恥ずかしい6失点惨敗のローマ、キャプテンはユニフォームが拒否られる屈辱

2021.10.22 22:49 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
世界的な名将として知られるジョゼ・モウリーニョ監督。キャリア1008試合目にして、初の6失点という屈辱の敗戦を喫していた試合で、ローマのキャプテンも屈辱を味わっていた。

ローマは21日、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)第3節でボデ/グリムトとアウェイで対戦した。

ノルウェーの地に乗り込んだローマ。極寒の地での試合に、モウリーニョ監督は控え選手中心で臨んだが、これが大失敗。まさかの6失点を喫し、屈辱的な惨敗を喫することとなった。

控え中心で臨んだ判断を悔やんだモウリーニョ監督だが、そんなチームを応援しようと約400名のローマサポーターがノルウェーの地を訪れていた。

試合後、惨敗を喫したローマの選手たちはスタンドのファンの下を訪れて謝罪することに。しかし、ティフォージ(ローマサポーターの愛称)たちは、無様な試合を見せられたことへの怒りが収まらない。

その中で、キャプテンであるロレンツォ・ペッレグリーニが自身のユニフォームを脱ぎ、スタンドへ投げ込もうとしていたが、なんとこの申し出をティフォージたちは拒否。「そんなものいらない」とばかりにみんなが手を横に振り、拒絶していた。

選手たちにはば声が浴びせかけられたが、それを受け入れざるを得ない敗戦。タミー・エイブラハムは一触触発状態となったが、スタッフが介入してなんとか止めたという。

24日にはホームでのセリエA第9節でナポリと対戦するローマ。屈辱を味あわせてしまったティフォージたちを納得させる結果を残すことができるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

レーティング:ローマ 0-3 インテル《セリエA》

セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で圧勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽ローマ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_0_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 パトリシオ 4.0 3失点中、2失点は致し方ないものだったが、ニアを狙った直接CKからの1失点目はコーチング含め完全に自身のミスだった。それ以外のセービングは安定も、キック精度の部分で不安定だった   DF 23 マンチーニ 5.5 自身に大きなミスはなかったが、代役カピターノとしてチーム全体を締めきれず。後半のカードによって次節出場停止に   6 スモーリング 5.5 チームは3失点で大敗も、個人としては直近2試合同様に加入初年度の良い状態に戻りつつある   24 クンブラ 5.0 対人対応など良い面もあったが、2失点目の場面では中途半端な対応でマークしていたジェコを離してしまった点は問題   (→ボーヴェ 5.0) 生え抜きとして気概は見せたが、相手の老獪な選手たちに力及ばず   MF 3 イバニェス 5.0 チーム事情で今季初のウイングバックでの起用に。ポジショニングや判断の部分で苦しみ自身の形で守備ができず。攻撃面で多くを求めるのはさすがに酷だった   77 ムヒタリアン 5.5 中盤でタメを作ってパスを散らすなど、急造布陣の中で攻守に奮闘を見せたが、決定的な仕事はできなかった   4 クリスタンテ 5.0 アンカーと3バックの左でプレー。コロナウイルスから回復した病み上がりの状態ということもあり、不用意なパスミスや球際の勝負で苦戦を強いられた   17 ヴェレトゥ 5.5 中盤でいつも通りのハードワークを見せた。守備では献身的なプレーで最終ラインを助けたが、攻撃では前線の収まりの問題もあってなかなか良さを出せなかった   (→ヴォルパート -) 18歳のオーストラリア人MF。試合最終盤にトップデビューを飾った   5 ビーニャ 5.5 3失点目ではダンフリースに付き切れず。ただ、病み上がりの状態で攻撃の場面では幾度か可能性を感じさせるプレーを見せた   FW 22 ザニオーロ 5.5 後半はさすがにバテたが、古巣相手に最もゴールに迫る場面を作り出すなど、個人として意地は見せた。マンチーニと共に後半のカードによって次節出場停止に   14 ショムロドフ 5.0 攻守にハードワークを見せたが、肝心のところで強さ、精度を欠き全体的に空回りの試合に   監督 モウリーニョ 5.0 古巣相手に内容的には完敗だったが、フルメンツでも難しい相手に対して、エイブラハムやペッレグリーニ、カルスドルプら多数の主力を欠いた点はさすがに気の毒だった   ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211205_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.5 枠内シュート1本ということもあり、仕事機会はほぼなかった。クロス対応では普段通りの安定感   DF 33 ダンブロージオ 6.5 守備では少ないピンチの場面で良い対応を見せた。攻撃ではバストーニとバランスを取りながら効果的にビルドアップに絡んだ   37 シュクリニアル 6.5 ショムロドフやザニオーロに対して終始安定した対応をみせ、クリーンシートに貢献   95 バストーニ 7.0 見事なピンポイントクロスでダンフリースのゴールをアシスト。果敢な攻撃参加で相手守備攻略の起点のひとつとなり、守備もソリッドだった   (→ディマルコ 5.5) 守備のタスクをこなしつつ、攻撃面でもアピール   MF 2 ダンフリース 6.5 見事なダイビングヘッドでセリエA初ゴール。攻守両面でダイナミズムを見せ、きっちり勝利に貢献   23 バレッラ 6.0 コンディションの問題か好調時の躍動感はなかったが、攻守に最低限の仕事をこなして早い時間帯にお役御免に   (→ビダル 5.5) 要所で攻撃に絡みつつ、要所を締めるプレーで逃げ切りに貢献   77 ブロゾビッチ 6.5 相手の守備の問題もあったが、豊富な運動量と正確な立ち位置でビルドアップの起点として機能。守備の局面でも強度の高いプレーを継続した   20 チャルハノール 7.0 1ゴール1アシストの活躍で勝利の立役者に。後半はだいぶ流し気味にプレーしたが、前半は出色のパフォーマンス   14 ペリシッチ 6.5 決定的な仕事こそなかったが、攻守両面でローマの選手たちを凌駕。地味ながらも質の高いプレーを随所に見せた   FW 9 ジェコ 6.5 古巣相手に恩返しゴールを奪取。それ以外では前線での起点づくりなど、安定したプレーが光った   (→ベシーノ 5.5) 疲労困憊の相手に対して余裕を持ってプレー。攻守にそつなし   19 ホアキン・コレア 6.5 かつてのホームスタジアムで宿敵相手に気迫のプレー。決定的な仕事はなかったが、利他的なプレーと局面を変えるドリブルで存在感。それだけにハムストリングの負傷が気がかり   (→サンチェス 5.5) 3点リードの展開を考慮してエゴを抑えながら逃げ切りに貢献   監督 インザーギ 6.5 飛車角落ちのローマを相手に余裕を残しての完勝。レアル・マドリー戦に向けて主力を早い時間帯に下げられた点もプラスに   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! チャルハノール(インテル) 1点目は相手守護神のミスもあったが、正確なプレースキックで貴重な先制点を奪取。さらに、ジェコの追加点もお膳立てする攻撃の主役に。ボールを引き出す動きやそこからの豊富なアイデアと、新チームで自身の良さをうまく出せている。   ローマ 0-3 インテル 【インテル】 チャルハノール(前15) ジェコ(前24) ダンフリース(前39) 2021.12.05 03:57 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェコ恩返し弾など前半3発のインテルが主力多数不在のモウリーニョ率いるローマに圧勝!《セリエA》

セリエA第16節、ローマvsインテルが4日にスタディオ・オリンピコで行われ、アウェイのインテルが0-3で快勝した。   現在、5位のローマ(勝ち点25)は、ボローニャ相手に敵地で深くを取り、連勝がストップ。トップ4圏内との勝ち点差が徐々に開いており、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて序盤の正念場を迎えている。ジョゼ・モウリーニョ監督の古巣初対決に注目集まる今回のホームゲームではボローニャ戦から先発4人を変更。出場停止のエイブラハム、カルスドルプ、負傷のエル・シャーラウィに代えてショムロドフ、クンブラ、ビーニャを、ディアワラに代えてクリスタンテを起用した。   一方、直近3連勝を含むリーグ7戦無敗で3位に付けるインテル(勝ち点34)は、一部主力を温存した前節のスペツィア戦に2-0の完勝。週明けに首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦を控える中、インザーギ監督は先発3人を変更。ディマルコ、ガリアルディーニ、ラウタロ・マルティネスに代えてバストーニ、バレッラ、古巣初対戦のジェコを起用した。   試合は開始早々にザニオーロのクロスからショムロドフがヘディングシュートを放つなど、ホームのローマが良い入りを見せたが、時間の経過と共に地力で勝るインテルがボールの主導権を握って押し込んでいく。   そして、15分には左CKの場面でキッカーのチャルハノールが右足インスウィングで鋭いカーブをかけたボールをニアへ入れると、ストーンに入っていたザニオーロのポジショニングの悪さ、ニアを全く警戒していなかったGKルイ・パトリシオの判断ミスが重なる形でパトリシオの股間を抜けたボールがそのままゴールネットに決まった。   やや幸運な形で先制に成功したインテルは、過密日程による疲労や急造布陣の影響でプレスの強度、連動性を欠くローマに対して、ストレスなくボールを動かしながら追加点のチャンスを窺っていく。すると24分、相手陣内左サイド深くでのペリシッチ、ホアキン・コレア、チャルハノール、バストーニという鮮やかなダイレクトのパス交換からチャルハノールがボックス左にフリーで抜け出すと、丁寧なマイナスの折り返しを昨季までオリンピコを根城にしていたジェコが左足のダイレクトでゴール左隅に突き刺した。   元エースストライカーに手痛い恩返し弾を浴びたローマは、何とか前半の内に1点を返そうと攻勢を強めていく。37分には厚みのある仕掛けから最後はボックス左に走り込んできたビーニャがフリーで左足を振り抜くが、これは相手DFのブロックに遭う。   一方、久しぶりのピンチを凌いだインテルはこの直後に決定的な3点目を奪う。相手陣内左のハーフスペースでボールを縦に運んだフリーのバストーニが絶妙な左足のクロスをゴール前のスペースへ供給。これに大外で反応したダンフリースがDFビーニャの背後から抜け出して豪快なダイビングヘッドで合わせ、嬉しいセリエA初ゴールを挙げた。   敵地オリンピコで相手を圧倒する完璧なパフォーマンスで試合を折り返したインテルは、次戦のマドリー戦をやや意識してか後半は丁寧にボールを動かしながらゲームコントロール優先の試合運びにシフト。59分にはハムストリングを痛めたコレアと1枚カードをもらっていたバレッラを下げて、サンチェスとビダルを同時投入した。   一方、3点のビハインドを撥ね返そうと、勢いを持って後半に入ったローマだが、相手の老獪な守備を前になかなか攻撃の糸口を見つけられない。63分にはクンブラを下げてセントラルMFのボーヴェを最初のカードとして切り、クリスタンテを3バックの左に落とした。   互いにメンバーを入れ替えたことで、ここから再び試合に動きが出てくるかに思われたが、以降もインテルが決定機こそないものの、危なげなく時計を進めていく。そして、勝利を確信したインザーギ監督は75分を過ぎて殊勲のジェコ、バストーニ、チャルハノールとゴールに絡んだ選手たちを下げて、ベシーノ、ディマルコ、センシと控え選手を投入し、逃げ切り態勢に入った。   敗色濃厚もスタジアムに大挙したロマニスタの前で意地を見せたいローマは、82分にザニオーロが強烈なミドルシュートを放つが、これはわずかに枠の左に外れる。そして、一矢報いるゴールはおろか、後半に1本の枠内シュートも打てぬままタイムアップを迎えることになった。   ジェコの恩返し弾を含む前半の3ゴールで早々に試合を決めたインテルが、スコア以上の実力差を見せつける快勝でレジェンド指揮官モウリーニョ率いるローマを敵地で粉砕。リーグ4連勝を飾り、週明けのマドリー戦に弾みを付けている。一方、敗れたローマは多数の主力を欠くエクスキューズはあったものの、逆転でのトップ4フィニッシュに向けて今冬の積極補強が必須と思える苦しい連敗となった。 2021.12.05 03:56 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマに痛手…エル・シャーラウィの年内復帰は絶望的に…

ローマのイタリア代表FWステファン・エル・シャーラウィの年内復帰は絶望的なようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 エル・シャーラウィは、1日に行われたセリエA第15節のボローニャ戦に先発出場。だが、後半序盤に右ふくらはぎを痛めて負傷交代していた。 『カルチョメルカート』によると、今回の負傷は全治3週間程度と見込まれており、2021年最終戦となる22日のサンプドリア戦での復帰の可能性は非常に低いようだ。 エル・シャーラウィは今シーズンここまで公式戦21試合に出場し、6ゴール1アシストを記録。シーズン序盤は[4-2-3-1]の左ウイングでバックアップを担い、直近は[3-5-2]の左ウイングバックのレギュラーとして活躍していた。 ローマではウルグアイ代表DFマティアス・ビーニャと、U-21イタリア代表DFリッカルド・カラフィオーリの戦列復帰によって、左ウイングバックの穴埋めは可能となっているが、カウンターの局面などで存在感を放っていたファラオーネの離脱は大きな痛手だ。 2021.12.03 05:30 Fri
twitterfacebook
thumb

不可解な判定でインテル戦出場停止のエイブラハムが不満あらわ「本当にひどい」

ローマのイングランド代表FWタミー・エイブラハムが、厳しい判定で次戦のインテル戦の出場停止を余儀なくされた。 1日に行われたセリエA第15節でボローニャと対戦したローマ。35分にMFマティアス・スベンベリに先制点を許した中、前半アディショナルタイムのローマの攻撃の際、エイブラハムがパスを出して次のプレーに移ろうとしたところ、チェックに来ていたスベンベリと衝突し、相手はピッチに倒れ込んだ。 攻撃阻害でボローニャ側のファウルと取られてもおかしくない場面だが、主審はこのプレーでエイブラハムにイエローカードを提示。エイブラハムの手が偶然にもスベンベリの顔に当たっていたことが判断の要因になったと考えられる。 しかし、エイブラハムは何度も「ミー?(僕なの?)」と叫んでおり、判定に対する不満をあらわに。また、試合後にも「今日のイエローカードで次の試合に出られなくなってしまった…。僕はブロックされてファウルを受けた方だというのにね。本当にひどいよ」と、収まらない怒りをツイートしていた。 そしてエイブラハムの言う通り、累積警告で次節インテルとの大一番の欠場が決定。合計7枚のイエローカードが飛び交った今回の一戦では、試合終了間際に乱闘を引き起こしたDFリック・カルスドルプにもイエローカードが提示されており、同様にインテル戦は出場停止となる。 なお、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督も敗戦後、「何度か事件もあったが、我々は戦い続けた」と皮肉をぶつけている。 2021.12.02 16:55 Thu
twitterfacebook
thumb

カード乱発、PK与えられず…モウリーニョ監督が審判へ皮肉「いくつかの事件があった」

ローマのジョゼ・モウリーニョ監督が皮肉を交えつつ、選手を支持した。クラブ公式サイトが伝えた。 4位アタランタとの勝ち点差が6となっているローマは、1日に行われたセリエA第15節でボローニャと対戦。前半に1点を奪われると、後半はFWステファン・エル・シャーラウィを負傷で欠き、GKウカシュ・スコウルプスキの堅守を前にFWタミー・エイブラハムをターゲットとした攻撃も実らず、無得点で試合を終えた。 この試合では、物議をかもすような場面も含めて両チーム合わせて7枚のイエローカードが提示。開幕以来の3連勝とならなかったローマは、累積5枚目のイエローカードでエイブラハムとDFリック・カルスドルプが次節のインテル戦で出場停止となった。 試合後、モウリーニョ監督はMFニコロ・ザニオーロがボックス内で倒された場面や、累積警告で複数の選手が出場停止になったことに皮肉を語りながらも、90分間を戦い抜いた選手たちに労いの言葉をかけた。 「土曜日には次の試合があるので、そのためのチームをこれから考えなくてはならない」 「少なくとも、私がジャンルカ・マンチーニを交代させていなければ、おそらく彼もイエローカードを貰い、インテルとの試合に出ることができなくなっていただろう」 「ボローニャ、シニシャ(・ミハイロビッチ)、選手のみなさん、おめでとう。彼らは懸命に戦い、勝ち点3を獲得した。彼らにおめでとうと言いたい」 「そして、我々の選手も良くやってくれた。試合前にケガをするなどあらゆることに直面していたにもかかわらず、今回も全力を尽くしてくれた。試合前の負傷、試合中の負傷、90分プレーした選手の“隠れた“負傷もあった。その後もいくつかの事件があったが、我々は戦い続けた」 「私はいつも彼らを誇りに思っている。たとえ負けたとしてもそのことを引きずる選手はいないからだ。私は彼らを支持する」 「最後にひとつだけ意見を言わせてもらいたい。もし、私がザニオーロだったら、セリエAでプレーすることが自分にとって不利なものになると考え始めるだろう」 2021.12.02 13:35 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly