ウディネーゼの新鋭WBを巡って争奪戦! インテルがレースをリードか?

2022.06.15 07:30 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ウディネーゼのU-21イタリア代表DFデスティニー・ウドジェ(19)を巡って熾烈な争奪戦が起きているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。

ナイジェリアにルーツを持ちイタリアで生まれ育ったウドジェは、187cmの左サイドバック。エラス・ヴェローナでプロデビューを飾ると、昨夏に買い取り義務付きのレンタルでウディネーゼに新天地を求めた。

ウディネーゼでは加入1年目となった今シーズンに左ウイングバックを主戦場にリーグ戦35試合に出場し、5ゴール3アシストの鮮烈な活躍を見せた。
サイドプレーヤーとして恵まれた体躯に加え、スタミナ、スピード、パワーとフィジカル能力が非常に高く、攻守両面で強度を発揮できる万能型。とりわけ、積極果敢にスペースをアタックする推進力、一定水準以上の技術を持つ攻撃性能は、利き足は異なるものの、ドイツ代表DFロビン・ゴセンスやオランダ代表DFデンゼル・ダンフリースらを彷彿とさせる。

その逸材DFに関してはユベントス、トッテナム、インテルの3クラブが獲得に強い関心を示している模様。

ユベントスは以前から左サイドバックの補強を目指し、トッテナムはスペイン代表DFセルヒオ・レギロンの売却が濃厚と見られる中、ビジャレアルのエクアドル代表DFペルビス・エストゥピニャンらをすでにリストアップ。一方、インテルはクロアチア代表MFイバン・ペリシッチの後釜を探す。

そういった中、いずれもウディネーゼや選手の代理人サイドに接触を図っているようだ。

直近ではインテルが代理人のステファノ・アントネッリ氏と話し合いを実施。会談後に同氏は、「それはポジティブな最初の会談だった。我々は今後も常に最新情報を確認する。彼(ウドジェ)がインテルに行く可能性? それらは将来的に検討されるスピーチだ」と、好感触だったことを認めている。

なお、ウディネーゼは今夏のウドジェ売却に前向きではないものの、2000万ユーロ(約28億1000万円)程度のオファーが届いた場合、交渉の席に着く考えはあるようだ。

関連ニュース
thumb

レアル・マドリーがダンフリースに関心、インテルは今夏も選手売却で財源確保の動き

レアル・マドリーが、インテルのオランダ代表DFデンゼル・ダンフリース(26)に関心を寄せているようだ。スペイン『Fichajes』が伝えている。 ダンフリースは2021年夏にPSVからインテルへ移籍。加入1年目は当初こそ戦術への適応に苦しむも、徐々に右ウィングバックで定位置を掴み、セリエA33試合で5ゴール5アシストを記録した。 だが、財政難にあえぐクラブによって加入からわずか1年後に換金対象と位置づけられ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーへの移籍が噂に。昨夏はなんとかダンフリース本人も希望する残留に落ち着いた。 そして現在、マドリーはスペイン代表DFダニエル・カルバハル(31)の定位置を取って代われる人材を探しており、ダンフリースを4000万ユーロ(約56億8000万円)と評価しているという。 また、イタリア『トゥットスポルト』によると、インテルは引き続き財源の確保に取り組んでおり、今夏は選手の売却によって6000万ユーロ(約85億1000万円)の回収を目指しているとのことだ。 2023.02.07 14:40 Tue
twitterfacebook
thumb

デ・フライやはり退団へ? 30代迎え新たな挑戦を希望、近日中に最終会談か

インテルのオランダ代表DFステファン・デ・フライ(31)は、来季以降の去就が未だ不確定だ。 契約満了に伴う今夏のインテル退団が濃厚なデ・フライ。クラブ通算189試合に出場し、2020-21シーズンのスクデットなどのタイトル獲得に貢献してきたが、30代を迎え新たな挑戦として他国でのプレーを希望しているとされる。 イタリア『カルチョメルカート』によると、インテルはデ・フライとの契約延長を望み、2年延長+現在と同じ年俸というオファーを提示。対してデ・フライは金銭面を重視しておらず、プレミアリーグ行きを第一希望にしているという。 また、デ・フライの代理人は同選手がポジションを争うDFフランチェスコ・アチェルビの代理人も務める人物。ラツィオからローン加入中のアチェルビはデ・フライより重宝されており、インテルは完全移籍への移行を模索中。そのため、どちらか片方が残るのが現実的とも考えられている。 インテルは近日中にデ・フライ側との間で最終的な結論を出すとみられている。 2023.02.07 14:04 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル退団濃厚のインテル、フルアムのイングランド人DFに関心か

インテルがフルアムのイングランド人DFトシン・アダラバイヨ(25)の獲得を検討しているようだ。 2017年夏に加入して以降、守備の柱としてチームを支えてきたDFミラン・シュクリニアルの退団が濃厚視されるインテル。チームにはまだDFステファン・デ・フライやDFアレッサンドロ・バストーニらが在籍するが、クラブは競争力を維持するため後釜となるセンターバックの獲得を計画している。 イタリア『Tuttomercatoweb』によると、インテルはプレミアリーグでプレーするアダラバイヨを有力なターゲットとしてリストアップしているという。 セリエAではローマのDFクリス・スモーリングやミランのフィカヨ・トモリらイングランド人センターバックがクオリティを示しており、クラブはアダラバイヨもそれに続くと見込んでいるとのことだ。 マンチェスター・シティの下部組織出身であるアダラバイヨは、2020年10月に加入したフルアムで主軸に定着。今季はプレミアリーグで14試合に出場するが、直近2試合では先発から外れるなどやや出場機会は減少している。 フルアムとの契約が2024年夏までとなるアダラバイヨ。インテルの他にモナコ、マルセイユ、ユベントス、ナポリも関心を示しており、契約が残り1年となる今夏は争奪戦に発展する可能性もありそうだ。 2023.02.07 11:37 Tue
twitterfacebook
thumb

ミラン戦欠場のホアキン・コレアが半膜様筋損傷で次戦も欠場に

インテルは6日、アルゼンチン代表FWホアキン・コレアの負傷を報告した。 太もものケガで5日行われたミランとの“ミラノ・ダービー”を欠場したコレアは、6日にロッツァーノのヒューマニタス病院で検査を実施。その結果、右大腿部の半膜様筋の損傷が確認された。 なお、詳細な離脱期間は明かされていないが、クラブは来週にも再検査を受診することを明かしており、13日に行われるセリエA第22節のサンプドリア戦は欠場することが決定している。 2021年夏にインテルに加入したコレアだが、ロメル・ルカクやラウタロ・マルティネスの影に隠れ、なかなか結果が出せず。また、度重なる負傷でベストパフォーマンスも見せることができず、これまで公式戦61試合の出場で9ゴールにとどまっていた。 2023.02.07 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シュクリニアル移籍濃厚のインテル、アンデルレヒトの19歳ベルギー代表に注目か

インテルが、アンデルレヒトのベルギー代表DFゼノ・バデスト(19)に興味を持っているようだ。ベルギー『Het Nieuws Blad』が報じている。 スロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの後釜を探すインテル。同選手はパリ・サンジェルマンと仮契約を結んでいるとされ、今冬移籍の可能性も取り沙汰された。インテルがPSGのオファーを拒否したため、ひとまず今季は残留となったが、夏の移籍は確実視されている状況だ。 その代わりとして注目しているのが、カタール・ワールドカップにも参加した19歳。アンデルレヒトの下部組織出身のバデストは、公式戦8試合の出場だった昨季から、今季はリーグ戦全試合に出場と大きく飛躍。新加入で主将の大先輩ヤン・フェルトンゲンとセンターバックでコンビを組んでいる。 各世代のベルギー代表を経験し、昨年9月にはフル代表デビュー。着実にステップアップを続ける逸材はアンデルレヒトと2025年までの契約を結んでいるが、『Het Nieuws Blad』によれば評価額は800万ユーロ前後。来夏移籍の可能性は高い。 なお、インテルは他にもアタランタのトルコ代表DFメリフ・デミラルとの関連も伝えられている。 2023.02.06 14:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly