劇的ドローのレアル・マドリー、 アンチェロッティ監督は「負けなかったことは非常に良い兆候」

2022.01.24 12:31 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、チームの姿勢を称えた。クラブ公式サイトが伝えている。

マドリーは23日に行われたラ・リーガ第22節でエルチェと対戦した。立ち上がりからチャンスを作ったものの、FWカリム・ベンゼマがPKを失敗するなど、なかなか点を奪えずにいると、逆に先制点を許す展開に。ベンゼマが負傷交代となり、76分には追加点を許すなどでピンチを迎えたチームだが、そこからMFルカ・モドリッチがPKを決めて1点差とすると、後半アディショナルタイムにDFエデル・ミリトンが同点弾を記録し、2-2で試合を終えた。

この結果、2位セビージャとの勝ち点差「4」をキープしたチームについて、試合後のインタビューに応じたアンチェロッティ監督は諦めない姿勢を称賛。一方で、2失点を許したことについては修正が必要だとも語った。

「敗北するかもしれないと思った、前半は少し混乱していたと思う。我々はPKを外したが、それでも多くのチャンスを作っており、落ち着いていれば得点できたはずだ。しかし、先制点を許して2点目も奪われた」

「そこからの反応はとても良く、諦めなかった。試合に負けなかったことはチームにとって非常に良い兆候だ。もっと積極的にデュエルに参加できたと思うが、2失点してしまった。より堅実になることで、試合を難しくしないようにしなければならない」

「もちろん、順位についてはこれ以上満足することはできず、考慮すべきことはたくさんある。もっと積極的に攻めれば、勝てたかもしれないしね。今は良いポジションにいるが、これからが一番大事な時期であり、タイトルを獲得するときだ」

また、アンチェロッティ監督は同点弾のミリトンに言及。かつてチームに所属していたDFセルヒオ・ラモスのようになれると今後に期待を寄せている。

「ラモスはこれまでたくさんのゴールを決めてきた。全部を覚えているわけではないが、彼はヘディングが得意であり、冗談で偉大なストライカーになるとよく言っていたよ。ミリトンはまだ学ぶ必要があり、上達もしている。彼はかつてのラモスと同じくらいの精度で、ヘディングができるのだからね」




1 2

関連ニュース
thumb

「このファイナルに準備万全」 クロップがリベンジ戦にもなるCL決勝に闘志

リバプールのユルゲン・クロップ監督がチャンピオンズリーグ(CL)決勝にコメントした。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 アトレティコ・マドリー、ミラン、ポルトとの実力伯仲だったグループBを全勝で潜り抜けると、決勝トーナメントでもインテル、ベンフィカ、ビジャレアルを連破し、決勝に勝ち上がったリバプール。28日にレアル・マドリーとのファイナルに臨む。 プレミアリーグこそ惜しくも2位に終わり、前人未到の4冠という夢が叶わなかったものの、カラバオカップとFAカップに続くタイトルがかかるクロップ監督試合に先んじた会見で思いを語った。 2017-18シーズンの決勝で涙したレアル・マドリーとの再戦となるが、ドイツ人指揮官は「何をするにしても、経験を得るもの。勝ち方を知る必要があって、誰も教えてくれなんかしないし、私は苦労しながら学んだ」とリベンジに闘志を燃やした。 「決勝という舞台で何度も負けたが、最近はおかげさまにも勝つことができている。この数年で、選手たちも非常によく成長した。クラブも良い状態だし、誰もが繋がっている」 「自分たちがビッグクラブの一員というのも認識しているし、少年たちもまさにそのビッグクラブにふさわしい選手たち。良い状態だし、このファイナルに臨む準備はできている」 そう力を込めると、本命を尋ねる質問に「単純な答えはない。(クラブの)歴史やレアル・マドリーの逆転劇を見ると、私なら彼らだと言うね」と返答。なお、負傷のMFチアゴ・アルカンタラやMFファビーニョについては間に合う見通しを明かしている。 勝てば、リバプールにとって2018-19シーズン以来7度目のビッグイヤー獲得。クロップ監督にとっても、就任後2度目の載冠となるが、果たして。 2022.05.28 13:55 Sat
twitterfacebook
thumb

CL決勝リベンジで自身初のビッグイヤー狙うクルトワ「歴史に名を刻みたい」

レアル・マドリーのベルギー代表GKティボー・クルトワが自身初の栄誉に意気込みを語った。クラブ公式サイトが伝えている。 28日にスタッド・ドゥ・フランスで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝を控えるマドリー。今季のラ・リーガを制したなか、FAカップとEFLカップ(カラバオカップ)を制して3冠目を狙うリバプールと対戦する。 キャリアの中で初のビッグイヤーが目前に迫るクルトワは試合に先駆けて行われた会見で、マドリーというクラブに名を刻みたいと気持ちを込めた。 「8年前、僕はCLの決勝に進出したけど、優勝することができなかったんだ。だから、明日は優勝したい。ある人にとっては初のCL制覇だとしても、ある人にとっては5度目の優勝になるんだ、けど、チーム全員が勝ちたいという同じ夢を持っている。レアル・マドリーの歴史に名を刻みたいんだ」 「リバプールはすでに、2018年にマドリーと決勝で戦っている。決勝でマドリーと対戦したら彼らに勝機がないということはわかっているはずだよ。今僕は、歴史的に強い方のクラブにいるんだ」 また、ベルギー人守護神はファイナルまでたどり着いたことが監督やスタッフのおかげであると感謝を示した。 「チームの雰囲気が良いのは監督やスタッフのおかげだよ。なぜなら、とても良いトレーニングができているからね。僕らがプレーをする際の判断をしなきゃいけないことはわかっているけど、監督はそれをとてもうまく判断している。そのおかげで僕らは今ここにいるんだ」 2022.05.28 13:15 Sat
twitterfacebook
thumb

「多分、妻は差し出すね(笑)」悲願のCL制覇にむけレアルMFが冗談混じりに仰天発言「唯一無二のトロフィーだ」

レアル・マドリーのウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデが、チャンピオンズリーグ(CL)制覇に向けたコメントが話題になっている。 28日、マドリーはCL決勝でリバプールと対戦する。 今シーズンのラ・リーガを制しているマドリー。対するリバプールはプレミアリーグで惜しくも2位に終わっている。 2017-18シーズン以来となる決勝だが、当時はリバプールを相手に3-1で勝利し見事にビッグイヤーを獲得した。 マドリーの下部組織育ちのバルベルデだが、当時はカスティージャに所属していたためCLの決勝は今回が初めて。優勝すれば、初優勝となる。 ハードワークを厭わず、中盤でチームを支えるバルベルデ。今シーズンは積極的にミドルシュートを放つなど、攻撃面でも改善が見られる。 目立った数字を残していないものの、マドリーにとっては非常に重要なピースとなるバルベルデだが、スペイン『アス』とのインタビューでCLへの想いを語った。 その中で、優勝するために何をするかと問われると、何でもするとコメント。冗談混じりながら、「妻は差し出すかな」とジャーナリストとして活躍するミナ・ボニーノさんを差し出してもビッグイヤーが欲しいと想いの強さを語った。 「たくさんのこと…全てだと思う。これは世界中のどのプレーヤーにとっても唯一無二のトロフィーだ」 「僕は多くのことを喜んで差し出すよ。僕の息子を除いてね。多分、妻は差し出すだろう(笑)」 「いやいや、冗談だよ(笑)。でも、決勝でプレーできることなどはそうそうないことであり、たくさんのものを差し出したいと思う。タイトルが獲得できることを願っているよ」 冗談でも怒られてしまいそうな発言ではあるが、それだけ欲しいビッグイヤー。果たしてバルベルでの願いは叶うだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】CL優勝のために差し出すと語った美人妻&差し出したくない息子の3ショット、水着姿も眩しい</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CX6jM0eLgNS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CX6jM0eLgNS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CX6jM0eLgNS/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mina Bonino(@minabonino)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CYoKFkuMZwH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CYoKFkuMZwH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CYoKFkuMZwH/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mina Bonino(@minabonino)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.28 12:50 Sat
twitterfacebook
thumb

アンチェロッティ「クオリティを一番発揮したチームが優勝」 CL決勝に意気込み

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督がチャンピオンズリーグ(CL)決勝にコメントした。スペイン『マルカ』が報じている。 レアル・マドリーはグループステージを順当に首位突破で決めると、決勝トーナメントでもパリ・サンジェルマン、チェルシー、マンチェスター・シティと連破して、4年ぶりのファイナル進出。28日にその決勝でリバプールと対戦する。 ラ・リーガでも覇権を奪還した今季を最高の形で締めくくろうと、パリに乗り込んだアンチェロッティ監督は試合に先立った会見で戦いを展望した。 「我々は今季を通じてずっとやってきたことをしなければならない。彼らは彼らの良さである激しい試合をしてくるはず。自分のクオリティを一番発揮したチームが優勝するだろうね」 また、先発に関して「もう決めてあるが、(選手にまだ)伝えていないし、言えないね」と話すと、大黒柱のFWカリム・ベンゼマにも信頼を続けた。 「今はもっとキャラクターが立ち、リーダーシップもある。ただ、クオリティは以前と変わらずだ」 そして、数々の逆転劇を演じてこの決勝に辿り着き、14度目のビッグイヤー獲得に迫るチームにも絶対的な自信を口にしている。 「運だけじゃ決勝に進めない。クオリティとともに、困難な瞬間を乗り越える術を知っていることで決勝まで辿り着けるんだ」 「このチームの歴史にはその基礎がある。我々が勝つに値するなら、試合でそれを示したということだ」 そう力を込めたアンチェロッティ監督。自身にとっても、CL史上最多となる5度目の決勝で、最多4度目の優勝がかかる。リバプールもかなりの強敵だが、欧州制覇なるか。 2022.05.28 12:25 Sat
twitterfacebook
thumb

マドリー最古参のマルセロ、愛するクラブと5度目のビッグイヤー獲得へ 「優勝したい」

レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロがクラブへの愛を語った。クラブ公式サイトが伝えている。 28日にフランスのスタッド・ドゥ・フランスで行われるチャンピオンズリーグ(CL)決勝。今季のラ・リーガ、スーペル・コパを制したマドリーはFAカップ、EFLカップ(カラバオカップ)を制したリバプールと対戦する。 マドリー加入以来、15度目のCLで5度目のビッグイヤーを狙うマルセロは試合に先んじての会見で、ファイナルへの意気込みとともにクラブへの愛を誓った。 「盛り上がるね。僕らは長い間、この大会に参加していて、決勝に進出することがどれだけ重要なのかをわかっている。素晴らしいシーズンを送っているから、優勝するに値するよ。気持ちは高まっているから、CLを優勝したいんだ」 「僕の人生を捧げてきたレアル・マドリーへの愛は誰もが知っているよ。(以前所属していた)フルミネンセは僕にすべてを与えてくれたし、マドリーも僕にすべてを与えてくれた。僕はここで言いたいことは特にない。僕の物語はここで創られるのだから、銅像のように証明するものは必要ないんだ。僕はすべてを捧げてきたし、これからも捧げ続ける。決勝の後どうなるか楽しみだね」 また、ブラジル人DFはCL決勝に進出することが祖国の誇りであると語った。 「CLの決勝戦にブラジル人が出場することは常に祖国の誇りだよ。この大会に出場するブラジル人が増えれば増えるほど、僕は嬉しいんだ。彼らには多くのフットボールとCL決勝を楽しんでほしいと伝えたい」 2022.05.28 12:05 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly