エバートンに痛手…代表戦で負傷のパターソンが最低4週間アウトに

2022.09.29 00:30 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンは28日、スコットランド代表DFネイサン・パターソンの離脱を発表した。

パターソンは21日に行われたUEFAネーションズリーグのウクライナ代表戦で先発出場も、前半半ばに左足を負傷。メディカルスタッフにより治療を受けたものの、プレー続行は叶わず担架でピッチを後にしていた。

28日にロンドンの専門医で診察を受けたパターソンは足首を負傷しており、全治には4~5週間程度かかるとのことだ。今後は、エバートンの医療チームのもとで治療を受けるとのこと。
今年1月にレンジャーズからエバートンに加入したパターソンは、今シーズンの開幕からリーグ戦7試合に出場するなど、右のウイングバックとサイドバックのファーストチョイスに。また、スコットランド代表でも着実にプレー機会を増やしている。

関連ニュース
thumb

首位撃破で光差したエバートン、絶対的エースが負傷… 宿敵リバプール戦欠場も

エバートンは、リバプールとのマージーサイド・ダービーで絶対的エースを欠くことになるかもしれない。イギリス『サン』が伝える。 2部降格の危機に瀕するエバートンは、4日のプレミアリーグ第22節で首位アーセナルと対戦。終始劣勢を強いられながらもDFジェームズ・タルコウスキの値千金の先制点を死に物狂いで守り抜き、ホームで1-0の金星を挙げた。 この一戦はショーン・ダイチ新監督の初陣ということもあってグディソン・パークは歓喜。長らく続いたトンネルから抜け出し、13日にアウェイで行われる宿敵リバプールとの伝統の一戦に向け、文句なしに弾みをつけられたと思われた。 しかし、新たな懸念が浮上。アーセナル戦で足を痛めて途中交代していた絶対的エースのFWドミニク・キャルバート=ルーウィンがハムストリングを負傷したとの見方が強まり、リバプール戦の出場が危ういという。 ダイチ監督も「おそらく痛めた」とキャルバート=ルーウィンのリバプール戦欠場を覚悟し、今週中に検査を受けることも明らかに。降格圏の18位に沈むエバートンにとっては残りの全試合が正念場となるが、なかなか一筋縄ではいかなそうだ。 <span class="paragraph-title">【動画】9戦未勝利から首位撃破! 歓喜のグディソン・パーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>熱血漢ダイシ、チームに気合注入<br>初陣でアーセナルに勝利<br>\<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%B3?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#エヴァートン</a> 1-0 <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%8A%E3%83%AB?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#アーセナル</a><a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B7?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ダイシ</a> 監督の初陣となったエヴァートンは、首位アーセナルに1-0で勝利。<br>新体制初戦にして、リーグ戦9試合ぶりの勝利をファンへ届けました。<a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%85%A8%E8%A9%A6%E5%90%88%E8%A6%B3%E3%82%89%E3%82%8C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%AFSPOTVNOW%E3%81%A0%E3%81%91?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#プレミアリーグ全試合観られるのはSPOTVNOWだけ</a> <a href="https://t.co/OtOUVWmfi0">pic.twitter.com/OtOUVWmfi0</a></p>&mdash; SPOTV NOW JAPAN (@SPOTVNOW_JP) <a href="https://twitter.com/SPOTVNOW_JP/status/1622165885808005121?ref_src=twsrc%5Etfw">February 5, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.02.06 20:12 Mon
twitterfacebook
thumb

初陣で首位撃破! 泥沼エバートンのダイチ新監督がさっそくカラー全開 「1-0のスコアが好きだ」

エバートンのショーン・ダイチ新監督がアーセナル戦を振り返った。イギリス『90min』が伝えている。 プレミアリーグで降格圏の19位に低迷するエバートンは4日、第22節で首位アーセナルと対戦。90分間を通じてポゼッションを握られる展開が続くも、0-0で迎えた60分、DFジェームズ・タルコウスキが値千金の先制点をマークする。 その後はアーセナルがシュートをことごとく枠外に外したおかげもあり、最後まで失点を許さず、1-0で完封勝利。降格圏から抜け出すには至らずも、ダイチ監督の初陣で3ポイントを積み上げ、上々のリスタートを切る形となった。 ダイチ監督も勝利に確かな手応え。試合後のインタビューでは堅実な戦いでポイントを重ねていく姿勢をアピールした。 「この1-0というスコアを気に入っている。今週は多くの分析・作業に時間を費やしてきたが、選手たちの誠実さはこの勝利にとって必要不可欠なものだった」 「本来ならプレシーズンで5週間かけてやるべきものを、たった1週間で行ったという感覚だ。選手たちにくまなくプランを説明し、彼らはそれを受け入れてくれた。これこそが出発地点だったよ」 また、13日にアウェイで行われるリバプールとのマージーサイド・ダービーを控え、プレミアリーグ残留のためにはサポーターとの一体感が欠かせないと呼びかけた。 「今日はグディソン・パークの感情の高ぶりを肌で感じた。スタジアム全体が揺れていたね。今後もサポーターの存在が大変重要になるだろう。我々のチームもサポーターに何かを与えたい」 バーンリー指揮官時代は手堅いサッカーでしぶとくプレミア残留を勝ちとってきたダイチ監督。エバートンでもさっそく自身のカラーを発揮した格好だ。 2023.02.05 16:57 Sun
twitterfacebook
thumb

アルテタ、エバートン戦黒星のケア忘れず 「前よりもずっと選手たちを愛している」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が振り返った。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 アーセナルは4日に敵地でプレミアリーグ第22節のエバートン戦に臨み、0-1で敗北。終始ペースを握ったが、ゴールが遠く、14戦ぶりの今季2敗目を喫した。 降格圏に沈む相手に足もとをすくわれ、翌日に今節を控えるマンチェスター・シティに詰め寄るチャンスも。アルテタ監督は課題の多い試合だったと語った。 「かなりのボールを握ったが、ファイナルサードでの狙いと質が欠けた。多くのチャンスもあったが、失点してスローダウンされ、苦戦したよ」 「高さとフィジカルは彼らの強み。彼らとの試合をコントロールしたいなら、そこを制御する必要がある。今日の我々はそれがやれなかったんだ」 「もっと冷静にもっとエモーショナルにゲームをコントロールしないと。いらぬFKも何度か許してしまったし、それは相手の思うつぼだった」 そんなスペイン人指揮官だが、選手のケアも忘れず。選手に対する揺るぎない信頼を改めて強調し、今後の戦いにより気を引き締めて挑む必要性を説いた。 「今日の私は1週間前や、1カ月前よりもずっと彼らを愛している。勝っているときに寄り添うのは簡単。変わらず、選手を誇りに思うし、それに値する」 「バラ色の道にはならない。トリッキーな展開になるだろうし、腰を据えて、今日よりもずっと良いプレーをしていく必要がある」 2023.02.05 11:50 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナルがリーグ14戦ぶりとなる今季2敗目…ダイチ率いる新生エバートンに9戦ぶりの白星献上《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、エバートンvsアーセナルが4日にグディソン・パークで行われ、ホームのエバートンが1-0で勝利した。なお、アーセナルのDF冨安健洋は85分から途中出場した。 先月末に行われたFAカップでマンチェスター・シティに敗れ、2023年初黒星を喫したアーセナル。その敗戦からのバウンスバックを図るアルテタのチームは、降格圏の19位に沈みランパード前監督を解任し、ダイチ新監督を招へいした新生トフィーズ相手に白星を狙った。 リーグ2連勝中の首位チームは、大幅なターンオーバーを行ったシティ戦で温存した主力を復帰させ、現状のベストメンバーを起用。状態が懸念されたトーマスも無事スタメンに入った。 [4-5-1]のコンパクトな布陣で臨んだエバートンに対して、立ち上がりからボールを持って主導権を握るアーセナル。だが、新指揮官の下で球際の強度を強調するホームチームの堅守に苦戦。決定機はおろか、なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続く。 これに対して、ダイチ監督の代名詞であるロングボールやカウンターを仕掛けるエバートンは、十分に分があるセットプレーを含めシンプルな攻めから幾度か際どいシーンを作り出し、グディソンのエバトニアンを沸かす。 前半半ばを過ぎても拮抗した展開が続く中、30分過ぎには互いに決定機を創出。まずは30分、サカのラストパスに反応したエンケティアがボックス内で強さを発揮してDFを振り切って右足を振るが、これは大きくふかしてしまう。 直後にはエバートンが続いて左サイドを破ってオナナ、マクニールの折り返しからキャルバート=ルーウィン、ドゥクレに決定機も、最後の精度を欠く。 何とか前半の内に攻撃の糸口を掴みたいアーセナルだったが、39分にジンチェンコの左クロスから迎えたサカの決定機はDFコーディの見事なゴールカバーに阻まれ、最低限のゴールレスでハーフタイムを迎えることになった。 後半はキックオフ直後にゲイエの強烈なミドルシュートでホームチームが見せ場を作ったが、以降は攻守両面でハーフタイムに修正を施したアウェイチームが前半にはあまり見られなかった厚みのある仕掛けでゴールに迫っていく。 さらに、59分にはトーマスとマルティネッリを下げてトロサールと、アーセナルデビューのジョルジーニョをピッチに送り込んだが、奇しくもこの交代直後に試合が動く。 60分、エバートンは右CKの場面でキッカーのマクニールが滞空時間の長いボールを入れると、ゴール前の密集で競り勝ったタルコウスキが頭で流し込み、値千金の加入後初ゴールとした。 自分たちの流れでゴールを奪えず、逆に先制を許す苦しい展開となったアーセナルは、ここからよりリスクを冒して前に出る。そして、エンケティアの個人技や狭い局面でのコンビプレーで打開を図るが、最後のところで粘る相手の守備に手を焼き、シュートを枠に飛ばせない。 そういった中、77分にウーデゴールを下げてファビオ・ヴィエイラ、85分にはホワイトを下げて冨安をピッチに送り込み、まずは同点を目指していく。しかし、ボックス内でのシュートチャンスではトロサールやジンチェンコが焦りからか、ことごとくシュートを枠外に外してしまう。 そして、試合はこのままタイムアップを迎え、ダイチ新監督率いるエバートンが初陣を会心の勝利で飾り、昨年10月半ば以来となるリーグ9戦ぶりの白星を挙げた。一方、格下相手に敗れたアーセナルは今季初の公式戦連敗と共に、昨年9月のマンチェスター・ユナイテッド戦以来となる14戦ぶりの今季2敗目を喫した。 2023.02.04 23:37 Sat
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、エバートンとの競合制してガーナ代表FWアイェウを獲得!

ノッティンガム・フォレストは2日、ガーナ代表FWアンドレ・アイェウ(33)の加入を発表した。背番号は「42」に決定。契約期間は今シーズン終了までとなる。 先日にカタールのアル・サッドを退団したアイェウは、ヨーロッパでのキャリア再開に向けて1日にイングランド入り。現地報道ではエバートンとフォレストの2クラブと交渉を行った模様だが、クラブの現状やスウォンジー時代に指導を受けたスティーブ・クーパー監督の存在もあり、フォレスト行きを決断する形となった。 アイェウはイングランド屈指の古豪加入に際して以下のコメントを残している。 「ノッティンガム・フォレストと契約できて素晴らしい気分だよ。フォレストやシティ・グラウンドでプレーするときはいつも大変だったし、このスタジアムが大好きなんだ」 「スティーブ・クーパーは僕のことをよく知っていて、ピッチの中でも外でも、自分と一緒に仕事をする方法を理解している人だ。彼は特別なコーチであり、特別な人間であり、僕が本当に尊敬している人なんだ」 「自分がチームに何をもたらすことができるかは分かっているよ。自分のすべてを出し切り、プレミアリーグ残留の手助けとなる準備はできているよ」 マルセイユの下部組織出身のアイェウは、これまでスウォンジーとウェストハムと2つのクラブでプレミアリーグを戦い、89試合21ゴール12アシストの数字を残している。 アル・サッドでは在籍1年半で39試合22ゴール3アシストを記録し、先のカタール・ワールドカップでも健在ぶりを示していた33歳は、クリスタル・パレスで活躍する実弟ジョルダンと共に再びプレミアを舞台にプレーすることになった。 24年ぶりのプレミアリーグ参戦に向け昨夏、スカッド総入れ替えとも言える積極補強を敢行したフォレスト。シーズン開幕当初はなかなか結果が伴わなかったが、徐々に成績は好転。第10節以降はわずか3敗という成績を収めている。 また、現在13位のクラブは今冬の移籍市場でパリ・サンジェルマンのGKケイロル・ナバスや、アトレティコ・マドリーのDFフェリペ、ニューカッスルのMFジョンジョ・シェルヴェイなど即戦力候補を獲得。さらに、指揮官の戦術を知り抜くベテランアタッカーの獲得で後半戦に向けた補強を完了させた。 2023.02.03 06:45 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly