「全てのヒーローがマントを着ているわけではない」バロンドール授賞式でドログバが感動のスピーチ、エリクセンの命救ったケアーに敬意

2021.11.30 15:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元コートジボワール代表FWディディエ・ドログバ氏が、ステージ上で改めて敬意を示した。29日、『フランス・フットボール』が主催するバロンドールの授賞式が開催。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2年ぶり7度目の受賞を果たした。

授賞式では他の表彰もされた中、プレゼンターを務めていたドログバ氏が壇上でスピーチ。1人の選手への敬意を表した。

「この場を借りて、私にとって大切なことをお話ししたいと思います。今年、本当に功績のあった人物に敬意を表したいと思います」

「この男はヒーローです。これはフットボールや我々よりも大きいことです」

「ケアーは友人でもある、クリスティアン・エリクセンの命を助けました。賢い人々は、全てのヒーローがマントを着ているわけではないと言いました。シモン・ケアー、ありがとう」

これは、今夏行われたユーロ2020のデンマーク代表vsフィンランド代表の一戦で、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが卒倒し、ピッチ上で心肺停止になった事件に関するものだ。

エリクセンがピッチ上で倒れた際、DFシモン・ケアーが最初に異変に気がつき駆け寄ると、救助を呼び、その後はエリクセンの妻のケア、チームメイトとともにエリクセンを囲う壁を作るなど、素晴らしい対応を見せていた。ドログバ氏は改めて賛辞の言葉を送り、会場は拍手に包まれることとなった。

1 2

関連ニュース
thumb

ミランDFケアー、母国の年間最優秀選手賞を受賞「本当に名誉なこと」

ミランDFシモン・ケアーが、2021年度のデンマーク男子最優秀選手に選ばれた。同国メディア『Hessel HiRE』が伝えている。 2021年のケアーは、セリエAで2位となったミランの躍進を支えただけでなく、ユーロ2020ではデンマーク代表のキャプテンとしてベスト4入りに貢献した。 また、この大会では、初戦のフィンランド代表戦でMFクリスティアン・エリクセンが心肺停止で卒倒する悲しい事故が起きたが、その際に率先してサポートに回り、動揺する妻サブリナさんを最大限ケアする、サッカーの枠を超えた見事な姿は見ているものの心を打った。 デンマークの男子サッカー選手賞は、これまではサッカー協会(DBU)と選手協会が別個で選出していたが、2021年からは共同に。その中で選手票の53%を獲得したケアーが、2009年以来2度目の受賞を果たすことになった。同賞を2度受賞した選手はケアーで11人目だ。 「改めて、この賞を受賞するのは本当に名誉なことだ。いつまでも僕の心に残り続け、これを達成できたことを誇りに思うのだろう」 「最高で信じられない気分だよ。僕に投票してくれた同僚たちみんなに感謝したい。すごく意味のあることなんだ」 「この機会に恵まれたり、それを可能にできたりするのはかなりの特権だ。僕の名前がいつまでの残り続けるということだ」 「いつか歳をとって隠居した時に、息子たちにこの賞を見せながら『これはパパが2021年に年間最優秀選手に選ばれた証なんだ』と自慢したいね」 なおケアーは、イギリス『ガーディアン』の年間最優秀選手にも選ばれている。 2022.01.22 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

【セリエA第23節プレビュー】2位ミランvs5位ユベントス開催

前節は首位インテルがアタランタとの上位対決を引き分け、連勝が8でストップ。しかし、2位ミランがスペツィアに不覚を取って消化試合の一つ少ないインテルが2ポイント差としている。迎える第23節、2位ミラン(勝ち点48)vs5位ユベントス(勝ち点41)の上位対決が開催される。 ミランは前節、終盤のミスジャッジもあって格下スペツィアに痛恨の敗戦。リーグ戦での連勝が3で止まった。ただ、ユベントス戦に向けては現状のベストメンバーで臨める状況。切り替えて勝利を取り戻し、次節インテルとのダービーに臨めるか。 一方のユベントスは前節、FWディバラの2戦連発弾でウディネーゼに勝利。契約延長問題に揺れる中でのチームを勝利に導くゴールとなった。そして火曜に行われたコッパ・イタリアではDF吉田不在のサンプドリアに4-1と快勝。この試合でも途中出場のディバラがゴールを挙げており、ミラン戦に向けて好調ディバラがキーマンになりそうだ。 インテルは前節、互いのGKの活躍もあってアタランタ相手にゴールレスドロー決着となった。そして水曜に行われたコッパ・イタリアではエンポリに追い込まれながらもDFラノッキアのファインゴールで延長戦に持ち込み、MFセンシの今季初弾で準々決勝進出を決めた。好調なチーム状態を維持する中、今節は17位ヴェネツィア(勝ち点18)とのホーム戦に臨むが、ここは必勝としてダービーに挑みたい。 土曜にはラツィオvsアタランタの好カードも開催される。8位ラツィオ(勝ち点35)は前節、最下位サレルニターナにFWインモービレのドッピエッタで快勝。さらに火曜に行われたコッパ・イタリアでもウディネーゼとの延長戦の末、インモービレの決勝ゴールで勝ち上がった。ここまで波に乗れずにいるサッリ体制のラツィオだが、アタランタを下して上位戦線に踏みとどまれるか。 対する4位アタランタは前節、前述のようにインテルにゴールレスドロー。GKムッソの再三の好守もあって引き分けに持ち込んだ。ミラノ勢に食らいつくためには勝利が求められるが、好調だったFWムリエルが離脱。FWサパタの復帰も遅れており、先発が予想されている若手FWピッコリの活躍が求められる。 FWインシーニェを負傷で欠いた中、FWロサーノのドッピエッタでボローニャを退けた3位ナポリ(勝ち点46)は、最下位サレルニターナ(勝ち点11とのホーム戦に臨む。MFファビアン・ルイスが復帰したボローニャ戦は危なげない試合運びを見せたが、最下位相手に快勝となるか。 最後に7位ローマ(勝ち点35)は、11位エンポリ(勝ち点29とのアウェイ戦に臨む。ローマは前節、新戦力MFセルジオ・オリベイラのデビューPK弾が決勝点となってウノゼロ勝利。そして水曜に行われたコッパ・イタリアでは2部のレッチェ相手に逆転勝利。公式戦2連勝とした中、ここは必勝として更なる勢いに乗りたい。 ◆セリエA第23節 ▽1/21(金) ヴェローナ 2-1 ボローニャ ▽1/22(土) 《23:00》 ジェノアvsウディネーゼ 《26:00》 インテルvsヴェネツィア 《28:45》 ラツィオvsアタランタ ▽1/23(日) 《20:30》 カリアリvsフィオレンティーナ 《23:00》 ナポリvsサレルニターナ スペツィアvsサンプドリア トリノvsサッスオーロ 《26:00》 エンポリvsローマ 《28:45》 ミランvsユベントス 2022.01.22 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元セレソンのロビーニョ、禁固9年確定…2013年に集団強姦

元ブラジル代表FWロビーニョ(37)の有罪判決が確定した。イギリス『BBC』が報じている。 ロビーニョはミランに在籍した2013年にミラノ市街のナイトクラブで22歳のアルバニア人女性を集団で強姦した疑いがかけられ、2017年に有罪判決。9年間の禁固刑が言い渡された。 だが、この判決に不服のロビーニョ側は上告。そこから2020年12月の控訴審での敗訴もあったが、ローマの最高裁判所は19日にロビーニョ側の訴えを棄却して、当初の判決を支持した。 そんなロビーニョだが、現在はブラジルに滞在中。同国の法律では国民の引き渡しが禁じられており、収監される可能性が低いようだが、イタリアも刑に服すよう要請できるという。 かつてレアル・マドリーやマンチェスター・シティ、広州恒大(現・広州FC)などでも活躍したロビーニョはトルコでのプレーを経て、2020年10月からサントスに復帰。しかし、事件発覚で契約も1週間ほどで白紙となり、プレーから遠ざかっている。 2022.01.21 11:20 Fri
twitterfacebook
thumb

スパーズが今冬にケシエ獲得に動く! フリーとなる今夏の争奪戦回避の意向

トッテナムが今冬の移籍市場でミランのコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(25)の獲得に動くようだ。イギリス『テレグラフ』が報じている。 アントニオ・コンテ監督は今シーズンのトップ4フィニッシュに向け、今冬のタイミングでのチーム刷新を図る。ここまでは右ウイングバックのレギュラー候補として、ウォルバーハンプトンのスペイン代表FWアダマ・トラオレ(25)の獲得を優先事項としている。 その一方で、フランス代表MFタンギ・エンドンベレが完全に構想外となったことで、手薄な中盤の補強として以前から関心を示すケシエの獲得に力を注ぎ始めているようだ。 今シーズン限りでミランとの契約が終了する中、契約延長を固辞するコートジボワール代表MFは、フリーとなる今夏の移籍市場でパリ・サンジェルマンや国外の強豪クラブの有力なターゲットとなっている。 そういった中、トッテナムは今夏の争奪戦を避けるため、今冬のタイミングでミランに移籍金を支払う形での獲得へプラン変更したようだ。 現在、ミランとトッテナムではイングランド人DFジャフェット・タンガンガの移籍を巡る交渉を行っていると見られており、その話し合いと並行する形でケシエ獲得交渉を進めていく考えのようだ。 なお、ケシエ個人に関しては先日にトッテナムが獲得レースをリードしているとの報道も出ており、条件面において良い話し合いができているようだ。 2022.01.21 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

CBに負傷者相次ぐミラン、トッテナムの若手DFをレンタルで獲得か

ミランがトッテナムのU-21イングランド代表DFジャフェット・タンガンガ(22)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 現在セリエAで2位につけ、熾烈なスクデット争いを繰り広げているミランだが、センターバックが相次いで負傷。デンマーク代表DFシモン・ケアーはヒザを負傷して今季絶望となり、イングランド代表DFフィカヨ・トモリも13日に行われたコッパ・イタリアで左ヒザ内側半月板を損傷して、1カ月程度の離脱になると報じられている。 『スカイ・スポーツ』によると、スクデット争いで後れを取らないためにもセンターバックの補強が急務なミランは、タンガンガをレンタルで獲得するプランを持っているようだ。 トッテナムのアカデミー出身のタンガンガは、2019年9月に行われたEFLカップでファーストチームデビュー。翌年にはプレミアリーグデビューを飾るなど高い期待が寄せられているが、昨シーズンは度重なる負傷に悩まされ、公式戦13試合の出場に留まることに。今シーズンも公式戦17試合に出場しているが、プレミアリーグでの先発は8試合に留まっており、主軸の地位を築くまでには至っていない。 選手本人も、現在負傷中のDFクリスティアン・ロメロ、DFエリック・ダイアーが復帰した後の出場機会減少を危惧しているという。そのため、クラブ間でレンタル移籍に合意すれば、ミラン行きが実現する可能性は高まると見られている。 2022.01.19 13:01 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly