琉球、市丸瑞希が退団へ…今季G大阪から完全移籍移行も

2021.11.26 17:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は26日、MF市丸瑞希(24)の今季退団を発表した。

ガンバ大阪下部組織出身の市丸は2016年、DF初瀬亮(現・ヴィッセル神戸)、MF堂安律(現・PSV)、FW高木彰人(現・ザスパクサツ群馬)とともにトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁(現・ジュビロ磐田)の後継者と目されるなど高い期待がかけられたが、FC岐阜からレンタルバックの2020年もトップチーム定着に至らず、同年8月から琉球に期限付き移籍した。

そのシーズンに明治安田生命J2リーグ27試合の出場を果たすと、今季から完全移籍に移行。しかし、J2リーグ残り2試合の今季はここまで先発のチャンスがなく、10試合の途中出場にとどまっている状況だ。契約満了による今季退団が決まった市丸はクラブを通じて「1年半ありがとうございました。琉球でいい経験をさせてもらいました」とコメントしている。


関連ニュース
thumb

琉球のアウェイユニにも「シーサー」がデザイン! 伝統のボーダーに

FC琉球は24日、2022シーズンで着用するアウェイユニフォームのデザインを発表した。 2017年からタッグを組む「sfida(スフィーダ)」が、今季もサプライヤーを務めホームユニフォームのデザインは既に発表。馴染みのベンガラ色を基調にシェブロン・ストライプを加え、勝利を呼び込むシーサーの開いた口「あ」、掴んだ勝利を離さない閉じた口「うん」の、大胆なシーサー柄をシャツとショーツの上下に施していた。 アウェイもsfidaが2021年度から掲げる「OPEN THE NEW GATE」のシーズンテーマを継続。グラフィックは「Hex Border」。伝統のボーダーユニフォームデザインを動きを伴うsfidaオリジナルのHex型デザインアクセントであしらい、身に纏う事でより大きく力強さを表現している。 また、襟裏に“We Are #1 May The Luck Be With Us” 「No.1 になれる。我々にはそのLUCKが舞い降りるんだ」と記し、sfida/FC 琉球のユニフォームを身に纏い、全ての不安や恐れを断ち切り、絶対に出来ると信じられる事を後押ししている。 白が基調となっており、こちらもシーサーが大きく入っているデザインに。GKは黒となっている。 <span class="paragraph-title">【写真】FC琉球のアウェイユニにも「シーサー」が大胆にデザイン!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">AWAY ユニフォームデザイン発表<br><br>FC琉球の2022シーズン ユニフォームデザイン(AWAY)が決定いたしましたのでお知らせします。<br><br>販売概要などはこちら<a href="https://t.co/cW1E7faNXZ">https://t.co/cW1E7faNXZ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E7%90%89%E7%90%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC琉球</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E7%90%89%E7%90%83%E4%B8%80%E5%BF%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#琉球一心</a> <a href="https://t.co/ggncGMiSj1">pic.twitter.com/ggncGMiSj1</a></p>&mdash; FC琉球 | FC RYUKYU (@fcr_info) <a href="https://twitter.com/fcr_info/status/1485538539869995008?ref_src=twsrc%5Etfw">January 24, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.24 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球、パートナーシップ結ぶベトナムクラブから2選手が期限付き加入

FC琉球は24日、ベトナムのサイゴンFCからMFファム・バン・ルアン(22)、MFブー・ホン・クアン(22)の期限付き移籍加入内定を発表した。2選手は入国後、メディカルチェックを経て、正式契約を結ぶ。 両選手はともに世代別のベトナム代表歴を持つ。琉球はかねてからJリーグのアジア戦略に則り、、アジア事業展開をビジョンに掲げて推進。2021年2月にサイゴンFCとパートナーシップを締結していた。 両選手はクラブを通じて、それぞれコメントしている。 ◆ファム・バン・ルアン 「はじめまして。ファム・バン・ルアンです。FC琉球と仮契約ができて、とてもうれしく思っております。まず、私のことを信頼していただき、FC琉球でサッカーをする機会を与えてくださったサイゴンFCチャン・ホア・ビン会長にお礼申し上げます」 「FC琉球に加入したら、FC琉球の一員としてファンの皆様の期待に応えられるように精一杯頑張ります。一日も早くチームに溶け込み、日本語を学び、文明的で友好的な国である日本の文化を吸収したいと思います」 「FC琉球に入った後、自分のサッカースキルを完成させ、公式戦に出れるように努力し、チームの成績に貢献し、団結力のある強いチームを作ることを目指します」 「これは私にとってはJリーグでの大きな挑戦となります。自分の課題を克服し、サッカー人生においてベトナム代表としてプレーするという私の夢を叶えるために、勇気を持って努力したいと思います」 「FC琉球の選手・スタッフの皆様、並びにベトナムと日本のファンの皆様、お会いできるのを楽しみにしております。よろしくお願いいたします」 ◆ブー・ホン・クアン 「はじめまして。ブー・ホン・クアンと申します。日本でFC琉球との仮契約をする機会を頂きまして、大変うれしく思っております。サイゴンFCの一員としてサッカーをする環境を備えていただき、それに海外での練習や出場の機会を与えてくださったサイゴンFCチャン・ホア・ビン会長に、大変感謝しております。また、サイゴンFCで自分自身を成長させ、ピッチ上で自分の情熱を追求し続けることができ、とてもありがたく思っております」 「なお、FC琉球にもお礼を申し上げます。たくさんのことを早く学び、チームに溶け込めるように頑張ります。来日したら、FC琉球のために一生懸命練習し、試合でプレーできることを目指します。ベトナムに帰国した後、サイゴンFC並びにベトナム代表にも貢献できるように常に向上心を持っていたいです」 「母国ベトナムと環境や気候が違う日本へ行くことは私にとっては新しい挑戦です。すべてが新しくなるわけですが、だからといって気落ちすることなく、自分自身を成長させ、良いプレーをするために練習に励みたいと思います」 「改めて、いつも私を支えてくれた皆様に感謝し、サッカーへの情熱を追求する機会を与えていただき、大変感謝申し上げます」 2022.01.24 15:59 Mon
twitterfacebook
thumb

元琉球の市丸瑞希、関東1部のVONDS市原に加入決定 「JFL昇格のために全力でプレー」

FC琉球は22日、MF市丸瑞希(24)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原に加入すると発表した。 ガンバ大阪下部組織出身の市丸は2016年、DF初瀬亮(現・ヴィッセル神戸)、MF堂安律(現・PSV)、FW高木彰人(現・ザスパクサツ群馬)とともにトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁(現・ジュビロ磐田)の後継者と目されるなど高い期待がかけられたが、FC岐阜からレンタルバックの2020年もトップチーム定着に至らず、同年8月から琉球に期限付き移籍した。 そのシーズンに明治安田生命J2リーグ27試合の出場を果たすと、昨季から完全移籍に移行。チームの副主将にも任命されたが、10試合の出番に終わり、シーズン終了後に退団した。 VONDS市原を通じて、「FC琉球から移籍してきました、市丸瑞希です! ボンズへの加入を後押ししてくれた方々に感謝して、JFL昇格のために全力でプレーし、チームに貢献できるように頑張るので応援よろしくお願いします!」とコメントしている。 2022.01.22 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球で新たに3選手がコロナ感染

FC琉球は19日、トップチームの3選手が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを報告した。 クラブによれば、そのうちの一人は検査前に発熱症状が確認されており、14日のPCR検査で陽性が判明。残りの2名は15日、16日と立て続けに感染が報告された。なお、いずれの選手に対しても濃厚接触疑いのある者はいないという。 12日にも2名の選手の陽性が確認された琉球では、13日から全選手が個別トレーニングに移行しており、19日から小グループに分けたトレーニングを再開しているとのことだ。 2022.01.19 13:22 Wed
twitterfacebook
thumb

沖縄SV琉球退団のFW儀保幸英が九州Lの沖縄SVへ完全移籍「全力で闘います」

FC琉球は16日、FW儀保幸英(25)が九州リーグの沖縄SVへと完全移籍することを発表した。 沖縄出身の儀保は流通経済大学柏高校から沖縄国際大学を経て2019年にFC琉球へ入団。2020シーズンは当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していたテゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍し、14試合2得点を記録してチームの明治安田生命J3リーグ参入に貢献した。 2021シーズンも継続して期限付き移籍。しかし、明治安田J3では3試合の出場に留まり、無得点に終了。シーズン終了後に両クラブからの退団が発表されていた。 儀保はクラブを通じてコメントしている。 「はいさい!沖縄SVに関わる全ての皆様、このたび、FC琉球から加入する事になりました儀保幸英です。地元沖縄でプレーできることにとても感謝しています!」 「チームのJFL昇格と、地元沖縄をもっとサッカーで盛り上げていくために全力で闘いますので宜しくお願いします!」 2022.01.17 08:30 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly