存続危機の2クラブに明暗…中田英寿も所属したボルトンは14日間の猶予を獲得、ベリーは脱退決定

2019.08.28 12:53 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
消滅危機が報じられていたリーグ1(イングランド3部)のボルトン・ワンダラーズとベリーFCだが、それぞれの処分が決定した。イングランド・フットボールリーグ(EFL)が声明を発表した。

ボルトンとベリーの両クラブは、財政的な問題を抱えており、クラブの存続危機に陥っていた。そんな中、EFLからは現地時間27日(火)の17時までに売却先が決定することが求められていた。

かつてはプレミアリーグにも在籍し、元日本代表MF中田英寿も所属した経験のあるボルトンは、クラブ売却の交渉が期限までに間に合わず。しかし、交渉中ということで、EFLの破産ポリシーに従って発行された撤回通知が解除された。

なお、リーグの定款により、14日間の猶予が与えられ、9月12日の23時59分までに問題を解決できない場合は、リーグからの脱退が宣告されることとなる。ボルトンは、期限までにクラブの売却を完了させるか、2019-20シーズンの残りのシーズンを戦えるだけの資金調達を証明する必要がある。

一方で、ベリーに関しては、EFLからの脱退が宣告されることとなった。

ボルトンと同じ27日の17時が期限とされていた中、データ分析会社『C&Nスポーティング・リスク』が売却に名乗り。ボルトンよりも状況は良いものと見られていたが、売却先との交渉がまとまらずに破談。さらに、その後にも売却先の可能性を探ったものの、十分な解決策がないとEFL理事会が判断。全会一致で脱退が決定した。

ボルトンは、EFLの創設メンバーであり、2001-02シーズンから2011-12シーズンまではプレミアリーグに所属。2005-06シーズンには中田が在籍し、サム・アラダイス監督の下で一定の成果を残した。また、中田以外にも、西澤明訓宮市亮(現ザンクト・パウリ)が在籍した経験がある。

プレミアリーグから降格後は、成績もさることながら財政面で大きな問題を抱えており、2016年にも破産危機に。しかし、その際はクラブOBのディーン・ホールズワース氏が率いる『スポーツ・シールド・コンソーシアム』が買収していた。

ベリーは、1885年に創設され、1894年にEFLに昇格。1900年、1903年にはFAカップを制覇し、1925-26シーズンは1部で4位の成績を収めていた。2018-19シーズンはリーグ2(イングランド4部)に在籍するも、2位でシーズンを終え、リーグ1に昇格。しかし、経営難の影響で開幕から5試合を開催できずにいた。

なお、ベリーは期限日となった27日に、ファンに対して本拠地でのボランティア活動を要請。ベンチを拭くなどの清掃活動を実施していたが、その願いは届かなかった。

両クラブが所属するリーグ1は、24チームで構成されていたが、ベリーの脱退により23チームに減少してシーズンを開催。そのため、降格枠が1つ減り、3チームが4部に降格することも決定した。
コメント