ピッチにいる11人全員で26本のパスをつなぐ!シティの連携ゴールに脚光「美しい」

2021.11.10 07:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティの選手が繋いで決めたハイレベルなゴールに注目が集まっている。シティは 6日、プレミアリーグ第11節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦。アウェイでの“マンチェスター・ダービー”に臨んだ。

試合開始7分に相手のオウンゴールで先制したシティは、前半終了間際の45分に、大きな2点目を奪う。

相手FWクリスティアーノ・ロナウドのパスをセンターサークル内でDFジョン・ストーンズがカットすると、MFケビン・デ・ブライネを挟んで一度GKエデルソンまで戻す。

そこからシティはゆったりとしたパス回しで徐々に前進。もう一度エデルソンまで戻す場面もあったものの、決して奪われることなく前進していく。

その後、DFカイル・ウォーカーからFWガブリエウ・ジェズスへの縦パスが入ったところで攻撃のスイッチが入ると、ボックス右のMFベルナルド・シウバから逆サイドのDFジョアン・カンセロへ大きく展開。カンセロのクロスに、そのB・シウバが飛び込み、ゴールネットを揺らした。

このゴールはシティの公式ツイッターも動画を公開。多くのファンから「美しい」「シティが好きな理由」「パスもポジショニングも素晴らしい」と絶賛の声が集まっていた。

1 2

関連ニュース
thumb

ユナイテッド、PSVのオランダ代表FWガクポに再トライ? 今夏は獲得断念も

マンチェスター・ユナイテッドが今夏に引き続き、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)を注視しているようだ。 ガクポは今夏、ユナイテッドやリーズ・ユナイテッド、サウサンプトンなどからの関心が話題に。最終的にはPSV残留を決断するも、迎えた今季は公式戦13試合で10得点9アシストと、キャリアハイの活躍を披露している。 ユナイテッドは当初、ガクポに2500万ポンド(約39億円)のオファーを用意していたが、ブラジル代表FWアントニーの獲得に8500万ポンドと予想以上の資金を注ぎ込んでしまったため、ガクポは断念。イギリス版『フォーブス』によると、ユナイテッドは来冬ないし来夏の獲得を目指し、再トライする可能性が高いとのことだ。 ガクポ自身も先日、「代表チームのコーチに相談し、W杯直前の移籍は理想的ではないとのアドバイスに従った」とコメント。今秋のカタール・ワールドカップ(W杯)終了後の移籍市場ではステップアップを躊躇しないともとれる発言が注目されていた。 2022.09.29 18:12 Thu
twitterfacebook
thumb

ポルトガルでのC・ロナウド叩きに実姉が反発 「恩知らず」

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの実姉が反論した。 今夏の移籍騒動によるコンディション調整の遅れもあり、所属先のマンチェスター・ユナイテッドでキレを欠くC・ロナウド。ゴール数もPKによる1得点のみとらしくないなか、今月のインターナショナルマッチウィークでもポルトガル代表に呼ばれたが、出場したUEFAネーションズリーグの2試合でいずれも不発に終わった。 4強入りがかかったスペイン代表との大一番でもゴールチャンスがありながら仕留め切れず、この試合を迎えるまで首位だったポルトガルも0-1の黒星でグループ敗退。イギリス『サン』によれば、母国では37歳のキャプテンを巡り、パフォーマンス批判や限界説が加熱しているという。 こうした状況を見かねて、アクションを起こしたのが姉のカティア・アヴェイロさん。自身のインスタグラムにあるストーリー機能を介して猛反発している。 「彼には家族がいるし、側に愛してくれる人がいる。彼らは何があっても、ずっと彼の側にいる。でも、今の時代にまったくもって驚かなくなった。ポルトガル人は自分たちが食べる皿に唾を吐く。昔からそう」 「常にポルトガルのために尽している選手たちをサポートすべきなのに、ポルトガル人は病み、哀れで、心なく、愚かで、永遠に恩知らず。座ってヒザをついているというのに、誰も手を差し伸ばそうともしない」 2022.09.29 16:15 Thu
twitterfacebook
thumb

カッサーノ氏がC・ロナウドに引退を勧める「一定のレベルに戻せないなら店仕舞だ」

元イタリア代表のアントニオ・カッサーノ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに引退を勧めている。 現役時代はピッチ内外で度々問題を起こし悪童と呼ばれ、引退後も歯に衣着せぬ物言いが取り上げられるカッサーノ氏。最近、ポルトガル『Cabine Desportiva』のインタビューに応じた際にターゲットとしたのがクリスティアーノ・ロナウドだった。 ユナイテッド復帰以降、なかなか調子の出ない同選手。今季のリーグ戦では先発出場が一度しかなく、今回の代表戦でもスペイン相手に何度も決定機を逃すなど、明らかにかつての水準から大きく下回っている。 クラブでも代表でも危うい立場にある37歳に、カッサーノ氏は引退も視野に入れるべきだと助言。ベンチを温めてまで現役を続ける必要はないと、大きな決断を促した。 「現時点で、クリスティアーノは一定のレベルに戻すことができないのであれば、店仕舞も考えるべきだ」 「彼はすべてを手に入れた怪物だ。しかしやめろ! さもないとベンチに突っ込むだけだ」 2カ月後に迫ったカタール・ワールドカップ前に引退する可能性は限りなく低いが、結果によってはカッサーノ氏の言葉通りになるかもしれない。 2022.09.29 15:55 Thu
twitterfacebook
thumb

代表帰りのマグワイア、マンチェスター・ダービーを負傷欠場か

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが今週末に迫るマンチェスター・ダービーを欠場する模様だ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。 近年は個人のミスがフォーカスされ、非難の的となるマグワイア。ユナイテッドでポジションを失うなか、先のイングランド代表に賛否がありながらも呼ばれたが、ドイツ代表戦ではPK献上に失点直結のボールロストとさらに暗い影を落とす。 代表先でも厳しい目に晒され、28日に所属先のユナイテッドに戻ったマグワイアだが、筋肉系のトラブルを抱えており、代表ウィーク明けの2日に敵地で予定するプレミアリーグ第9節のマンチェスター・シティ戦でのメンバー入りが微妙だという。 ケガをしていなかったとしても、DFラファエル・ヴァランとDFリサンドロ・マルティネスのサブ扱いが濃厚だが、カタール・ワールドカップのイングランド代表メンバー入りに向けてここからが踏ん張りどころの本人からしてみれば痛恨となる。 幸いにも、10月のユナイテッドは公式戦9試合を予定。そのスケジュール的にも、万全の状態であれば出番が見込めそうなマグワイアだが、いかに。 2022.09.29 12:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドで地位高めるダロト、新契約を期待か…古巣ミランら5クラブの関心ありも

ポルトガル代表DFジオゴ・ダロト(23)はマンチェスター・ユナイテッドとの契約延長が第一希望のようだ。 ミランに出番を求めた時期もあったが、昨季途中からDFアーロン・ワン=ビサカの独壇場だった右サイドバックのポジションを奪ったダロト。エリク・テン・ハグ新政権の今季もその地位を守り、課題だった守備面も成長を感じさせる。 先のポルトガル代表活動でも代表初ゴールを含む2発の活躍を披露したりとキャリアを全体的に大きく前進させるが、ユナイテッドとの現行契約は今季限り。1年延長オプションもあるが、クラブにとっては解決すべき問題の1つといえる。 イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』によれば、ダロトには古巣のミランをはじめ、ユベントス、ローマ、バルセロナ、アトレティコ・マドリーの継続的な関心もあるが、ユナイテッドからの新契約を期待しているという。 なお、ユナイテッドは来年1月のマーケットまでにひとまず延長オプションを発動させる見込みとのことだ。 2022.09.29 10:30 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly