ECL制覇に感極まるモウリーニョ 「ファンがこの夜を永遠に覚えていてくれることを願う」

2022.05.26 08:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が就任1年目でのタイトル獲得に感極まった。イタリア『スカイ』が伝えている。

ローマは25日、アルバニアのアレーナ・コムバターレで行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝でフェイエノールトと対戦し、1-0で勝利した。この結果、1960–61シーズンのフェアーズカップ(ELの前身)以来、約60年ぶりとなるヨーロッパのタイトルを獲得した。

睨み合いが続いた前半半ば過ぎの32分にMFニコロ・ザニオーロのゴールで先制に成功したジャッロロッシは、1点リードで試合を折り返す。後半は立ち上がりから守勢を強いられたが、守護神ルイ・パトリシオの2度のスーパーセーブで難を逃れると、以降は攻勢を強めるフェイエノールトの攻撃をDFクリス・スモーリングを中心とする守備陣がソリッドな対応で封じ込め、モウリーニョ監督のチームらしいウノゼロでの勝利でECL初代王者に輝いた。

就任1年目でローマに2007–08シーズンのコッパ・イタリア以来のタイトルをもたらしたポルトガル人指揮官は、個人としてもチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に続く3つ目のUEFAコンペティション優勝を達成。通算5個目の欧州トロフィーをキャビネットに飾ることになった。

先日の決勝進出時にも感極まったモウリーニョ監督だったが、やはり優勝の喜びはそれ以上のものだったようだ。試合直後の『スカイ』のインタビューでは時おり、言葉を詰まらせながらローマでの偉業達成に喜びを露わにした。

「色々なことが頭の中を駆け巡っている。同時にたくさんのことがね」

「ローマに来てから11カ月。トリノ戦後のドレッシングルームでも話したが、我々はやるべきことをやり、ヨーロッパリーグへの出場権を獲得した。このシーズン中に素晴らしい仕事をした」

「そして、今夜は仕事ではなく、歴史を作るために臨んだ。我々は歴史を書かなければならなかった。そして、それを成し遂げた」

「カンファレンスリーグは、我々が最初から勝たなければならない類の大会だったが、ヨーロッパリーグのレスター・シティ、マルセイユなどのチームが参戦したことで、より強いコンペティションとなった。しかし、我々はこの大会に賭けていた。セリエAでさらに多くのポイントを獲得できたはずだったが、この大会には多くのものを注ぎ込んだ」

また、自身が初の欧州タイトルを獲得したポルトを除き、それ以外のタイトルはインテルとマンチェスター・ユナイテッドというメガクラブを率いた時代のものだった。それだけにモウリーニョ監督は長年タイトルから遠ざかっていたローマでの新たなトロフィー獲得により価値を見いだしている。

「私のキャリアの素晴らしいところは、マンチェスター・ユナイテッドでのヨーロッパリーグを除けば、ポルト、インテル、ローマでタイトルを獲得したことだ。それは非常に特別なことだ。誰もがそれを期待し、勝つために十分な投資をしたときに勝つことは大事だが、不滅の勝利とはまた別のもので、本当に特別な気分だ」

「もちろん、私自身もそうだが、何よりもローマのファンたちが今夜のことを祝い、楽しみ、この夜を永遠に覚えていてくれることを願う」

「もちろん、今はロマニスタの気分だが、それは私の仕事のやり方でもある。私はポルトのファンであり、インテルのファンであり、チェルシーのファンであり、レアル・マドリーに夢中であり、今はローマのファンだ。これらのクラブに属しているのは、幾つもの瞬間を一緒に過ごせたからだ」

「今夜は、以前働いていたすべてのクラブに敬意を表しながら、100%ロマニスタになるよ。このファンたちは本当に素晴らしいからね」

最後に、今シーズン終了後のニューカッスルやパリ・サンジェルマン行きも噂されるポルトガル人指揮官だが、来シーズン以降もローマに残ることを約束している。

「今、私はここにいる。たとえ噂が流れても、私はローマに残りたい。これは歴史であるため、素晴らしい人々であるオーナーが来シーズン何をしたいのかを理解する必要があるが、誠実な専門家と一緒に本当に強力なプロジェクトを構築することができるはずだ」

「もちろん、顔を合わせて来季のプランをじっくりと話し合う必要がある」

関連ニュース
thumb

ガラタサライが好条件オファーも、ベロッティの望みはあくまでローマ加入か

イタリア代表FWアンドレア・ベロッティ(28)は、ローマ加入を望み続けているようだ。 今夏、契約満了によってトリノを退団したベロッティ。国内外のさまざまなクラブから関心が示されていたが、ここに来てローマと年俸280万~300万ユーロ(約3億7500万〜4億円)の3年契約で基本合意に至ったと報じられていた。 一方で、ローマは昨夏獲得したウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフ(27)の売却交渉を優先。特に強く関心を示してきたボローニャと交渉を重ねてきたが、ここまで決定的な進展はなし。これにより、ベロッティも待ちぼうけの状態が続いている。 移籍市場に精通するアルフレド・ペドゥーラ氏によると、かねてより同選手に関心を寄せていたガラタサライが、こうした状況を見て再度接触を図ったようだ。ベロッティは一度ガラタサライからのオファーを断ったものの、トルコのクラブは条件を改善した年俸450万ユーロ(約6億1000万円)のオファーを提示したという。 それでも、ベロッティの希望はあくまでローマ行きであり、クラブからの正式オファーを待っている模様だ。ただし、セリエAはすでに開幕していることから、仮にショムロドフの売却が進まなかった場合、ローマがどのような決断を下すかが注目される。 2022.08.18 13:03 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがユナイテッドDFリンデロフに興味? モウリーニョ監督が望み買取OP付レンタルで検討か

センターバックの補強に動いているローマだが、ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣であるマンチェスター・ユナイテッドから選手を引き抜くつもりがあるようだ。 イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、モウリーニョ監督は、かつてユナイテッドで指導したスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ(28)に関心を寄せているとのことだ。 ユナイテッド時代に良い印象を持っているとのこと。ローマのスポーツ・ディレクター(SD)であるチアゴ・ピント氏が、すでにリンデロフの代理人と連絡を取っているともされている。 ローマはリンデロフに対して1500万ユーロ(約20億6000万円)の買い取りオプションが付くレンタル移籍で獲得するつもりがあると言われている。 2017年7月にベンフィカからユナイテッド入りしたリンデロフ。これまで公式戦196試合に出場し3ゴール7アシストを記録している。 昨シーズンもプレミアリーグで28試合に出場するなど、チームを支えていたが、今シーズンはここまで出番なし。エリク・テン・ハグ監督の下では序列も下がり、2024年夏までの契約ということもあって今夏の退団の可能性がある選手だ。 2022.08.17 22:57 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ、トヨタがトレーニングキットのメインスポンサーに

ローマは17日、トヨタがトレーニングキットのメインスポンサーとなったことを発表した。契約期間は2年間、オプションで3年目があるとのことだ。スポンサー料は1年で200万ユーロ(約2億7000万円)となっている。 今後はファーストチーム、女子チーム、ユースチームが着用するトレーニングキット全てにトヨタのスポンサー名が入ることになる。 そして昨季までローマのスポンサーだったヒュンダイに代わり、トヨタがクラブに車両を提供することも明かされている。 今夏、ジョゼ・モウリーニョ体制2季目で積極的な補強を行っているローマ。日本企業からのバックアップも手にし、更なるクラブ強化への足がかりとなりそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】ローマの胸スポンサーに「TOYOTA」の文字が</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/Toyota?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Toyota</a> is officially the new Main Global Partner of <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> and will join the club on the pitch as the training kit sponsor and on the streets of Rome through environmentally-friendly, electrified mobility solutions. <br><br>Learn more: <a href="https://t.co/dGbDW5L1rx">https://t.co/dGbDW5L1rx</a> <a href="https://t.co/8jtso8SwKb">pic.twitter.com/8jtso8SwKb</a></p>&mdash; The Friedkin Group (@friedkingroup) <a href="https://twitter.com/friedkingroup/status/1559858867680460802?ref_src=twsrc%5Etfw">August 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.17 22:40 Wed
twitterfacebook
thumb

エル・シャーラウィは今季もローマでプレー? モウリーニョ監督が残留を希望か

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が、イタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィ(29)の残留を望んでいるようだ。 エル・シャーラウィは昨シーズン公式戦36試合に出場して、7ゴール1アシストを記録。ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の優勝に大きく貢献したが、セリエAでの先発はわずか8試合のみ。MFニコラ・ザレフスキやFWフェリックス・アフェナ=ギャンら若手の台頭もあり、絶対的な主軸への定着は叶わなかった。 加えて、クラブは今夏の移籍市場でFWアンドレア・ベロッティ獲得に着手。実現すればエル・シャーラウィの立場はますます危うくなることから、移籍の可能性が取り沙汰されている。 しかし、イタリア紙『Il Messaggero』によると、モウリーニョ監督は依然としてエル・シャーラウィを高く評価しており、残留を希望。クラブとエル・シャーラウィの契約は来夏までとなるが、たとえフリーでの退団となってもチームに残したい模様だ。 モウリーニョ監督はベロッティ獲得が実現してもエル・シャーラウィに出場機会を与える意向と報じられており、これを受けて選手側がどのような判断を下すかが注目される。 2022.08.17 16:51 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマで構想外のクライファート、フルアムがさらに交渉進める

フルアムが元オランダ代表FWユスティン・クライファート(23)を巡り、ローマと交渉中のようだ。 オランダサッカー界のレジェンド、パトリック・クライファート氏の息子として知られるユスティン・クライファート。偉大な父と同じくアヤックスの下部組織出身だが、ローマではこれまで目立った活躍を見せられず。一昨季のRBライプツィヒに続くレンタルで昨季もニースで過ごした。 イギリス『デイリー・メール』によると、同選手を巡ってウェストハムも争奪戦に名乗りを上げるなか、現時点でリードするのは今月初旬にも交渉が取り沙汰されたフルアム。マルコ・シウバ監督が加入を望むなか、話し合いは完全移籍をテーマに進められ、フルアムが移籍金800万ポンド(約12億8000万円)を提示しているとのことだ。 交渉の進捗具合は明らかになっていないものの、ローマとしても売却は躊躇しない考え。すでにジョゼ・モウリーニョ監督から構想外とみなされており、プレシーズンキャンプでも除外されていたという。 なお、フルアムはかつてチェルシーなどで活躍し、先日にはコリンチャンスとの契約を解除した元ブラジル代表MFウィリアン(34)や、元ガンバ大阪で現ボルドー所属の韓国代表FWファン・ウィジョ(29)も獲得候補とみられている。 2022.08.16 18:32 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly