センターバックとの契約交渉進まないチェルシー、バルセロナDFアラウホに関心か

2021.11.27 21:54 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーが、バルセロナのウルグアイ代表DFロナルド・アラウホ(22)に関心を抱いているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

アラウホは2018年夏にウルグアイのボストン・リーベルからバルセロナBに加入し、翌年の10月にトップチームデビュー。これまで通算52試合に出場し、チームの中心選手として活躍している。

今季はハムストリングのケガに苦しみながらも13試合に出場しており、その活躍と22歳という若さから複数クラブの目を引いているようだ。特に空中戦の強さやスピード、パワーを強みとしていることから、プレミアリーグからの関心が強いと言われている。

そのひとつと言われるチェルシーでは現在、ドイツ代表DFアントニオ・リュディガーをはじめ、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセン、スペイン代表DFセサル・アスピリクエタ、そしてブラジル代表DFチアゴ・シウバが来夏で契約満了を迎える状態。センターバックの補強が急務となる可能性があるなか、アラウホ獲得に大枚をはたく準備ができているようだ。なお『ムンド・デポルティボ』によると、バルセロナと2023年まで契約が残っている22歳の契約解除金は2億ユーロ(約250億円)にまでのぼるという。

一方、同メディアによるとアラウホ自身はバルセロナ残留を希望しているとのこと。バルセロナとしても、来年2月に35歳を迎えるDFジェラール・ピケの後継者を確保しておきたいという考えもあり、直ちに手放す可能性は低いとみられている。

関連ニュース
thumb

移籍望まぬオーバメヤンとチャビ監督、しかしクラブは売却進める可能性…チェルシーは41億円の要求を飲む?

チェルシーは本気でバルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(33)を獲得する気のようだ。 今夏の移籍市場でチェルシーがストライカーを熱望しており、その中の候補として挙がっていたオーバメヤン。しかし、本人は移籍の意思を示さず、バルセロナでのプレーを望んでいることを主張していた。 しかし、そのオーバメヤンを手放したいのはバルセロナ。財政問題を解決し、サラリーキャップの制限を守らなければいけないクラブは、子会社の株式売却などでなんとか資金を集め、今夏獲得した選手たちを登録したが、全ての問題は解決しておらず、更なる補強、さらにフランス代表DFジュール・クンデの登録を行わなければいけない。 そのバルセロナが打てる次の手は、やはり選手の売却。その中でのトップに立っているのがオーバメヤンだという。 2022年1月にアーセナルと契約を解除してバルセロナに加入したオーバメヤン。半年間で23試合に出場し13ゴール1アシストを記録。今シーズンは背番号を「17」にし、意気込み新たにシーズンに臨もうとしているところだ。 ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキという強力なライバルが加入し、ポジションは危うくなっているオーバメヤンだが、チャビ・エルナンデス監督もチームの戦力として重要であると認めている。 ただ、クラブとしてはチェルシーが興味を示しているため、売却する方が賢明だと考えている状況。フリーで獲得した選手から利益を大きく得ようとしている。 移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によれば、チェルシーのオーナーを務めるトッド・ベーリー氏がオーバメヤンの代理人との会合を予定しているとのことだ。 さらに、バルセロナは約3000万ユーロ(約41億3000万円)をオーバメヤンの移籍で得ようとしているようだが、個人の条件を含めて明確になった場合、ベーリー氏はオファーを出して移籍をまとめようとするとしている。 本人、そして監督が望んでいない状況での移籍は非常に難しいものとなるが、バルセロナとしては選手を手放さなければ救われない状況。果たしてどのような結末を迎えるだろうか。 2022.08.17 23:30 Wed
twitterfacebook
thumb

チャーリー・ムソンダが10年在籍のチェルシーを退団、レバンテへ完全移籍

チェルシーのアカデミー出身のベルギー人MFチャーリー・ムソンダ(25)がレバンテへ移籍した。 元々アンデルレヒトの下部組織に所属していたムソンダは、2012年夏に多くのビッグクラブが競合した中で、2人の兄と共にチェルシーに移籍した。ユースレベルでは2013-14シーズンのU-21プレミアリーグ優勝や、14-15シーズンのUEFAユースリーグ制覇に貢献した。 ベティスやセルティックへレンタル移籍しながら何度かチェルシーで出場機会を得たが、大成できずに若手の恒例となっているフィテッセへのレンタルを経験。しかし、この間に2度の前十字靭帯損傷という大ケガに見舞われ、2020年夏にチェルシーに復帰するも、この2シーズンでプレーすることはなかった。 そして今夏、契約満了に伴いチェルシーを退団。6月には母国のズルテ・ワレヘムのトライアルを受け、実際にプロ契約締結のオファーもあったものの、ムソンダは突如として姿をくらまし、行方がわからなくなっていたという。 それでもこの度、その去就が明らかに。スペイン2部を新天地に選んだ25歳は「チャンスをくれたクラブにとても感謝している。もう一度自分のレベルを世界に見せたい」と意気込みを語っている。 2022.08.17 17:20 Wed
twitterfacebook
thumb

「チームに欠けているもの全てを満たしている」 マーソン氏がチェルシーにC・ロナウド獲得を推薦

アーセナルのレジェンドであるポール・マーソン氏がチェルシーに対して、マンチェスター・ユナイテッドで移籍を希望するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(37)の獲得を薦めた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 昨夏にユベントスを退団し、電撃的に古巣であるユナイテッドに復帰したC・ロナウド。チームはプレミアリーグで6位と不振に陥り、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を逃したが、自身は公式戦39試合で24ゴール3アシストを記録するなど力を見せつけた。 ユナイテッドは新シーズンからエリク・テン・ハグ監督を迎え、心機一転を目論むが、CL出場を熱望するC・ロナウドは移籍を希望。チームはプレミアリーグ開幕から2連敗と散々な状態に陥っていることも、移籍の考えに拍車をかけている。 クラブも当初こそエースを引き止める考えを示していたが、チームの士気が落ちる懸念から方針を転換。オファー次第では売却に踏み切る可能性があると報じられるが、現在までC・ロナウド獲得に具体的な関心を示すクラブは現れていない。 ここまでバイエルンやチェルシー、アトレティコ・マドリーなどが移籍先として浮上したが、いずれのクラブも現段階で獲得の可能性は低いとみられている。 これに対して、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演したマーソン氏はチェルシーこそC・ロナウドを獲得すべきだと主張。ベルギー代表FWロメル・ルカクが今夏インテルにレンタル移籍し、ストライカーがいないクラブにC・ロナウドが加入すれば、大きな脅威になるだろうと語った。 「チェルシーがC・ロナウドを獲得しなかった、あるいは今後も獲得しないと考えているのだとしたら、それは信じられないね。彼は今のチェルシーに欠けているもの全てを満たしているのだから」 「チェルシーでプレーすることは、ピッチ中央から仕事をする必要があるマンチェスター・ユナイテッドとは違う。チェルシーはボックスの端に相手を押し込み、試合を支配するチームだ」 「チェルシーには信じられないようなウイングバックがいて、フットボールの試合を支配する。だから、もし彼らがボックス内にいるC・ロナウドにボールを入れれば、どれだけのゴールが生まれるだろう。それは考えるのも恐ろしいほどだね」 2022.08.17 15:48 Wed
twitterfacebook
thumb

未来投資が進むチェルシー、インテルの有望MFカサデイの獲得も決定的に

チェルシーのU-19イタリア代表MFチェーザレ・カサデイ(19)獲得が決定的となった。 カサデイはインテルのU-19チームで鍛錬を積むセントラルハーフ。昨季はプリマヴェーラ1で30試合14得点4アシストの成績を残し、インテルの4季ぶり優勝に大きく貢献した。 まだ公式戦でのトップチームデビューの機会は訪れていないものの、今夏のプレシーズンではルガーノ戦で途中出場。移籍市場においてはトリノやカリアリなど国内の中小クラブからの関心が伝えられた。 一方でその将来性はビッグクラブからも注目されていたが、早い段階から交渉に取り組んでいたチェルシーがクラブ間合意に漕ぎ着けた模様。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏やジャンルカ・ディ・マルツィオ氏によれば、移籍金は1500万ユーロ+アドオン500万ユーロ。現地時間17日夜にもロンドンへ飛び、メディカルチェックを受ける予定のようだ。 ただ、今季はリザーブチームかレンタル先が主戦場となる可能性が高いとのこと。チェルシーでは今夏にアメリカ代表GKガブリエル・スロニナ(18)やU-19イングランド代表MFカーニー・チュクエメカ(18)といった有望な若手を獲得しており、新オーナーのトッド・ベーリー氏の下、未来投資を積極的に進めている。 2022.08.17 15:02 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー行きを望むフォファナがレスターに不満? チェルシーはオファー値上げの準備へ

レスター・シティのU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(21)が、チェルシー行きを望んでいるようだ。イギリス『ガーディアン』が伝えている。 センターバックの補強を目論むチェルシーにおいて、長らく優先ターゲットとして報じられているフォファナ。昨夏から多くのビッグクラブが関心を寄せる存在だが、レスターが放出を固辞していることもあり、今夏も関連が伝えられたクラブは次々と下火となっていった。 ただ、レスターはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)抵触の危機に直面しており、資金調達が必須という弱点も。それに対しチェルシーも8000万ポンドもの大金を準備しているとも言われ、まだまだ目が離せない状況となっている。 また、先日に自身のTwitterのプロフィールから「レスター」の文言を削除し、移籍を匂わせていたフォファナ本人もチェルシー移籍に乗り気。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏は、すでに個人間合意に達していると主張している。 加えてフォファナは、移籍を認めないクラブに次第に不満を募らせているようで、三者間の状況は混沌としてきているようだ。 2022.08.17 14:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly