ECL制覇に感極まるモウリーニョ 「ファンがこの夜を永遠に覚えていてくれることを願う」

2022.05.26 08:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が就任1年目でのタイトル獲得に感極まった。イタリア『スカイ』が伝えている。

ローマは25日、アルバニアのアレーナ・コムバターレで行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝でフェイエノールトと対戦し、1-0で勝利した。この結果、1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、約60年ぶりとなるヨーロッパのタイトルを獲得した。

睨み合いが続いた前半半ば過ぎの32分にMFニコロ・ザニオーロのゴールで先制に成功したジャッロロッシは、1点リードで試合を折り返す。後半は立ち上がりから守勢を強いられたが、守護神ルイ・パトリシオの2度のスーパーセーブで難を逃れると、以降は攻勢を強めるフェイエノールトの攻撃をDFクリス・スモーリングを中心とする守備陣がソリッドな対応で封じ込め、モウリーニョ監督のチームらしいウノゼロでの勝利でECL初代王者に輝いた。
就任1年目でローマに2007–08シーズンのコッパ・イタリア以来のタイトルをもたらしたポルトガル人指揮官は、個人としてもチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に続く3つ目のUEFAコンペティション優勝を達成。通算5個目の欧州トロフィーをキャビネットに飾ることになった。

先日の決勝進出時にも感極まったモウリーニョ監督だったが、やはり優勝の喜びはそれ以上のものだったようだ。試合直後の『スカイ』のインタビューでは時おり、言葉を詰まらせながらローマでの偉業達成に喜びを露わにした。

「色々なことが頭の中を駆け巡っている。同時にたくさんのことがね」

「ローマに来てから11カ月。トリノ戦後のドレッシングルームでも話したが、我々はやるべきことをやり、ヨーロッパリーグへの出場権を獲得した。このシーズン中に素晴らしい仕事をした」

「そして、今夜は仕事ではなく、歴史を作るために臨んだ。我々は歴史を書かなければならなかった。そして、それを成し遂げた」

「カンファレンスリーグは、我々が最初から勝たなければならない類の大会だったが、ヨーロッパリーグのレスター・シティ、マルセイユなどのチームが参戦したことで、より強いコンペティションとなった。しかし、我々はこの大会に賭けていた。セリエAでさらに多くのポイントを獲得できたはずだったが、この大会には多くのものを注ぎ込んだ」

また、自身が初の欧州タイトルを獲得したポルトを除き、それ以外のタイトルはインテルとマンチェスター・ユナイテッドというメガクラブを率いた時代のものだった。それだけにモウリーニョ監督は長年タイトルから遠ざかっていたローマでの新たなトロフィー獲得により価値を見いだしている。

「私のキャリアの素晴らしいところは、マンチェスター・ユナイテッドでのヨーロッパリーグを除けば、ポルト、インテル、ローマでタイトルを獲得したことだ。それは非常に特別なことだ。誰もがそれを期待し、勝つために十分な投資をしたときに勝つことは大事だが、不滅の勝利とはまた別のもので、本当に特別な気分だ」

「もちろん、私自身もそうだが、何よりもローマのファンたちが今夜のことを祝い、楽しみ、この夜を永遠に覚えていてくれることを願う」

「もちろん、今はロマニスタの気分だが、それは私の仕事のやり方でもある。私はポルトのファンであり、インテルのファンであり、チェルシーのファンであり、レアル・マドリーに夢中であり、今はローマのファンだ。これらのクラブに属しているのは、幾つもの瞬間を一緒に過ごせたからだ」

「今夜は、以前働いていたすべてのクラブに敬意を表しながら、100%ロマニスタになるよ。このファンたちは本当に素晴らしいからね」

最後に、今シーズン終了後のニューカッスルやパリ・サンジェルマン行きも噂されるポルトガル人指揮官だが、来シーズン以降もローマに残ることを約束している。

「今、私はここにいる。たとえ噂が流れても、私はローマに残りたい。これは歴史であるため、素晴らしい人々であるオーナーが来シーズン何をしたいのかを理解する必要があるが、誠実な専門家と一緒に本当に強力なプロジェクトを構築することができるはずだ」

「もちろん、顔を合わせて来季のプランをじっくりと話し合う必要がある」

関連ニュース
thumb

コッパ・イタリア敗退のローマ…モウリーニョ監督は敗北認める「酷いプレーの代償を支払った」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、敗戦を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 ローマは1日に行われたコッパ・イタリア準々決勝でクレモネーゼと対戦。先週末のセリエAから多くの選手を入れ替えて臨んだ一戦は、試合を支配するもミスからPKを献上して28分に失点。後半にはオウンゴールで追加点を許すと、反撃は試合終了間際のFWアンドレア・ベロッティのゴールのみにとどまり、1-2で敗れた。 格下相手にまさかの黒星を喫して準々決勝敗退となったモウリーニョ監督は、試合後にチームへの不満を隠さず。敗北に値する内容だったとし、勝者のクレモネーゼを称えている。 「クレモネーゼにはおめでとうと言いたい。敵地でナポリ、ローマとのタフな2試合を制したのだ。この大会はクレモネーゼのように昨シーズンセリエAに所属していなかったり、下位に沈んだりしたチームに対して不利になる奇妙な大会だ。だからこそ、彼らが成し遂げたことはより印象的で、称賛に値する。準決勝進出は当然だろう」 「我々の前半はひどい出来で、その代償を支払うことになった。後半も個々にミスがあったと思う。その後は積極的なリアクションが見られたが、相手の体を張ったディフェンスに阻まれ、ゴール前での運もなかった。我々はもっと早い段階で簡単に得点できたはずだ」 「長年にわたって、私は敗戦後に泣かないこと、そしてその代わりに次の試合を楽しみにすることを学んできた。ローテーションを強いられると、チームは苦戦を強いられるものだ。ただ、今夜の試合に関しては、前半のプレーの代償を支払うべきであり敗北に値する」 また、モウリーニョ監督は週末の土曜日にリーグ戦が組まれたことへの不満にも言及。決して層が厚くないチームで、この日程に対処するのは難しいと嘆いた。 「なぜ今日プレーして、土曜日にまた試合があるのか、私には少し理解しがたい。日曜日にラグビーの試合が予定されており、ピッチが破壊されてしまうから月曜日はプレーできないようだ」 「我々のようなチームでは、いつも同じ話題になる。選手をローテーションさせず、負傷者が出てしまったら大変だ。だが、選手を交代させてチームがうまく機能しなければ、やはり問題ではある」 2023.02.02 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

クレモネーゼがナポリに続きローマ撃破でベスト4進出! トリノ撃破のフィオレンティーナと準決勝で激突《コッパ・イタリア》

コッパ・イタリア準々決勝、ローマvsクレモネーゼが1日にスタディオ・オリンピコで行われ、1-2で勝利したクレモネーゼが準決勝進出を決めた。 ラウンド16でセリエBのジェノアを破ったローマは、セリエA未勝利で最下位も、前ラウンドでナポリに大金星を挙げたクレモネーゼとベスト4進出を懸けて激突した。 直近のセリエAでナポリとのデルビー・デル・ソーレに惜敗したモウリーニョのチームは、新年初黒星からバウンスバックを図る一戦へ先発6人を変更。スモーリングやディバラ、エイブラハム、ザレフスキらが温存され、クンブラやベロッティ、タヒロビッチといった控え選手がスタメンに入った。 立ち上がりから主導権を握ったローマは、序盤の13分にクリスタンテの斜めのフィードに反応したタヒロビッチに決定機。ゴール左でボレーシュートを狙うが、これはややコースが甘くトップチーム初ゴールとはならず。 以降はチャンスこそないものの、危なげなくゲームをコントロールしていたホームチームだったが、痛恨のミスから先制を許す。26分、ハイラインの最後尾でボールのコントロールを誤ったクンブラがデサースにボールを奪われてそのままボックス内に持ち込まれる。GKルイ・パトリシオは我慢してボールへのアタックを試みたが、わずかに接触してしまいPK献上。これをデサースにゴール左上隅に突き刺された。 一発勝負のカップ戦では許されないイージーミスでビハインドを追ったチームは、すぐさま反撃に出ていく。しかし、主力と控え選手の呼吸がいまひとつ合わず、アタッキングサードに入る前の場面でのミスが続出。ハーフタイム直前には畳みかける攻めを仕掛けたが、前半の内に追いつくことはできなかった。 これを受け、モウリーニョ監督はハーフタイムに4枚替えを敢行。失点に絡んだクンブラや1枚カードをもらっていたマンチーニらを下げて、ディバラとザレフスキ、スモーリング、マティッチと主力を投入。この交代で[4-2-3-1]の攻撃的な布陣にシフトした。 だが、立ち上がりの49分には再びミスから失点を喫する。オケレケの抜け出しに対応したDFイバニェスが足を滑らせて突破を許すと、ボックス右でピッケルがグラウンダーで入れた際どいクロスに大外で対応したDFチェリクの足に当たったボールがゴールネットに吸い込まれた。 これで苦しくなったローマは57分にタヒロビッチを下げて切り札のエイブラハムを投入。早くも5枚のカードを使い切って前がかる。 ここから決死の猛攻を見せるホームチームはペッレグリーニの豪快なジャンピングボレーや、セットプレーで存在感放つスモーリングらのシュートでゴールに迫るが、相手GKの好守などに阻まれてゴールが遠い。 後半半ばから終盤にかけても相手の粘り強い守備を崩し切れないローマは、前半からの微妙な判定にフラストレーションを募らせるベンチのスタッフ陣が続けてカードをもらうなど、流れが悪い。 その後、試合終了間際の94分にはエイブラハムのお膳立てからベロッティの見事なシュートで1点を返したが、短い残り時間で同点に追いつくことはできず。 この結果、ナポリに続きローマ撃破のクレモネーゼがベスト4進出の快挙を達成。一方、ホームで屈辱敗戦のローマは公式戦連敗となった。 また、同日行われた準々決勝のフィオレンティーナvsトリノは、2-1で勝利したフィオレンティーナが準決勝進出を決めた。 前半から主導権を握ったホームチームは、ゴールレスで折り返した後半半ばの64分にセットプレーの二次攻撃からテルジッチの正確な左クロスをゴール前のヨビッチが頭で合わせて先制に成功。 その後、1点差が維持されたまま試合終盤に突入すると、相手守備の拙いロングボール処理からイコネが鋭い左足のシュートを突き刺し、追加点を奪取。その後、トリノがカラモーのゴールで一矢報いたが、フィオレンティーナがそのまま逃げ切った。 2023.02.02 07:38 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマと関係破綻のザニオーロが声明…「ローマファミリーの完全な自由裁量に身を委ねる」

今冬の去就問題でローマとの関係が完全に破綻したイタリア代表MFニコロ・ザニオーロ(23)が、望まぬ残留が確定してから初めて沈黙を破った。 2024年夏まで契約を残すものの、ゼネラルマネージャーを務めるチアゴ・ピント氏らとの関係悪化などの影響もあり、数カ月前からローマ退団希望をクラブサイドに突きつけていたザニオーロ。 これにより、今冬の移籍市場ではトッテナムやミラン、ボーンマスへの移籍の可能性が浮上。しかし、トッテナムの早期撤退に加え、個人間で合意に至っていた意中のミラン行きはクラブ間の交渉難航で破談に。 そういった中、クラブ間合意に至っていたボーンマスが唯一の選択肢となったが、複数回に渡る移籍拒否、ローマ入りした首脳陣との会食拒否など不誠実な対応でイングランドのクラブを怒らせると、移籍市場閉幕直前に翻意したものの、すでに相手側に獲得の意思はなくローマ残留が決定した。 一連の振る舞いによって怒り心頭に達するローマは、今夏はおろか契約が終了する2024年夏までの“飼い殺し”を検討しているとも言われ、クラブに忠誠心を求める熱狂的なロマニスタも自宅を突撃し、脅迫行為に及んだとの報道も出ている。 現在、トップチームから追放されているイタリア代表MFは、2日にトリゴリアのトレーニング施設に戻る予定。ただ、少なくとも今季終了までは個人でのトレーニングを強いられる上、トップチームとの接触を避ける目的でトレーニングも別の時間帯に設定されるという。 一連の振る舞いに至った経緯は不明も、四面楚歌の現状を自ら招いたザニオーロは、1日にイタリア『ANSA通信』で以下の声明を発表した。 「ここ数週間、僕について多くのことが言われ、書かれたが、多くは事実ではない」 「僕はローマに見知らぬ者として到着し、ローマとロマニスティは自分を彼らの一人として迎えてくれた。ケガという恐ろしく暗い瞬間に、彼らは僕に自信と勇気と愛情を与えてくれた」 「(ECL決勝開催地の)ティラナでは、そのゴールで、自分が受け取ったものすべてにお返しをしたと感じ、すべてのロマニスティに忘れられない喜びを与える手助けができたと感じている」 「23歳にして、多くの仲間がキャリア全体で経験できないような経験をしてきた。転んで、立ち上がって、また転んで、立ち上がって、勝つ」 「ここ数カ月は、自分のプロとしての将来がどうなるかを理解するのが難しいデリケートな時期を過ごしてきた。しかし、僕は常に最高のプロフェッショナリズムを持ってフィールドとトレーニングに自分自身を捧げてきた」 「ここ数日、初めて自分自身と家族のことが恐怖に晒されて、見捨てられたような気持ちにもなった。こんなことは初めてで、とても恐怖を感じた」 「未来は僕らの手の中にある。僕は自分の手を差し出して、ローマファミリーの完全な自由裁量に身を委ねるつもりだ」 2023.02.02 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ワイナルドゥムの戦列復帰迫る! 今週末エンポリ戦で復帰後初招集か?

ローマの元オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムが、今週末に行われるエンポリ戦で招集メンバー入りする可能性があるようだ。 昨夏の移籍市場でパリ・サンジェルマン(PSG)から買い取りオプション付きのレンタルで加入したワイナルドゥム。ジョゼ・モウリーニョ監督が獲得を望んだ中盤の目玉補強となったが、加入から間もない昨年8月21日のチームトレーニング中に右足脛骨の骨折という重傷を負った。 以降は長期間のリハビリが続いていた同選手は、昨年末にポルトガルで実施されたトレーニングキャンプで待望のチームトレーニングに復帰。激しいコンタクトや強度の高い一部メニューへの参加は見送られてきたが、メディカルスタッフからようやく完全なチームトレーニング参加が許可されたようだ。 そして、イタリア『Il Tempo』によると、ジョゼ・モウリーニョ監督は4日にホームで行われるセリエA第21節のエンポリ戦でワイナルドゥムを招集メンバーに加えることを検討しているという。 ただ、復帰に向けて慎重な姿勢を崩さないローマは、今後の2~3週間を通じて徐々にプレータイムを与えていき、段階的な戦列復帰を計画しているという。 2023.02.02 00:13 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ獲得! マドリ―ではモウの下でトップデビュー

ローマは31日、リーズ・ユナイテッドからスペイン代表DFディエゴ・ジョレンテ(29)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「14」に決定している。 なお、イギリス『スカイ・スポーツ』によると、買い取りオプションの金額は1800万ユーロ(約25億3000万円)になるという。 ローマへの加入が決定したジョレンテは、新天地での意気込みを語った。 「ローマに来る可能性が提示されたとき、二度考える必要はなかったよ。ここに来ることは、自分のキャリアにとって大きな前進であり、この機会を最大限に活用したいと思っている」 「ローマは美しく、信じられないほどの都市であり、フットボールをプレーするのにこれ以上の場所を見つけることはほとんど不可能だと思うよ」 「クラブは今シーズン、あらゆる面で素晴らしいことを達成するために戦っている。僕はそれに貢献する準備ができているよ」 レアル・マドリーのカンテラ出身のジョレンテは、現在ローマを指揮するジョゼ・モウリーニョ監督の下、2012-13シーズンにトップチームデビュー。以降はラージョ・バジェカーノ、マラガ、レアル・ソシエダを経て、2020年夏にリーズへ加入。マルセロ・ビエルサ前監督の下で主力に定着したが、今シーズンはジェシー・マーシュ監督の下で序列が低下しており、プレミアリーグでは8試合の出場にとどまっていた。 スペイン代表として10キャップを刻む186㎝のセンターバックは、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能な多才なプレースタイルの持ち主。 ローマではアルバニア代表DFマラシュ・クンブラと共に3バックの控えからのスタートとなるが、ほかのライバルにはないビルドアップ能力を武器にポジション奪取を目指す。また、チーム状況次第では選手層に問題を抱える右ウイングバックでの起用の可能性もありそうだ。 2023.02.01 03:33 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly