C・パレス指揮官ヴィエラも新型コロナ陽性…AC代行指揮で本日のスパーズ戦へ

2021.12.26 22:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
クリスタル・パレスがパトリック・ヴィエラ監督の新型コロナウイルス感染を発表した。

クラブは26日、「ヴィエラ監督が新型コロナウイルスの陽性反応を示して、隔離に入ったことを認める」と説明。同日にトッテナムのホームで行われるプレミアリーグ第19節での指揮はアシスタントコーチのオシアン・ロバーツ氏が代役で担うという。

今季からヴィエラ監督が指揮を執るC・パレスはここまで17試合を消化して4勝8分け5敗の11位に位置。ここ2試合負けなしと巻き返しの兆しをうかがわせるが、ヴィエラ監督はチームの選手やスタッフに陽性者がいると明らかにしている状況だった。

なお、アストン・ビラでもスティーブン・ジェラード監督が新型コロナウイルスの陽性判定に。イギリス国内で新型コロナウイルスの変異種であるオミクロン株が猛威を振るなか、フットボール界もその脅威に晒され、今節も3試合の延期が決まっている。


関連ニュース
thumb

LGBTQ支援ユニフォーム着用拒否疑惑の同胞グイエ支持のクヤテ&サールに批判殺到…火に油を注ぐ結果に

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエによる、LGBTQ支援ユニフォーム着用拒否疑惑の一件に関して、代表のチームメイト2人が更なる批判を招くことになった。イギリス『SPORT BIBLE』が伝えている。 PSGは14日、リーグ・アン第37節でモンペリエとアウェイで対戦。すでにリーグ優勝を決めた状態で迎えた中、0-4で大勝を収めた。 グイエはモンペリエ戦を欠場。マウリシオ・ポチェッティーノ監督はその理由について「イドリサはモンペリエまで向かったが、個人的な理由でメンバーから離れなければならなかった。しかし彼はケガをしていたわけじゃない」と報道陣に明かしていた。 しかし、フランス『RMCスポーツ』によると、グイエの欠場には別の理由があるという。 リーグ・アン第37節では、全チームが5月17日の国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日の活動の一環として、LGBTQ+コミュニティのシンボルである虹色の背番号が施されたユニフォームを着用していた。グイエはこのユニフォームの着用を拒否したために、欠場したということだ。 昨シーズン同様の活動があった際には、グイエは胃腸炎を理由に欠場。当時は疑惑を否定していた。 この件について、現時点でグイエからのコメントはないが、ムスリム(イスラム教徒)である同選手は、イスラム教の教義上で同性愛が禁じられていることもあり、伝統的価値観にのとってLGBTQ支援ユニフォーム着用を拒否した可能性が高いと考えられている。 そういった中、グイエの振る舞いに批判が集まる中、火に油を注ぐ形となったのが、セネガル代表のチームメイトであるクリスタル・パレスMFシェイク・クヤテとワトフォードFWイスマイラ・サールの2選手だ。 クヤテは自身のインスタグラムに渦中のグイエとのツーショット写真を投稿すると共に、「本物の男」、「僕らは心から兄弟をサポートする」と、同僚の行動を支持。 さらに、サールもインスタグラムに同じくグイエとのツーショット写真を投稿すると共に、拳とハートの絵文字と共に「100%」と、同胞への支持を表明した。 現在、イングランドではブラックプールの17歳のイングランド人FWジェイク・ダニエルズがゲイであることをカミングアウトし、同業者や一般人を中心に勇敢な行動に対する支持が集まっている中での両選手の投稿とあって、SNS上ではクヤテとサールへの批判が殺到。 クヤテに対して一部のクリスタル・パレスファンからは、「もう今シーズンはクヤテをプレーさせるべきではない」、「クヤテのポジションをユースのプレーヤーに譲れ」、「クヤテは説明する責任がある」などと同じく批判的な言葉が集まった。 さらに、18日の公式会見の場でクヤテの一連の騒動に関する見解を求められたパトリック・ヴィエラ監督は、クヤテが前述の意図で投稿を行った場合、「そのことについて話し合うことになる」と、語っている。 一方、ワトフォードファンはサールに対して、「17歳の若者がフットボールの世界でゲイであることをカミングアウトするのに十分な勇気を示したのと同じ週に、イスマイラ・サール、君はどれだけ愚かなんだ」、「イスマイラ・サールは、ジェイク・ダニエルズのような人々がフットボール界でカミングアウトする必要がある理由を証明している」など辛辣な言葉を浴びせかけた。 一連の出来事を受け、ワトフォードは「EDI(平等、多様性、包括性)に関するメッセージと教育を推進するため、従業員に対してさらなる教育やサポートを提供する意志が含まれている」と、声明を発表する事態となっていた。 2022.05.19 01:05 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで序列落とすワン=ビサカにC・パレス復帰の可能性?

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド人DFアーロン・ワン=ビサカ(24)にクリスタル・パレス復帰の可能性があるようだ。 2019年夏にクリスタル・パレスから加入したワン=ビサカ。移籍金として5000万ポンド(現レートで約81億2000万円)もの高額が動いてのステップアップだったが、今季途中にオーレ・グンナー・スールシャール監督が去り、ラルフ・ラングニック監督が指揮を託されるようになると、明らかに序列を下げてしまっている。 スールシャール監督の下では右サイドバックのポジションを欲しいがままにしたが、昨年11月の監督交代後はポルトガル代表DFジオゴ・ダロトの序列向上に伴って、ベンチ機会が増加。長い足を生かしてボールを刈り取る姿からスパイダーの異名もつけられたが、攻撃時の貢献度が乏しく、ここにきて序列低下に繋がっている。 ラングニック体制になってからキャリアが停滞する同選手の今後については来季から指揮を執るエリク・テン・ハグ監督がどういプランを思い描いているかによるが、最近は売却対象のひとりとして指摘する報道もしばしば。そうしたなか、古巣クリスタル・パレスが救いの手を差し出そうとしているという。 イギリス『BBC』によると、クリスタル・パレスは元イングランド代表DFナサニエル・クラインとイングランド人DFジョエル・ウォードがともに30代の右サイドバックに関して補強の必要性を感じており、ワン=ビサカの連れ戻しを検討している様子。だが、高額な給与を考慮して、獲得するならローンになる可能性が高いようだ。 2022.05.04 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

コバチッチが足首負傷で途中交代…トゥヘル「あまり良さそうじゃない」

チェルシーのクロアチア代表MFマテオ・コバチッチが負傷した。 舵取り役として存在感を示すコバチッチ。17日に行われたFAカップ準決勝のクリスタル・パレス戦も先発したが、負傷を理由にわずか26分間のプレーでピッチを後にした。 結果的に急きょ出場した元イングランド代表MFルベン・ロフタス=チークの今季初弾などで3季連続の決勝進出を決めたチェルシーだが、コバチッチの状態は良くないようだ。 イギリス『メトロ』によると、トーマス・トゥヘル監督はクラブ公式チャンネル『Chelsea TV』で、今季公式戦40試合に出場する27歳について、見立ての悪さを口にした。 「あまり良さそうじゃないね。彼の足首は大きく、大きく腫れ上がっている。良さそうじゃないし、痛がってもいる。検査を待ってみよう。かなりのケガのように感じるがね」 2022.04.18 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーをFA杯決勝に導いたロフタス=チーク、現在の好調ぶりについて「いつだって自分を信じていた」

チェルシーのイングランド代表MFルベン・ロフタス=チークが、重要な一戦での活躍を喜んだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ロフタス=チークはウェンブリー・スタジアムで17日に行われたFAカップ準決勝のクリスタル・パレス戦で先発した。チームは前半コンパクトな守備を敷く相手の攻略に苦しみハーフタイムを迎えたが、65分にこぼれ球に反応したロフタス=チークが強烈なシュートをゴール右隅に突き刺して先制に成功。その後追加点を記録したチェルシーは2-0で勝利を飾っており、FAカップ決勝進出を決めている。 貴重な先制弾を記録したロフタス=チークは試合後のインタビューに応じた際、チームに貢献できている充実感を露わに。下部組織時代から将来を嘱望されながら、ケガなどでなかなか出番を得られない時期もあったが、今季公式戦32試合に出場するなどチームで徐々に存在感を増してきていることを喜んだ。 「ケガをしたり、レンタル移籍をしたりして、自分のフォームを見つけるのは大変な道のりだった。それでも、僕はいつだって自分を信じていたし、チェルシーでプレーしたいと思っていた」 「僕がまだここにいる理由は、自分の持つメンタリティにあると思う。今でも僕は自分を信じているんだ。何年も前から、自分の時代は来るんだと話してきた」 「誰もがプレーしたいと思っている。ここ数試合の僕はうまくいっていると思うから、この勢いを保ちたかった。チームの層の厚さは素晴らしいけど、僕はその中に入っていけるように準備しなければならない」 2022.04.18 15:37 Mon
twitterfacebook
thumb

FAカップ準決勝敗退のクリスタル・パレス…ヴィエラ監督は結果に落胆も「クラブにとってエキサイティングな時期」

クリスタル・パレスのパトリック・ヴィエラ監督が、FAカップ敗退に悔しさを滲ませた。クラブ公式サイトが伝えている。 クリスタル・パレスはウェンブリー・スタジアムで17日に行われたFAカップ準決勝でチェルシーと対戦した。 現在プレミアリーグで3位に位置する強豪を相手に、前半コンパクトな守備と集中したプレーで臨んだチームは、いくつかのチャンスを作ったものの得点は奪えずハーフタイムへ。後半も拮抗した展開が続いたが65分に失点すると反撃を試みたものの更なる失点を喫し、0-2で敗れた。 この結果、FAカップ準決勝敗退。試合後、ヴィエラ監督は落胆を隠さなかったものの、チームは着実に成長していると強調し、さらなる高みを目指したいと意気込んだ。 「我々は将来の成功のため働いており、それを目指していきたい。選手たちは、決勝まであと一歩というところまで来て、こうした試合の匂いを嗅ぎ、味わった。そうすれば、もっとこうした場所でプレーしたいと思うものだ」 「今日のファンを見ていると我々のため興奮してくれて、大会やリーグでサポートしてくれている。クラブは盛り上がっている。だから、こうした舞台に立つことは重要になる」 「これはクラブにとってエキサイティングな時期であり、前進し続けなければならない。私は素晴らしいクラブ、本当に良い場所にいる。そして私はクラブを違うレベルに持っていきたいし、働き続けなければならない」 「これが今日対戦したチームのクオリティだった。前半は良かったし、相手をイライラさせることができた。相手もあまり良い状況を作れていなかっただろう。戦術的なアプローチには本当に満足しているが、勝てなければいつだってフラストレーションはたまる」 「運が悪かったとは思っていない。我々は彼らをイライラさせようとして、前半はそれができた。今日はベストを尽くしたが、本当に良い相手に対しては十分ではなかったようだ。良い時間帯にはチャンスをつかまなければならないが、我々は得点ができなかった」 2022.04.18 14:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly