このままではリュディガーがフリーでレアルへ? ロマーノ氏「マドリーは本気で関心」

2021.12.16 17:20 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
レアル・マドリーがチェルシーのドイツ代表DFアントニオ・リュディガー(28)の獲得を目指しているようだ。『The Sports Review』が伝えている。

今夏の市場で、主力CBのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとフランス代表DFラファエル・ヴァランが去ったマドリー。手薄になったディフェンスラインを強化するべく、来夏に新たな補強を画策しているようだ。

その候補として挙がっているのがリュディガーだ。互いに残留を望んでいるものの、条件面での折り合いがつかず、未だ合意に至っていないとのこと。現行契約が2022年6月までとなっているため、このまま満了を迎えた際はマドリーがフリーでの獲得に乗り出すとされている。

リュディガーの去就について、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が自身の『YouTube』チャンネルでさらなる詳細を語っている。

「今日はチェルシーのセンターバック、アントニオ・リュディガーの最新情報をお届けしよう。現在のリュディガーはどうなっているのだろうか。彼は2022年(6月)に契約が満了を迎える。チェルシーは長い間リュディガーと延長交渉をしているが、まだ合意には至っていない」

「チェルシーからの新しい提案はまだ無く、リュディガーは以前の提案を受け入れていない。だから、彼がサインするためには何かを変える必要がある。そうでなければ、クラブはこの選手をフリーエージェントとして失うリスクがあるだろう」

「では、舞台裏はどうなっているのか。トッテナムとの噂があったが、それは違う。ミランとの噂もあったが、それは昔の話であり、今は何も起きていない。リュディガーがフリーになるのであれば、獲得競争の先頭に立つのはレアル・マドリーだ」

「彼らはリュディガーを欲しがっていて、新しいタイプの『ダビド・アラバの機会』を探しており、リュディガーは完璧な選手と考えられている。だから、マドリーは本気でリュディガーに関心を寄せている」

「リュディガーはチェルシーへの残留を望んでいる。彼はチェルシーが大好きだし、ロンドンが大好きで、あの雰囲気とトーマス・トゥヘル監督とのフィーリングが好きなんだ。適切な契約、最高の提案を求めているが、クラブからの提案はまだ納得いくものではない。そのため、マドリーはリュディガーをフリーで獲得することを望んでいる」

関連ニュース
thumb

クレスポ氏が自身と似たキャリアを歩むルカクに理解を示す「ミラノは特別な街」

元アルゼンチン代表のエルナン・クレスポ氏(46)が、インテル復帰が目前に迫るベルギー代表FWロメル・ルカク(29)の決断に理解を示した。イタリア『スポーツ・メディアセット』が伝えている。 現役時代のクレスポ氏はパルマやラツィオでセリエA屈指のストライカーとして地位を確立したのち、2002年夏にインテルへと移籍。だがインテルでは負傷も影響して期待に見合う成績を残せず、わずか1シーズン限りの在籍でチェルシーへ移籍。しかし今度はプレミアリーグに順応できず構想外に。2004年夏にチェルシーからインテルの宿敵ミランへとレンタル移籍したという経験をもつ。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューに応じたクレスポ氏は、チェルシー加入からわずか1年でインテル復帰となる見込みのルカクについて、自身の経歴を持ち出し理解を示した。 「ルカクは復帰を待ち望んだ。インテルでは王様だったが、チェルシーではそうではなかった。愛情や心の問題に直面すると、誰しもが物事をうまく進められない」 「私自身はプレミアではなく、カルチョに心の平穏を感じた。だから戻りたかった。ロンドンの街についてどう感じるかではない。サッカー選手にとってミラノとは特別な街なのだ」 「ミラノは本当に素晴らしく、独特の情熱がある。私の場合はチェルシーにいた時にミランのアンチェロッティが私を必要としてくれた。急いで向かったよ(笑) 」 パルマ時代にも師事したカルロ・アンチェロッティ監督(当時ミラン指揮官)の誘いに応じ、1年レンタルの形で2004-05シーズンをミランでプレーしたクレスポ氏。愛するミラノの街に帰ってこれただけに、レンタル期間が満了する時は悲しみを覚えたそうだ。 「シーズンの最後にイスタンブールでリバプールに敗れたこと。そしてチェルシーに戻らなければいけないこと。悲しみのままにミラノを後にしたよ」 なお、ルカクを巡ってはインテルのサポーターの一部が復帰を必ずしも歓迎しない姿勢を示すなど、未だ賛否はある模様。スクデット獲得をもたらしたかつてのようなプレーでこれらの声を覆せるか、注目が集まっている。 2022.06.29 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ツィエク獲得を狙うミラン、買取義務付きのレンタルを画策か

チェルシーのモロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)の獲得を目指して、ミランが具体的なオファーを準備しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 先日からツィエク獲得に再挑戦すると取り沙汰されているミラン。同選手は2020年夏にアヤックスからチェルシーに移籍したが、トーマス・トゥヘル監督の下では準主力の立ち位置から脱却できずにいる。 また、チェルシーが同じポジションに新戦力獲得の動きを見せていることもあり、契約は2025年まで残っているものの、適切なオファーが届けば売却も辞さない構えと見られている。 『カルチョメルカート』によれば、ミランのスポーツ・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が、昨夏に続いてチェルシーとツィエク代理人との三者で交渉に当たる予定で、ミラン側は2000万ユーロ(約28億6700万円)から2500万ユーロ(約35億8500万円)の買い取り義務がついたレンタルという条件のオファーを検討している模様。 また、500万ユーロ(約7億1600万円)のレンタル料を支払う意向のようで、現時点では最大で3000万ユーロ(約43億円)に上る可能性のある取引になると見られている。 チェルシーが獲得の際にアヤックスに支払った移籍金はボーナス付きの4000万ユーロ(約57億3600万円)。まだ正式オファーには至っていないが、ツィエクの周囲は忙しい夏を過ごすことになりそうだ。 2022.06.29 18:55 Wed
twitterfacebook
thumb

インテル復帰噂のルカクがミラノに到着! まもなく正式発表へ

チェルシーからインテルへの復帰が報じられてきたベルギー代表FWロメル・ルカク(29)だが、すでにミラノに到着しているようだ。イタリアの各メディアが伝えている。 2020-21シーズンのインテルでセリエA36試合24得点10アシストという数字を残してスクデット獲得に貢献したほか、自身もセリエA最優秀選手賞に輝いたルカク。今シーズンは満を持して古巣チェルシーへと帰還していたが、期待や移籍金に見合うパフォーマンスを発揮できず、これまで度々インテル復帰が取り沙汰されてきた。 イタリア『スカイ』によると、ルカクは現地時間29日の午前6時30分頃にミラノのリナーテ国際空港に到着。待ち構えていた報道陣に対し、「ここに戻ってこられて嬉しい。幸せだよ」とコメントしたようで、これからメディカルチェックや正式契約などの手続きがあるものと思われる。 インテルとチェルシーは800万ユーロ(約11億円)で1年間のレンタル契約を締結したとみられ、スクデット奪還を目指す新シーズンに向けて、頼れるエースの復帰が目前に迫っている。 2022.06.29 16:42 Wed
twitterfacebook
thumb

「チェルシーに来るべき」、チアゴ・シウバがネイマールのチェルシー入り熱望

ブラジル代表DFチアゴ・シウバが同胞FWネイマールのチェルシー加入を熱望している。ブラジル『Jornal do Commercio』が伝えている。 2017年にバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に加入して以降、ここまで公式戦144試合100ゴール60アシストを記録し、多くの国内タイトルに貢献してきたネイマール。 間違いなく近年のパリの巨人のアイコンの一人と言えるスーパースターだが、ピッチ内外で見せる素行問題や稼働率の低さもあり、現在はアンタッチャブルな存在とは言えない状況だ。 さらに、クラブがフランス代表FWキリアン・ムバッペ中心のチーム作りを進め、ネイマールの同胞レオナルド氏に代わってルイス・カンポス氏を補強責任者に任命したこともあり、今夏の移籍市場での売却の可能性が浮上している。 選手側が保有する1年の延長オプションを除き、契約が2025年まで残っているネイマールに関しては、その高額な移籍金とサラリーによって、そう易々と移籍先を見つけることはできないが、現時点ではチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、ニューカッスルというプレミアリーグの3クラブが候補に挙がっている。 そういった中、ブラジル代表とPSGで長らく共演してきたチェルシーDFは、母国のレシフェで行われたイベントの場でセレソンのエースの去就に言及。イングランドでの共闘を熱望した。 「彼はチェルシーに来なければならないね。もしそうなれば、それがベストだろう。彼がコメントする必要はない。今のところ僕は何も知らないけど、そうなることを願っているよ」 現在、チェルシーでは手薄なセンターバックの補強、リーズ・ユナイテッドのブラジル代表FWハフィーニャの獲得に全力を注いでいるが、新オーナーのトッド・ベーリー氏は新体制での目玉補強としてネイマールの獲得に動く可能性は十分にあるはずだ。 2022.06.29 14:14 Wed
twitterfacebook
thumb

CBが足りないチェルシー、獲得失敗続きで次のターゲットはナポリDFクリバリか

今夏のセンターバック補強が急務ながら、誰1人確保できていないチェルシー。新たなターゲットに目を向けているという。 チェルシーは、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーがレアル・マドリーへと移籍。デンマーク代表DFアンドレア・クリステンセンが退団し、バルセロナへと移籍するとされている。 さらにスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの去就も不透明な状況。ディフェンスラインの補強が急務となっている。 そのチェルシーはユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトやパリ・サンジェルマン(PSG)のスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルに興味を持っていた中、獲得が難しい状況に。イタリア『スカイ・スポーツ』によると、新たなターゲットをナポリのセネガル代表DFカリドゥ・クリバリ(31)に定めたという。 今夏のCB補強は確定的だが、その値段がどれも高価なものに。ユベントスは契約延長に合意しなかったデ・リフトの売却を考えたが、その費用は1億ユーロ(約143億3500万円)となり、チェルシーはドイツ代表FWティモ・ヴェルナーを差し出して減額を申し出たが拒否されている。 また、シュクリニアルに関しては、PSG行きが迫っており、個人観での合意に至ったとも報道。獲得は難しい状況だ。 クリバリはナポリとの契約が残り一年となっており、契約を延長する意思はないという。その理由は、サラリーの減額をクラブが求めているためとされている。 その結果、イタリア代表FWロレンツォ・インシーニェ、ベルギー代表FWドリエス・メルテンスがチームを去り、クリバリも続くものと見られている。 クリバリ自身は残留を望んでいるとされるが、4000万ユーロ(約57億3500万円)のオファーがあればナポリは放出を受け入れると見られている。また、ユベントスに移籍されるぐらいならば、国外のチェルシーに移籍してほしいという考えもあるようだ。 2022.06.29 12:50 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly