「是非とも二刀流で」甲府の今季ユニフォームPR動画に意外な人物が登場「新鮮だけど似合うな」

2022.01.25 18:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ヴァンフォーレ甲府のグッズアカウントがGK河田晃兵の珍しい1枚を投稿。ファンから高い評価を得ているようだ。

吉田達磨新監督を迎え、6年ぶりのJ1復帰を目指す甲府。深みのある青を基調に、武田信玄の家紋"武田菱"を赤いストライプ状にした今季のユニフォームも話題を呼んでいる。

甲府のグッズアカウントは、そのユニフォームのプロモーションのため、選手が実際に着用している動画を公開。登場したのは意外にもGK河田晃兵だった。

2013年にガンバ大阪から期限付き移籍で加入し、翌年のレンタルバック後に2015年から完全移籍で甲府へ加わった河田。岡西宏祐とともに、長期にわたって甲府のゴール前に君臨し続けている。

その河田がユニフォーム姿で登場。ただ、プロモーションのため、身に着けているのは普段のGK用ユニフォームではなくフィールドプレーヤーのものだ。「3XLでーす。観戦とかならこれかな。動くんだったら2XLの方が良さそうだけど」と両腕を広げ、肩の可動具合を確認するあたりは、さすがGKといったところか。

珍しい立ち姿はサポーターからも好評の様子。「フィールドプレーヤーで出ても違和感がないかも」、「是非ともフィールドプレーヤーと二刀流で」、「新鮮だけど似合うなー」など、"二刀流"を望む声も。さらに「やはり普段のサイズより大きいサイズにすべきか」と参考にする声も寄せられている。

期限付き移籍時代を含めれば、甲府での通算9年目を迎える河田。今季は守護神の新しい顔が見られるかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

新生大宮、相馬監督の初陣はハイプレス決行で東京Vとドロー…熊本vs甲府も勝ち点1を分け合う【明治安田J2第19節】

28日、明治安田生命J2リーグ第19節の2試合が各地で行われた。 26日に霜田正浩監督を解任し、相馬直樹新監督を迎えた大宮アルディージャは味の素スタジアムで東京ヴェルディと対戦した。 新生大宮は高い位置から積極的なプレッシングを決行し、東京Vのビルドアップに制限をかける。19分にはペナルティアーク左手前でFKを与えてしまうが、石浦のキックは壁に当たり、難を逃れた。 一方、J2ワーストタイとなる32失点の守備にテコを入れようと、12試合ぶりにGK長沢を先発起用した東京V。27分には4試合ぶりのスタメンとなったベテランのインターセプトが若手のJ初ゴールをお膳立てする。 三門から小島への縦パスを加藤弘堅が高い位置でカットして石浦へつなぐと、20歳のアタッカーはボックス右から左足のフィニッシュ。カバーに入った西村に当たってコースが代わり、ゴール左隅に吸い込まれた。 被弾した大宮だったが、ファイティングポーズを崩さずハイプレスを継続。32分には右サイド高い位置でボールを奪取した柴山が中央へ持ち運び、ボックス手前から左足で狙う。 ビハインドで迎えた後半も立ち上がりから大宮が仕掛ける。54分には敵陣での西村のチェックから河田、2分後にもハイプレスでのボール奪取から再び河田が見せ場を作った。 大宮の攻撃が結実したのは58分。オフサイドラインギリギリで抜け出した河田が自陣からの縦パスに反応して右サイドでフリーとなると、揃っていない最終ラインを見てダイレクトで中へ送る。奥抜がボックス内で収め、ドカ・ボニフェイスをかわして右足で右隅に流し込んだ。 なおも攻勢を強める大宮は62分に茂木が際どいミドルを放ち、77分には小島が泉澤を使って左のハイサイドを攻略。マイナスの折り返しをボックス左で受けて縦に突破し、角度のない位置から狙ったが、クロスバーに阻まれた。 守勢に回った東京Vだが、新井の突破を中心に終盤に盛り返す。後半のアディショナルタイムにはハーフウェーライン付近からFKを左サイドで新井が受けてボックス左まで侵入。折り返しに小池が頭で合わせたが、クロスバーを越えたところでタイムアップの笛が響いた。 大宮は相馬監督の初陣を変革の可能性を感じるドローで終え、東京Vは5試合連続で勝利から遠ざかることとなった。 3戦負けなしで6位まで浮上してきたロアッソ熊本は、えがお健康スタジアムに8位・ヴァンフォーレ甲府を迎えた。 先手を取ったのはアウェイの甲府。左CKを獲得すると、松本のインスイングのクロスにウィリアン・リラがゴール前で合わせる。処理に出てきたGK佐藤の前で高い打点のヘディングを放ち、13分に試合を動かした。 ポゼッションに勝る熊本だが、甲府のプレッシングに苦しみ、効果的なボール回しをすることができない。かいくぐってゴール前に運んだ場面でもタイトな守備に遭って決定機を作れずに時間が進んだ。 先手を取った甲府は焦らずに機をうかがうと、37分にもセットプレーから熊本ゴールを脅かす。右のCK時にフラッグの近くに小林と松本の2人が立つと、松本の右足クロスから宮崎がドンピシャのヘディングを放つ。ただ、これはGK佐藤のファインセーブに阻まれた。 熊本は浮き球の縦パスから土信田が裏を取るがGK河田に阻まれ、ビハインドで前半を終えた。流れを変えるべくハーフタイムに一挙3枚の交代カードを切ると、これが功を奏する。 54分、最終ラインでのビルドアップから右へ展開すると、ゲームキャプテンの黒木が阿部とのワンツーでサイドを打開。最終ラインとGKの間に絶妙なグラウンダーのクロスを送ると、途中投入された竹本がファーで流し込み、試合を振り出しに戻した。 直後にも右サイドを崩し、こちらも途中出場・杉山のクロスから三島が合わせるが、枠を外れた。甲府も直後にウィリアン・リラが決定機を迎えるも、ボックス右でのトーキックはGK佐藤が、セカンドボールを拾っての2本目はDFがブロックし、ゴールに鍵をかける。 終盤には両チームが決定機を創出。80分の甲府は左クロスから三平のヘディングがクロスバーを叩き、後半のアディショナルタイムには熊本が怒涛の攻撃を見せる。ラインブレイクした坂本が一対一を迎え、右クロスからは粟飯原が渾身のヘディングを見せるも、GK河田の前に逆転ゴールを奪えずタイムアップ。勝ち点「1」を分け合い、熊本は暫定ながらも順位を1つ挙げ、甲府は5試合連続の引き分けとなった。 ◆第19節 ▽5月28日(土) ロアッソ熊本 1-1 ヴァンフォーレ甲府 東京ヴェルディ 1-1 大宮アルディージャ ▽5月29日(日) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 栃木SC FC町田ゼルビア vs ブラウブリッツ秋田 横浜FC vs レノファ山口FC アルビレックス新潟 vs モンテディオ山形 V・ファーレン長崎 vs ファジアーノ岡山 《15:00》 ジェフユナイテッド千葉 vs 水戸ホーリーホック 《18:00》 ザスパクサツ群馬 vs 大分トリニータ 《18:30》 FC琉球 vs 徳島ヴォルティス 《19:00》 ツエーゲン金沢 vs いわてグルージャ盛岡 2022.05.28 20:07 Sat
twitterfacebook
thumb

J2熊本がアウェイでのサポーターの声出し行為を謝罪…アウェイでの勝利のチャント「カモンロッソ」も実施せず

ロアッソ熊本は27日、サポーターの行為について謝罪した。 クラブの発表によると、4日にニッパツ三ツ沢球技場で行われた明治安田生命J2リーグ第14節の横浜FC戦において、観客の声出しがあったことが確認されたとのことだ。 Jリーグは、声出し応援に関しては新型コロナウイルス(COVID~-19)のガイドラインによって禁止している状況。今後、段階的な緩和を進めるとしている状況だ。 しかし、熊本のサポーターがアウェイゲームで声出し行為をしていた上、クラブは指摘を受けて知ったとのこと。「この件につきまして、当クラブの管理および注意喚起が不十分であったこと、そして声出し行為の把握が遅くなりましたことをお詫び申し上げます」と謝罪した。 また、「関東を中心に応援いただいている東京応援団の皆様にも改めて注意喚起を促し、今後は試合前にも運営担当より、ロアッソを応援していただく全ての皆さまに声出しに関する注意喚起を行ってまいります」としている。 さらに、熊本の勝利後には定着している勝利のチャント「カモンロッソ」に関してもアウェイでは行わないことを明記。「アウェイクラブならびにアウェイクラブサポーターへのリスペクトの意を込め、アウェイゲームにおきましては選手による「カモンロッソ」のパフォーマンスは実施いたしませんので、アウェイゲームをご観戦のファン、サポーターの皆様にはぜひともご理解を賜りますようよろしくお願いいたします」と、勝利しても行わないことを周知した。 サポーターによる声出しは、アウェイゲームのみならず、ホームでも確認されているとのこと。「先日のホームゲームにおきましても一部から声出し行為が見られたため、本日、当該者との面談を設け、今後の対応も含め厳重に注意をいたしました」と注意を促したとした。 声明の最後には、「声出し応援」についてのクラブのスタンスを表明。積極的に取り組む考えがあるため、解禁まではルールを守るように呼びかけた。 「Jリーグでは「声出し応援」に向けて段階的導入を検討しております。当クラブにおきましてもJリーグとともにチームを後押しする「声出し応援」の再開に向けて積極的に取り組む所存でおります」 「ファン、サポーターの皆さまにおかれましては、「声出し応援」が解禁となるまで今しばらく、Jリーグならびに当クラブによるルールに則ったご観戦をいただきますとともに、引き続きチームの後押しへのご協力をよろしくお願い申し上げます」 2022.05.27 22:53 Fri
twitterfacebook
thumb

山口の選手1名が新型コロナウイルス陽性判定

レノファ山口FCは27日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、当該選手は発熱などの症状はなく、27日に行われたJリーグの定期抗原定性検査で陽性に。その後、医療機関でPCR検査を受け、陽性判定を受けたとのことだ。 なお、現在は適切な対策の下で療養を続けている。 また、クラブ内には濃厚接触疑いのある選手はいないとのこと。抗原検査では当該者以外は全員陰性となっている。 2022.05.27 19:10 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮の監督交代に思うこと/六川亨の日本サッカー見聞録

J2リーグの大宮が、霜田正浩監督の解任を26日に発表した。後任には町田や川崎F、鹿島などで指揮を執った相馬直樹氏が監督に就任。今週末のアウェー東京V戦から現場に復帰する。 元JFA(日本サッカー協会)の技術委員長で、J2山口で指揮を執った霜田氏が大宮の監督に就任したのは昨シーズン6月のこと。2勝5分け11敗と出遅れた岩瀬健監督の後を引き継ぎ、第18節の栃木戦からチームを率い、勝ちきれない試合が続いたもののガマン強くポゼッションスタイルのサッカーへと転換を図った。 夏の移籍期間中には徳島からFW河田篤秀を獲得すると、すぐさまエースストライカーとして活躍。19試合で7ゴールを決め、河田がゴールを決めた試合は4勝3分けの無敗でJ2残留に貢献した。 シーズンが深まるにつれ、右SBにはイケメン馬渡和彰が、左SBには翁長聖が定着。右MF黒川敦史、左MF奥抜侃志ら主力選手もほぼ固まり、最終戦の勝利(群馬に3-1)により16位でフィニッシュしてJ2残留を果たした。 捲土重来を期すはずの今シーズンだったが、イバやハスキッチら外国人選手に加え、前述した馬渡(浦和)、翁長(町田)の両SBとCBの河面旺成(名古屋)、黒川(磐田)ら主力選手、とりわけDF陣のレギュラー3人が移籍したのは大打撃だった。 彼らが移籍するのは霜田監督も了解していた節がある。さらに、外国人選手を補強する資金がないことも、新シーズンの獲得選手を見れば明らかだ。こうした「ないない尽くし」でスタートした今シーズンを象徴するのが横浜FCとの開幕戦だった。 アウェーで優勝候補と対戦した大宮は0-2のビハインドから新加入した茂木力也と矢島慎也のゴールでタイスコアに持ち込む。その後も猛攻を仕掛けたものの、決定的なシュートはポストを叩いたりGKの正面を突いたりするなど大宮サポーターのため息を誘う。そしてアディショナルタイムに新加入DF新里亮がPKを与えて2-3で敗退した。 その後も勝ち試合をドローで終えるなど低迷が続き、初勝利は4月16日の第10節・千葉戦(2-1)と大きく出遅れた(この勝利で最下位から21位に浮上)。5月25日の第18節を終えてクリーンシートは第16節の長崎戦(0-0)と18節の琉球戦(1-0)の2試合のみ。いかに守備が崩壊していたかがわかるだろう。 その間には第6節の岡山戦で負傷したGK南雄太の代わりに出場した上田智輝がロングキックを蹴った際に右膝を負傷し、急きょDFがGKを務める緊急事態もあった。GK上田は全治6~8ヶ月の重傷。そして正GKのベテラン南も5月18日のいわて戦で右足アキレス腱の断裂と、相次ぐ不運に遭っている。 シーズン途中には原博実・元JFA技術委員長を強化の責任者に招聘したものの、その効果があったのかどうかは不明だ。これは余談だが、原氏と相馬監督は、年齢は離れているが同じ早稲田大学サッカー部の先輩と後輩である。同じ早稲田ラインなら、元日本代表監督の西野朗氏は原氏の先輩であり、元五輪代表監督の関塚隆氏は後輩であることだけ付け加えておこう。 話を大宮に戻すと、現チームを相馬監督がどう立て直すのか楽しみだ。恐らく現実路線で守備の立て直しからスタートするだろう。そんな相馬監督の要求に応えられる選手がどれだけいるか。 最後に、霜田元監督は、コロナ禍でも練習をメディアに公開し(取材に来るメディアは数少なかった)、会見もリモートではなく対面で実施した。そして、当事者の誰もコロナに感染することはなかった。こうした監督の姿勢とチームの努力による結果は高く評価したい。その積み重ね、エビデンスが近い将来、大宮のファン・サポーターに対して練習公開とファン・サービスにつながることを期待したい。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.27 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

東京Vが大卒ルーキーDF加藤蓮とプロA契約を締結

東京ヴェルディは27日、DF加藤蓮(21)とプロA契約を締結したことを発表した。 北海道出身の加藤は、北海道コンサドーレ札幌の下部組織出身。明治大学を経て、今シーズンから入団した。 加藤はここまでの明治安田生命J2リーグで14試合に出場し1得点を記録していた。 なお、加藤はプロA契約の締結条件であるJ2試合出場900分を達成していた。 2022.05.27 17:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly