移籍志願のマルシャル、セビージャ行きが暗礁に…ユナイテッドとの交渉難航

2022.01.12 11:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドからの移籍を目指すフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)だが、噂されたセビージャ移籍が暗礁に乗り上げているようだ。

今季もなかなか常時の出場機会を掴めずにいるなか、代理人のフィリップ・ランボリー氏から今冬の移籍願望が明らかにされたマルシャル。ラルフ・ラングニック監督も本人の退団意思を認めている。

そうしたなかで、関心を示す筆頭クラブとして浮上したのがセビージャ。だが、スペイン『マルカ』によると、そのセビージャはユナイテッドからの要求に難色を示して、関心を失ってしまったという。

ユナイテッドは選手の給与半額負担とレンタル料の支払いを求めているようだが、セビージャにその要求に応じる余裕なし。ユナイテッドから譲歩の姿勢も見込めず、とん挫の様相を呈している模様だ。

また、セビージャのチーム強化を司るスポーツディレクター(SD)のモンチ氏だが、1週間以上も前からユナイテッドだけでなく、マルシャルの代理人とも連絡を取っていない状況が続いているようだ。

なお、セビージャは代替ターゲットとして、ボローニャのイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(24)、フリーのDRコンゴ代表FWセドリック・バカンブ(30)にも目を光らせているとみられる。

関連ニュース
thumb

セビージャ、プレシーズン7月は1カ月間で地球半周以上の移動に

ラ・リーガのセビージャが7月にとんでもない移動を強いられることとなった。 2021-22シーズンはフレン・ロペテギ監督の下で、4位フィニッシュとなったセビージャ。新シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)にも出場することとなっている。 4日に新シーズンに向けて始動したセビージャだが、7月は大移動が待っている状況。合計で2万7000km以上を移動することとなる。 セビージャは7日に韓国へと移動。8日から17日まで滞在し、韓国でトッテナムとのプレシーズンマッチを実施する。 韓国まではおよそ1万1000kmあり、往復で2万kmを超えてくることになる。 その後ポルトガルでプレシーズンを過ごすこととなり、アンダルシア地方からはバスで移動。日本代表MF守田英正が加入したスポルティングCPと対戦する。 そして7月最後はロンドンへ移動。アーセナルとのエミレーツカップが待っており、およそ2300kmの移動に。またレスターにも赴くこととなっており、8月1日に帰国する。 2万7000kmは約4万kmと言われる地球を半周以上することになり、今夏の選手たちは違う点でもコンディション調整が必要になりそうだ。 2022.07.05 21:25 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナ退団のルーク・デ・ヨング、古巣PSVへ完全移籍

PSVは2日、セビージャのオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの3年間となっている。移籍金はスペイン『ムンド・デポルティボ』によれば400万ユーロ(約5億6000万円)とのことだ。 トゥベンテやボルシアMGで活躍後、2014年7月にPSVに加入したL・デ・ヨング。2019年7月にセビージャへ加入するまでの5年間、PSVで公式戦204試合に出場して112ゴール56アシストと圧巻のスタッツを残していた。 PSVでの活躍を受けて加入したセビージャでは公式戦94試合に出場して19ゴール5アシストとインパクトを残しきれず。 2021-22シーズンはバルセロナにレンタルで加入し、公式戦29試合の出場で7ゴールを挙げたが、買い取りオプションは行使されずセビージャへ復帰する形となっていた。 2022.07.02 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサ退団のL・デ・ヨング、古巣復帰迫る! PSVがメディカルチェック発表

バルセロナに別れを告げ、セビージャにひとまず戻るオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)だが、来季からは母国の古巣PSVでプレーするようだ。 L・デ・ヨングは昨夏、セビージャからのローンでバルセロナ入り。当時の指揮官だった同胞のロナルド・クーマン氏が熱望しての移籍実現で、周囲からの懐疑的な声に晒され、出番も限定的だった。 結局、10回の先発機会でプレータイムも936分間に終わったが、年明けぐらいからスーパーサブとして地位を確立。今年1月に移籍が噂されたりもしたが、公式戦29試合に出場して7得点を記録した。 だが、買取オプションも有したバルセロナは1日、レンタル終了に伴う退団を発表。L・デ・ヨングを巡ってはメキシコのトルーカ行きも取り沙汰されたが、PSVが1日に復帰間近をアナウンスしている。 PSVの発表によると、L・デ・ヨングはすでに現地入りしてメディカルチェックを受診。保有権を持つセビージャとの商談は進み、選手との交渉も最終局面で、2日にさらなる報告ができる見通しだという。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏いわく、PSVとセビージャは移籍金400万ユーロ(約5億6000万円)でクラブ間合意に達した模様だ。 2022.07.02 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、アダマ・トラオレとL・デ・ヨングの買い取りOP行使せず

バルセロナは1日、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(26)とセビージャのオランダ代表FWルーク・デ・ヨング(31)の買い取りオプションを行使しないことを発表した。 1月の移籍市場でバルセロナに加入したアダマ・トラオレは加入直後こそアシストを記録するなどインパクトを残したものの、徐々に出場機会を失い、ラ・リーガで10試合(うち先発は4試合)に出場するに留まった。 一方、昨夏の移籍市場で加入したL・デ・ヨングはシーズン後半、スーパーサブとして貴重なゴールを挙げるなど要所で活躍。ラ・リーガ21試合(うち先発は6試合)の出場で6ゴールを挙げていたが、完全移籍には至らなかった。 2022.07.02 06:00 Sat
twitterfacebook
thumb

CB難のセビージャ、ガラタサライのマルコン獲得に迫る

セビージャが、ガラタサライのブラジル人DFマルコン(26)の獲得に近づいているようだ。スペイン『アス』が報じている。 今夏の移籍市場ですでにブラジル人DFジエゴ・カルロスのアストン・ビラ移籍が決定しているセビージャ。さらにフランス代表DFジュール・クンデにもビッグクラブから食指が伸びており、一度に主力センターバックを2人も失う危機に瀕している。 そのため、新たに2〜3人の補強が必要と言われる中、早くも一人決まりそうな状況にあるようだ。セビージャとガラタサライは、移籍金800万ユーロ(約11億4000万円)と200万ユーロ(約2億8500万円)のボーナスという条件で大筋合意している模様。マルコンにはローマやニューカッスルも関心を示していたが、セビージャが争奪戦を制する様相となっている。 2019年夏からガラタサライでプレーするマルコンは、今季は公式戦38試合に出場。ヨーロッパリーグではバルセロナ相手に今季唯一のゴールを記録した。 セビージャは、他にもフェイエノールトのアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)にも目を光らせているとのことで、今夏もモンチSDの辣腕が水面下で発揮されているようだ。 2022.06.29 15:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly