【引退会見全文】J史上最高のストライカー、大久保嘉人「本当に最高のサッカー人生」「今は整理もついてスッキリした気持ち」

2021.11.22 23:01 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪の元日本代表FW大久保嘉人(39)が22日、引退記者会見を実施した。

19日にクラブから今季終了をもって引退することが発表された大久保。JリーグではプロデビューしたC大阪をはじめ、ヴィッセル神戸や川崎フロンターレ、近年ではジュビロ磐田や東京ヴェルディなど6チームを渡り歩いた。また、2005年から2006年にかけてはスペインのマジョルカ、2009年1月から半年間はヴォルフスブルクでプレーするなど、20代半ばに海外挑戦も果たした。

J1通算191ゴール(11/22時点)の最多ゴール記録を誇り、3年連続でのJ1得点王と、成し遂げることが困難な記録を作り続けた大久保。引退発表には各方面から惜しむ声が届く中、記者会見に臨んだ大久保は冒頭から涙を流し、時折言葉を詰まらせながら、引退決断の経緯や、これまでのキャリア、引退後のこと、そして家族のことなどを語った。

「大久保嘉人は…今シーズンをもって…引退します」

「20年間という長い間でしたけど、本当に最高のサッカー人生でした」

「まだ、伝えたいことが本当にたくさんあるんですけど、皆様に感謝したいと思います。ありがとうございました」

ー(司会)今日はどんな引退会見にしたいと思っていますか

泣かない予定でしたが、速攻で泣いてしまいました。すいません。本当に素晴らしい会見にできたらと思います


ー(代表質問)まだまだプレーできると見ているが、今回引退を決断した理由は

自分はプロになった時に引退はこういう引退がしたいなというプランがありまして、そうなるかは自分次第でわからないと思っていましたが、自分が動けるうちに、まだまだできるだろうと言われるうちに辞めたいと思っていて、それが今なのかなと思い決断しました


ーJ1通算200ゴールまであともう少しだが、もったいないなと思うことは

それは結構言われるんですけど、取りたいという気持ちはやっぱりありました(涙)

だけど、まだまだ自分の力が足りなかったのかなと思っています


ー今回の引退を決断された時に誰かに相談したか

特には相談しなかったです。自分がこういう性格で、決めたことは曲げないので、気持ちは固めて、すぐ妻に伝えました


ー引退を伝えたときの奥様のご様子は

本当にそれで良いの?という感じでした。まだ整理がついていない感じでした


ー子供たちにはどう伝えたか

決めて、発表する前日に横浜に帰りまして、長男も部活、次男もサッカーで帰ってくるのが夜10時過ぎで、帰りを待っていて椅子に座らせました

伝えようとした時に察したと思うんですが、自分がサッカーを辞めることではなく、5人目?女の子?と言われまして、そうじゃなくて、サッカーを辞めると伝えました


ー伝えた時の子供たちのの反応はいかがでしたか

長男はもう分かっていると思うので、隠しながら、「お疲れさん」と言っていました。一緒に暮らしていないので、また一緒に暮らせる嬉しさと、サッカー選手じゃなくなる寂しさがあったように僕は見えました

三男は一緒に住んでいるので、大阪の友達ができて、もう別れるのという寂しさと、また家族で住める嬉しさを、今もどう表現して良いかわからない感じです


ーお母様にはどう報告をされたか

辞めると決めていたので、今シーズンで辞めるねと電話しました


ーその時の反応はいかがでしたか

ダメとか、戸惑った感じは自分には見せていなかったです。ただ、妻と電話で話した時は寂しさはあったと思います


ー最後はセレッソの選手として終わることとなりました。その気持ちは

それについては、自分が最初に入ったチームがセレッソ大阪で、セレッソ大阪がなければ、自分がサッカー選手としてここまでやれていなかったと思いますし、このセレッソ大阪で全てを学び、移籍して色々なことを伝えられるようにもなりました

まさか1回移籍して、色々なチームを渡り歩いて、またセレッソ大阪に戻してもらえたことは感謝しかないです

自分にはセレッソ大阪しかないんだなと。今、そういう思いでいっぱいです


ー大久保嘉人にとってサッカーとはどんなものか

小さい時からサッカーをしてきて、自分がプロになり、子供たちに夢を与えられる仕事だと思っていました


ー改めてファンへメッセージを

自分はこのサッカー選手になって、自分という、こういう汚いプレーヤーでしたけど、その中でも全然悔いはないですし、サッカーの時と普段の時の性格は全く違いますけど、サッカーで自分を貫き通せたことはあり、ここまでよくやってこれたなと自分でも誇りに思います

そういうのは真似しない方が良いことはたくさんありましたが、それもサッカーだと思っていたので、悔いなくサッカー人生を終えられると。今は幸せです


ー今回引退を決断されたタイミング、最大の理由は

引退を決断した時は、11月16日です。本当に最近なんですが、ふと車の中だったり、家に帰ったり、1人の時間が多い時に、ここ最近は引退しようかなと思っていた時もありましたし、そう思っていた時にメンタル的なこともそうですが、20年間苦しい思いの方が非常に強くて、それを見せないようにしないといけないなとずっと思っていたので、ずっと細い糸がギリギリ繋がっている状態でやっていました

その中で1人になった時に、ここで辞めた方が良いのかなとふと思い、家でその場で決めて、すぐ妻に伝えました


ー選手やOB、ファン・サポーターはまだやれる、寂しいという声もある。尊重するという前提がありながら、そういった声に関してはどういう思いが

一緒に戦った仲間だったり、ファン・サポーター、対戦したチームの関係者、選手だったり、皆さんには、自分としては感謝しかないです

一緒に戦っている選手たちには、これからサッカーを楽しんで欲しいなという気持ちと、もっともっと上を目指して、やって欲しいなというのを、これから伝えていきたいかなと思っています


ープロ1年目の自身から考えて、J1最多得点、3年連続得点王を経て、今の姿はどう写っているか

1年目からメチャクチャで、長くサッカーはできないだろうと思われていたでしょうし、自分でも長くサッカーはできないと思っていました

まさか39歳までやれるとは思っていなかったですし、得点王を3年連続取ることも想像していなかったので、思っていた以上のサッカー人生を送れました。幸せのまま終われると思います


ー今後のことについてはどう考えているのか

シーズンが終わっていないので、まだですが、シーズンが終わってこれから話し合いながら、色々なことにチャレンジしたいなと思っています

今すぐ言える目標はゴルフで90切りをやりたいなと。早めに切れたら良いなと今は思っています


ーこの20年間、どう自分と向き合ってきたのか

自分は逆境に立ち向かっていかないと力が出ないタイプの選手だったので、このまま行ったら這い上がれないと思った時は、記者の皆様に自分にプレッシャーをかけるようなことを言って、そのように色々書いてもらったり、そうなると自分にプレッシャーがかかりますし、そこで立ち向かっていくということを20年間やってきました


ーヒザのケガを抱えていた時期もあり、ケガとの戦いもあったと思う

サッカー選手である以上はケガはつきものだと思いましたし、痛みに強く、ケガしていても弱いところは見せたくなかったです

大きなケガの時以外は、あまり休むことなく、やり続けてきました


ー一番印象に残っている場面、シーンは

いっぱいあります。入団した時のジュビロ磐田戦の初ゴールは自分のキャリアがスタートしたなと思いますし、その場面がすぐ浮かんできます


ーやんちゃなプレー。色々と、そう言われてきたことについてはどう思っているか

そういった選手がなかなかいなかったので、そういう選手でありたいと思っていましたし、やんちゃだとか、退場も多かったですし、言ってくださったことは自分らしいと思ってもいました

それはサッカーの時だけですけど、突き通せたことは自分らしいかなと思いましたし、そこは誇りに思って辞めていけるかなと思います


ーまだまだやれると言われることへの気持ちの整理は

200得点は誰よりも思いが強かったですし、そのチャンスがあるのは自分だけだったので、取れるまでやれとしか言われませんでした

自分の中でも良かったら取れるだろうし、悪かったら何年かかるかわからないので、今やめた方がスッキリするのかなと思っていました

皆さんに伝えたときは本当にスッキリして、言われることもないという気持ちで、今は整理もついてスッキリした気持ちです


ー今後の日本サッカーについてどういう期待をしているか

これからは日本サッカー界も色々な外国籍選手だったり、スーパースターも来たりすると思います。もっともっと盛り上げて、みんなが目標とするリーグになって欲しいと思っています


ー息子(三男)と一緒に暮らして子供の成長、自身の成長はどうだったか

三男と2人暮らしで、今まで洗濯も家事も何もしてこなかった自分がやらないと、三男が可哀想だなとか、ご飯食べさせないと痩せていくなと考えて、それを考えるだけでも成長したなと自分は思います

自分が思ったことで行動ができるようになったかなと思います。子供のためにやらないといけない。やらないといけないけど、面倒なのでゴロゴロしていたものが動くようになりました。そこは成長しました

三男は妻とかと住んでいた時は何も自分のことはできませんでしたが、今はしないとついていけない、やっていけないので、自分で洗濯物を干したりするようになりました

2人で苦しい環境に置けば成長するんだなとつくづく思いました


ー今後は指導者の可能性もあるのか

今までの経験を伝えなきゃいけないと思います。指導者ということも、どう指導するか、ライセンスゼロなので分からないですが、もっともっとサッカーのことも知りたいし、勉強したいということもあります

他にも違うことにチャレンジしていきたいというのもありますので、少しゆっくりして考えていきたいと思います


ーセレッソに復帰するときに森島寛晃社長も大きかったと思う。背番号20を背負うときは西澤明訓への思いもあったと思うが引退はどう伝えたのか

自分の中で決めて、お伝えしました。辞めますと

セレッソに戻ってこれたことに感謝していますし、恩返しという気持ちできたと伝えました


ー2人からの言葉は

まだできるだろうと言われました


ー引退後の一番の楽しみは

今はゴルフに毎日行きたいぐらい、チャレンジしたいと思います

まずは90切りを狙っていきたいなと。それを達成できたら、次の目標を立てて色々やっていきたいです

今のベストスコアは「91」です。あとちょっとです


ーJリーガーを目指す全国の子供たちへメッセージを

今はサッカーを本当に好きになってもらって、これから大きくなっていくにつれて、大変なこと、上手くいかないことも出てくると思います

そんな時にも投げやりにならずに、少しずつでも良いので、努力して、コツコツやることで後で大きくなり、自信につながる。諦めずに苦しいことにも立ち向かって、頑張って欲しいなと思います

そうすると夢が叶うと僕は思っています


ーライバル視していたDFの方、影響を受けた攻撃の選手は

ディフェンスの選手は特にライバルという風に全く見たことがないです。凄い選手は一杯いましたが、僕はどう崩して点を取ることしか考えていなかったので、ライバルはいません

前の選手は森島さんに憧れてセレッソを選びましたし、森島さんを抜かないと試合に出られないと思っていたので、森島さんから全てを学んで、いつか抜ければ良いなと思って頑張ってきました


ー天国のお父さんににどんなことを伝えたか

(涙が止まらない大久保)やっぱり凄く厳しい父でしたけど、父が居なければ、サッカー選手になれていないかなと思います

報告したら、よくやったなと言われると思います


ーストライカーとしての矜持。191ゴール以外にも海外でもゴールを決めた。自分でどういうストライカーだったと思うか。嗅覚という言葉で表現してきたが、今だから言えるゴールの極意があれば

野生的と言われてきましたけど、動くところとかは野生的だったと思います

ゴールを取るために、確率を求めていましたし、その中でも、自分は元々ストライカーではなく中盤の選手だったので、パスの出し手の気持ちも分かることもあり、逆算をしながら、常にプレーをしていました

FWのところから後ろに下がって行ったりしましたし、それはボールを触りたいからではなく、DFを見ながらプレーをすることで、DFがついてくれば、空いたスペースを他の選手が使ったりすれば得点のチャンスが増えると思ったり、パスを出す、センタリングを出す選手の位置、ここにボールを置いたらこっちにしか来ないと思った時は、どう相手のことを動かすべきか、考えることが多かったです

野生的と言われましたが、凄く色々考えていましたと今は伝えたいです


ーそんな中での会心のゴールは

プロになる前からスペインリーグでやりたいと思った時に、プロに入って4年後にマジョルカからオファーをもらい、行って、開幕戦。デビュー戦でのゴールは、いつも緊張しない自分が試合前に緊張しました

その中でのアシストとゴールは今でも本当に忘れられないゴールになっています


ーサッカーという仕事で、よくあそこまでキレられるなと。ピッチの近くで見ていても、口に出せないようなことを言ったりしていた。なかなか感情を仕事の場では出せないものだが、それをやっていた。どこからその感情を出していたのか

まずは一番負けず嫌いなところがあります。サッカーを始めた頃は負けても全く何も思わず、声を出さないことばかりで、声を出さないから試合に使わないと言われたこともあります

どこかで自分に自信がついた時に、自分は発言することは自信がなければできませんでした。サッカーをやって自信がついてきたと思います

自分のために言っているのではなく、その人のため、チームのために言うことで後々響くと思っていました

伝えないといけないという。黙っていても伝えないとわからないこともあったので、言ってしまいました

言わなくて良いこともいっぱいありましたけど、それは自分の中で消化できないので、一応伝えておこうと言うことで、伝えていました

それが自分の強みにもなりました

伝え方はキレているので悪かったかもしれないですが、伝えることで自分のプレーができるんですが、もっと落ち着けば良くなると言われましたが、大人しくなればプレーも大人しくなったり、力を出せなくなるとわかっていたので、感情を出して力、エネルギーを出していました

それは出してやって行って良かったなと今になっても悔いはないですし、良かったです


関連ニュース
thumb

「当たるからには逆に吹き飛ばすぐらいで」コンタクトに自信を見せるC大阪DF西尾隆矢、日本代表初招集に「最初はビックリ」

日本代表候補トレーニングキャンプが17日にスタート。国内組の選手たちが一堂に会して、月末に控えるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選へ準備をスタートさせた。 合宿初日からハーフコートでの11vs11を行うなど、強度の高いトレーニングを実施した日本代表。W杯イヤーになったということもあり、熱が帯びており、選手たちもしっかりとオフの期間でもトレーニングを積んできたことを見せた。 キャンプ2日目を前に、セレッソ大阪のDF西尾隆矢がメディアのオンライン取材に応対した。 初めて日本代表に招集された西尾。「最初はビックリという気持ちが勝って、徐々に実感が湧きました」と率直な感想を述べた。 実際にトレーニングをしての印象については「チームと違って雰囲気も違って、質や技術面も違いました。レベルが違うので成長できるなと感じていました」とコメント。百戦錬磨のベテラン選手とも一緒になったが「1つ1つのプレーですごく声をかけてくださるので、そういうところで良い刺激を受けているなと感じています」と、多くの刺激をすでに受けているようだ。 現在の日本代表のCBはDF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(アーセナル)と世界でもトップクラスの選手を相手に戦っている2人が軸となり、控えている選手もDF板倉滉(シャルケ)やDF植田直通(ニーム)ら、ヨーロッパでプレーしている選手が並んでいる。 瀬古は「選ばれたからには持ち味をアピールしつつ、先輩方の良いところを練習から学んで吸収できればと思います」とコメント。「課題はたくさん出てくるので、少しは成長に繋げられたらと思います」と、今回の合宿で多くのことを吸収したいと考えているようだ。 その瀬古のストロングポイントは「対人のところで。当たりは年齢差がありながらも絶対に負けたくないと思っています」と、フィジカルコンタクトの部分では負けたくないと考えているようだ。 特に感じた日本代表の凄さについては「オフのところは皆さん賑やかでいろいろコミュニケーションを取っていますが、練習ではピリッと良い雰囲気に持っていけるのはさすがだなと」とコメント。「そこの切り替えは凄いなと思いました」と、気持ちや雰囲気を切り替えるところに凄みを感じたようだ。 今回は瀬古歩夢とともに初招集を受けたが、瀬古は体調不良で不参加に。さらに、グラスホッパーへの移籍が発表された。 C大阪からは1人の選出となったが「こうして選んでもらって、チームを代表して代表チームに入ることは自覚を持ってプレーしなければいけないですし、得たものをチームに還元して、ファン・サポーター、チームの皆さんに見てもらえるように、しっかり成長していければと思います」と、今回の合宿での成長を新シーズンで見せたいと語った。 一方で、対人の守備には自信を見せる西尾。「もともと小さい頃から体は大きく、他の子よりも強かったですが、対人が強くなったのは、当たりで負けるのが嫌だったので、シンプルにそこでした」とコメント。「身長が伸びないなと高校生で感じたので、対人で負けないように鍛えてきたので、自信はあります」と、高校生の頃に進む道をシフトし、フィジカルコンタクトでの強さを追求したという。 「当たるからには逆に吹き飛ばすぐらいでやりたいと思います」と意気込む西尾。一方で「スピード感も世界で戦っている選手もいて、自分もまだまだ遅いと思っています」と課題も口にし、「しっかり対応できるようにやっていかなければいけないなと思います」と、ストロングポイント以外を伸ばしたいと語った。 2022.01.18 23:04 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪が瀬古歩夢のグラスホッパー移籍合意を発表! 完全移籍で欧州初挑戦、「僕には桜の血」

セレッソ大阪は18日、DF瀬古歩夢(21)のグラスホッパー移籍でクラブ間の基本合意を発表した。移籍形態は完全移籍。瀬古は現地でのメディカルチェック等を経て、正式契約を結ぶ。グラスホッパー側の発表によると、契約期間は2025年までとなる。 瀬古はC大阪アカデミー育ちのセンターバックで、2017年5月にルヴァンカップでクラブ史上最年少となる16歳11カ月でトップチームデビュー。2018年10月にプロ契約を結ぶと、2020年にルヴァンカップのニューヒーロー賞とJリーグのベストヤングプレーヤー賞に輝き、史上4人目のダブル受賞した。 出番こそなかったが、昨夏の東京オリンピックメンバーにも飛び級で選出。その昨季も明治安田生命J1リーグで27試合に出場するなど主力を張ったなか、体調不良で辞退したものの、17日から国内組のみでスタートした日本代表候補合宿にも呼ばれていた。 11日にクラブから2年間の契約更新が発表され、その1週間後に欧州初挑戦が決定した形の瀬古。移籍の経緯、決断に至るまでの苦悩、そしてスイスでの活躍を誓った。 「みなさん、突然ですがスイス1部のグラスホッパーに完全移籍することになりました。チームが始動し僕自身は今年もセレッソでプレーするという気持ちでしたが、海外からオファーをいただき、とても悩んだのですが海外移籍は小さい時からの夢だったので決断しました。クラブからは引き留めてもらいましたが、最終的には僕の挑戦したい、という夢を尊重してくれました」 「昨年苦しいシーズンを過ごした中このタイミングでの移籍に背中を押して頂いたクラブには感謝しています。アカデミーから桜のユニフォームしか着たことのない僕にとっては凄く新鮮な気持ちとワクワクした気持ちがあります。アカデミーから11年間サッカー選手としても、人としても凄く大きな成長をさせてもらいました。今まで出会った監督、チームメイト、スタッフの皆さんにも、とても感謝しています」 「このセレッソ大阪というクラブの名に恥じないような活躍をしてきます。そして、パートナー様をはじめ、ファンサポーターの皆様、ハナサカクラブの皆様、このセレッソ大阪というクラブに関わる全ての皆様に感謝しています。今後の僕の活躍を皆さんに届けられるように頑張ります。ずっと僕には桜の血が流れています。 WE ARE CEREZO 瀬古歩夢」 日本代表MF川辺駿がウォルバーハンプトンからのレンタルで在籍するグラスホッパーはリーグ優勝27回を誇るスイスの名門。チューリッヒがホームタウンで、今季は第18節消化の現時点で10チーム中6位につけている。 2022.01.18 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

C大阪、乾貴士と山下達也の背番号が変更に 乾「自分がみなさんの抱く8番像に相応しいかはまだわかりませんが」

セレッソ大阪は17日、来季の背番号が一部変更となったことを発表した。 13日に2022シーズンの背番号を発表していたC大阪。今回、MF乾貴士とDF山下達也の背番号が変更されることになった。 乾は23番から8番に変更。かつてはクラブレジェンドの森島寛晃氏が身につけ、近年では柿谷曜一朗や清武弘嗣、香川真司が身に付けた伝統的な背番号だ。 柏レイソルから完全移籍で3年ぶりに復帰した山下は、柏時代と同じ50番に決定していたが、乾の背番号変更に伴い、自身がかつて身につけていた23番へ変更している。 両選手は背番号変更に至った理由と、その意気込みを語っている。 ◆乾貴士 「いつも応援してくださりありがとうございます。突然の発表になりますが、2022シーズンの背番号を23番から8番に変更させていただくことになりました。昨シーズン、セレッソに復帰した時に付けた23番は大好きな山下選手が付けていた番号ですし、10年ぶりのセレッソ復帰ということもありわくわくして何の迷いもありませんでした」 「でも昨シーズンを振り返ると、シーズン途中の加入だったとはいえ、僕自身もっとチームに貢献できたんじゃないか、もっとやれたんじゃないかという思いが強かったです。もっとサッカーが上手くなりたいという思いと、あとベテランの年齢に差し掛かっている自分がこのチームを勝たせられる存在になりたいという想いも同時に生まれました。だからこそ今年の2022シーズンにかける思いというか、もっと強い覚悟を持ってチャレンジしたい、そんな気持ちが自分の中にあります」 「一度は23番で今年も頑張ろうと思ったんですが、本当に悩んでいる自分がいて、背番号発表があった後になってしまいましたが、今、空き番号になっている8番に変更させてもらえないかということをクラブ、そして森島社長に相談しました。みなさんの僕の印象はひょっとしたら7番のイメージが強いかもしれませんが、実は僕の好きな番号は8番で、海外にいるときもつけたことがあります」 「もちろんセレッソ大阪で8番をつけるというのがどういうことなのか、好きな番号だからという理由で付けられるものではないこと、その重みは理解しています。過去につけた選手を見ても、森島さん、真司、キヨ、曜一朗と、限られた選手だけがつけていて全員がセレッソを象徴する選手たちばかりでした。自分がみなさんの抱く8番像に相応しいかはまだわかりませんが、覚悟を持ってチャレンジし、シーズンを通してプレーで証明していきますので応援よろしくお願いします」 「そして最後に、この決断が背番号発表の後になってしまったこと、またユニフォームの受付が始まった後ということで本当にすみません。自分のユニフォームをさっそく購入してくださった方々の声もSNSを通じて僕に届いています。今回の自分の変更で多くの方にご迷惑をお掛けすると思います」 「自分のことを応援してくれていて購入変更をすることになるファン・サポーターのみなさん、購入変更にあたって対応をしてくださるクラブスタッフのみなさん、本当に申し訳ないです!今回の変更が無駄ではなかったことを必ずプレーで証明します!改めまして、セレッソ大阪 8番の乾貴士をよろしくお願いします!」 ◆山下達也 「このたび、背番号を50番から23番に変更させていただくことになりました。セレッソへの移籍が決まった時に、乾選手とは背番号について直接相談し、柏レイソルへの感謝の思いもあり、50番という背番号でいこうと思いました」 「今回乾選手が番号を変更したいということを聞いて、僕自身も色々と悩んだ結果23番に戻す決断をしました。クラブからもこの思いを理解していただき、承諾していただいたことを感謝しています」 「ただ、今回ユニフォームの販売もすでに始まっていて、たくさんの方が注文をしてくださっていると聞いています。ユニフォームを注文してくださっている皆様には本当に申し訳なく思っています」 「また、今後対応してくださるクラブスタッフや関係者の皆様、大変申し訳ございません。改めて、背番号23番の山下達也と、セレッソ大阪への応援をよろしくお願いします」 2022.01.17 21:17 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪MF吉馴空矢が2年連続の武者修行へ、今季はJFLのFC大阪に育成型期限付き移籍「もう一度成長するために…」

セレッソ大阪は17日、MF吉馴空矢(20)が日本フットボールリーグ(JFL)のFC大阪に育成型期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2023年1月31日までとなる。 吉馴はセレッソ大阪の下部組織出身で、2020年よりトップチームに昇格。昨季は出場機会を求めて、カマタマーレ讃岐へと育成型期限付き移籍し、明治安田生命J3リーグで6試合に出場した。 今季も他クラブでの武者修行が決定した吉馴は各クラブの公式サイトを通じて、今後の成長を誓っている。 ◆カマタマーレ讃岐 「1年という短い期間でしたがとても自分を成長させてくれた時間でした。チームとしても個人としても厳しく難しいシーズンでしたが、その中で自分を見つめ直すことのできた1年間になりました。チームに何も貢献できず、とても悔しい思いでした。J2昇格に向けてもうすぐシーズンが始まると思います。チームは変わりますが僕も頑張ります。1年間ありがとうございました」 ◆セレッソ大阪 「今年も期限付き移籍する事になりました。去年1年間は自分にとってとても難しいシーズンになりました。そこでもう一度成長するためにFC大阪へ移籍することを決めました。JFL優勝に向けてプレーします。同じ拠点が大阪のクラブなので応援しにきて頂けると嬉しいです」 ◆FC大阪 「セレッソ大阪からレンタル移籍で加入することになりました。吉馴空矢です。JFL優勝、J3昇格に向けて全力でプレーするので応援よろしくお願いします」 2022.01.17 17:35 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪のDF瀬古歩夢が体調不良で日本代表候補キャンプに不参加

日本サッカー協会(JFA)は15日、日本代表候補トレーニングキャンプに参加予定だった、セレッソ大阪のDF瀬古歩夢が不参加となることを発表した。 日本代表は、21日にキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦が実施予定だったが、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響でウズベキスタン代表チームの入国ができず、試合が中止となっていた。 一方で、トレーニングキャンプは予定通り実施される中、瀬古は体調不良のために不参加となった。 日本代表は1月27日に中国代表、2月1日にサウジアラビア代表とカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選を戦う。 2022.01.15 21:25 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly