プレミアリーグのゴールパフォーマンスで『NARUTO』キャラ登場? アニメ好きFWがホーム最終戦で仮面を用意し着用した姿が話題

2024.05.13 23:20 Mon
アニメ好きでパフォーマンスも独特なソランケ
Getty Images
アニメ好きでパフォーマンスも独特なソランケ
プレミアリーグの舞台に日本のアニメキャラクターが登場して話題を呼んでいる。
PR
登場したのは海外でも大人気の漫画『NARUTO』のキャラクター、うちはオビトだ。
木ノ葉隠れの最強血族とされるうちは一族の中人。写輪眼という特殊な眼を持っている一族だが、なかなか開眼できなかった。ただ、物語ではのちに重大な役割を担っていたことが判明する役。人気も高いキャラクターだ。

うちはオビトが登場したのはプレミアリーグの試合。ボーンマスvsブレントフォードの試合だった。

この試合はゴールレスのまま迎えた87分にブレントフォードが先制。しかし、90分にボーンマスのドミニク・ソランケが同点ゴールを記録。すると、徐に仮面を取り出したソランケが着用し、胸の前で手を合わせる忍者のポーズをとってパフォーマンスをした。
その付けた仮面こそ、うちはオビトが点けていたもの。どうやらソランケはかなりの『NARUTO』のファンのようだ。

ホーム最終節となったボーンマス。95分に逆転を許し敗戦に終わってしまうが、ソランケは「ヴァイタリティ(・スタジアム)、今シーズンもサポートありがとう。Kamui」と自身のインスタグラムに投稿。カムイとは、うちはオビトが使える術。神威空間と現実世界出物を転送できる能力だ。

どうやらソランケは大の日本のアニメファンの様子。今シーズンは『鬼滅の刃』の我妻善逸の技である雷の呼吸 壱ノ型「霹靂一閃」のパフォーマンスを披露するなど



PR
関連ニュース

ダン・ゴスリングが34歳で現役引退…ボーンマスやエバートンでプレー

ボーンマスやエバートン、ニューカッスルでプレーしたイングランド人MFダン・ゴスリング(34)が現役を引退した。 プリマス・アーガイルでプロキャリアをスタートしたゴスリングは、エバートン、ニューカッスルを経て、2014年に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスに加入。加入1年目にプレミアリーグ昇格に貢献すると、以降は右サイドバックやセントラルMFを主戦場に通算7シーズンに渡って活躍した。 その後、ワトフォードを経て今シーズン途中まではフットボールリーグ2(イングランド4部)のノッツ・カウンティでプレーしていた。 なお、現役引退後はボーンマス時代の元同僚DFチャーリー・ダニエルズと共に、古巣ワトフォードのU-21チームのアシスタントコーチを務めることが決定している。 2024.05.24 17:36 Fri

ローマ前GMチアゴ・ピント氏がボーンマス加入へ…両者に因縁ザニオーロがSNSで揶揄

ローマの前ゼネラルマネージャー(GM)であるチアゴ・ピント氏が、ボーンマスの新スポーツディレクター(SD)に就任することが決定したようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が報じている。 母国の名門ベンフィカでの仕事を経て、2021年1月にローマの新GMに就任したピント氏。2021-22シーズンにヨーロッパ・カンファレンスリーグ制覇、昨シーズンはヨーロッパリーグ準優勝を経験し、ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)の問題を抱える苦しい台所事情において、要求が高い同胞ジョゼ・モウリーニョ監督を支えてきた。 しかし、今冬の移籍市場での仕事を最後にローマを退団し、以降はサウジアラビア行きなど幾つかの新天地の噂があった中、最終的にボーンマス行きが決定した。 報道によると、同氏はボーンマスと3年契約にサインし、今夏の移籍市場からチェリーズでの新たな仕事をスタートする見込みだ。 なお、ピント氏はローマ時代に元オランダ代表FWジャスティン・クライファート、ウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャの移籍に関してボーンマスと交渉を行った実績があり、さらに2023年1月にはイタリア代表MFニコロ・ザニオーロの移籍交渉も行っていた。 しかし、ボーンマスとクラブ間合意に至りながらも、より重要なクラブへの移籍を臨んだザニオーロがイングランド行きに難色を示して不遜な振る舞いを見せた結果、チェリーズの怒りを買って、最終的に破談に終わった出来事もあった。 その渦中のザニオーロはピント氏のボーンマス行き決定という報道を受け、自身のインスタグラムのストーリーに過去のピント氏の「ザニオーロが去ることを決めて、真剣なオファーが届いたのが、ガラタサライとボーンマスの2クラブだけなら、それは何か意味があるはずだ」とのコメントが載せられた記事のスクリーンショットを投稿。 そして、「時は常に真実を語る。すべてのことは、あなたを悩ますために戻ってくる」とのキャプションを付け、自身にビッグクラブからオファーが届かなかったことを揶揄したピント氏が、結果的に格下とみなしていたボーンマスに行くことを揶揄し返した。 2024.05.24 17:16 Fri

5連勝締めのチェルシーは6位フィニッシュ【プレミアリーグ】

チェルシーは19日、プレミアリーグ最終節でボーンマスをホームに迎え、2-1で勝利した。 前節ブライトン戦を2-1と逃げ切り、4連勝とした6位チェルシー(勝ち点60)は、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の5位トッテナムを3ポイント差で追う中、ムドリクの負傷を受けてスターリングがスタメンとなった。 11位のボーンマス(勝ち点48)に対し、最前線にジャクソン、2列目に右からマドゥエケ、パーマー、スターリングと並べたチェルシーは開始1分過ぎ、ジャクソンがGK強襲のシュートを浴びせる。 続く3分にもパーマーに決定機が訪れたチェルシーが良い入りを見せる中、17分に押し切る。センターサークルでGKネトのクリアボールを拾ったカイセドがロングシュートを放ち、見事無人のゴールに蹴り込んだ。 カイセドの移籍後初ゴールで先手を取ったチェルシーはハーフタイムにかけてはややギアを落としたものの1点のリードを保った前半を終えた。 迎えた後半、開始3分にチェルシーに追加点。スターリングがボックス左で縦に仕掛け左足でシュートを蹴り込んだ。 1分後、ウナルにゴールを許してすかさず1点差とされたチェルシーだったが、試合をコントロールしてリードを保ち終盤へ。 追加タイムにはソランケに決定機を許したものの2-1で逃げ切り。勝利して5連勝締めとしたチェルシーだったが、トッテナムが勝利したため6位でシーズンを終えている。 なお、FAカップ決勝でマンチェスター・シティが勝利するとEL出場権が回ってくることになる。 2024.05.20 02:11 Mon

クラブ最多勝ち点更新のイラオラ監督がボーンマスと契約更新、年間最優秀監督候補にも残る評価

ボーンマスは13日、アンドニ・イラオラ監督(41)との契約更新を発表した。新契約は2026年夏までとなる。 現役時代はアスレティック・ビルバオやニューヨーク・シティFCでプレー。引退後は指導者の道へ。AEKラルナカで監督業をスタート。ミランデス、ラージョ・バジェカーノで指揮。今シーズンからボーンマスの指揮官に就任した。 シーズン序盤はなかなか勝利が掴めずに苦しんだボーンマスだったが、昨年11月から12月にかけて7戦無敗、6勝1分けと復調して勝ち点を稼ぐことに成功。その後も着実に勝ち点を積み上げると、クラブ史上最多記録となる勝ち点を更新中。最終節を残して勝ち点48、トップハーフフィニッシュの可能性も残している。 イラオラ監督自身は、今シーズンのプレミアリーグ年間最優秀監督賞の最終候補5名に残るなど、高い評価を受けている。 契約更新を果たしたイラオラ監督は、クラブを通じてコメントしている。 「契約にサインできて取れも嬉しい。私にとって、この契約は双方の信頼を新たにすることだ」 「プレミアリーグで一緒に過ごした最初のシーズンは良い経験ができ、双方がさらに関係を継続したいと考えていることを嬉しく思う」 「勝ち点の記録を達成できたことを誇りに思う。我々は非常に優れた相手と難しい競争の中でプレーしている。シーズンはゆっくりと始まったが、我々は大きく成長し、正しいやり方でプレーしている」 「プレミアリーグのレベルは非常に高く、我々はチームを改善し続けなければいけない。夏の間、それを助けるためにサイモンやチームの他のメンバーと協力することを楽しみにしている」 「サポーターの皆さんには、一緒になって1年目は本当にお世話になった。勝てていない序盤から応援してもらい、1年間選手たちが大変世話になり、感謝している」 2024.05.13 20:58 Mon

プレミア最優秀監督の最終候補5名が発表! ペップ、クロップ時代にアルテタが割り込むか?

プレミアリーグは9日、2023-24シーズンの最優秀監督賞であるマネージャー・オブ・ザ・シーズンのノミネート監督5名を発表した。 シーズンも残すところあとわずか。2022-23シーズンに続いてアーセナルとマンチェスター・シティが優勝を争っている状況だ。 4連覇を目指すシティと20年ぶりの優勝を目指すアーセナル。両クラブを指揮するジョゼップ・グアルディオラ監督、ミケル・アルテタ監督がノミネートされている。 また、3位のリバプールを指揮し今季限りでの退任が決まっているユルゲン・クロップ監督、4位のアストン・ビラを指揮するウナイ・エメリ監督、そして3月の月間最優秀監督賞も受賞したボーンマスのアンドニ・イラオラ監督がノミネートされている。 ファン投票は5月13日まで、プレミアリーグの公式サイトから投票が可能。サッカー専門家委員会の投票と合わせて勝者が決定され、5月18日に受賞者が発表される。 ◆最優秀監督候補5名 ミケル・アルテタ監督(アーセナル) 今季成績:36試合26勝5分け5敗/+60 ウナイ・エメリ監督(アストン・ビラ) 今季成績:36試合20勝7分け9敗/+20 ジョゼップ・グアルディオラ監督(マンチェスター・シティ) 今季成績:35試合25勝7分け3敗/+54 ※4回受賞 アンドニ・イラオラ監督(ボーンマス) 今季成績:36試合13勝9分け14敗/-11 ユルゲン・クロップ監督(リバプール) 今季成績:36試合23勝9分け4敗/+43 ※2回受賞 2024.05.09 23:55 Thu
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly