これはゲームではないのか!? キックオフからわずか6秒、英2部で生まれた電光石火のゴールが『FIFA』のようだと話題沸騰

2021.12.05 22:10 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
プロのサッカーの試合で、ゲームの裏技のようなゴールが誕生した。3日に行われたEFLチャンピオンシップ(イングランド2部)第21節、フルアムvsボーンマスの一戦は両チーム無得点で前半を終え、試合を折り返した。

後半はボーンマスボールでキックオフ。MFエミリアーノ・マルコンデスがセンタースポットからボールを下げると、ここから一度も相手に触れられることなくものの数秒でゴールを奪うことになる。

MFルイス・クックからリターンを受けたマルコンデスはワンタッチで軽く落とし、MFフィリップ・ビリングが前線へフィード。ボックス内へ走り込んだFWドミニク・ソランケがワントラップから右足でネットを揺らし、瞬く間に先制ゴールを挙げた。

電光石火の一撃には、まるでビデオゲーム『FIFA』シリーズで使われる裏技、“キックオフ・グリッチ”のようだという声が多数。仕様こそ若干異なるものの、ゲームよりもゲームらしい完璧なキックオフゴールとなった。

見事な一発でリードを奪ったボーンマスだったが、84分に失点を喫して惜しくもドロー。“フラッシュパス”からの一発を勝利に結びつけることはできなかったが、このようなゴールはなかなかお目にかかれないのではないだろうか。

1 2

関連ニュース
thumb

ボーンマス、フェイエノールトのCBセネシ争奪戦を制す! 4年契約を締結

ボーンマスは8日、フェイエノールトに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・セネシ(25)を完全移籍で獲得した。契約期間は2026年6月30日までで、背番号は25を着用する。 セネシは2019年9月に母国のサン・ロレンソからフェイエノールトへと加入した左利きのセンターバック。 相手アタッカーに対する鋭いチェックやハードなタックルに加え、質の高い左足フィードを持ち味とし、ボールを奪ってカウンターの起点となることもしばしば。3年間在籍したフェイエノールトでは、公式戦116試合に出場し9ゴール7アシストを記録していた。 今年6月にアルゼンチン代表デビューを飾ったセネシには、ローマやセビージャ、フィオレンティーナらが関心を示していたが、ボーンマスが争奪戦を制した。 2022.08.09 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ボーンマスがバルサから新守護神候補ネトをフリーで獲得!

ボーンマスは7日、バルセロナから元ブラジル代表GKネト(33)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。背番号は「13」に決定。契約期間は2023年6月30日までの1年となる。 ネトはユベントスやバレンシアなどを経て、2019年夏にバルセロナへ加入。だが、同クラブではドイツ代表GKアンドレ・テア=シュテーゲンが不動の定位置を築いており、ネトの出場機会はごくわずか。昨季も公式戦4試合の出場にとどまった。 さらに、ガラタサライから武者修行を終えたカンテラ出身のGKイニャキ・ペーニャにセカンドGKのポジションを奪われており、クラブの財政難も重なって今夏の退団が既定路線となっていた。 一時はアーセナルやナポリ、セルタ、フルアムなどが移籍先候補として報じられていたが、プレミアリーグ昇格クラブが新天地となった。 なお、ボーンマスは23歳のアイルランド代表GKマーク・トラバースが守護神を務め、22歳のイングランド人GKウィル・デニスがサブに控えるという状況。スコット・パーカー監督はGK陣に経験豊富なベテランの加入を熱望していた。 2022.08.07 21:54 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組ボーンマス、昨季29ゴールのFWソランケと4年の契約延長

ボーンマスは3日、イングランド代表FWドミニク・ソランケ(24)との契約延長を発表した。 新たな契約期間は2026年6月までとなる。 ソランケはチェルシーの下部組織出身。フィテッセへのレンタル移籍を経験するも、ファーストチームに昇格しないまま、2017年7月にリバプールへ完全移籍する。 世代別のイングランド代表を経験した中で、27試合で1ゴール1アシストを記録。2019年1月にボーンマスへと完全移籍した。 ボーンマスでは公式戦138試合に出場し49ゴール20アシスト。昨季はチャンピオンシップ(イングランド2部)で45試合で29ゴール7アシストの大活躍。チームのプレミアリーグ昇格に大きく貢献していた。 2022.08.04 11:05 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格組ボーンマス、バルサのGKネト獲得に本腰か

ボーンマスがバルセロナの元ブラジル代表GKネト(33)の獲得に乗り出しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ネトはユベントスやバレンシアなどを経て、2019年夏にバルセロナへ加入。だが、同クラブではドイツ代表GKアンドレ・テア=シュテーゲンが不動の定位置を築いており、ネトの出場機会はごくわずか。昨季も公式戦4試合の出場にとどまった。 今夏は経営難のバルセロナから退団を望まれており、アーセナルやナポリ、セルタ、フルアムなどが移籍先候補として浮上。そして、現在はボーンマスがバルセロナとの交渉に臨んでいるという。 ボーンマスは23歳のアイルランド代表GKマーク・トラバースが守護神を務め、22歳のイングランド人GKウィル・デニスがサブに控えるという状況。スコット・パーカー監督はGK陣に経験豊富なベテランの加入を熱望しており、33歳の元セレソンが注目されている。 なお、フルアムもネトに熱視線を送っていたが、アーセナルのドイツ代表GKベルント・レノを獲得したことで関心は薄まってきているようだ。 2022.08.03 15:31 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組ボーンマスがミドルズブラのMFタベルニエを獲得、5年契約

ボーンマスは1日、ミドルズブラのイングランド人MFマーカス・タベルニエ(23)を完全移籍で獲得した。 移籍金は非公表。契約期間は2027年6月30日までの5年間とのことだ。 ミドルズブラの下部組織育ちのタベルニエは、MKドンズへとレンタル移籍。2018年7月にファーストチームへと昇格した。 ミドルズブラでは、公式戦155試合に出場し18ゴール18アシストを記録していた。 昇格組のボーンマスにとっては今夏3人目の補強となっている。 2022.08.01 22:43 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly