鎌田の今季初ゴールなどでオリンピアコスを下したフランクフルトがグループ首位に浮上!《EL》

2021.10.22 06:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは21日、ヨーロッパリーグ(EL)グループD第3節でオリンピアコスと対戦し3-1で勝利した。フランクフルトの長谷部誠はフル出場、鎌田大地もフル出場し59分に今季初ゴールを記録している。

フランクフルトのチャンスは13分、ボレの右クロスからボックス中央の鎌田がフリーでヘディングシュートを放ったが、これはゴール左。さらに23分には、左CKをボレが頭で合わせたが、シュートは相手GKのファインセーブに防がれた。

攻勢を続けるフランクフルトは25分、鎌田のパスをボックス内で受けたボレがシセに倒されPKを獲得。このPKをボレが確実にゴール左へ決め、先制に成功した。

しかし、フランクフルトは直後にセットプレーからピンチを迎える。29分、右サイドで与えたFKからヨルゴス・マスラスにクロスを入れられると、ボールがボックス内で競り合ったヤキッチの手に当たり、PKを献上。これをエル・アラビに決められ、試合は振り出しに戻った。

このまま前半終了かと思われたが、フランクフルトは左CKの二次攻撃から勝ち越しに成功する。48分、左CKをヒンテレッガーが頭で合わせるとこれがクロバーを直撃。こぼれ球をパシエンシアが繋ぐと、ボックス左横で再びボールを受けたパシエンシアのクロスをボックス内のボレがワンタッチではたき、最後はボックス右深くに駆け上がったソウの折り返しからA・トゥーレがゴールに押し込んだ。

勝ち越しに成功し後半を迎えたフランクフルトは、後半も先にスコアを動かす。59分、パシエンシアがペナルティアーク手前からミドルシュートを放つと、GKヴァツリークの弾いたこぼれ球を拾った鎌田が、相手GKを冷静にかわしてゴールへ流し込んだ。

その後もオリンピアコスを圧倒したフランクフルトだったが、追加点を奪うことはできず。鎌田の今季初ゴールなどで勝利したフランクフルトが、グループDの首位に立っている。

また、伊東純也の所属するヘンクはグループH第3節でウェストハムと対戦し0-3で敗戦した。伊東は83分までプレーしている。

前節のディナモ・ザグレブ戦を0-3で完敗したヘンクは、伊東が[4-3-3]の右ウイングで先発となった。

EL連勝中のウェストハムに対し、ヘンクは9分にスルーパスで右サイドを抜け出した伊東の高速クロスをオヌアチュがすべり込みながら合わせると、跳ね返ったボールをボンゴンダがダイビングヘッドで叩き込んだが、オフサイドディレイによりゴールが認められず。

膠着状態が続く中、ヘンクは前半終了間際に失点する。46分、クレスウェルの左CKをドーソンが合わせるとふわりと浮いたボールをゴールライン手前のヘイネンがクリアしようとしたが、わずかに届かずそのままゴールに吸い込まれた。

1点のビハインドで後半を迎えたヘンクは、クエスタを下げてサディックを投入。しかし、再びスコアを動かしたのはホームチームだった。57分、ボックス左横で獲得したFKからクレスウェルがクロスを供給すると、ニアのディオプがヘディングシュートを叩き込んだ。

さらにヘンクは、直後の59分にもボーエンにゴールネットを揺らされて3失点目。そのまま0-3で完敗したヘンクは、EL連敗でグループ最下位に沈んでいる。

その他、ケガで三好康児を欠いたアントワープはアウェイでフェネルバフチェと対戦し2-2でドロー。同じくケガで堂安律を欠いたPSVはモナコを相手に1-2で敗戦。北川航也の所属するラピド・ウィーンはホームでディナモ・ザグレブと対戦し2-1で勝利している。


関連ニュース
thumb

「葬式かと思った」南野拓実のゴール実況にリバプールファン怒り、「アグエロォォォ」でお馴染みの実況者のテンションが話題

リバプールのファンがテレビの実況に激怒している。 17日、リバプールはプレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。逆転優勝に望みを繋ぐためには勝利が必要な一戦。負ければ、マンチェスター・シティの優勝が決まるという大一番で、日本代表MF南野拓実は先発出場を果たした。 リバプールの選手としては2020年12月以来、およそ1年半ぶりのリーグ戦先発となった南野。1-0でリードを許した27分に、ジオゴ・ジョタのパスからニアサイドを豪快に撃ち抜くゴールを決めて、同点に追いついた。 FAカップ決勝で120分を戦ってから中2日での一戦に、リバプールはターンオーバーして臨んだ中、12試合ぶりにリーグ戦に出場した南野が決めたゴールに、日本人だけでなく、現地のファンも大きく喜んだ。 しかし、試合の中継をしていたイギリス『スカイ・スポーツ』の名物実況者でもあるマーティン・タイラー氏のテンションに、ファンが怒りを露わにしている。 リーグ優勝の行方も懸かっている大事な試合の担当していたタイラー氏だが、リバプールが追いついた南野のゴール時の実況は「葬式風」と揶揄されるほどテンションの低いものだった。 「1-1、南野は昨シーズンレンタルでプレーしたセント・メリーズに戻り、とても上手い同点ゴールを決めた。南野は喜びを爆発させていません」 負ければ終わるリバプールの同点弾、久々に起用された南野のゴール、さらに古巣相手のゴールということを加味しても、テンションを上げて良さそうなものだが、至って冷静だったという。 一方で、解説を務めたジェイミー・キャラガー氏は「素晴らしい」と叫び、熱量を示したという。 この実況に対してはSNS上でリバプールファンの不満が爆発。「サウサンプトンのゴールとリバプールのゴールの間に、誰かがタイラーを動揺させた?」、「マーティン・タイラーはなぜそんなに落ち込んでいたの?」、「マーティン・タイラーが南野拓実の葬式で朗読しているのかと思ったよ」、「『スカイ・スポーツ』さん、マーティン・タイラーの声を聞かなくて済むように、もっとお金を払ってもいいかい?」と、全く盛り上がらない実況に苛立ちを隠さなかった。 さらに、ドミノピザの公式アカウントも「マーティン・タイラーを少しでも元気づけるために、ピザを届けるにはどうしたらいいだろうか?」と投稿。あまりにものテンションの低さに思わず反応してしまったようだ。 ちなみにこのマーティン・タイラー氏は、10年前にセルヒオ・アグエロの奇跡のゴールでマンチェスター・シティがプレミアリーグで優勝した際の実況を担当しており、「アグエロォォォォォォォ!」と叫んだことで話題となった人物。その点もあり、リバプールファンは許せなかったようだ。 なお、試合はジョエル・マティプのゴールでリバプールが逆転勝利。逆転優勝に望みを繋いだ。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の圧巻ゴールも「葬式」と揶揄された実況のテンション</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="tiktok-embed" cite="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds/video/7098831151862648070" data-video-id="7098831151862648070" style="max-width: 605px;min-width: 325px;" > <section> <a target="_blank" title="@upthefkinreds" href="https://www.tiktok.com/@upthefkinreds">@upthefkinreds</a> <a title="lfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/lfc">#lfc</a> <a title="liverpoolfc" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpoolfc">#liverpoolfc</a> <a title="liverpool" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/liverpool">#liverpool</a> <a title="minamino" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/minamino">#minamino</a> <a title="japan" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/japan">#japan</a> <a title="fyp" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp">#fyp</a> <a title="fypシ" target="_blank" href="https://www.tiktok.com/tag/fyp%E3%82%B7">#fypシ</a> <a target="_blank" title=" original sound - Up The Reds" href="https://www.tiktok.com/music/original-sound-7098831147681598214"> original sound - Up The Reds</a> </section> </blockquote> <script async src="https://www.tiktok.com/embed.js"></script> 2022.05.18 12:15 Wed
twitterfacebook
thumb

「力強いフィニッシュ」同点弾の南野拓実に現地も高評価!「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」と注文も忘れず

リバプールの日本代表FW南野拓実に現地メディアも高評価を与えている。 リバプールは17日、プレミアリーグ第37節でサウサンプトンと対戦。先週末に行われたチェルシーとのFAカップ決勝をPK戦の末に勝ち切ったチームは、逆転でのリーグ優勝に望みを繋ぐべく、メンバーを大きく変更してこの一戦に臨んだ。 南野は3トップの一角で先発出場。リバプールの選手としては、2020年12月19日以来、およそ1年半ぶりのプレミアリーグでの先発となった。 試合は、サウサンプトンに先制を許す苦しい展開になるも、1-0とビハインドで迎えた27分、右サイドからジョー・ゴメスがアーリークロス。これをジオゴ・ジョタがボックス内で収め、動き出した南野へパス。ボックス内右で受けた南野が持ち出して右足一閃。これがGKのニアサイドを打ち抜き、同点ゴールを決めた。 なお、試合はその後にジョエル・マティプもゴールを決め、1-2でリバプールが逆転勝利を収めた。 首位マンチェスター・シティとの勝ち点差を1ポイントに縮めたリバプールの選手には軒並み高評価が与えられるなか、イギリス『リバプール・エコー』は南野に7点(10点満点)の評価。「同点に追いつきたい一心で、力強いフィニッシュを決めた」と評価したものの「チームメイトの邪魔をしたことも一度や二度ではなかった」とポジショニングについては改善を要求した。 また、イギリス『90min』も7点(10点満点)の採点とともに「前半は力強くフィニッシュ。常にハードワークし、何度もいいタッチをしていた」と評価した。 この得点で今シーズンのゴール数を「10」まで伸ばし、二桁に到達させた南野。限られた出場機会の中でしっかりと結果を残している。 <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実の強烈フィニッシュをもう一度…!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

「今年もデュエル王になりました」遠藤航が“王座防衛”を誇る「2シーズン連続は意味があるかな」

シュツットガルトの日本代表MF遠藤航がシーズンを振り返った。 今シーズンからシュツットガルトのキャプテンに就任した遠藤。チームは前線に故障者が相次いだこともあり残留争いに巻き込まれたが、14日に行われたブンデスリーガ最終節のケルン戦では、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにDF伊藤洋輝のアシストから遠藤が劇的な決勝ゴール。シュツットガルトは遠藤のゴールで勝利を収めると、勝ち点でヘルタ・ベルリンと並び、得失点差で抜いて残留圏内の15位でシーズンを終えた。 昨シーズンのブンデスリーガでリーグ最多のデュエル勝利数をマークし、“デュエルキング”という名を轟かせた遠藤だが、今シーズンも「448」の勝利数を記録。2年連続でリーグ1位の数字を残した。 遠藤は17日に自身のツイッターを更新。偉業を誇った。 「劇的ゴールで薄まってますが(自分で薄めるな)今年もデュエル王になりました。防衛です。笑1シーズンだとたまたまと言われても不思議ではありませんが、2シーズン連続は意味があるかなと」 「個人とチーム戦術、マインド、ポジション、出場時間など色々な要素が含まれてるのでこの結果は意外と深い」 チームを救う最終節の逆転ゴールはファンの記憶に残るものだったが、シーズンを通して残したこの記録には遠藤自身も感慨深いものがあるようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】上位クラブの選手が少なめ ブンデスリーガの2022-23シーズン・デュエル勝利数ランキング</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">劇的ゴールで薄まってますが(自分で薄めるな)今年もデュエル王になりました。<br>防衛です。笑<br>1シーズンだとたまたまと言われても不思議ではありませんが、2シーズン連続は意味があるかなと。<br><br>個人とチーム戦術、マインド、ポジション、出場時間など色々な要素が含まれてるのでこの結果は意外と深い。 <a href="https://t.co/nwKKTHg7w3">pic.twitter.com/nwKKTHg7w3</a></p>&mdash; 遠藤 航 (Wataru Endo) (@wataru0209) <a href="https://twitter.com/wataru0209/status/1526538657322123264?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 11:46 Wed
twitterfacebook
thumb

「決勝にさえ行けてない」クラブOBが限られた出番での南野拓実の活躍に賛辞「クラブのためにしっかりとやってくれている」

かつてリバプールでプレーしたOBのジョン・オルドリッジ氏が、日本代表MF南野拓実の貢献を称賛した。 今シーズンはここまで公式戦24試合に出場し10ゴール1アシストを記録している南野。プレミアリーグでは17日のサウサンプトン戦に12試合ぶりに出場すると、値千金の同点ゴールを記録。チームの勝利に貢献していた。 その南野は、主にカップ戦要員としてプレー。EFLカップ(カラバオカップ)では、5試合に出場し4ゴール1アシストを記録。しかし、タイトルがかかった決勝戦ではベンチ入りも起用されずに終わり、チームは優勝を果たしていた。 さらにFAカップでも4試合に出場し3ゴールを記録していた南野だったが、準決勝のマンチェスター・シティ戦以降はメンバー外。チームはカップ2冠を達成したが、その瞬間に南野は立ち会えなかった。 FAカップ優勝後、イギリス『リバプール・エコー』のコラムにて、オルドリッジ氏は南野について言及。最後に出番を得られなかったものの、南野の働きがなければタイトル獲得は有り得なかったとした。 「南野拓実も言及に値する。彼は今シーズンに大きく関与している。彼がいなければ、リバプールはおそらくFAカップ決勝にすら出場できなかっただろう。彼はメダルに値する」 「ただ、彼は決勝には出場しなかった。でも、彼がいなければ、我々はそこに辿り着くことさえできなかったはずだ」 「彼がシーズンの終わりに残るのか、出ていくかに関わらず、クラブのためにしっかりとやってくれている」 オルドリッジ氏の指摘通り、EFLカップではリバプールは準々決勝のレスター・シティ戦で95分に南野のゴールデなんとか追いつき、PK戦で勝ち上がっている。FAカップでも、5回戦ののリッジ・シティ戦では南野の2ゴールがあり、2-1で勝利している状況だった。 ユルゲン・クロップ監督もFAカップのメダルを挙げるためにイングランドサッカー協会(FA)へかけあうとしていたが、逆転優勝を目指すプレミアリーグでも、久々の試合出場ながら大事なゴールを決めてチームを救っている南野。残り契約は2年ある中で、今夏の移籍が取り沙汰されているが、勝負強さ、大事な試合で結果を残すところは、多くのリバプール関係者に伝わっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】カップ戦に続いてリーグ戦でもチームを救った南野拓実の圧巻ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="jJTirxFriW4";var video_start = 229;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.18 11:35 Wed
twitterfacebook
thumb

“奇跡”を起こした遠藤航のキャプテンマークが話題! ファンが約55万円でオークションに出品も大炎上で返却

日本代表MF遠藤航のキャプテンマークが話題を呼んでいる。 14日に行われたブンデスリーガ最終節。プレーオフ圏にいたシュツットガルトは、逆転での残留を目指して戦った。 この試合では1-1のまま試合が推移。引き分けでは残留できないシュツットガルトだったが、後半アディショナルタイム2分に右CKのクロスを伊藤洋輝がニアサイドでフリック。これをファーサイドで遠藤がダイビングヘッド。奇跡のゴールを決め、チームを逆転残留に導いていた。 キャプテンの大き過ぎる一撃にスタンドのファンも大盛り上がり。レジェンド的な扱いをされた遠藤だったが、ファンの興奮は収まらなかった。 ドイツ『シュツットガルター・ナハリヒテン』によれば、奇跡の残留を果たした結果、ファンは試合後にピッチに乱入。芝を剥がして持ち帰る者やゴールネットを切り取って持ち帰る者が現れたとのこと。彼らはその持ち帰った戦利品を『eBay』のオークションに出品するという、なんとも情けない行動に出ていた。 しかし、その中でも一際注目を集め、騒動に発展したのが遠藤のがつけていたキャプテンマークだった。 チームの降格を救った遠藤のキャプテンマークを持ち帰った者が、4000ユーロ(約55万円)で出品。この行為にはツイッター上で多くのファンが怒りを示していた。 ことの重大さに気がついたのか、ファンはクラブに連絡したとのこと。シュツットガルトのスポークスマンであるトビアス・ハーバート氏は「ファンから連絡があり、キャプテンマークを返却するという連絡があった」とコメント。出品を取りやめ、遠藤のキャプテンマークを返すことに決めたようだ。 なお、芝などは現在も出品されている状況。クラブとしては特に何かをするつもりはないとのことだが、スタジアムでどれほどの被害が出たかは数日中に明らかになるとのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】大批判を受けたオークションに出品された遠藤航のキャプテンマーク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Wataru Endo: won the most duels and made the most successful pressures for the second year running in the Bundesliga. German newspaper Frankfurter Allgemeine writes: &quot;...no distance is too far and no duel too much for Endo. And if need be, he can also tackle like Guido Buchwald.&quot; <a href="https://t.co/zgDyYN414I">pic.twitter.com/zgDyYN414I</a></p>&mdash; Jay (@RobsonPonteFC) <a href="https://twitter.com/RobsonPonteFC/status/1526499911407116288?ref_src=twsrc%5Etfw">May 17, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 10:48 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly