローマ行きであり、クラブからの正式オファーを待っている模様だ。ただし、セリエAはすでに開幕していることから、仮にショムロドフの売却が進まなかった場合、ローマがどのような決断を下すかが注目される。 2022.08.18 13:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがユナイテッドDFリンデロフに興味? モウリーニョ監督が望み買取OP付レンタルで検討か

センターバックの補強に動いているローマだが、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドから選手を引き抜くつもりがあるようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、モウリーニョ監督は、かつてユナイテッドで指導したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(28)に関心を寄せているとのことだ。 ユナイテッド時代に良い印象を持っているとのこと。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)であるチアゴ・ピント氏が、すでにリンデロフの代理人と連絡を取っているともされている。 ローマはリンデロフに対して1500万ユーロ(約20億6000万円)の買い取りオプションが付くレンタル移籍で獲得するつもりがあると言われている。 2017年7月にベンフィカからユナイテッド入りしたリンデロフ。これまで公式戦196試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 昨シーズンもプレミアリーグで28試合に出場するなど、チームを支えていたが、今シーズンはここまで出番なし。エリク・テン・ハグ監督の下では序列も下がり、2024年夏までの契約ということもあって今夏の退団の可能性がある選手だ。 2022.08.17 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、トヨタがトレーニングキットのメインスポンサーに

ローマは17日、トヨタがトレーニングキットのメインスポンサーとなったことを発表した。契約期間は2年間、オプションで3年目があるとのことだ。スポンサー料は1年で200万ユーロ(約2億7000万円)となっている。 今後はファーストチーム、女子チーム、ユースチームが着用するトレーニングキット全てにトヨタのスポンサー名が入ることになる。 そして昨季までローマのスポンサーだったヒュンダイに代わり、トヨタがクラブに車両を提供することも明かされている。 今夏、ジョゼ・モウリーニョ体制2季目で積極的な補強を行っているローマ。日本企業からのバックアップも手にし、更なるクラブ強化への足がかりとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ローマの胸スポンサーに「TOYOTA」の文字が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/Toyota?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Toyota</a> is officially the new Main Global Partner of <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> and will join the club on the pitch as the training kit sponsor and on the streets of Rome through environmentally-friendly, electrified mobility solutions. <br><br>Learn more: <a href="https://t.co/dGbDW5L1rx">https://t.co/dGbDW5L1rx</a> <a href="https://t.co/8jtso8SwKb">pic.twitter.com/8jtso8SwKb</a></p>&mdash; The Friedkin Group (@friedkingroup) <a href="https://twitter.com/friedkingroup/status/1559858867680460802?ref_src=twsrc%5Etfw">August 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィは今季もローマでプレー? モウリーニョ監督が残留を希望か

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(29)の残留を望んでいるようだ。 エル・シャーラウィは昨シーズン公式戦36試合に出場して、7ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の優勝に大きく貢献したが、セリエAでの先発はわずか8試合のみ。MFニコラ・ザレフスキやFWフェリックス・アフェナ=ギャンら若手の台頭もあり、絶対的な主軸への定着は叶わなかった。 加えて、クラブは今夏の移籍市場でFWアンドレア・ベロッティ獲得に着手。実現すればエル・シャーラウィの立場はますます危うくなることから、移籍の可能性が取り沙汰されている。 しかし、イタリア紙『Il Messaggero』によると、モウリーニョ監督は依然としてエル・シャーラウィを高く評価しており、残留を希望。クラブとエル・シャーラウィの契約は来夏までとなるが、たとえフリーでの退団となってもチームに残したい模様だ。 モウリーニョ監督はベロッティ獲得が実現してもエル・シャーラウィに出場機会を与える意向と報じられており、これを受けて選手側がどのような判断を下すかが注目される。 2022.08.17 16:51 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly