史上最高“究極”のオールラウンダー、フランク・ランパード

2021.10.13 20:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
◆類稀なる得点力を備えたオールラウンダー

そのランパードは、チェルシーでも当然輝きを放つ。2005年にはバロンドール、FIFA最優秀選手ともに全体の2位という栄誉を得る。なお、どちらも元ブラジル代表MFロナウジーニョが1位だった。

またクオリティの高いプレーもさることながら、愛称の“鉄人”が示す通り、プレミアリーグでは164試合連続出場記録を樹立。それまでは元イングランド代表GKデイビッド・ジェームズが保持していた記録であり、フィールドプレーヤーが達成するのは異例だった。

その後もチェルシーの中心選手として君臨し続けたランパード。プレミアリーグで3回、FAカップで4回、EFLカップで2回と国内で9つのタイトルを獲得。さらに、チャンピオンズリーグとヨーロッパリーグを1度ずつ制しており、クラブの黄金期を支えた。

それはタイトルのみならず、個人の成績でも大きく貢献。公式戦通算648試合に出場し211ゴール150アシストという大記録を樹立。出場数は同時期にプレーした生え抜きのDFジョン・テリーに次ぐ2位、ゴール数は名だたる名FWを差し置いてダントツの1位となっており、まさにクラブのレジェンドそのものとなっている。

しかし、成績とは裏腹に、あまり目立たないのがランパードの真骨頂と言えるだろう。同時期に同ポジションを争ったリバプールのMFスティーブン・ジェラードはスター選手として早くから扱われており、リバプールというクラブに出てきた期待の若手というのが大きな要因といえる。

一方で、選手としての能力だけで見れば、ランパードの方が優れているという声も多く、なんでもこなせるハイスペックなオールラウンダーとして評価。得点力、アシスト、さらには中盤でのタイトな守備や泥臭いプレーなど、全てにおいて高い能力を誇り、さらにはケガをほとんどしないことで愛されていた。

イングランド代表でも活躍し、チェルシーのレジェンドとして歴代最多ゴール数を誇るランパードが大人気スポーツ育成シミュレーションゲーム『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』(サカつくRTW)に登場!

盟友のDFジョン・テリーやMFスティーブン・ジェラードと共に現役時代に魅せたゴールが『サカつくRTW』でも再現。是非一度チェックしてみよう。








関連ニュース
thumb

アメリカ戦出番なしフォーデンにサウスゲイト監督が重要性強調 「大きな役割を果たしてくれる」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督がMFフィル・フォーデンの重要性について言及した。イギリス『BBC』が伝えている。 20日から開幕したカタール・ワールドカップ(W杯)。イングランドはグループステージ初戦こそイラン代表相手に6ゴールを挙げる大勝を飾ったが、続くアメリカ代表戦では最後までゴールネットを揺らせず、ゴールレスドローで終えた。 そのアメリカ戦でベンチスタートとなったフォーデンは得点が欲しい状況にもかかわらず、最後まで出場はなし。試合後にはサウスゲイト監督のこの采配に多くの疑問の声が寄せられた。 これに対して、サウスゲイト監督は29日に行われるグループB第3節のウェールズ代表戦に先立った記者会見で、フォーデンは重要な選手だと強調。さまざまな役割を担える選手であり、今後の活躍に期待をかけた。 「我々はフィルを愛している。そして、彼はスーパープレーヤーだ。この大会でも大きな役割を果たしてくれるだろう」 「フィルはトレーニングに対してのみでなく、何事に対しても素晴らしい姿勢を示している。ピッチの上では、さまざまな可能性を見せてくれるね。彼は両サイドでプレー可能であり、偽9番として振る舞える。クラブレベルではあまりやっていないが、ストライカーとしてもプレーできるはずだ」 「彼はとても柔軟で、持っている特性やインパクトを示してくれる選手だ。相手ゴールを脅かす存在でもあり、それもチームにとっては大きいね」 2022.11.29 12:26 Tue
twitterfacebook
thumb

30歳目前でもメガクラブの触手減らず... トッテナム、W杯後にケインと話し合いへ

トッテナムが、イングランド代表FWハリー・ケイン(29)との話し合いの場を設けるつもりのようだ。 ケインは現在、イングランド代表としてカタールW杯に参戦中で、グループステージ2試合を終えて自身のゴールこそないものの、初戦のイラン代表戦では2アシストで勝利に貢献。31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる状況だ。 所属するトッテナムとの契約は2024年6月までだが、過去に何度もメガクラブ行きが噂され、マンチェスター・シティやユナイテッド、バイエルン・ミュンヘンなどから触手が。イギリス『Football Insider』によると、稀代の点取り屋に対し、現在はレアル・マドリーが関心を強めているという。 これを受け、トッテナムの幹部らはW杯からの帰国に合わせ、選手側とのミーティングを調整。アントニオ・コンテ監督の要望はもちろんのこと、幹部らとしても現役引退までクラブでプレーを続けてもらいたい考えだ。 一方、以前にはチェルシーのレジェンド、ジョン・テリー氏が「ケインはトロフィー獲得の野望を隠しておらず、スパーズではそれが不可能だと理解している」と発言。ケインは来年で30歳を迎えるが、その去就に注目が途切れることはしばらくはなさそうだ。 2022.11.28 16:44 Mon
twitterfacebook
thumb

EURO決勝でPK失敗のラッシュフォード、キッカーに名乗り「機会を逃したくない」

イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードが、過去の呪縛からの解放を願っているようだ。イギリス『サン』が伝えている。 カタールW杯に参戦中のラッシュフォードは、初戦のイラン代表戦で途中出場直後のファーストプレーからゴールを挙げ、6-2の大勝に貢献。続く第2戦のアメリカ代表戦でも途中出場したが、今度はゴールを挙げられず。チームも0-0のドローに終わった。 そんなラッシュフォード、昨年のEURO決勝戦ではPK戦での自身の失敗も響き、イングランドは準優勝という結果に。アメリカ代表戦後のインタビューでこの件を掘り返されると、今大会でチームがPKを獲得すれば、是非とも自身が蹴りたいと語っている。 「ペナルティキックの機会があるなら、絶対に逃したくない。フォワードとしてゴールを決めるチャンスだが、それだけでなく、僕個人にとってそれが重要な瞬間になるのは明白だ。この大会を楽しむと同時に、その瞬間を待ちわびているよ」 また、右足首に不安を抱えるFWハリー・ケインにも言及。第3戦のウェールズ代表戦ではラッシュフォードがスタメン起用されるとも伝えられるが、絶対的エースの状態は万全と口にしている。 「ハリーの状態は問題ないよ。彼も今大会を楽しんでいるし、とってもハッピーそうだ。彼はここまではノーゴールだけど、今のプレーを続ければすぐにネットを揺らすはずさ」 イングランド代表は31日のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まる。 2022.11.28 15:53 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯GS突破を目指すイングランド代表にルーニー提案「ケインはウェールズ戦で外すべき」

元イングランド代表のウェイン・ルーニー氏が、ウェールズ戦で主力を温存すべきとの見解を示している。 初戦でイラン代表に6-2の大勝を収めたイングランドだったが、25日に行われたアメリカ代表戦は再三の決定機を迎えながらも0-0のドローとなり、グループ突破は最終節のウェールズ代表戦に持ち越されることになった。 ただ、イングランド代表歴代トップの53ゴールを記録しているルーニー氏は、その重要な一戦でエースのハリー・ケインを先発から外すべきと主張。決勝トーナメントを見越して休ませておくべきだと、イギリス『タイムズ』のコラムで提案した。 「ウェールズ戦ではハリー・ケインを休ませるべきだ。アメリカ戦では、イラン戦で受けたケガが影響しているように見えた」 「イラン戦では後半のタックルで負傷してしまったが、私が思うに、ガレスはハーフタイムでの交代を検討すべきだった」 「イングランドは3-0でリードしており、すでに勝ったも同然だった。ハリーは最も重要な選手なのだ」 「だから彼を守り、フィットネスを保っておくために休ませる機会があるのなら、ガレスはそうすべきだと私は考えている。それが、私がハリーをウェールズ戦でベンチスタートにさせるべきという提案の根拠だ」 2022.11.27 18:05 Sun
twitterfacebook
thumb

W杯のおかげでマウントが家族と3年ぶりに再会! 3歳の姪っ子とはじめまして

イングランド代表のMFメイソン・マウントが、今回のカタール・ワールドカップを通じて家族と久々の再会を果たしていたようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 21日に行われた初戦のイラン戦で6-2のド派手な勝利を収めたイングランド代表。マウントも先発出場したその一戦を観戦していた一人が、姉のステイシーさんだった。 ステイシーさんは現在オーストラリアに住んでいるが、オーストラリアは新型コロナウイルス感染対策において世界で最も厳しい制限を設けており、メイソンもサッカー漬けの日々で忙しく、なかなか会うことができなかったそう。 だが、4年に一度の祭典を利用して、2人はカタールの地で3年ぶりに再会。ステイシーさんには3歳になる娘のポピーちゃんがおり、メイソンにとってはその姪っ子とも嬉しいはじめましてとなった。 ステイシーさんはインスタグラムで弟との再会を綴っており、輝かしい活躍を見せる姿に姉として誇り高いと喜びを表している。 「可愛い弟に3年半ぶりに会ってきたわ。ポピーも叔父さんと初めて会えて最高の日ね!」 「この数年間と努力と献身を見ていると、姉としてこの誇らしい気持ちを表現することはなかなかできないわ」 「ワールドカップで何年かぶりにあなたのプレーを見ることができるなんて、すごい幸運なことね!」 ステイシーさんはまた、「今ならガレージでボールを蹴っててもパパは怒らないでしょうね」と、世界的選手となった弟に子供の頃エピソードを醸しつつジョークも交えた。 <span class="paragraph-title">【写真】姪っ子を抱っこするメイソンおじさん</span> <span data-other-div="movie"></span><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClO7up3hHf1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClO7up3hHf1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClO7up3hHf1/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Stacey Mount Muchmore(@staceymount_muchmore)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.27 16:45 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly