なでしこMF杉田妃和、アメリカ・ポートランドへの移籍が決定「新しい場所で挑戦したい」

2022.01.27 14:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポートランド・ソーンズFCは27日、INAC神戸レオネッサのなでしこジャパンMF杉田妃和(24)を完全移籍で獲得したと発表した。

契約期間は3年間。ビザと国際移籍証明書の取得後、正式契約となる。

杉田は藤枝順心高校から2015年にINAC神戸レオネッサ入り。ボランチや攻撃的MFとしてなでしこリーグでは93試合に出場し、16得点。今季は最前線でも起用されるなど、WEリーグでは9試合1得点という記録を残している。

高校1年時からU-17女子日本代表に招集され、2012年のアゼルバイジャンU-17女子ワールドカップ(W杯)に出場。2014年のコスタリカU-17女子W杯では高倉麻子監督率いるチームでキャプテンを務め、日本を優勝に導くとともに、大会MVPにも選出された。2016年のパプアニューギニア・U-20W杯にも参加し3位。杉田自身はこの大会でもMVPを獲得している。

2018年8月にフル代表デビューを果たし、2019年フランス・女子W杯や2021年の東京オリンピックにも出場。代表では通算27試合に出場し、2得点を挙げている。なお、現在行われている女子アジアカップのメンバーには招集されていない。

アメリカ・NWSLに属するポートランド・ソーンズは、2021年はレギュラーシーズンで1位(プレーオフでは準決勝敗退)、カップ戦でも優勝を達成。メンバーにはカナダ女子代表クリスティン・シンクレアらを擁している。

杉田は両クラブを通じてコメント。これまでとは異なる角度でサッカーを楽しみ追及したいとの思いから、移籍を決断したと語っている。

◆ポートランド・ソーンズFC
「ポートランドの皆さんこんにちは、妃和です。日本のINAC神戸から来ました。加入できてわくわくしています。近いうちにお会いできるのを楽しみにしています」

◆INAC神戸レオネッサ
「シーズンの途中ではありますが、移籍することを決めました」

「この6年間は試合に出ることの難しさからはじまり、年を重ねるごとに色々な課題に取り組むことでサッカーをする自分と向き合うことができました。その中で私が感じたことはサッカーの楽しさを違う角度で追求したいという強い思いでした。プレーすることは常に楽しいですが、勝つこと、戦うこと、真剣になれること、そういった思いを新しい場所で挑戦したいと思い決断しました」

「私の思いを尊重してくださったクラブ関係者の皆様には心から感謝しています。いまの私があるのは、INAC神戸で成長させてもらったからにほかなりません。素晴らしい環境でサッカーができたこと、どんなときでも温かく応援してくださったファン・サポーターの皆様のおかげです。本当にありがとうございました」

「日頃より応援してくださっている方々には急な報告となってしまいましたが、これからもINAC神戸の応援をよろしくお願いします。それでは、いってきます!!」



1 2

関連ニュース
thumb

南野拓実がFAカップのベストイレブンに選出! 4試合3ゴールでチームの決勝進出に貢献

リバプールの日本代表MF南野拓実が、2021-22シーズンのFAカップのベストイレブンに選出された。 なかなかレギュラーポジションを掴めずにいる南野。今シーズンもプレミアリーグでは11試合の出場に終わり、3ゴールを記録するにとどまっていた。 しかしながら、EFLカップ(カラバオカップ)では5試合に出場し4ゴール1アシスト、FAカップでは4試合で3ゴールを記録。チームの決勝進出に大きく貢献すると、どちらも出番はなかったが見事2冠を達成していた。 大事な試合には起用されないという苦しい立場にあることは変わらない一方で、ユルゲン・クロップ監督をはじめ、選手たちも南野の貢献には大きな賛辞を送っていた。 その南野だが、しっかりと評価されることに。ファン投票によるベストイレブンで、見事3トップの一角に入った。 システムは[4-3-3]。GKはケンブリッジ・ユナイテッド(イングランド3部)のディミタール・ミトフ。チームを4回戦まで導いていた。 最終ラインは、左からコンスタンティノス・ツィミカス(リバプール)、チアゴ・シウバ(チェルシー)、イブラヒマ・コナテ(リバプール)、トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)が並んだ。 また中盤はアンカーにファビーニョ(リバプール)、右にメイソン・マウント(チェルシー)、左にカラム・ラング(ウィガン)が入った。 そして3トップは右に南野が入り、左はルイス・ディアス(リバプール)、トップはアダム・ボイズ(マースク・ユナイテッド)が選出されていた。 <span class="paragraph-title">【写真】FAカップベストイレブンのフォーメーション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Introducing your 2021-22 <a href="https://twitter.com/hashtag/EmiratesFACup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EmiratesFACup</a> Team of the Season, as voted for by you, the fans! <a href="https://t.co/ZcixdKW5O2">pic.twitter.com/ZcixdKW5O2</a></p>&mdash; Emirates FA Cup (@EmiratesFACup) <a href="https://twitter.com/EmiratesFACup/status/1528828114851069952?ref_src=twsrc%5Etfw">May 23, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 16:37 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人選手がポーランド女子リーグで初のタイトル! 来季UWCL出場権も獲得

ポーランド女子リーグで日本人選手が歴史を作った。 ポーランド女子サッカー1部・エクストラリガに所属するTMS SMSウッチは22日、AZS UJクラクフとアウェイで対戦し、2-1で勝利を収めた。 残り1試合を残して2位のグルニク・ウェンチナと勝ち点「3」差の首位に立ったSMSウッチは、直接対決での結果で上回っているため、優勝が決定。昨季2位からリベンジを果たし、悲願のクラブ初となるリーグタイトルを獲得した。 同時に、来季のUEFA女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド1への出場権も獲得している。 SMSウッチには日本人の圓乘由理奈(えんじょうゆりな)が所属。圓乘はこの試合でもフル出場を果たしていた。 FW登録されていた大阪国際大学から2018年にSMSウッチへ加入し、エクストラリガでは初の日本人選手としてプレーをしている圓乘。今回の栄冠で、同リーグにおいてタイトルを獲得した初の日本人選手となった。 圓乘は自身のSNSで喜びのコメントを伝えている。 「2021-22シーズン残り1試合残して今日2-1で勝ち、優勝を決めました!ポーランドで優勝した日本人は初らしいです。最高の誕生日です!」 <span class="paragraph-title">【写真】タイトル獲得の喜びを口にする圓乘</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pl" dir="ltr">Piłkarki TME SMS Łódź mistrzem Polski. Dziewczyny, jesteście wielkie, jesteście dumną naszego miasta. Gratuluję Wam z całego serca! Andrzej Kuczyński <a href="https://t.co/MkvASJvKlg">pic.twitter.com/MkvASJvKlg</a></p>&mdash; Hanna Zdanowska (@HannaZdanowska) <a href="https://twitter.com/HannaZdanowska/status/1528323227025657856?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">2021-22シーズン残り1試合残して今日2-1で勝ち、優勝を決めました!ポーランドで優勝した日本人は初らしいです<br>最高の誕生日です <a href="https://t.co/bnjLUO7cX9">pic.twitter.com/bnjLUO7cX9</a></p>&mdash; Yurina Enjo (@yrnaa14) <a href="https://twitter.com/yrnaa14/status/1528347786726543361?ref_src=twsrc%5Etfw">May 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 14:35 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティック旗手怜央が久々に等々力へ! 25日湘南戦来場でサポーターに挨拶も

川崎フロンターレが24日、クラブ公式ツイッターでセルティックでプレーする日本代表MF旗手怜央の試合来場を発表した。 来場する試合は25日にホームで予定する明治安田生命J1リーグ第15節の湘南ベルマーレ戦。18時40分頃にスタジアム場内のバックスタンド側にて、サポーターに挨拶を行うという。 旗手は2020年に順天堂大学から川崎Fに入団。公式戦通算77試合出場で12得点10アシストの数字を収め、ルーキーイヤーからのJ1連覇や天皇杯優勝にも尽力した。 そして、今年1月からはセルティックに移籍。シーズン途中の加入だったが、公式戦21試合の出場で4得点3アシストと活躍してチームのスコティッシュ・プレミアシップ優勝に貢献した。 2022.05.24 13:35 Tue
twitterfacebook
thumb

日本人の躍動で成功したセルティック、今夏に獲得を目指すJリーガー5名! 補強ポイントは左SBと中盤か

欧州サッカーも続々とリーグ戦が終了。各リーグでの優勝クラブが決まり、選手たちもオフに入っている。 残す大きな試合は25日に行われるヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のローマvsフェイエノールト、そして28日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝のリバプールvsレアル・マドリーの2試合となった。 そんな中、日本でも話題を呼んだのがスコティッシュ・プレミアシップのセルティックだ。 今シーズンから横浜F・マリノスを率いて明治安田生命J1リーグの優勝も経験していたアンジェ・ポステコグルー監督が就任し、日本代表FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸)が躍動。また、今年1月には日本代表FW前田大然(横浜FM)、MF旗手怜央(川崎フロンターレ)、MF井手口陽介(ガンバ大阪)と日本人が合計4名も在籍。それぞれが活躍し、52度目のリーグ制覇を達成していた。 スコットランドでも話題を呼んでいるセルティックだが、イギリス『デイリー・レコード』はこの成功を経て、再び日本人を獲得する動きを見せると報道。その候補選手を5名挙げている。 ◆屈指のチャンスメーカー MF森島司 所属:サンフレッチェ広島 生年月日:1997年4月25日(25) 今季Jリーグ成績:13試合4ゴール1アシスト 2016年2月に四日市中央工業高校から広島に入団した森島。プロ7年目を迎え、ここまで公式戦151試合に出場し16ゴール24アシストを記録している。 広島では10番を背負い、主にシャドーの位置でチャンスメイクを行う森島。世代別の日本代表も経験する中で、そのクリエイティブ能力は大きな評価を得ている。 日本代表としても2キャップを記録。持ち味である正確なキックではセットプレーも任されており、今シーズンはキャリアハイの数字を残す期待もかけられている。 <span class="paragraph-title">◆中盤を支えるコンダクター</span> <span data-other-div="page1"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">Getty Images<hr></div> MF伊藤敦樹 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年8月11日(23) 今季Jリーグ成績:11試合出場 浦和レッズの下部組織で育った伊藤は流通経済大学を経て2021年2月に古巣である浦和へと復帰した。 浦和ではリカルド・ロドリゲス監督の下、ボランチのレギュラーとしてプロ1年目からプレーするとリーグ戦36試合に出場し1ゴール1アシストを記録。今シーズンもリーグ戦で11試合、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では4試合に出場し1アシストを記録していた。 セルティックはオーストラリア代表MFトーマス・ロギッチ(29)、イスラエル代表MFニル・ビトン(30)が退団。中盤の選手が手薄となっており、チームとしては補強ポイントとなっている。 創造性という点では足りない部分はあるものの、ゲームメイクという点、ポジショニングという点では長けているものもあり、年齢を考えても貴重な戦力になると見られている。 <span class="paragraph-title">◆超ユーティリティプレーヤー</span> <span data-other-div="page2"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> MF明本考浩 所属:浦和レッズ 生年月日:1998年1月31日(24) 今季Jリーグ成績:13試合2アシスト セルティックの補強ポイントでもある左サイドバック。ポステコグルー監督は常にそのポイントを挙げてきていた。 冬には旗手を獲得したが、インサイドハーフでの起用となり、左サイドバックでプレーすることはない。そんな中で旗手同様にユーティリティ性に長けているのが明本だ。 栃木SCから2021年1月に浦和に加入した明本は、サイドバック、サイドハーフ、さらにはトップやシャドーでもプレーしている。 超ユーティリティな明本だが、セルティックとしては左サイドバックのバックアップとしても考えられる点で興味を持っているようだ。 また、豊富な運動量と攻撃性能の高さはポステコグルー監督のスタイルにもあっており、補強のポイントに合致している。 <span class="paragraph-title">◆システムに縛られない左サイドバック</span> <span data-other-div="page3"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF黒川圭介 所属:ガンバ大阪 生年月日:1997年4月13日(25) 今季Jリーグ成績:13試合1ゴール 左サイドバックの候補として上がるのはG大阪の黒川だ。2020年2月に関西大学から入団し、ここまで公式戦53試合に出場し1ゴール2アシストを記録している。 右でもプレーできる黒川だが、左サイドバックだけでなく、ウイングバックでもプレー。4バック、3バックとシステムを選ばないプレースタイルは注目を集めている。 まだまだ発展途上の選手ではあるが、両サイドができることも魅力の1つ。原石ではあるが、ポステコグルー監督が磨き上げる可能性もある。 <span class="paragraph-title">◆日本代表クラスの左サイドバック</span> <span data-other-div="page4"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2022/celtic20220524_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:small;" id="cws_ad" class="desc">©J.LEAGUE<hr></div> DF小川諒也 所属:FC東京 生年月日:1996年11月24日(25) 今季Jリーグ成績:11試合出場 2015年2月に流通経済大学柏高校からFC東京に入団した小川。攻撃力を持つ左サイドバックとして大きな期待が寄せられていた。 ここまで公式戦で170試合に出場し4ゴール14アシストを記録。左足のキックは精度が高く、セットプレーのキッカーも務めている。 日本代表にも選ばれている小川は、中盤や左サイドバック、センターバックでもプレーが可能。182cmの上背があるが、サイドバックとして考えられていると見られている。 2022.05.24 12:48 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘンク伊東純也の“連続ワンツー弾”がリーグ最優秀ゴールに選出!本人も「ヘンクでのベストゴール」と語った鮮烈弾

ジュピラー・プロ・リーグは24日、2021-22シーズンの最優秀ゴールにヘンクの日本代表MF伊東純也のゴールを選出した。 伊東は今シーズンのリーグ戦でプレーオフを含めて39試合に出場し8ゴール18アシストを記録。アシスト王のタイトルを獲得し、年間最優秀選手の候補にもノミネートされていた。 また、同時に最優秀ゴールにもノミネートされていたが、見事に受賞することとなった。 今回受賞した伊東のゴールは、2021年8月14日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第4節のOHルーヴェン戦での今シーズン初ゴール。2-0で迎えた77分に、味方との連続したワンツーでバイタルエリア中央を崩しにかかり、右サイドから中に絞っていった伊東は、テオ・ボンゴンダがヒールで落としたボールを左足でダイレクトシュート。これがゴール左に決まっていた。 見事な連携からの流れるようなゴールには、伊東本人も「恐らく僕にとってヘンクでのベストゴールです」と語っていたが、リーグにもしっかりと認められた形となった。 なお、ジュピラー・プロ・リーグは年間最優秀選手も発表。こちらは得点王にも輝いた日本代表MF三笘薫の同僚であるロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズのFWデニス・ウンダブが選出されている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也のシーズン最優秀ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="nl" dir="ltr">TIKI-TAKA | Voetballes van KRC Genk. <a href="https://twitter.com/hashtag/GNKOHL?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#GNKOHL</a> <a href="https://t.co/FsU4WVtjsR">pic.twitter.com/FsU4WVtjsR</a></p>&mdash; Eleven Sports (NL) (@ElevenSportsBEn) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEn/status/1426664932708323329?ref_src=twsrc%5Etfw">August 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.24 12:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly