ダービー惨敗を払拭する大勝のトッテナム、ヌーノ監督は勝利を喜ぶ「自信を取り戻すために重要だった」

2021.10.01 10:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナムのヌーノ・エスピリト・サント監督が、ヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)のムラ戦について振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

直近のリーグ戦では、アーセナルとの“ノース・ロンドン・ダービー”で3-1と完敗。リーグ戦3試合連続3失点で3連敗と絶不調に陥っていた。

そんな中迎えたムラ戦では、主力の一部を温存。FWハリー・ケインやFWソン・フンミンらはベンチスタートとなった。

圧倒的な実力差がある両チーム。トッテナムは4分にPKを獲得し、デレ・アリが決めて先制する。さらに8分には、3トップの一角で出場したジオバニ・ロ・チェルソが追加点。立ち上がりの連続得点で試合を優位に進める。

後半早々に1点を返され、少し嫌なムードが漂ったが、ケイン、ソン・フンミン、ルーカス・モウラを同時投入し流れを掴みに行くと、ケインがここからハットトリックを達成。結局5-1で快勝を収めた。

ヌーノ監督はリーグ戦での低調ぶりから抜け出すキッカケとなる勝利にコメント。途中出場の選手の力も重要だったと語った。

「良い試合をしたと思っている。我々はとても力強く始めた。そしてたくさんのエネルギーを持ってスタートするという考えだった。選手たちは上手くやった」

「唯一の時間は後半のスタートだった。ただ、ムラが得点した後、すぐに反応した」

「全体的にはとても良いパフォーマンスだった。また、チーム全員の力が必要になるため、日々努力している選手たちがピッチに立つ時間を確保することは重要だ」

「途中から入った選手たちのエネルギーは、その瞬間のチームにとっては重要だった。我々はそれを必要としていた」

「苦しい日々があったが、今日は自信を取り戻すために重要だった。このようにして回復力が高まり、次の試合に向けて、より良い準備ができる。準備するための最良の方法は、全員が一緒になってプレーすることだ」

また、この試合にセンターフォワードとして先発したデーン・スカーレットについても言及。高く評価し、いずれゴールやチャンスは来るとした。

「彼はとても才能があり、試合に出場することは重要なことだった」

「彼はとてもよく働き、とても才能があり、チャンスやゴールは彼の試合の中でやってくると思う」



1 2

関連ニュース
thumb

スパーズが今季レンヌで21ゴールの快足FWテリエに関心か? 同胞アンリも絶賛のアタッカー

トッテナムがスタッド・レンヌのフランス人FWマルタン・テリエ(25)の獲得に興味を示しているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 今週末の最終節を残してトップ4フィニッシュに大きく近づくトッテナム。これにより、アントニオ・コンテ監督の続投と共にチャンピオンズリーグ(CL)との二足の草鞋に向けた積極補強の可能性が取り沙汰される。 そういった中、オランダ代表FWステーフェン・ベルフワインの退団が濃厚となり、さらに手薄な前線の補強候補として、先日のフランス・全国プロサッカー選手連合(UNFP)の年間表彰でリーグ・アンのベストイレブンに輝いた快足FWへの関心を強めているようだ。 リールの下部組織出身のテリエは2016年にトップチームデビュー。レンタル先のストラスブールでブレイクを果たすと、2018年夏にリヨンへ正式加入。左ウイングを主戦場に、公式戦77試合17ゴールの数字を残したが、多士済々のアタッカーが揃う中、メインキャストを担うことはできなかった。そして、2020年夏に総額1500万ユーロ(約20億4000万円)の移籍金でレンヌへ5年契約で完全移籍していた。 そのレンヌでは加入2年目となった今シーズン、ブルーノ・ジェネジオ監督の下でストライカーとしての才能が完全に開花。左ウイングと2トップの一角でプレーした中、シーズン終盤戦で7試合連続ゴールを記録するなど、リーグ戦36試合の出場でキャリアハイの21ゴールを記録。 この活躍を受け、フランス代表のレジェンドであるティエリ・アンリ氏は、カタール・ワールドカップに向けて同選手を招集すべきと主張するなど以下のように絶賛していた。 「我々は彼がやってきたことより少ない数字で、他のプレーヤーがフランス代表や他の代表チームに、招集されるのを見てきた。もし彼が代表に選ばれたとしても、それに値しないと思うことはない」 「私はこのプレーヤーがとても好きだ。いずれにせよ、まだ終わっていないとはいえ、今シーズンの活躍を称えよう」 プレミアリーグへの順応は未知数だが、左右のウイングにセンターフォワードでもプレー可能なユーティリティー性、リーグ・アンでもトップクラスのスピードを生かした突破力。加えて、多彩さを増すフィニッシュワークという特長を考えれば、前線のバックアップや攻撃的なウイングバックを探すトッテナムの補強ポイントに合致したプロフィールの持ち主と言える。 2022.05.18 00:31 Wed
twitterfacebook
thumb

トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ

ニューカッスルのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが“会心のアシスト”後に古巣トッテナムファンにメッセージを届けた。 16日、プレミアリーグ第37節でアーセナルをホームに迎えたニューカッスル。トップ4フィニッシュを目指す相手に難しい試合になることが予想されたが、最終的には攻守両面で相手を圧倒する見事なパフォーマンスでホーム最終戦を2-0の完勝で飾った。 この勝利によってニューカッスルはトップ10フィニッシュの可能性を残したが、それ以上に大きな利益を手にしたのが、アーセナルと熾烈なトップ4争いを繰り広げるトッテナム。 前日の試合でバーンリーを破って暫定4位に浮上したトッテナムは、ニューカッスルのアシストによって2ポイント差を得て次節の最終節を迎えられることになった。 このアーセナル戦でプレー機会はなかったものの、戦前から古巣へのアシストを語っていたトリッピアーは試合後に自身のインスタグラムを更新。味方のパフォーマンスを称賛すると共に、古巣ファンに向けてメッセージを綴っている。 「今夜は仲間たちが素晴らしい活躍を見せてくれた。もう一度、自分たちの能力を証明してくれた」 「今夜の一戦を、スパーズファンが楽しんでもらえたとしたら嬉しいよ」 なお、トッテナムはすでに降格が決定した最下位ノリッジとの最終節で引き分け以上の結果を残せば自力でのトップ4フィニッシュが可能となるが、アーセナルの最終節の相手のエバートンには、トリッピアーと同様にイングランド代表MFデレ・アリが在籍しており、更なるアシストも期待できるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【画像】会心のアシスト”後に古巣スパーズファンにメッセージ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #F4F4F4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdoopJYjTHg/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kieran Trippier(@ktrippier2)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script></div> 2022.05.17 23:13 Tue
twitterfacebook
thumb

3季ぶりCL出場迫るスパーズ、ケインはコンテ監督の続投を望む「僕は彼の大ファン」

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインは、アントニオ・コンテ監督の続投を望んでいるようだ。イギリス『イブニング・スタンダード』がコメントを伝えている。 コンテ監督は昨年11月、ヌーノ・エスピリト・サント監督の後任として就任。リーグ戦8試合を含めた公式戦9戦無敗と快調なスタートダッシュを切ったが、指揮官の古巣戦となったEFLカップのチェルシー戦での初黒星をきっかけに、リーグ戦でも3連敗を喫するなど、今年に入って勢いが完全に衰えた。 だが、終盤戦に向けてチームは復調。リーグ戦ここ10試合で7勝という就任当初の様な快進撃を見せると、プレミアリーグ第37節で4位のアーセナルが敗れたことで、残り1試合にしてついに順位が逆転した。 3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に向けて視界の開けたスパーズ。その中でケインはコンテ監督の手腕を称賛。退任の噂もあるが、エースは続投を望んでいるという。 「ボスが来てから今のように改善されたのは間違いないと思う。この短期間でそれは証明された」 「だけど、夏に何が起こるか全くわからない。それでも偉大な監督と来季も一緒にいられることを楽しみにしている。彼が来てから僕たちは多くのことを学んでいるんだ」 「正直なところ、僕には彼の去就について何も知らない。でも、彼はここで本当によくやってくれているし、素晴らしくかつ情熱的な男なんだ。だから彼がどういう道を選ぼうとも尊重するつもりだ」 「僕は彼の大ファンで、チームは本当に上手く回っている。もちろん、彼が残ってくれることはクラブにとって素晴らしいことだ。でも、それは彼が決めること。クラブと話し合って将来を考えてくれると思う」 「僕らとしては、彼と一緒に仕事をするのをみんな楽しんでいるよ」 2022.05.17 18:03 Tue
twitterfacebook
thumb

「アーセナルにプレッシャーを」粘り勝ちのトッテナム、4位浮上のコンテ監督はさらに圧力「勝つことは簡単ではない」

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、バーンリー戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 熾烈なトップ4争いを繰り広げているトッテナム。前節は、延期されていた4位アーセナルとの直接対決で、負ければ4位以内のフィニッシュが不可能となる中、3-0で完勝を収めた。 勝ち点差1に迫り、残り2試合となった中、残留を争うバーンリーをホームに迎えての一戦。引いて守るバーンリーに苦戦し、GKニック・ポープの好セーブもある中で苦しんだが、前半アディショナルタイムにVARのチェックによりPKを獲得。これをハリー・ケインが決めて先制した。 後半はより攻勢に出たバーンリーに押される時間帯もあり、ゴールに迫られるシーンもあったなか、集中した守りを見せて1-0で勝利。暫定ながら、アーセナルを抜いて4位に浮上しプレッシャーをかけた。 試合後、『スパーズTV』に対してコンテ監督がコメント。重要な勝ち点3を獲得し、アーセナルにプレッシャーをかけることができたことを喜んだ。 「この試合は我々にとってとても重要な試合であり、絶対に勝たなければならない試合だった。結果はただ1つだ。アーセナルにプレッシャーをかけるためにも、勝ち点3を獲得することだった」 「今、この瞬間我々は2ポイント差がある。確かに、まだ2試合残っており、状況は彼らの手中にあるが、イングランドでは勝つことは簡単ではないことはよく知っているだろう」 また、バーンリーについても言及。難しい相手だったと称える一方で、チームが見せた成長に喜びを見せ、とにかく勝ったことを称えた。 「バーンリーはよく組織された、我々にスペースを与えない守備的が試合をプレーするためにここにきた」 「それにも関わらず、私は今日、チームの成熟を見た。選手たちの改善が見れて嬉しく思う」 「3カ月前、このタイプの試合では負けるリスクがあった。代わりに、我々の頭は冷静で、正しい方法で試合に向き合った」 「確かにもう1つのゴールを決めれば、最後の10分、15分でもっとリラックスでき、最終結果を変えるチャンスもあった。でも、最も重要なことは、クリーンシートを維持し、3ポイントを獲得して終えることだった」 「シーズンの終わりまで、我々はこのレースにいる。それは大きな成果だ。初日から素晴らしいコミットメント、素晴らしい態度、素晴らしい行動を見せてくれた選手たちに感謝しなければいけない。彼らは改善し、強くなることを決心した」 <span class="paragraph-title">【動画】バーンリーに苦しみながらもトッテナムが勝ちきり4位浮上</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="xqpzeB4OuPQ";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.16 10:04 Mon
twitterfacebook
thumb

ケインの2戦連続PK弾を守り切ったスパーズがバーンリー撃破! 暫定4位浮上でアーセナルに圧力《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第37節、トッテナムvsバーンリーが15日にトッテナム・ホットスパースタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 現在、5位のトッテナム(勝ち点65)は前節、4位のアーセナルとのノースロンドン・ダービーに3-0の快勝を収め、勝ち点差を1ポイントに縮めた。これにより、他力ではあるものの、残り2試合での逆転でのトップ4フィニッシュに望みを繋いだ。 そのダービーから中2日のランチタイムキックオフとなる今季ホーム最終戦では、熾烈な残留争いに身を置く17位のバーンリー(勝ち点34)と対戦した。 勝利で翌日にニューカッスル戦を控えるライバルに圧力をかけたいコンテ率いるチームは、前節から先発1人を変更。体調不良も伝えられるクルゼフスキをベンチに置き、ルーカス・モウラをソンフンミン、ケインの両エースと共に3トップの一角で起用した。 バーンリーが後ろ重心の[5-3-2]の布陣で臨んできたことで、立ち上がりからボールを握って相手守備ブロック攻略を図る形となったトッテナム。 相手の出方を確認して以降は、3バックのサイドに入るダビンソン・サンチェス、ベン・デイビスも相手陣内のハーフスペースを抑えて崩しに参加。中央を徹底的に締めるアウェイチームに対して、ケインを起点に揺さぶりをかけつつ、即時奪回からの波状攻撃で早い時間帯のゴールを目指す。 開始11分には初めて得た左CKの場面でショートコーナーからソン・フンミンが味方へのクロスを匂わせつつ、意表を付いたニア下へのシュートで最初の決定機を創出。続く13分にはルーカスのボックス右での仕掛けからのクロスを、ゴール前のケインがヘディングシュート。両エースが早速ゴールに迫る。 20分辺りまではルーカスの密集でのドリブル突破をうまく使いながら良い攻めが続いたトッテナムだが、徐々に焦りや集中力の欠如によって簡単にボールを失うシーンが増え始める。そして、相手にボールを持たれて一息付く暇を与えると、28分には最後尾のネイサン・コリンズの意表を突く持ち上がりからのスルーパスに抜け出したコルネに決定機を与えるが、ここは守護神ロリスのビッグセーブで事なきを得た。 前半半ば以降はパススピード、判断の遅れもあって完全に攻撃が停滞し、ブロックの手前でボールを動かすに留まる、悪いときの形が出てしまうトッテナム。それでも、終盤にかけて主導権をしっかりと握ると、コルネの頭部の治療の影響で4分が加えられた前半アディショナルタイムにスコアを動かす。 左CKの流れからボックス内で競ったサンチェスが触ったボールがバーンズの大きく広げた腕に直撃。一度プレーは流されたが、オンフィールドレビューの結果、PKが与えられる。これをケインがGKポープが一歩も動けないゴール左下隅の完璧なコースに突き刺し、前半アディショナルタイム8分の先制点とした。 相手の堅守に苦しみながらもエースの2試合連続ゴールによって1点リードで試合を折り返したトッテナム。後半は残留に向けて勝ち点がほしいアウェイチームが前に出てきたことで、やや押し込まれる入りとなる。 だが、逆に得意のカウンターを繰り出せるチャンスが出てきた中、いずれも左サイドのセセニョンの攻撃参加からボックス内のケインが続けて際どいシュートを放っていく。 その後、62分にはコリンズ、マクニール、バーンズとバーンリーの縦に速い攻めからエリア外のバーンズに左ポスト直撃のシュートを浴びて冷や汗を欠いたホームチーム。 65分にはルーカスの右サイドでの仕掛けからスムーズに左サイドへ展開。ボックス左に走り込んだセセニョンからの正確な折り返しを、ボックス中央のソン・フンミンが左足でシュート。だが、ニア下を捉えたこの決定的なシュートはGKポープのビッグセーブに阻まれ、追加点のチャンスを逃す。 以降はトッテナムがゲームをコントロールしながらも、最少得点差のまま試合は終盤戦へ突入。 ここまで大きく戦い方を変えていなかったバーンリーは78分、ロートン、バーンズを下げてレノンとヴェグホルストを同時投入。並びを[4-4-2]の形にシフト。対するトッテナムも同じタイミングでルーカスを下げてクルゼフスキをピッチへ送り出した。 すると、一連の交代で試合に動きが出始めた中、早速トッテナムに決定機。81分、ボックス左でセセニョンが折り返したボールをゴールを背にして足元に収めたソン・フンミンが右足の反転シュート。だが、枠を捉えた至近距離からのシュートはGKポープの右腕を使ったパワフルなセーブに遭う。 その後、バーンリーが決死のパワープレーで何とかゴールをこじ開けにかかる中、エメルソンを下げてロドンの投入で完全に逃げ切り態勢に入ったトッテナムは、最後まで集中した守備を継続。エースが前半終了間際に挙げた虎の子の1点を守り切った。 この結果、ホーム最終戦で泥臭く勝ち切ったトッテナムは暫定ながらアーセナルに2ポイント差を付けて4位に浮上。翌日にニューカッスル戦を控えるライバルに大きな圧力をかけることに成功した。 2022.05.15 22:05 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly