ローマはカップ戦準々決勝進出も…モウリーニョ監督は満足せず 「我々のチームには限界がある」

2022.01.21 12:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がカップ戦で勝利したものの、パフォーマンスに不満を示した。クラブ公式サイトが伝えている。

ローマは20日に行われたコッパ・イタリア5回戦でレッチェと対戦した。立ち上がりから試合を支配しながらも先制を許したが、40分にDFマラシュ・クンブラのゴールで同点に。後半からMFニコロ・ザニオーロ、MFヘンリク・ムヒタリアンらを投入すると、FWタミー・エイブラハム、FWエルドル・ショムロドフにゴールが生まれ、3-1で勝利した。

この結果、ローマはコッパ・イタリア準々決勝進出を決めたが、試合後のインタビューに応じたモウリーニョ監督はチームがまだ成長段階であることを強調。準々決勝ではセリエA王者であるインテルとの対戦が決まったことに触れ、気を引き締めている。

「我々のチームには限界があり、それは承知している。(エインズリー・)メイトランド=ナイルズとセルジオ・オリベイラの獲得は我々を後押ししてくれた。彼らはより高いクオリティをもたらしており、より多くのオプションを提供してくれている。我々のプロジェクトは、少しずつ積み上げていくものなんだ」

「インテルはリーグ最高のチームであり、つまりはコッパ・イタリアでも最高のチームだ。だから、もっともタフな相手との組分けになったわけだが、アップセットを狙いに行くつもりだ。それが可能かどうか、見てみたいね」

「サッカー面を見てみると、4位から8位で終わる程度のプレーは、明らかに私の望むところではない。とはいえ、今はそういう時期なんだ。来シーズン、チームが今シーズンよりも良くなることは間違いないだろう」

「もちろん、今夜の前半に感じたフラストレーションから目をそらすつもりはない。というのも、技術的な観点から見ると、我々はひどい試合をしていたからだ。そして、こうした夜については、戦術について語る価値もあまりない」


関連ニュース
thumb

インテルOBのベルゴミ氏はディバラのローマ移籍に否定的「彼らとピッチ内で同時に配置するのは困難だ」

ユベントスを今シーズン限りで退団するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(28)の獲得を目指しているとされるローマ。しかし、インテルのレジェンドであるジュゼッペ・ベルゴミ氏が戦術的な観点から否定的な見解を述べた。イタリア『トゥット・スポルト』が報じている。 先日行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝戦でフェイエノールトに1-0で勝利し、初代王者に輝いたローマ。最高の形でシーズンを締めくくったが、その一方でこれまでチームの攻撃を牽引してきた元アルメニア代表ヘンリク・ムヒタリアン(33)が契約満了に伴い今シーズン限りで退団となることが確実視されている。 そんな事情もあってか、就任1年目からクラブにタイトルをもたらしたジョゼ・モウリーニョ監督たっての希望で、ローマは今夏の移籍市場において即戦力となれるアタッカーを複数獲得したい考えと見られており、その1人がディバラだ。 ディバラ獲得を巡ってはインテルとの一騎打ちとされているが、イタリア『スカイ・スポーツ』に出演したベルゴミ氏は、ディバラとローマの現有戦力が組み合わさることは容易ではないとの見方を示した。 「ローマはどんな時でもエイブラハムのようなセンターフォワードを必要としていて、彼がいるからペッレグリーニやザニオーロら攻撃的なミッドフィルダーが幅を利かせている。彼らとディバラをピッチ内で同時に配置するのは困難だ」 「私はディバラ自身に問題があるとは思っていない。本当に強く、トッププレーヤーだ。彼は優れたストライカーと融合することで自分の良さを発揮するが、それには彼自身にとって最適なフォーメーションであることも重要だ」 ベルゴミ氏は、既存の選手たちとの共存や戦術的な観点から、ディバラにとってローマは理想的な場所ではないと説いた格好だ。 モウリーニョ監督は、来シーズンへ向けてイングランド代表FWタミー・エイブラハムとディバラの2トップを採用したい考えがあると見られているが、果たしてユベントスの象徴とも言われた稀代のファンタジスタを手中に収めることができるか。今後の動向に注目だ。 2022.05.27 15:09 Fri
twitterfacebook
thumb

モウリーニョがローマ皇帝に!? ユリウス・カエサル風の“壁画”が大人気「彼が我々にタイトルをもたらしてくれた!」

ローマのファンたちがジョゼ・モウリーニョ監督を崇拝している。 ローマは25日、アルバニアのアレーナ・コムバターレで行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝でフェイエノールトと対戦し、1-0で勝利した。この結果、1960–61シーズンのフェアーズカップ(ヨーロッパリーグの前身)以来、約60年ぶりとなるヨーロッパのタイトルを獲得した。 古豪ローマにとって14年振りのタイトル獲得。就任1年目でトロフィーをもたらしたモウリーニョ監督にファンは心酔しているようだ。 優勝の興奮が冷めやらぬうち、ローマの街の壁には早くもモウリーニョ監督の壁画が完成した。壁画のスペシャル・ワンは右手に持ったECLのトロフィーを高々と掲げ、ジャッロロッシ(黄色と赤)のトーガを身に纏い、ローマにあるユリウス・カエサルの銅像を彷彿とさせる。 この姿にはファンからも「彼が我々にタイトルをもたらしてくれた」、「歴史を変えた!」、「ニュー・カイザーの誕生だ!」と反響が集まっている。 モウリーニョ監督の壁画がローマに描かれるのは初めてではなく、就任直後にはローマのタオルマフラーを巻いたモウリーニョがヴェスパに乗っている壁画が描かれた。しかし、この壁画にはいたずらが加えられ、愛煙家でありライバルであるラツィオを率いるマウリツィオ・サッリ監督の吹きかける煙で上書きされるという憂き目に遭っていた。 決勝直後のインタビューでは「ローマに残る」と明言していたモウリーニョ監督。ロマニスタたちとは相思相愛のようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】ユリウス・カエサル風に描かれたモウリーニョ“皇帝”の壁画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd_9jcuNoOi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd_9jcuNoOi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd_9jcuNoOi/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Harry Greb(@harrygreb_art)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <span class="paragraph-title">【写真】サッリの吐いた煙に上書きされてしまったモウリーニョの壁画</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> Roma fans&#39; mural for Jose Mourinho has been covered by Lazio fans, who&#39;ve added Maurizio Sarri blowing smoke over it...<a href="https://twitter.com/hashtag/Lazio?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Lazio</a> | <a href="https://twitter.com/hashtag/ASRoma?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ASRoma</a> <a href="https://t.co/RkT87GyIvk">pic.twitter.com/RkT87GyIvk</a></p>&mdash; The Sportsman (@TheSportsman) <a href="https://twitter.com/TheSportsman/status/1403280458679525376?ref_src=twsrc%5Etfw">June 11, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <span class="paragraph-title">【写真】サッリの吐いた煙に上書きされる前のモウリーニョの壁画</span> <span data-other-div="movie3"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdNF3IGN3lR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdNF3IGN3lR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdNF3IGN3lR/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Harry Greb(@harrygreb_art)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.27 14:35 Fri
twitterfacebook
thumb

ムヒタリアンのインテル行きが濃厚に! ローマを上回る好条件で口頭合意か

インテルが、ローマの元アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン(33)の獲得に近づいているようだ。イタリア『メディアセット』が報じている。 今シーズン限りでローマとの契約満了となるムヒタリアンだが、交渉が進んでおらず、現状で退団が濃厚とされている。その中でインテルは以前から関連が取り沙汰されており、同クラブのジュゼッペ・マロッタCEO(最高経営責任者)も「フリートランスファーで獲得できる選手たちが大勢いる。このチャンスを逃すつもりはない」 と、獲得を示唆していた。 『メディアセット』によると、ローマは年俸300万ユーロ(約4億円)の1年契約というオファーを出しているものの、インテルの条件は年俸350万ユーロ(約4億7500万円)+アドオンの2年契約。明らかに後者の方が魅力的で、すでに口頭合意しているとも伝えられている。 数日以内にメディカルチェックも行われる予定で、33歳のインテル入りは既定路線となっているようだ。 2022.05.26 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

「ずる賢い」ファウルを受けた選手がウインク、直後に苦悶の表情でピッチに顔をうずめる「さすがはモウリーニョの教え子」

ローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムの狡猾な部分がカメラに抜かれた。 ローマは25日、アルバニアのアレーナ・コムバターレで行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝でフェイエノールトと対戦し、1-0で勝利。1960–61シーズンのフェアーズカップ(ヨーロッパリーグの前身)以来、約60年ぶりとなるヨーロッパのタイトルを獲得した。 最前線で先発したエイブラハムはゴールこそならなかったものの、身体を張り続けてチームに貢献した。 試合はローマが32分に先制。後半は立ち上がりから守勢を強いられたが、守護神ルイ・パトリシオの2度のスーパーセーブで難を逃れると、以降は攻勢を強めるフェイエノールトの攻撃をDFクリス・スモーリングを中心とする守備陣がソリッドな対応で封じ込め、試合は終盤を迎える。 残り時間が少なくなった87分、エイブラハムはDFマルコス・セネシからプレッシャーを受け倒れる。ファウルを受けたエイブラハムは左足を押さえながら倒れ込むと、ジョゼ・モウリーニョ監督がいるベンチに向かってウインク。してやったりの表情を見せてからピッチに顔をうずめた。 リード時の時間稼ぎは常套手段ではあるが、今回はしっかりとカメラに抜かれてしまっており、ファンからは「さすがはモウリーニョの教え子」、「バルサファンだけど、どこかで見たことある気がする」、「モウリーニョの魂を受け継いでいる」、「私はこういう演技は見たくない」と様々な反響が集まっている。 なお、試合はそのまま1-0でタイムアップ。エイブラハムにとっては、昨シーズンのチェルシーでのチャンピオンズリーグに続き、個人では2年連続の欧州タイトル獲得となった。 <span class="paragraph-title">【動画】これは確信犯!エイブラハムがウインクしてから…</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="719" height="1277" src="https://www.youtube.com/embed/ClrlbuDfMgs" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2022.05.26 20:45 Thu
twitterfacebook
thumb

14年ぶりにトロフィー獲得のローマ、スモーリングも喜び露わに「このトロフィーがどれほどの意味を持つかわかっていた」

ローマのイングランド代表DFクリス・スモーリングが、チームに久々のタイトルをもたらせたことを喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 スモーリングは25日に行われたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)決勝のフェイエノールト戦で先発出場。前半は相手にボールを握られる展開になったが、32分にMFニコロ・ザニオーロが冷静なチップキックを決めて先制に成功すると、その後は相手の圧力を受けながらも無失点でハーフタイムへ。後半には必死の相手に何度もチャンスを作られたが、GKルイ・パトリシオの好セーブやスモーリングら守備陣の奮闘もあり最後まで失点を許さず、1-0で勝利した。 この結果、ローマのECL優勝が決定し、今季から創設された大会の初代王者に輝いている。 2007-08シーズンのコッパ・イタリア優勝以来、14年ぶりとなるタイトル獲得について、試合後のインタビューに応じたスモーリングも喜びを露わに。チーム全員が勝利のため全力を尽くしたと歓喜した。 「ローマにいる皆にとって、この試合がどれほどの意味を持つか理解していた。それは最後までチームが団結していたことでもわかってもらえると思う。僕たちは必要以上に深い位置までラインを下げてしまったが、ストライカーでも走って守備に戻ってくるのが見えた。皆、この試合に勝たなければならないと思っていたんだ」 「僕が最初にこのクラブに来たとき、トロフィーを獲得したのはずっと前のことだった。それでも僕らには最高のファンがついていたし、だからこそこのトロフィーがどれほどの意味を持つかわかっていたよ」 2022.05.26 10:50 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly