「理想のメンバー」U-22日本代表を率いる冨樫剛一監督、残留争い中の選手派遣を感謝「感謝の一言では表せられない」

2021.10.19 21:10 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
U-22日本代表を率いる冨樫剛一監督は、19日にAFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選に臨むU-22日本代表メンバー23名を発表した。

2022年6月にウズベキスタンで開催が予定されている同大会。日本は、10月26日にカンボジア代表と、28日に香港代表と対戦し、本大会出場を目指す。

これまでU-20日本代表のトレーニングキャンプを数回実施し、今月はU-22日本代表のトレーニングキャンプも実施。数名の入れ替えがあったが、10月のトレーニングキャンプのメンバーが中心となった。

冨樫監督はメンバー発表後にオンライン取材に応じ、今回の23名を選んだ理由を語った。

「アジアの戦いというのは、どんな相手でも非常に難しい中で、自分たちが強いチームとして戦うためにはどうしたら良いのか。影山(雅永)監督と作り上げたU-20のベースを持っているので、そこに対してプラスになるU-22の選手というのを考えて選ばせてもらいました」

今回の試合は、Jリーグが開催されている中での大会となるものの、チームで主軸を担っている選手も招集されている。この点については「シーズン中という状態にも関わらず、私たちの活動を理解していただいて、協力していだたいたチームがたくさんありましたので、自分が思うこのポジションにこの選手がという理想通りのメンバーになりました」と語り、クラブの協力に感謝した。

リーグ戦以外に天皇杯を戦うチームがある他、残留争い、優勝争いのチームがあり、シーズン佳境のタイミングという難しい状況でも協力してくれたクラブはある。

「もちろん、このタイミングなので、色々な状況があると思います。ただ、自分はキャンプを2回経て選んでいく中で、この23名は理想のメンバーが呼べたと思います」

「本当に、感謝の一言では表せられないぐらいに思っています。より国際試合を彼らに良い状態で経験させて、チームに戻って還元してもらいたいなと思います」

今年行われた東京オリンピックは開催国のために予選がなく出場したが、2024年のパリ・オリンピックは予選を突破しなければならない。

今回の予選2試合については「どの相手もサッカーは戦ってみないとわからないので、良い入り方をしなければいけないです。対戦相手の情報もなかなか得られないので、自分たちは日本代表として強いものをピッチの上で出せればと思います」と語り、しっかりと戦わなければいけないと語った。

今週末のリーグ戦を終えて来週にいきなり試合となる中、選手たちが合わせる時間は少ない。それでも冨樫監督は「代表選手として集まってすぐ試合というのはこれから上のカテゴリーに行けば当たり前だと思います」と語り、「U-20に向けて3年間築き上げてきたもの、アンダー世代から築き上げてきたものが土台にあって、実際2回、U-20、U-22としてトレーニングキャンプができたので、自分としてはやってきたことを試合で出せるのかなと思います」と語り、これまでやってきたことをベースにしながら、戦いたいと語った。

この予選に求めるものについては「今回もポット2でこの予選に割り振られているので、言ってみれば上から戦えることも全く感じていませんし、実際に日本でこの大会を引き受けていただけたことで、これだけのメンバーが集まれたので、その辺りの緩みはなく、むしろこの国際試合を戦える喜びを選手もスタッフも感じていて、間違いなく良い試合ができると思っています」と語り、チャレンジャーとしてしっかりと戦いに挑むとした。

通常は次の五輪世代であるU-20世代が中心となるが、今回はMF郷家友太(ヴィッセル神戸)やDF山原怜音(筑波大学)など、U-22世代が入っている。上の世代の選手たちに期待することは「前回のトレーニングキャンプに入る前に彼らと話もしました。彼らは今のメンバーよりも2年も3年も経験をしているのでピッチで出して欲しいということ。ピッチ外の部分も、彼らをスカウティングしていて、普段通りの振る舞いをしてもらえればプラスになると思っています」と語り、「年上だからというということもなく、良い雰囲気の中トレーニングをしてくれました。スムーズにチームに溶け込めたと思います」とコメントした。

一方で、MF中村仁郎(ガンバ大阪ユース)、DFチェイス・アンリ(尚志高校)らU-18世代など飛び級の選手もいる。若手に関しては「我々がアンダー世代から積み上げてきたものがあるからこそ、飛び級をスムーズに行えている。U-18のトレーニングキャンプで良いプレーをしたからこそ、ここに入ってきて勝負ができている」と語り、「大人になれば年齢は関係ないので、そういった経験をしてもらえればと思います」と、A代表を見据えれば年齢で区切ることはないとした。

今回U-22世代を入れた理由については、代表活動の少なさが理由だという。

「オーバーエイジという言い方が正しいかわかりませんが、彼らを選んだ理由というのは、この大会で彼らを選ばなければ、次いつ日本代表に絡めるかが読みづらいです」

「その中で、彼らに国際経験をしてもらうには、この大会に何人かを選出することで、この先のA代表につながっていることを感じてもらうことがまず1つ。アジアのどのようなチームに対しても、日本がしっかりと強いチームであるということを示すためにも、U-22の選手が必要だったということが1つです」

また、今回の試合にはロールモデルコーチとしてU-20日本代表のトレーニングキャンプに参加していた元日本代表DF内田篤人氏が参加する。その点については冨樫監督が要望したと明かし、経験を伝えてもらいたいと語った。

「私が監督をやらせてもらうに当たって、内田コーチも是非一緒にやらせて欲しいと言ったのは、彼とU-20の活動をしてきて、非常に細かいところに気配りができるということです」

「彼が持っている経験は、国際試合、アジアの戦いに向けて、気の緩みのないようなチームが作れる役割が彼の中では非常に大きいと思います」


関連ニュース
thumb

パリ五輪世代の山形MF樺山諒乃介が終了間際の同点バックヒール弾!「来季はマリノスで」「グリーリッシュ感ある」

モンテディオ山形のMF樺山諒乃介がおしゃれな同点ゴールが話題に上がっている。 山形は14日に行われた明治安田生命J2リーグ第39節でホームに大宮アルディージャを迎えた。開始早々に失点を喫するも、27分にDF熊本雄太の今季初ゴールで同点に。だが、残留を向けての気迫を見せる大宮に再びリードを許してしまう。 ビハインドで折り返した後半も、ボールを握るものの決定機を生み出せずに時間が経過。もどかしい状況を打破したのは途中投入された樺山だった。 75分にMF中原輝に代わってピッチへ立つと、1-2で迎えた86分だ。FWヴィニシウス・アラウージョが粘って右サイドへはたき、DF半田陸がグラウンダーで折り返す。クロスはゴール前に入った樺山のやや後ろへずれたものの、これをバックヒールで流し込み、土壇場で試合を振り出しに戻した。 19歳コンビが見せた起死回生の同点ゴールでドローに持ち込んだ山形。一瞬の閃きが生んだ得点にはファンからも「この時間でこのプレーを選択するのがすごい!」、「来季はマリノスでレギュラー争いできる」、「グリーリッシュ感あるな」、「パリ五輪代表頑張って欲しい」といったコメントが寄せられた。 9月にはU-22日本代表合宿にも参加した樺山。来年6月に予定されているAFC U23アジアカップウズベキスタン2022のメンバー入りに向けても大きなアピールになったはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】パリ五輪世代、山形・樺山の閃きが生んだバックヒール</span> <span data-other-div="movie"></span> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/kgMdOAQfQOU" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe> 2021.11.18 21:25 Thu
twitterfacebook
thumb

2ゴールで勝利に貢献したFW藤尾翔太、水戸でのプレーが結実「どんなゴールでもしっかり決めていく」

U-22日本代表のFW藤尾翔太(水戸ホーリーホック)が、U-22香港代表戦を振り返った。 28日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK第2戦でU-22香港代表と対戦。4-0で勝利を収めた。 2日前のU-22カンボジア代表戦で4-0と勝利していた日本。勝てば本大会の出場が決まる中、スタメン11名を入れ替えて臨んだが、引いて守る香港の前に苦戦する。 それでも14分に藤尾がゴールを奪い先制。しかし、その後は中々ゴールを奪えず、1-0で前半を終える。 後半に入ると、49分に藤尾が再びゴールを奪い2-0とすると、ここから香港が少し緩む形に。63分に郷家友太(ヴィッセル神戸)が追加点を奪うと、85分には細谷真大(柏レイソル)がカンボジア戦に続いてゴールを決め、4-0で勝利した。 試合後のオンラインのメディア取材に応じた藤尾は2得点の活躍に「1試合目のカンボジア戦は出ましたが、みんなが点をとっていて、自分もピッチに出てしっかり点を取らないといけないという意識が強く、2試合目ではチームで一番点を取れたのは良かったです」とコメント。結果が出たことを喜んだ。 ゴールシーンについては「1点目も2点目も似ていますが、僕が動き出したところに良いボールをくれました」と、味方との呼吸が合ってのゴールだとコメント。引いてきた香港については「あれだけ引かれるスペースも無くなります。サイドからのクロスにしっかり合わせるというイメージは試合前からありました」と、クロスに合わせる意識でゴールを狙っていたようだ。 今シーズン途中にセレッソ大阪から水戸ホーリーホックへと期限付き移籍。その中で、16試合に出場し6得点と、結果を残している。「水戸に来る前は、試合に出れていない状況で来たので、水戸に来て結果を残して、代表に選ばれるようになりました」と、チームでの結果が今回の招集につながったと語った。 泥臭さもあるゴールも決める藤尾だが「泥臭いゴールだったり、綺麗なゴールだったり、ゴールはゴールなので、どんなゴールでもしっかり決めていける様にしていきたいと思います」と形に拘らずにゴールを奪いたいとのこと。そのためには得意とする裏への飛び出しも生きるといい、「水戸でやっているポジションとは1トップと2トップで違いますが、飛び出すタイミングとかは一緒なので、相手としっかり駆け引きして、これからも磨いていきたいです」と水戸でさらに磨きたいと考えているようだ。 試合中には、何度もボールを要求しながら、自身が動き直すシーンも多かった。その点については「集まって期間が短い中で、試合中にしっかり合わせていかなければいけないです。僕は回数を多くしていけば、こういうタイミングというのがわかるので、動き直して僕のプレーを分かってもらえるようにしていました」と、味方にタイミングを合わせるようにしていたと語った。 2021.10.28 22:20 Thu
twitterfacebook
thumb

4バックで「役割が増えた」と語る畑大雅は1アシスト、本大会前に見据えるのは「J1残留」

U-22日本代表のDF畑大雅(湘南ベルマーレ)が、U-22香港代表戦を振り返った。 28日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK第2戦でU-22香港代表と対戦。4-0で勝利を収めた。 2日前のU-22カンボジア代表戦で4-0と勝利していた日本。勝てば本大会の出場が決まる中、スタメン11名を入れ替えて臨んだが、引いて守る香港の前に苦戦する。 それでも14分に藤尾翔太(水戸ホーリーホック)がゴールを奪い先制。しかし、その後は中々ゴールを奪えず、1-0で前半を終える。 後半に入ると、49分に藤尾が再びゴールを奪い2-0とすると、ここから香港が少し緩む形に。63分に郷家友太(ヴィッセル神戸)が追加点を奪うと、85分には細谷真大(柏レイソル)がカンボジア戦に続いてゴールを決め、4-0で勝利した。 試合後のオンラインのメディア取材に応じた畑は、先制点のアシストについて「その前に何本かクロスを上げる機会があって、手前で引っかかっていたので、ふんわりしたクロスを蹴ろうと思って、ちょうど良いところに行きました」とコメント。修正した結果がアシストに繋がったと語った。 クラブでは左ウイングバックでプレーする畑。サイドバックとは役割が違う中、発見したこともあったという。 「シンプルにビルドアップや役割が増えました。僕自身、そういうプレーをする選手ではないし、湘南でもそういうタスクを担ってはいないので、新しい役割に関して、それなりにできてきたかなという感触はあります」 「まだまだ3人目の選手との関係性やビルドアップや守備の部分でのプレーなど、チームに帰ればまた違うシステムですけど、[4-3-3]の感覚を忘れず、今度呼んでもらえたときに良いプレーを見せられればと思います」 クラブと違うシステム、違う役割を求められている畑。逆に今後クラブで生かせそうなことについては「良い形でビルドアップができれば、(鈴木)唯人や(佐藤)恵允との関係性で、唯人は中に入ってプレーができますし、自分が高い位置をとって一対一の場面も多く作れたので、そういう形が多く作れれば得意な形になるので、もっとそういうシーンを増やせていければと思います」と語り、ビルドアップを磨いて周りの選手との連動した動きを高めたいとした。 この試合では左サイドで市立船橋高校の同期である鈴木唯人(清水エスパルス)と縦関係のコンビを組んだ。高校時代は縦での関係性はほとんどなかったが「3年間やってきた分、他の選手より組みやすいのはありますし、今回唯人と出ると決まって、あまりどうしようと話すよりお2人の関係性でできて、アシストという結果が出て良かったです」と、かつてのチームメイトとの連係は落ちていなかったと明かした。 これで湘南に戻る畑だが、今後の本大会までについては「まずは今日もビルドアップの部分でなかなか良いポジションを取れなかったり、守備で良いポジションが取れない部分があったので、そこはしっかり改善したいです」とコメント。また湘南でのプレーについても「チームでは残留争いが待っているので、J1とJ2では評価も変わってくると思うので、残留できるように良いパフォーマンスを見せたいと思います」と、まずはJ1残留に貢献していと語った。 2021.10.28 22:05 Thu
twitterfacebook
thumb

キャプテンとして1ゴール、郷家友太が本大会を見据える「ホッとしている気持ちは1ミリもない」

U-22日本代表のMF郷家友太(ヴィッセル神戸)が、U-22香港代表戦を振り返った。 28日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK第2戦でU-22香港代表と対戦。4-0で勝利を収めた。 2日前のU-22カンボジア代表戦で4-0と勝利していた日本。勝てば本大会の出場が決まる中、スタメン11名を入れ替えて臨んだが、引いて守る香港の前に苦戦する。 それでも14分に藤尾翔太(水戸ホーリーホック)がゴールを奪い先制。しかし、その後は中々ゴールを奪えず、1-0で前半を終える。 後半に入ると、49分に藤尾が再びゴールを奪い2-0とすると、ここから香港が少し緩む形に。63分に郷家が追加点を奪うと、85分には細谷真大(柏レイソル)がカンボジア戦に続いてゴールを決め、4-0で勝利した。 試合後、ゲームキャプテンでもあった郷家はオンラインのメディア対応で試合を振り返り「前半は硬くて、相手が引いてくる守備に対してどう崩すかが鍵になりました。クロスまではいけましたが、入り方、人数の掛け方はまだまだ課題だと思いました」とコメント。4-0で勝利したものの、冷静に分析した。 [4-3-3]のシステムに関しては、「引いてくる相手に対してサイドに人数かけて崩すことは大事ですが、崩した後の入りは課題でした」とコメント。「左サイドで崩している時に(松岡)大起が入ってくるとか、関係性は良かったとは思います」と、崩すところまでは良かったものの、フィニッシュの部分のやり方を反省した。 後半には自身もチームの3点目を記録した郷家。「個人としてもゴールが欲しかったですし、前半1-0で終わっていて、正直焦った気持ちもありました。そこで(藤尾)翔太が2点目を取ってくれて、相手が折れてくれたので、自分がしっかり狙おうと思っていました」とコメント。ゴールについては「(佐藤)恵允からもらうときに左を見てスルーして翔太に渡して、ゴール前に3人目に入っていこうと思ったんですが、相手が思ったより内に入っていたので、トラップしてシュートを打とうと思いました」と、相手の対応を見て判断を決めたとした。 試合に臨むにあたっては、選手たちにキャプテンとして声掛けした郷家。その内容は「個人としてもポーランド以来の国際試合で、円陣の時にみんなに言いましたが、この年代はW杯が中止になって悔しい気持ちを持っていると思うので、このご時世で国際試合をやれることに感謝して、自分に正直にピッチで表現しようと言いました。みんなが納得して、表現してくれたと思います」とし、強い気持ちを持って臨んだとしている。 これで2連勝、本大会の出場権を獲得した訳だが落ち着くことはないという。「本戦出場が決まっただけなので、まずはそこをみんなが見据えて、クラブに帰ってやろうということは話していました。ホッとしている気持ちは1ミリもないです」と強く語った。 その本大会は来年6月の予定。「まだ半年ちょっとあるので、みんなで合宿を重ねて、合わせていけるところは合わせて、課題は直して、ウズベキスタンでは相手も僕ら世代が出てくるので負けられないですし、下の世代の選手のやる気も感じられたので、合宿で集まって確認したいと思います」と、残りの期間でさらに磨いていきたいとした。 また[4-3-3]の課題については「1試合目は見ているだけだったので、今日の試合だけでいうと、3人目の動きというのがもっとあっても良いと思いましたし、スルーとか、フリックとかはもう少し使えたら崩せたかなと思っています」とし、連係を生かしたプレーは増やしたいとした。 2021.10.28 21:21 Thu
twitterfacebook
thumb

中1日の連戦で23名全員を起用し2連勝、U-22日本代表の冨樫剛一監督が振り返る「日本の育成の成果」

U-22日本代表の冨樫剛一監督が、U-22香港代表戦を振り返った。 28日、AFC U23アジアカップウズベキスタン2022予選のグループK第2戦でU-22香港代表と対戦。4-0で勝利を収めた。 2日前のU-22カンボジア代表戦で4-0と勝利していた日本。勝てば本大会の出場が決まる中、スタメン11名を入れ替えて臨んだが、引いて守る香港の前に苦戦する。 それでも14分に藤尾翔太(水戸ホーリーホック)がゴールを奪い先制。しかし、その後は中々ゴールを奪えず、1-0で前半を終える。 後半に入ると、49分に藤尾が再びゴールを奪い2-0とすると、ここから香港が少し緩む形に。63分に郷家友太(ヴィッセル神戸)が追加点を奪うと、85分には細谷真大(柏レイソル)がカンボジア戦に続いてゴールを決め、4-0で勝利した。 試合後、冨樫監督はオンラインの記者会見にて「相手がカンボジア戦からシステムを変えてきて、後ろ5枚にしてきたことは、事前のトレーニングキャンプから想定してシミュレーションができていたので戸惑いはなかったです」と、システムをいじってきたことには驚かなかったとコメント。ただ「相手があることで、硬いゲームの中で、アイデアは持ちつつプレーしましたが、なかなか噛み合うことが少なく、前半は特に苦しいかなと思いました」と、1点しか奪えなかった前半の戦いを振り返った。 それでもチーム一丸となっての勝利については「リスタートで優位に立てたところは、このチームの武器ではありましたし、交代した選手がチームをより違った形で強めていくことで、23人全員で2試合をしっかり戦えたと思います」と、全選手を起用しての2連勝を喜んだ。 カンボジア戦、香港戦でGKも含めて招集した23名全員をプレーさせた冨樫監督。「23人全員が出場機会を得られたこと、1試合目と2試合目でスターティングメンバーが全く違う形でも2チーム編成していてもチームとして戦えたことは、日本の育成の成果だと思います」と語り、チームとして準備してきた通りだったと振り返った。 一方で選手たちに感じた驚きについては「1試合目も2試合目も、硬くゲームが進んでいく中、90分をしっかりと淡々と勝って終わらせる、リスク管理ができるということ、サッカーをプレーすることができていたと思います」と、難しい状況下でも落ち着いていたことを挙げた。 また久々の公式戦を国際大会でできたことについては「サッカーをプレーするのが上手いチーム、選手でなければ代表チームはいけないと思います。相手とのレベル差があれど、国際試合は難しい。90分失点しないで、得点を取って勝つというプランニングを、選手たちが90分間できる選択、思考を持てることが、育成年代では大事だと思っています」と語り、難しい国際試合で、しっかりと判断して戦えたことを称えた。 試合後には選手たちに話しかけていた冨樫監督。「この2試合を戦ったからこそ、6月のウズベキスタンに向けて次に進むことができましたけど、目標はより高いところにあると思うので、自チームに帰って試合に出る、ポジション争いに勝つ、日常を高めてくれることを期待していると話しました」と、残りの半年間でしっかりと選手としての成長をして欲しいとエールを送ったという。 実際に選手たちに求めたいことについては「今までも選手たちは日々をしっかりと取り組んでいると思いますが、それを2レベル、3レベル上げていく。より日常をフットボール中心に生活していくことが大事だと思います」と、サッカー漬けの日々を送り、さらにレベルアップして欲しいと語った。 合宿を繰り返し、最後はぶっつけ本番のような形になった今回の戦い。戦術面での成長については「相手があることなので、相手を見る、どう動かすか。それは全てゴールがあることで、ボールを中心にするのか、人を中心にするのか、スペースの共有などがある中で、一番大事なゴールを忘れずにやることが戦術として大事だと思います」とコメント。「攻撃でも守備でも原理原則の中でゴールを意識しつつ、選手のプレーエリアを広げていくことが戦術として大事だと思います。選手たちは色々考えながらプレーしてくれたと思います」と、準備してきたことに加えて、ピッチ内でもしっかりと判断してプレーしていたと語った。また「システムの中で自チームと違う形でプレーする中で、幅、深みの取り方、中と外の使い分けは、選手たちはまだまだ正解を探しながらではありましたが、繋がりや1人、2人ではなく、3人目、その背後を意識してプレーしたと思います」と、意識もしっかりとしていたと、一定の手応えを語った。 2021.10.28 16:25 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly