「これは決めないと…」リバプールFW南野拓実、アーセナル戦での痛恨決定機逸にファン嘆き「絶対入ったと思った」

2022.01.14 12:06 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールの日本代表FW南野拓実が、痛恨の決定機逸でヒーローになり損ねた。

リバプールは13日、EFLカップ(カラバオカップ)準決勝1stレグでアーセナルとホームで対戦。アフリカ・ネーションズカップ参戦組や負傷者によって多くの一部主力を欠く中、この試合ではFWサディオ・マネとFWモハメド・サラーの代役にFWロベルト・フィルミノ、南野を起用した。

アーセナルの日本代表DF冨安健洋は負傷でベンチ外となった一戦は、前半半ばに大きな動きが。アーセナルのMFグラニト・ジャカが一発退場となり、試合の主導権は完全にリバプールが握る。

しかし、リバプールは崩しの精度、アイデアを欠き決定機まで持ち込めずにそのまま試合終盤を迎える。それでも90分、この日最大のチャンスが訪れる。

右サイドからMFアレックス・オックスレイド=チェンバレンのクロスが入ると、飛び出したアーセナルのGKアーロン・ラムズデールと味方が交錯したルーズボールがボックス中央の南野の元へこぼれる。だが、南野はバウンドにうまく合わせ切れず、シュートを大きくふかしてしまい、痛恨の決定機逸となった。

多くのリバプールの選手たちが思わず頭を抱えた場面。SNS上のファンからも「これは決めないと…」、「バウンド合わなかったか」、「絶対入ったと思った」、「決めてたらまたヒーローだったのに」、「これは擁護できない」と嘆く声が多くあがっている。

結局、試合はそのまま0-0のドローで終了。10人相手に攻めきれなかったチーム全体の責任でもあり、南野は守備面での奮闘もあった。しかし、この試合最大の決定機を逃したということもあり、南野は矢面に立たされている。



1 2

関連ニュース
thumb

「もっと強くなります!!!」右SBのレギュラー定着、冨安健洋がアーセナル1年目終了を報告

アーセナルの日本代表DF冨安健洋が、シーズン終了を報告した。 今シーズンはセリエAのボローニャでスタートした冨安。セリエAで1試合に出場すると、移籍期限ギリギリでアーセナルへと完全移籍を果たす。 加入後すぐに日本代表の活動に参加すると、明けた初戦でいきなりデビュー。右サイドバックで起用されると、開幕3連敗だったチームに大きな変化をもたらせることに。すると右サイドバックのレギュラーを掴んだ。 安定した守備のパフォーマンスとビルドアップ能力に長けている冨安は一気にファンの心を掴んだが、年明けに負傷。ふくらはぎのケガに苦しみ3カ月以上離脱。その後復帰するも、最終節はハムストリングの負傷で欠場していた。 チームはトップ4入りを目指す中、最終盤で連敗し5位で終了。冨安はプレミアリーグで21試合に出場し1アシスト、EFLカップで1試合に出場していた。 冨安は自身のインスタグラムを更新。アーセナルでの1年目を振り返った。 「今シーズンも応援ありがとうございました」 「僕にとっては少し厳しいシーズンになりましたが、もっと強くなります!!!」 「また会いましょう」 <span class="paragraph-title">【写真】冨安健洋がシーズン終了を報告</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd4yDGNDqIZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd4yDGNDqIZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd4yDGNDqIZ/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">冨安健洋/Takehiro Tomiyasu(@tomiyasu.t)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.25 09:37 Wed
twitterfacebook
thumb

キエッリーニ退団のユベントス、アーセナルのブラジル代表DF獲得に本腰か

ユベントスがアーセナルのブラジル代表DFガブリエウ・マガリャンイス(24)獲得に向けて、本格的に動き出したようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 2020年9月にリールからアーセナルへ加入したガブリエウはミケル・アルテタ監督からの信頼を掴むと、センターバックの主軸としてここまで公式戦通算70試合に出場。今季のプレミアリーグでも第4節からすべての試合に出場するなど、大きな存在感を放ったが、チームは終盤の失速で5位フィニッシュに終わり、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃している。 来シーズンもチームの主軸としての活躍が期待されるが、『ミラー』によると、ユベントスが獲得に動き出すようだ。2シーズン連続でスクデットを逃すことになったユベントスは長年にわたってチームを支えた元イタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(37)が退団。クラブは守備陣の強化に迫られ、成長著しいセンターバックをスカッドに加えたい考えのようだ。 一方で、アーセナルは今夏に多くの補強を計画し、多額の資金を必要としているが、守備の柱となっているガブリエウの放出は考えていないという。ただし、CL出場を望む選手が移籍を希望すれば、状況が変わる可能性もありそうだ。 ユベントスはガブリエウ獲得を諦めるつもりはないとも報じられており、今夏の動向が注目されている。 2022.05.24 17:20 Tue
twitterfacebook
thumb

アーセナルで控えに回るレノ、レバークーゼン時代の恩師率いるベンフィカへ?

アーセナルのドイツ代表GKベルント・レノ(30)にベンフィカ行きの可能性が浮上している。 レノは2018-19シーズンからアーセナルでプレー。その初年度から最後の砦を担ったが、今季は新加入のイングランド代表GKアーロン・ラムズデールにポジションを奪われ、2ndGKに成り下がってしまった。 このままだと昨年11月を最後にドイツ代表がさらに縁遠くなり、今年11月に迫るカタール・ワールドカップ出場も厳しくなるなか、レバークーゼン時代の恩師が救いの手を差し伸べようとしているようだ。 イギリス『デイリー・メール』がポルトガル『Correio da Manha』を発信元に伝えたところによると、来季からベンフィカを率いるロジャー・シュミット監督はレノ獲得を熱望しているという。 なお、アーセナルは移籍金850万ポンド(約13億6000万円)のオファーがあれば、手放す意向とのこと。レノの契約は来季までとなっている。 2022.05.24 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ジェズス、揺れる去就に「もう自分の意向を伝えてある」

ブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)がマンチェスター・シティでの不透明な将来を認めつつ、クラブや代理人に自身の意向を通達済みだと話した。 今季もこれといったセンターFWを欠いたシティのなかで、公式戦41試合出場で13得点12アシストの数字を記録したジェズス。プレミアリーグで1試合4ゴールの離れ業も披露したが、もっぱらアーセナル行きの噂で注目を集めている。 シティもFWフリアン・アルバレスに続き、FWアーリング・ハーランドの来季加入が内定。契約を2023年夏まで残すジェズスだが、今夏移籍の可能性が取り沙汰され、選手の代理人もアーセナルを含む複数クラブの関心を認めている。 さらに、代理人から交渉が明らかにされるなど、アーセナルの本気度も表面化するなか、ジェズスは『ESPN Brazil』で揺れる去就に言及している。 「僕の将来についてはまだよくわからないんだ。シティとの契約があって、クラブの人たちや代理人にはもう自分の意向を伝えてある。自分の望みは僕の頭のなかにすごく明確にある」 「でも、今日はシティで盛大に祝いしたい。僕がここですごくハッピーなのは明らか。それと、明日は僕や妻、家族にとってすべてがうまくいったら、娘のヘレナがこの世にやってくる」 「だから、この瞬間を楽しまないとね。そして、チームのことを考えて、また微笑むんだ。それからバケーションを挟んで、僕の将来を決めていきたい」 2022.05.24 11:05 Tue
twitterfacebook
thumb

残留か、移籍か…今夏注目のルベン・ネヴェス「誰にでも夢がある」

ポルトガル代表MFルベン・ネヴェス(25)がウォルバーハンプトンでの不透明な将来を認めた。 ポルトでキャリアを始めてから将来をしょく望され、2017年夏に満を持してウォルバーハンプトンでプレミアリーグを挑戦を果たしたネヴェス。今やウォルバーハンプトンの司令塔に君臨し、今季も軸を張り続けた。 だが、移籍の噂はあとを絶えず、今夏の去就も注目の的に。ウォルバーハンプトンとの契約を2024年夏まで残すが、アーセナルやマンチェスター・ユナイテッドのほか、国外からもバルセロナの関心が取り沙汰される。 ウォルバーハンプトンも移籍金次第で売却の可能性があるといわれるなか、渦中のルベン・ネヴェスが22日に行われたプレミアリーグ最終節のリバプール戦後、イギリス『The Athletic』で去就に言及した。 「フットボールがどんなもので、人生がどんなものかは誰もが知るところ。僕らのキャリアは本当に短い。そのなかで、巡ったチャンスを生かしていかないといけないんだ」 「もちろん、誰にでも夢というものがある。短い時間のなかで、そういった夢に向かって生きていかないとならない。何が起こるか見てみよう。今はあまり多く語れない」 2022.05.24 10:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly