あと数cm…W杯南米予選で強烈キャノン砲に絶妙ロングループの超ゴラッソ…未遂

2022.03.25 21:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワールドカップ(W杯)出場がかかる一戦で両チームから素晴らしいシュートが見られたが、いずれもあとわずかでゴールとはならなかった。

カタール・ワールドカップ(W杯)南米予選第17節、ウルグアイ代表vsペルー代表が現地時間24日に行われた。

本大会ストレートインの4位につけるウルグアイは5位のペルーと対戦。勝ち点1差のライバルをホームに迎えた一戦は、42分にセットプレーからMFジョルジアン・デ・アラスカエタのゴールでウルグアイが先制に成功した。リードして折り返した後半にもセットプレーの二次攻撃からMFフェデリコ・バルベルデが意表を突いた一撃でゴールを脅かす。

右CKがファーへ流れるも、回収して敵陣中央でバルベルデが受ける。30mはあろうかというレンジだったが、ワントラップから思い切り右足を振り抜くと、強烈な無回転シュートが強襲。残念ながらクロスバーに嫌われ、ゴールとはならなかったが、凄まじい威力の一撃には会場からもどよめきがあがった。

終了間際にはペルーのDFミゲル・トラウコがGKの位置を見て左サイドからロングループを放つ。ゴールラインを割ったか否かいう、非常に際どいシュートとなったが、判定はノーゴール。こちらもゴラッソ未遂に終わっている。

試合はそのままタイムアップを迎え、デ・アラスカエタの1点を守り切ったウルグアイが1-0で勝利。他会場の結果と合わせ、最終節を残してウルグアイの4位以内が決定。4大会連続14回目のW杯出場を決めている。

1 2

関連ニュース
thumb

バルサのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホの手術が成功

バルセロナは28日、ウルグアイ代表DFロナルド・アラウホの手術が成功したことを発表した。 クラブの発表によると、アラウホは28日の朝に右太もも内転筋腱の剥離手術を受けたとのこと。フィンランドのトゥルクでで、クラブのメディカルサービスの監督の下、ラッセ・レンパイネン医師によって行われた。 アラウホは、ウルグアイの23日に行われたイラン代表戦に先発出場も5分で負傷交代。そのままクラブに帰還していた。 全治については明確にされていないものの、これによりカタール・ワールドカップ(W杯)の出場は限りなく不可能となった。 今シーズンは公式戦で7試合に出場し、チームの主力としてプレーしていた。 2022.09.28 18:54 Wed
twitterfacebook
thumb

アラウホが手術を決断、2カ月半の離脱でカタールW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホが手術を決断したようだ。スペイン『アス』が報じている。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表していた。 保存療法での復帰の選択肢もあったが、再発のリスクが高いため手術を受けての完全復帰を目指すことにしたようだ。 『アス』によれば復帰までには2カ月半かかるため、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わないことになった。 2022.09.27 00:30 Tue
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のバルサDFアラウホ、FIFAが毎日285万円支払いへ

ウルグアイ代表の活動で重傷を負ったバルセロナのDFロナルド・アラウホだが、これにより国際サッカー連盟(FIFA)が補償金を支払うことになるようだ。スペン『アス』が伝えた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代となっていた。 バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いとされている。 ただ、代表戦で負傷したこともあり、欠場が28日以上続く場合は、FIFAが1日あたり2万458万ユーロ(約285万円)を支払うことが保証されている。 この金額は選手の固定給を考慮して算出されており、1年間もらい続ければ750万ユーロ(約10億4400万円)に達することに。年間では約8000万ユーロ(約111億3700万円)が割り当てられているという。 2022.09.26 22:12 Mon
twitterfacebook
thumb

ウルグアイ代表のホーム新ユニフォームは超シンプル! アウェイは新鮮かつ大胆不敵のコンセプトも“コピペ”と揶揄

ウルグアイ代表の新ユニフォームがお披露目となった。 4大会連続14度目のワールドカップ(W杯)出場となるウルグアイ。過去2度の優勝を誇る古豪のホーム用新ユニフォームはいたってシンプルだ。空色を基調にし、ワンボタンの襟と袖を白で縁取り。左胸に協会のエンブレム、右胸にプーマのロゴをゴールドであしらった。 サプライヤーのプーマには、1924年以来世界の舞台で勝利を収めてきたチームの歴史にインスパイアされた、黄金世代を称えたレトロなジャージ、と紹介している。 また、アウェイキットは、中央寄せの最上段にプーマのロゴ。その下に協会のエンブレムを配置し、国に沿ったカラーで囲いを作った中にナンバーを記載という、プーマ一定のテンプレートの沿ったものに。 最も光り輝くのはウルグアイサッカー協会(AUF)のエンブレムを台座にしたプーマのロゴ。空色のフレーム部分に国旗と国名が施され、襟の背面には愛称の「LA CELESTE」の文字が入る。 プーマによれば、協会のエンブレムと国旗に目を向け、代表チームのアイデンティティを新鮮かつ大胆不敵に表現したとのこと。 ただ、「アルゼンチンの国道番号の交通標識を暗示しているのでしょうか??……」、「わざとひどい製品を作っている世界で唯一のブランド」、「デザイナーはすべてのシャツで Ctrl C + Ctrl V(コピペのコマンド)を実行しました」など、評価は芳しくないようだ。 ウルグアイはW杯でグループHに入り、韓国代表、ポルトガル代表、ガーナ代表と同居する。 <span class="paragraph-title">【写真】シンプル過ぎて賛否?ウルグアイ代表の新ホームユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">La Celeste shine on <br><br>The 2022 <a href="https://twitter.com/AUFOficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@AUFOficial</a> Home kit, available on <a href="https://t.co/6Q5vmemNDD">https://t.co/6Q5vmemNDD</a>. <a href="https://t.co/ooeqKyYsHy">pic.twitter.com/ooeqKyYsHy</a></p>&mdash; PUMA Football (@pumafootball) <a href="https://twitter.com/pumafootball/status/1531556711026331648?ref_src=twsrc%5Etfw">May 31, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】コピペと揶揄されたウルグアイ代表の新アウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">La Celeste in a fresh take<br><br>The 2022 <a href="https://twitter.com/AUFOficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@AUFOficial</a> Away kit, out now. <a href="https://t.co/eAAeaydz2w">pic.twitter.com/eAAeaydz2w</a></p>&mdash; PUMA Football (@pumafootball) <a href="https://twitter.com/pumafootball/status/1564150601205923840?ref_src=twsrc%5Etfw">August 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.25 21:50 Sun
twitterfacebook
thumb

代表戦で負傷のアラウホ、手術の場合はW杯欠場へ

バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホにワールドカップ出場逸の危機が迫っているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が報じた。 アラウホは23日に行われたイラン代表との国際親善試合で先発。しかしキックオフから数十秒で右足内転筋を痛めてしまい、無念の交代に。バルセロナはアラウホの負傷について右大腿部の内転筋腱の剥離と発表。全治は明かしていないが、『ムンド・デポルティボ』によれば手術を行った場合、11月20日に開幕するカタールW杯に間に合わない可能性が高いと主張している。 手術をせず保存療法での治療を選択した場合、復帰は早まるもののFWアンス・ファティのように再離脱を繰り返す可能性があり、難しい判断を迫られると記事は結んでいる。 2022.09.25 01:00 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly