「泣けてくる」スタンドの妻も涙、PSG退団のディ・マリアへチームメイトがガード・オブ・オナー&交代時に全員と抱擁「感傷的になった」

2022.05.22 21:20 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)を去るアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリア(34)へ、花道が用意された。

20日に今シーズンをもって退団することが発表されていたディ・マリア。2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドから加入し、PSGでの7年間で18個のタイトルを獲得した。

21日に行われたリーグ・アン最終節、ホームでのメス戦にも先発出場。パルク・デ・プランスでのラストマッチでも1得点1アシストを記録し、PSGでの通算記録を公式戦295試合出場92ゴールとした。

クラブ最多となるアシスト数「112」を誇るアタッカーは、メス戦で75分に交代を告げられると、大声援を送るサポーターへ目に涙を浮かべながらも気丈に手を振り、左胸のエンブレムを叩いて応えた。

さらに、ピッチ上のチームメイトはガード・オブ・オナーでディ・マリアを送り出した。

キリアン・ムバッペネイマールリオネル・メッシら10人全員と抱擁を交わし、最後にアンデル・エレーラとも力強く抱き合ったディ・マリア。妻のホルヘリーナ・カルドーソさんの表情も印象的だが、この様子にはファンも感極まったようだ。「泣けてくる」、「感傷的になりました」、「最高のレフティです」、「積み上げてきたものを考えたらレジェンドだよ」などの声が多数寄せられている。

ディ・マリアの新天地候補にはユベントスが挙げられているが、明言はされていない。ただ、どのクラブへ行ったとしてもファンに愛されるのは間違いないだろう。

1 2

関連ニュース
thumb

PSGとの争奪戦も、ミランはレナト・サンチェス獲得を諦めず

ミランはポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得を諦めていないようだ。 昨シーズンに11年ぶりのスクデット獲得を果たし、今夏には王座防衛のため戦力強化を計画しているミラン。MFフランク・ケシエが退団した中盤には、昨季リールで公式戦31試合に出場して1ゴール5アシストの成績を残したレナト・サンチェスの獲得を目論んでいた。 しかし、選手との合意こそとりつけたものの、アメリカの民間投資会社『レッドバード』によるクラブ買収や、それに伴いテクニカル・ディレクターのパオロ・マルディーニ氏、スポーツ・ディレクターのフレデリック・マッサーラ氏の去就が不透明になったことで、リールとの移籍交渉は停滞。それでもなんとか総額1500万ユーロ(約21億4000万円)で合意にまで迫ったが、今度はパリ・サンジェルマン(PSG)に横やりを入れられる事態となった。 PSGはリールに対して3000万ユーロ(約41億5000万円)を提示したとも報じられ、ミランのレナト・サンチェス獲得は暗礁に乗り上げることに。一部報道では、交渉から撤退してサッスオーロのコートジボワール代表MFハメド・トラオレ(22)にターゲットを変更したとも伝えられた。 しかし、イタリア『スカイ・スポーツ』によると、1日にマルディーニ氏、マッサーラ氏との契約延長が発表されたミランは、まだレナト・サンチェスへの関心を継続させているようだ。現時点でPSGは獲得よりも人員整理を優先させており、リールとの交渉に進展がないことから、依然として獲得のチャンスは残されているという。 一方で、ミランはレナト・サンチェスに対して当初予定していた以上の金額を積むつもりはなし。PSGとの交渉が進まなかった場合に、リールが要求金額を下げてくれることを期待していると報じられるが、果たして。 2022.07.06 15:52 Wed
twitterfacebook
thumb

「またPSGファミリーの一員になる機会に感謝」…去るポチェッティーノが別れの言葉

パリ・サンジェルマン(PSG)を去るマウリシオ・ポチェッティーノ氏が別れの言葉を送った。 2021年1月からPSGの指揮を託されたポチェッティーノ氏。自身も現役時代のいち時期を過ごした古巣に監督として戻ってから、2年目の昨季は2季ぶりのリーグ・アン制覇に導いた。 ただ、PSGとしてもより力を入れるチャンピオンズリーグではベスト16敗退。ウルトラスからは解任を求める声が強く、チームも監督交代の動きが取り沙汰され、進退問題に発展した。 ポチェッティーノ氏は度々、続投意思を公にしたが、PSGと来季までの契約を巡る交渉を経て、5日に解任が決定。その後、PSGはクリストフ・ガルティエ氏の指揮官招へいを発表した。 志半ばの退任となるなか、ポチェッティーノ氏は自身のインスタグラムを更新。PSGの全関係者に向けて惜別のメッセージを綴っている。 「オーナー、役員、選手、スタッフ、そしてサポーター、PSGのみんなが成功を掴めるよう祈っている」 「ナセル(・アル・ケライフィ会長)へ。またPSGファミリーの一員になる機会をくれてありがとう」 「我々は素晴らしい瞬間と勝利を味わった。我々、コーチングスタッフはすべての経験から常に学び、将来に向けて進化していく」 「選手として、キャプテンとして、そして今や監督として、私や家族に大きな意味を持つクラブでリーグ王者になれたのは誇らしい」 「またいつか。マウリシオ」 2022.07.06 13:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ポグバどディ・マリア、今週中にユベントス移籍決定か

マンチェスター・ユナイテッドを退団したフランス代表MFポール・ポグバ(29)とパリ・サンジェルマンを退団したアルゼンチン代表FWアンヘル・ディ・マリア(34)が、9日までにユベントスへの加入が決まるようだ。『フットボール・イタリア』が報じている。 共にフリーでの加入となり、9日までにはトリノ入りするとのことだ。 2012年から2016年にかけてユベントスに在籍していたポグバは4度のセリエA優勝に貢献。ユナイテッドでは期待に応えきれなかった中、才能を開花させたユベントスで復活を期す。 一方のディ・マリアはバルセロナから関心があった中、ユベントス入りを決断した模様。セリエA初挑戦となる。 ユベントスは22日よりラスベガスでプレシーズンを開始する。 2022.07.05 23:30 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがガルティエ監督の就任を発表! 2週間後には来日

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、新指揮官にクリストフ・ガルティエ氏(55)を招へいしたことを発表した。 契約期間は2024年6月30日までの2年間となる。 現役時代にマルセイユやトゥールーズ、リールといった国内クラブで活躍したガルティエ氏は、幾つかのクラブでアシスタントコーチを歴任。2009年12月にサンテチェンヌで監督キャリアをスタートさせた。 サンテチェンヌでは8年の長期政権を築き、2012-13シーズンにはクープ・ドゥ・ラ・リーグのタイトルを獲得。2017年6月に退任した。 無所属となったガルティエ氏だったが、同年12月にリールの監督に就任。そのリールでは、2020-21シーズンにリーグ・アンを制するなど手腕を発揮。2021-22シーズンからニースの監督に就任していた。 ニースでは43試合を指揮し24勝7分け12敗。リーグ・アンでは5位フィニッシュを果たすなどした中、監督交代に踏み切ろうとしていたPSGが興味を持っており、1年でクラブと契約を解除していた。 マウリシオ・ポチェッティーノ監督との契約解除交渉に思わぬ時間を要したPSGだったが、5日に無事に交渉がまとまり契約を解除。そして、今回PSGの指揮官に就任することが正式に決まった。 PSGの監督に就任することが決まったガルティエ氏はクラブを通じてコメントしている。 「今日、私がPSGのコーチに就任したことは、大きな喜びと誇りだ。ナセル・アル・ケライフィ会長、ルイス・カンポス、そしてクラブ全体が私を信頼してくれたことに感謝する」 「私はこの桁外れのチームのリーダーとしての責任を知っている。確かに、ヨーロッパで最も競争力があり、壮観なチームの1つだ」 「私は全てのとても才能ある選手たち、私のミッションに同行するとても高いレベルのスタッフと一緒に仕事ができるのが楽しみだ」 「PSGが現在のフランスサッカー界、そして世界のサッカー界を代表する存在であることは誰もが知っていることだ」 「野心、厳しさ、そしてチームのポテンシャルを最大限に引き出すことが、私のやるべきこととなる」 「このチームの監督になり、すぐこの素晴らしいパルク・デ・プランスという、サッカーの情熱が息づくスタジアムのベンチに立てることを楽しみにしている」 PSGはこのあとプレシーズンがスタート。今月は来日して川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪との3試合を戦う。 2022.07.05 21:52 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGがポチェッティーノ監督解任を発表、ガルティエ氏の就任が目前か

パリ・サンジェルマン(PSG)は5日、アルゼンチン人指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ監督の解任を発表した。 サウサンプトンやトッテナムでの指揮を経て、2021年1月にトーマス・トゥヘル前監督の後任として就任したポチェッティーノ監督。今季はリールからリーグ・アンのタイトルを取り戻したものの、チャンピオンズリーグ(CL)では前年を下回るラウンド16でレアル・マドリー相手に敗退するなど、首脳陣らが望む結果を得られなかった。 同監督はフランス代表FWキリアン・ムバッペがクラブ残留を発表した前後からたびたび解任が報じられてきたが、自身や周囲のコーチングスタッフの違約金などを巡ってPSGとの交渉が長引いており、先日ようやく合意したと伝えられていた。 なお、PSGは2022-23シーズンから前ニース指揮官のクリストフ・ガルティエ氏を招へいすることが確実視されており、新監督就任のリリースも近日中に行われるはずだ。 2022.07.05 20:17 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly