8度の昇格を経験したウォーノック監督が引退を発表…41年間で1603試合を指揮「熱意がなくなったわけではない」

2022.04.09 22:49 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランドで数々のクラブを指揮していきたニール・ウォーノック氏(73)が、41年にわたる監督業からの引退を発表した。

ウォーノック氏は、現役時代はイングランドの下部リーグでプレー。引退後は指導者の道に進む。

ゲインズバラ・トリニティで監督のキャリアをスタート。その後は、ノッツ・カウンティやハダースフィールド・タウン、シェフィールド・ユナイテッド、クリスタル・パレス、QPR、リーズ・ユナイテッドカーディフ・シティ、ミドルズブラで指揮を執った。

ウォーノック氏は、監督キャリアで8度の昇格を経験。2006年には古巣でもあるシェフィールド・ユナイテッドをプレミアリーグに昇格させていた。

監督キャリア通算1603試合を指揮。最も長く指揮したのはシェフィールド・ユナイテッドで、1999年から2007年の8年間。388試合で165勝をあげた。

ウォーノック氏は、イギリス『スカイ・スポーツ』に対し、キャリアを休むことにしたと語っている。

「ちょうど良い時期だと思った。シーズンの終わりに近づいたことで、終わる前に仕事を得ることはあまりないだろう」

「私はよく走った。何年もやれていなかったことを楽しんでいるし、家族や犬と過ごす時間も多く、サイクリングも始めたんだ」

「熱意がなくなったと言っているわけではない。それを失ったわけではないが、健康面で苦労している友人を見ていると、家族にもう少し自分との時間を楽しんでもらいたいと思うようになった」

2011年にもQPRをプレミアリーグへ昇格させていたウォーノック氏。2018年にはカーディフも昇格させている。

しかし、長い監督キャリアでは悲しい出来事にも遭遇。カーディフを指揮していたときには、ナントから獲得したFWエミリアーノ・サラの到着を楽しみにしていたところ、移動中の小型飛行機が墜落し帰らぬ人に。「サッカー界で最悪の週だ」と当時はコメントしていた。


関連ニュース
thumb

ベンフィカがU-21日本代表GK小久保玲央ブライアンのライバル、U-21ポルトガル代表GKソアレスと2027年まで契約延長

ベンフィカは6日、U-21ポルトガル代表GKサムエル・ソアレス(20)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2027年までとなる。 ベンフィカのアカデミー出身で、クラブ一筋のソアレス。2021-22シーズンはUEFAユースリーグで優勝を果たしている。 U-21日本代表GK小久保玲央ブライアン(21)とBチームでポジションを争っていた中、今年7月にはファーストチームに正式に昇格。同世代として、小久保の前に立ちはだかる壁でもある。 まだファーストチームではデビューしておらず、現在もBチームでプレー。今季はリーガ・ポルトガル2(ポルトガル2部)で全7試合に出場している。 また世代別のポルトガル代表でプレーし、U-21ポルトガル代表でも3試合プレーしている。 2022.10.07 10:53 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャがサンパオリ氏を新監督に招へい!2016-17シーズン以来4季ぶりの復帰

セビージャは6日、ホルヘ・サンパオリ氏(62)を新監督に任命したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。 セビージャは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第3節のドルトムント戦後にフレン・ロペテギ監督(56)の解任を発表した。2019年6月に就任した同指揮官は、ここまで歴代5位となる通算170試合を指揮し、89勝45分け36敗という戦績を残した。 しかし、昨シーズン後半戦の低迷に加え、今シーズンここまでも公式戦10試合で1勝2分け7敗と深刻な不振が続いており、クラブは功労者の解任という苦渋の決断を下した。 そして、後任候補にはラファエル・ベニテスやハビ・グラシア、ホセ・ボルダラスらの名前が挙がっていたが、大方の報道通り2016-17シーズンにもセビージャで指揮官を務めたサンパオリ氏が就任。 これまでチリ代表やアルゼンチン代表、ブラジルの名門サントス、アトレチコ・ミネイロなどの監督を歴任したサンパオリ氏。直近では昨年2月からマルセイユを指揮していた。しかし、今夏に補強方針を巡って経営陣との不和が生まれると、その報道から程なくして電撃解任され、現在までフリーの状態となっていた。 2022.10.07 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

元チェルシーで日系フランス人のガエル・カクタが仏2部のアミアンに復帰

元チェルシーのDRコンゴ代表MFガエル・カクタ(31)が、アミアンに復帰することになった。5日に発表されている。 祖父が日本人の日系フランス人3世として知られるカクタ。RCランスの下部組織に在籍していた2007年夏にチェルシーに青田買いされ、一躍知名度を上げた。 その際の移籍に関してチェルシー側に違法行為があったとして、クラブには選手登録禁止処分、カクタ自身にも出場停止処分が科されるなど別の意味でも話題となった中、チェルシーではなかなか真価を発揮できず、レンタルで多くのクラブを転々とした。 2015年夏にはセビージャに完全移籍するも、半年後には中国の河北華夏に移籍。さらにはデポルティボやアミアンなど半年から1年単位でクラブを変えており、キャリアを通じて定着できたクラブはない。 ここ数年ではアミアンやRCランスといった母国クラブでプレーしていた中で、今季はRCランスでほぼ戦力外のような状況に。リーグ・アンでは2試合でわずか20分の出場時間しか貰えず、この度2年ぶりのアミアン復帰が決定した。 なお、今季のアミアンはリーグ・ドゥで2位に位置。首位のボルドーと勝ち点で並んでいる。 2022.10.06 14:25 Thu
twitterfacebook
thumb

セビージャがロペテギ監督を解任…EL制覇にシーズン最多勝ち点記録も昨季終盤から低迷

セビージャは5日、フレン・ロペテギ監督(56)の解任を発表した。 なお、複数スペインメディアによると、2016-17シーズンにクラブを率いていたホルヘ・サンパオリ氏(62)が新指揮官に就任する見込みだ。 これまでポルト、スペイン代表、レアル・マドリーの指揮官を歴任したロペテギ監督は2019年6月にセビージャの指揮官に就任。ここまで歴代5位となる通算170試合を指揮し、89勝45分け36敗という戦績を残した。この勝利数はホアキン・カパロス氏、ウナイ・エメリ氏に次ぐ歴代3位だ。 また、2019-20シーズンにはクラブに通算6度目のヨーロッパリーグ(EL)制覇をもたらし、2020-21シーズンのラ・リーガでの勝ち点77はプリメーラにおけるクラブ歴代最高の数字だった。 しかし、昨シーズン後半戦の低迷に加え、今シーズンここまでも公式戦10試合で1勝2分け7敗と深刻な不振が続いた中、クラブは功労者の解任という苦渋の決断を下すことになった。 それでも、クラブはロペテギ監督への敬意から6日に本拠地ラモン・サンチェス・ピスフアンの施設で公式な別れの場を提供することをオファー。同監督もクラブからの申し出を受け入れ、シーズン途中の解任にも関わらず、異例のお別れ会見を実施する予定だ。 なお、セビージャを離れるロペテギ監督だが、新天地は今月2日にブルーノ・ラージ監督を解任したウォルバーハンプトンとなる見込みだ。 すでにプレ合意が伝えられるバスク出身の指揮官は、2024年あるいは2025年までの複数年契約にサインする模様だ。 2022.10.06 07:20 Thu
twitterfacebook
thumb

ナポリの新守護神GKメレトが契約延長! 1年の延長OP含む2024年までの契約にサイン

ナポリは5日、イタリア代表GKアレックス・メレト(25)との契約延長を発表した。新契約は2024年6月30日までで、1年間の延長オプションが付随している。 2019年夏の加入以来、常にコロンビア代表GKダビド・オスピナと定位置を分け合ってきたメレト。昨季は大半の試合でオスピナにポジションを譲るも、そのオスピナがシーズン終了後に退団。クラブは今夏、パリ・サンジェルマン(PSG)からコスタリカ代表GKケイロル・ナバスの獲得を画策したが獲得交渉が失敗に終わっていた。 これにより正GKとして定位置を確保したメレトは、今季開幕からハイパフォーマンスを披露。セリエAでは8試合で3度のクリーンシートを達成し無敗でセリエA首位を走るナポリを支えている。 今夏には退団確実とも噂されたメレトだが、実力で首脳陣を納得させ、見事に契約延長を勝ち取った。 2022.10.06 06:45 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly