「股抜きよりすごいこと?2度の股抜きだよ!」アーセナルのティアニーが代表戦で連続股抜き! 完全復活をアピール

2021.11.15 16:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのスコットランド代表DFキーラン・ティアニーが華麗なドリブル突破を見せた。

12日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループF第9節で、モルドバ代表とアウェイで対戦したスコットランド。ティアニーは[3-4-3]の左センターバックとして先発出場を果たした。

DFネイサン・パターソン、FWチェ・アダムスのゴールで2点のリードを奪ったスコットランドは、迎えた78分にティアニーが華麗なテクニックを披露した。

FKのこぼれ球を拾ってタッチライン際へ流れると、対応にきたDFイオン・ジャルダンを股抜きで抜き去る。タッチがやや大きくなり、追い付かれるが、再びジャルダンの股を抜いてまたも置き去りに。2連続の"ナツメグ"を披露し、相手を翻弄した。

スコットランド代表の公式ツイッターは「股抜きよりすごいこと?2度の股抜きだよ!」とティアニーのプレーを紹介。負傷により、アーセナルでは10月22日のアストン・ビラ戦以降はゲームからは離れていたが、これを見たファンからも復活を喜ぶ声が多数あがった。

スコットランド代表はこのまま2-0で勝利。グループ2位が確定し、プレーオフ進出を決めた。15日にはW杯行きを決めたデンマーク代表との対戦が控えている。

復活を遂げたティアニーも、今度はアーセナルでの競争が待っている。代わって左サイドバックを務めたU-21ポルトガル代表DFヌーノ・タヴァレスは好パフォーマンスを維持。指揮官やファンにとっては贅沢な悩みとなりそうだ。



1 2

関連ニュース
thumb

【2022年カタールへ期待の選手vol.103】マリノスの新得点源は代表滑り込みを果たせるか?/西村拓真(横浜F・マリノス/FW)

「西村(拓真)は今季、非常にいいスタート切った。トップ下にはマルコス・ジュニオール、吉尾海夏、西村の3人がいて、1人1人のキャラクター、能力が全く違う。試合ごとに選択肢が出てくるのはチームの強みになっている。その中でも西村は要求以上のことをやってくれていると思っています」 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)から戻った直後の5月初旬、横浜F・マリノスのケヴィン・マスカット監督がこう評した通り、今季新加入の西村拓真がいい味を出している。 開幕当初は出番が少なかったものの、3月2日のヴィッセル神戸戦にトップ下で初先発し、2ゴールを奪ってから指揮官の評価が一気にアップする。4月10日の鹿島アントラーズとの上位対決でも勝利を決定づける2点目を叩き出し、ACL1次ラウンドの重要局面だった4月25日のシドニーFC戦でも2点目をゲット。「ここ一番で点を取れる男」という印象を強めたのである。 それだけではない。西村には凄まじい走りで攻守両面に絡めるダイナミックさとい長所がある。前述の鹿島戦でもチーム最多走行距離の12.511キロを記録。スプリント回数も22という数字を残した。もちろん昨季の得点源だった前田大然(セルティック)のデータには及ばないが、彼の抜けた穴を着実に埋めているのは確か。「西村はチームのためにベストを尽くす。本当に手を抜かずに走ってくれる」とマスカット監督が称賛するのも頷ける話だ。 となれば、日本代表入りの期待も高まってくるところ。しかしながら、彼の経歴を見ると、富山第一高校時代の2012年に富山県選抜として国体に出場し、2013年にU-17北信越選抜入りした経験があるだけ。日の丸とは縁遠いキャリアを送ってきた分、どうしてもハードルは上がると言わざるを得ない。 しかも、1996年生まれは2016年リオ・デ・ジャネイロ五輪世代の一番下の学年。鎌田大地(フランクフルト)も代表入りが2019年3月のコロンビア戦(日産)までズレ込んだし、鈴木優磨(鹿島)もお呼びがかからないまま現在に至っている。そういったマイナス要素がある分、圧倒的な実績を残さない限り、森保一監督が重い腰を上げる気にはならないだろう。その厳しさを本人もよく分かっているはずだ。 まさに前田大然も2021年のJ1で23ゴールという驚異的な数字を叩き出したことで、日本代表に呼ばれ、念願だった1トップで起用されるまでになった。それまでの彼は代表に行くたび左サイドに据えられ、「前で勝負したい」と言い続けられながらも、そういう扱いをしてもらえなかった。それを自らの活躍で覆し、セルティック移籍、新天地でのコンスタントな活躍につなげている。 ベガルタ仙台時代の2018年にJ1・11ゴールを挙げ、ロシア1部・CSKAモスクワから引っ張られた西村は「数字こそ成功の源」だと身をもって理解しているに違いない。結局、コロナ禍もあって1度目の海外挑戦はロシアからポルトガル1部・ポルティモネンセへ赴く形で幕を閉じたが、2度目がないとも言い切れない。今や代表でエース級の存在感を示している伊東純也(ヘンク)も27歳になろうという時にベルギー行きを決断している。アタッカーにはそれだけの可能性があるのは事実だろう。 だからこそ、西村にはここからギアを一段階二段階引き上げ、ゴールラッシュを見せる必要がある。現時点ではJ1・4点で得点ランキング5位タイにつけているが、鈴木優磨や上田綺世(鹿島)らを抜いて日本人トップになることが最初のターゲットと言っていい。ここからのマリノスは18日の湘南ベルマーレ戦を皮切りに、18日の浦和レッズ戦、21日のアビスパ福岡戦、25日の京都サンガF.C.戦、そして29日のジュビロ磐田戦と5連戦が待ち構えている。そこで1試合1点ペースで加算していけば、早くも2ケタが見えてくる。そんな理想的なシナリオを描くことが肝要だ。 6月の日本代表4連戦のメンバー発表は20日に予定されているから、そこに西村が滑り込む可能性は極めて低い。ただ、彼ら国内組には7月のEAFF E-1選手権がある。コロナの影響で中国開催から日本開催に変更され、開催地は愛知県豊田市中心になる見込みだ。名古屋市出身の西村にしてみれば、その舞台に立って目覚ましい活躍を見せたいと願わないはずがない。E-1から11月のカタール・ワールドカップ(W杯)滑り込みの確率も極めて低いだろうが、可能性のある限り、突き進んでいくしかない。 「マリノスは本当にアタックの回数が多いチームなので、いろんなチャンスが来る。そこで決めきる技術を高めていけば、(2021年チーム総得点の82得点は)成し遂げられる数字だとは思います。結果にこだわり、守備のプレッシングをどんどんやりつつ、個性を出していきたいです」と西村はシーズン当初、語気を強めていた。現時点のチーム総得点19をその領域に引き上げるためには、誰かが起爆剤にならなければいけない。ギラギラしたこの男には大化けする予感が少なからずある。トリコロールの背番号30のここからの一挙手一投足を期待を込めて見守りたい。 2022.05.14 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

国籍偽装疑いのエクアドルは最悪W杯出場権剥奪へ、FIFAが懲戒手続きをスタートと声明

国際サッカー連盟(FIFA)は11日、不正が疑われているエクアドル代表選手についての調査を行うことを発表した。 この件は、チリサッカー連盟(FFC)が声を上げたことに発するもの。エクアドル代表のDFバイロン・カスティージョ(23)が、エクアドル代表選手の資格がないと訴えたものだ。 カスティージョは主軸選手としてカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の8試合に出場。チームのW杯出場に大きく貢献していた。 しかし、カスティージョは虚偽の出生証明書、虚偽の年齢を使っているとFFCが指摘。国籍を偽っているという異議申し立てをし、エクアドルのW杯出場権剥奪を求めていた。 FIFAは、この件に対して初めて反応。チリの訴えに関して、「FIFAはこの件に関連する懲戒手続きを開始するという決定を下した。エクアドルサッカー連盟、ペルーサッカー連盟には、自らの立場をFIFA懲戒委員会に提出することを求めている」と声明を発表した。 チリは、カスティージョがコロンビア出身であるという証拠を掴んでおり、無資格のまま予選を戦っていたのであれば、エクアドル代表のW杯出場権は剥奪される可能性がある。 なお、カスティージョが出場した全8試合の勝ち点を対戦相手に全て振り分けた場合、5位のペルー、6位のコロンビア、7位のチリの順位でチリが4位になり、出場権を獲得できる可能性が生まれる。 FIFAが正式に調査を行うことになるが、果たしてどのような結論が出るのだろうか。注目が集まる。 2022.05.12 12:37 Thu
twitterfacebook
thumb

ELとCL決勝の日本人対決? 不安はDF陣のベテラン/六川亨の日本サッカーの歩み

5月9日は森保一監督が4月28日以来となるズームでの会見に応じ、なかなか興味深いコメントを発した。フランクフルトをEL決勝へ導いた鎌田大地については、今シーズンから監督に就任したオリバー・グラスナー監督のもと、「求められるもの、役割が変わり、選手として成長していると思う」と高く評価。 W杯予選でも2次予選は攻撃の中心選手だったが、最終予選に入ると他チームの「一気にギアが上がった」ことで、2次予選とは「違う戦いをした方がよかった」との判断から出場機会が激減した。 それまでの森保ジャパンはほとんどの試合で4-2-3-1を採用していた。しかし左FWの南野拓実、トップ下の鎌田、ダブルボランチの柴崎岳は言うまでもなく攻撃を得意とする選手で、インテンシティの高い守備は苦手としている。このためミドルサードでは、格下相手にボールを保持して攻めているときはいいが、最終予選のように拮抗した相手との試合で守備に回ると劣勢を強いられるのは否めなかった。 そこで森保監督は4-3-3にして遠藤航、守田英正、田中碧の攻守にハードワークできるユニットにモデルチェンジした。 この傾向は今シーズンのJリーグにも当てはまり、4-3-3の布陣から前線の3人が高い位置からプレスをかけるチームが増えていて、タテに速く仕掛けるインテンシティの高いチームが多い。とりわけヨーロッパ出身の監督が率いるチームはその傾向が強いと言っていいだろう(J1リーグでブラジル人監督は柏のネルシーニョ監督1人だけになった)。 話を鎌田に戻すと、4-3-3(あるいは3-4-3)で使うとしたら、やはりフランクフルトと同様に左FWということになり、南野とポジションが重なる。片やチームをEL決勝に導いた立役者、片やCL決勝に勝ち進んだチームを序盤戦で支えた功労者。甲乙つけがたい“共演"と言ってもいいだろう。 そんな2人をもしも森保監督が招集しなかったり、招集しても試合に使わなかったりしたら、ファン・サポーターからはブーイングの嵐かもしれない。これまでの代表チームではあまりなかったことなので、それはそれで日本のサッカー界にとって刺激になるし、一般の人にもW杯の話題を提供するいい機会かもしれない。 それよりも不安なのは、ベテラン選手の現状だ。ACLはグループリーグを突破したものの、J1リーグではついに最下位に沈んだ神戸の大迫勇也は、ケガなどもあり「コンディションが上がっていないなかで、100パーセントでないなかでプレーしている」(森保監督)状態だ。 さらに浦和の酒井宏樹は第5中足骨の手術を受けたため6月の4試合には出場できないし、FC東京の長友佑都は5月8日の鳥栖戦ではベンチにも入っていなかった。アルベル監督によると5月3日の福岡戦で「違和感を覚えたのでスタメンから外した。次の際に間に合うことを期待したい」と述べるに止めている。 彼ら3人に加え、サンプドリアの吉田麻也も直近の10試合でフル出場は1回、スタメンも2回と出場機会が激減し、今夏で契約も切れるため移籍は避けられない状況だ。前述した3人と同様、Jリーグへ復帰するのか。それともヨーロッパで移籍先を探すのか。移籍先がすんなり決まればいいが、長引くようだと6月の招集は難しくなるかもしれない。 これまでも指摘されてきたように、DF陣の高齢化とそれに伴うバックアッパーの不在が暗雲のように森保ジャパンを覆い始めている。ただし、これを好機ととらえ、思い切った起用による若返りが功を奏することもある。過去の日本代表も、そうして世代交代をしてきたからだ。 <hr>【文・六川亨】<br/><div id="cws_ad">1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2022.05.10 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ダービッツ氏がオランダ代表のアシスタントコーチに就任!

オランダサッカー協会(KNVB)は7日、エドガー・ダービッツ氏(49)が代表チームのアシスタントコーチに就任したことを発表した。 オランダ代表では先月6日、カタール・ワールドカップ(W杯)後のロナルド・クーマン氏の監督就任が決定した。大会はルイス・ファン・ハール監督が指揮する予定だが、そのアシスタントを務めているヘンク・フレイザー氏が来季からユトレヒトの監督に就任するにあたり、ここで袂を分かつことになった。 その後任としてダービッツ氏が選ばれた。オランダ代表で74キャップを持つ同氏は、W杯に1度、ユーロに3度出場した経歴を持つ。クラブレベルではプロデビューしたアヤックスをはじめ、ミランやユベントス、インテルなど主にセリエAのビッグクラブでプレー。アヤックスではビッグイヤーも獲得している。 コーチングキャリアとしては、現役時代の2012年に加入した当時イングランド4部のバーネットで選手と兼任で監督を務めたことが始まり。2013年末の現役引退と同時に監督も辞任し、以降はオランダ2部のテルスターでアシスタントコーチ、昨年上半期にはポルトガル4部のオリャネンセで監督を務めた。 この度、再び表舞台に戻ってきたダービッツ氏は、「ルイス・ファン・ハールのような監督と一緒にトレーナーとしてキャリアを続け、オランダの絶対的なトップと仕事ができることを誇りに思う。そして、強い熱意でこの仕事に取り組みたいと思う」とコメント。 また、ファン・ハール監督も「私はエドガーにアシスタントコーチになってくれるよう頼んだ。我々はこれまで定期的に顔を合わせてきたが、彼ならこの役割を見事に果たしてくれると確信している」と信頼を言葉を寄せた。 2022.05.07 18:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ハリルホジッチ監督は日本に続いて2大会連続で解任か? 現地では後任にビラス=ボアス氏が浮上

解任報道が出ていた中で、否定する声明も発表されたモロッコ代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督だが、まだ火種は燻っているようだ。 かつては日本代表も指揮したハリルホジッチ監督。2010年のコートジボワール代表、2014年のアルジェリア代表、2018年の日本代表に続き、2022年はモロッコ代表とワールドカップ(W杯)出場に導いていた。 指導者として、4つの別の国を率いて4大会連続でW杯の出場権を獲得した初めての監督となったハリルホジッチ監督だが、2018年は大会前に解任の憂き目に遭い、日本代表は西野朗監督に率いられて大会を戦っていた。 前回大会の悲劇が記憶にある中、今大会に向けても懸念が。モロッコ代表ではチェルシーのMFハキム・ツィエクやアヤックスのDFヌサイル・マズラウィなど、チームの主力となりうる実力者をピッチ外の問題で排除するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まった一方で、予選では無敗と結果を残している状況に。モロッコサッカー協会(FRMF)も解任はしていないと声明を発表していた。 休暇中であり、連絡をとっていないとされていたハリルホジッチ監督だったが、4日にファウジ・レキジェア会長と会談を行ったとのこと。来週月曜日に再び話し合いがされるという。 しかし、モロッコ『Lions de l'Atlas』によれば、ハリルホジッチ監督の解任は時間の問題だという。 ハリルホジッチ監督の後任には、ポルトやチェルシー、トッテナム、マルセイユなどを率いたポルトガル人指揮官のアンドレ・ビラス=ボアス氏(44)が招へいされる可能性が高いとのことだ。 『Lions de l'Atlas』によれば、ビラス=ボアス氏は、ハリルホジッチ監督によって高層街となっているツィえくやマズラウィらをチームに復帰させることを考えているとのことだ。 この報道通りとなれば、ハリルホジッチ監督は2大会連続でW杯出場に導きながらも大会前に解任されることとなるが、どうなるのか注目が集まる。 2022.05.07 15:45 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly